シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

未分類

砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(18)

燃える塔

 偵察や観測から無人機の誘導まで、広範囲な任務をこなすやたがらすは、世界最先端の電子装備を持つ軍事ヘリである。
 その機内はまるでコンピュータールームであり、ヘリにしては飛行音も小さく、外殻は完全なステルス構造になっている。
 通常、軍用無人機(UAV)は、基地局から送られて来る無線電波によってコントロールされて飛行する。
 だが、それは電波撹乱による操縦妨害を受けやすい。だから米国は軍事衛星を通して無人機をコントロールしている。
 この方法だと、電波妨害も受けにくく、しかも数千キロ離れた場所からでも無人機をコントロールできる利点がある。
 そんな大規模なシステムを持たない日本が採ったのは、ジャミング・キャンセラーを備えた中継局を設ける事だった。
 民間の携帯電話会社にもある中継局の機能を持ち、しかも、あらゆる電波妨害を排除できるのがやたがらすなのだった。

「あらっ!ふとかお城が見えちょるばってん」綾鷹を操る「松本いぶき」は九州から来た腐女子である。
「んだば、あっつこっつ火事になっとるべや」大鷹を操る「斉藤おくら」は東北から来たゲームオタクだ。
 日本の艦隊が放った巡航ミサイル「すさのお」のナパーム弾を喰らった城塞の中は、方々から火の手が上がっていた。
 そこへやたがらすがロックした目標に向かって、飛来して来た無人ゼロ戦隊が翼を翻して攻撃態勢に入った。
 だが、城塞の塔の上に設置された敵の対空機関砲が、盛んに反撃の砲火を撃ち上げて来た。
「なまら、撃って来やがったべ~」蒼鷹を操る「佐々木燕」は道産子だ。
「やぐらしか~…あの対空砲火ね~」いぶきがモニターを見ながら、いまいましそうに言った。
「よ~し!各自散開してすずめばち発射!目標、敵の対空砲座」鷹隊の隊長である吾妻三尉が号令を掛けた。
「わい、右のヤツを行きまっさ」熊鷹を操る関西人の「前田珍念」が、目標に向かって突進した。
「じゃ、あたし左ね~」若鷹を操る信州出身の「山崎ほのか」が後に続いた。
「いっけぇ~!」
 盛んに対空砲火を打ち上げる一方の塔には鷹隊が、もう片方の塔には燕隊が対地ミサイルすずめばちを放った。
 猛毒を持つすずめばちの針に刺された塔のあちこちからは、猛烈な爆焔が立ち昇った。
「あっ!ちくしょう~!やられたっ…俺、戦死しちゃったよ~」突然、江戸っ子の「練馬大輔」が叫んだ。
 敵の対空砲火を喰らった無人ゼロ戦・景鷹が、あっと言う間に火を噴きながら墜落して行った。
 もちろん、本人が死ぬ訳はない…彼らは、戦場からは遠く離れたシリア沖のDDH護衛艦の無人機管制室にいるのだ。
「がっかりするな、練馬…また新しいのを補給艦から出して来て組み立てればいいさ」吾妻三尉はあっさりと言う。
「俺、あの機体をデコるのが趣味で、随分手を掛けたんだけどなァ~」大輔はいささか気落ちしていた。
「心配せんでよかよ。あたしが仇をとっちゃるばってん」いぶきは、そう言って大輔を慰めた。
 ところが、そう言ったいぶきの綾鷹も、一瞬かすめた対空砲火で被弾してしまった。
「あ!そげんなこつっ…片方のフラップが効かんよなったばい」
 ジョイスティックをガチャガチャさせながら慌てているいぶきを見て、吾妻三尉が言った。
「無理すんな。戦列を離れて帰投しろ…着艦にする時には気を付けろよ」
「は~い、帰りま~す…惜しかね~」

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←名作の予感を漂わせるアニメ「プラスティック・メモリーズ」    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(17)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1771[2015/04/05 09:07]     

ゼロ戦隊の活躍は、楽しいです。
やはり被弾して墜落してしまう機体もあるんですね~。
敵は死んだり傷を負ったりしているんですが、こちらに損害がないのは良いですね。
戦争、全部こういう形で決着つければいいのに……。
#1772[2015/04/05 12:02]  椿  URL 

Re: y様 COありがとうございます^^

あれっ?ソレ霊界通信になってますよ。家内はもうこの世にはいませんから(笑)

「腐女子」とはアニメや漫画・ゲームなどの二次元マニアの女子(独身)の事を言います。
男子の「オタク」が萌え系美少女を好むのに対して、女子はボーイズラブ=B.Lを好みます。
男子は結婚してもオタクのままですが、腐女子が結婚すると、あるもの?に昇格いたします。
結婚しても、なお二次元世界にハマっている女性は大変貴重な存在ですので(笑)
#1773[2015/04/05 13:04]  sado jo  URL 

Re: 椿様 COありがとうございます^^

> ゼロ戦隊の活躍は、楽しいです。
> 戦争、全部こういう形で決着つければいいのに……。

無人機は生産コストが有人機の1/10と安く、搭乗員の巨額の戦死補償も必要ありません。
将来、技術開発が進めば世界の空軍の1/2は無人戦闘機・爆撃機になるだろうと言います。
通常、航空機のパイロットは、視力や体力など高い身体機能が要求されますが、無人機はゲームシュミレーションと同じ感覚で扱えるので、誰でも操縦できる利点がありますね^^
#1774[2015/04/05 13:16]  sado jo  URL 

おお、ゲームオタクたちの出番ですね。
ワクワクします。
#1776[2015/04/05 19:17]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> おお、ゲームオタクたちの出番ですね。
> ワクワクします。

いよいよ、ゼロ戦がテロリストと戦う第二ラウンドに入ります。
運動性能に優れた小型機ならでわの特性を生かして、ゲームオタク達がどう戦うか?
楽しみにして下さい。巧みにゼロ戦をサポートする「やたがらす」もお忘れ無く♪
やたがらす…って、神武天皇を勝利に導いた三本足の霊鳥で、日本サッカー協会のシンボル。意味する所は強力なサポーターです^^
#1778[2015/04/05 21:26]  sado jo  URL 

有人機だと被弾したら余程運がよくない限りは戦死ですが、
無人機だと人的被害が皆無というのがいい点ですね~。
機械の替えは用意すればいいですが、
人の替えは用意できませんしね(><)
#1779[2015/04/06 21:07]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 有人機だと被弾したら余程運がよくない限りは戦死ですが、
> 無人機だと人的被害が皆無というのがいい点ですね~。
> 機械の替えは用意すればいいですが、人の替えは用意できませんしね(><)

逆にその「気軽に人が殺せる」無人機の利点が、国際的に問題になっています。
機械は破壊されても替えが効きますが、誤爆で死んだ人の命は替えが効きません。
困った事に電子機器は、敵・味方や民間人を識別出来ない欠点があるのですね><
#1780[2015/04/06 21:32]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←名作の予感を漂わせるアニメ「プラスティック・メモリーズ」    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(17)