シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

芥子の実

芥子の実

ある日、お釈迦様がお弟子さん達を集めて法話をしていると、一人の女が血相を変えてやって来た。
見ると、手に死んだばかりの幼子を抱えている。
「こちらに死人を蘇らす聖者が居ると聞いて来ました。何でもいたしますから、どうかこの子を生き返らせて下さい」
髪も衣服も振り乱して、懸命に訴える女を誰もが哀れに思ったが、お釈迦様は泰然としてこう言われた。
「何でもするのだな。では、願いを聞いてあげよう」
弟子達は、いつもならぬお釈迦様の意外な言葉に驚いた。
「村のどこかの家から、芥子の実を一粒借りてきなさい、ただし、一人も死人を出した事のない家の芥子の実に限る」

女はお釈迦様に言われた通り、芥子の実を求めて、村の家を一軒一軒訪ね歩いた。
「う~ん、うちは、去年お婆ちゃんの葬式を出したからねぇ~」
「さぁ…うちは、おと年お爺ちゃんが亡くなってるからねぇ~」
「うちも、今年、流行病で子供を亡くしてるからねぇ~」
女は半狂乱になって村中を走り回ったが、どこにも死んだ人がない家などありはしない。
ついにヘトヘトになってお釈迦様の元に帰って来たが、何だか憑物が落ちた様な顔になっていた。

「分かったようだな。亡くした子はねんごろに葬ってやり、また新しい命を授かるが良い」
お釈迦様は、女を諭すようにそうおっしゃたそうな。
こうして、女は 『生者必滅の理』『命の循環の理』 を悟った。

お釈迦様は、無駄な説法はなさらなかった。
考える余裕のある者には考えさせ、考える余裕のない者には身体で悟らせた。
現代の様に「システム」や「マニュアル」ではなく、人の機微に合せて臨機応変に法を説かれた。
その心を理解できなかった弟子たちは、その後たくさんの宗派を作ってしまった。

にほんブログ村 小説ブログへ

 


インドに限らず、古代はどこでも核家族ではなく、大家族制だったのです。
数十人の人の機微が分かれば、良い夫や妻になれるだろう。
数千人の人の機微が分かれば、良い指導者になれるだろう。
幾百万の人の機微が分かれば、聖者になれるだろう…私は数人でも無理だなぁ~(笑)
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←実話集『事実は小説より奇なり』を掲載します    →愛の都の建国神話 ~創作吟遊詩~
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


はじめまして
blackoutと申します

>考える余裕のある者には考えさせ、考える余裕のない者には身体で悟らせた。

これは、仕事を教えるときに意識してますね
相手にイメージさせることを意識するというか

自分は管理職ではありませんが、このことをわかっていないで管理をやっている人間が多いのは感じますね
#20[2014/01/24 22:37]  blackout  URL 

Re:COを頂きありがとうございます

> はじめまして
> blackoutと申します
>
> >考える余裕のある者には考えさせ、考える余裕のない者には身体で悟らせた。
>
> これは、仕事を教えるときに意識してますね
> 相手にイメージさせることを意識するというか
>
> 自分は管理職ではありませんが、このことをわかっていないで管理をやっている人間が多いのは感じますね

人の機微を読み取る…管理社会の中で個性を尊重するのは、大変難しいと思いますが、個性ある小説を書かれている貴方なら、きっとそれを大事にされる事と思います。私の様なBlogでよろしければリンク致しましょうか?
#21[2014/01/25 00:12]  佐渡 譲(じょう)  URL  [Edit]

リンクの件、よろしくお願いいたします
取り急ぎ、こちらのブログもリンクいたしました
#22[2014/01/25 20:15]  blackout  URL 

Re: タイトルなし

> リンクの件、よろしくお願いいたします
> 取り急ぎ、こちらのブログもリンクいたしました

相互リンクをありがとうございます^^今後ともよろしくお願いいたします。
#23[2014/01/25 23:50]  佐渡 譲(じょう)  URL  [Edit]

身につまされます

にほんブログ村から来ました。

「為になる随筆」トーナメントで対戦相手になっている者です。
が、あまりに身につまされる内容で、
これはもっと多くの人に読んで頂いて知って頂きたい(私のように仏教に疎い人間にもわかりやすい)と感じ、
思わず、こちらの記事のほうに投票させて頂きました。

創作活動をメインにされているのですね。
ブログ記事は、あまり書かれていないのでしょうか?
他の記事も、(私としてはこそばゆい表現ですが)素敵です。

メインのほうを拝見もせずにコメントする非礼を、お詫び申し上げます。
まずは取り急ぎ、お礼とごあいさつまで。
ありがとうございます。
#37[2014/02/07 18:10]  まこっちゃ  URL 

Re: こちらこそありがとうございます^^

きっと管理社会の中でご苦労されている方とお見受けします。
システムを作り、マニュアルを押し付けるだけでは人は心から動いてはくれないと思いますが、さりとて、上に立つ者は手間を省いて合理的な運営をしたい。
大変でしょうが、間におられる方は出来るだけ人間的であって頂きたいと思う次第です。
無理をなさらない様お仕事に励んで下さい。お疲れ様です。
#38[2014/02/07 20:40]  佐渡 譲(じょう)  URL  [Edit]

見えるのですか?(笑)

昨年の暮れから年始にかけて、
体調を崩しておりました。
そうですね、人間的でありたいと思います。
会社が求めるものと、私の動きは違うような気もしています。

ただ、理解ある上司と社長に恵まれている、とは思っています。
社長にも立場がありますので、
私の考えや気持ちを言葉で露骨に表現してしまうと、「それは違う」と言わざるを得ない場面もあるのだろう、
と思っています。

つまり、社長も黙認してくれているように思うのです。
言い方を変えれば、
「うまく使ってくれている」ということにもなりますが。
もちろん、良い意味で、です。
こんな極端で使いにくい人間を、よくうまく使って頂いているな、と
思っている次第です。

・・・でも、どうしてわかったんですか?
コメントの書き方から読み取られました?
#39[2014/02/09 07:28]  まこっちゃ  URL 

Re: 見えるのですか?(笑)

いえ、見えません。当てずっぽうです(笑)
それよりも、体調にお気をつけて無理をしない様に仕事をして下さい^^
#41[2014/02/09 18:40]  佐渡 譲(じょう)  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←実話集『事実は小説より奇なり』を掲載します    →愛の都の建国神話 ~創作吟遊詩~