シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

アニメ /コミック

純潔のマリア 第10話「我憎み、我愛す」 ~神の矛盾~

純潔のマリア

「神は愛を知らない。だから人の苦しみが分からない」

領主ギヨームと教会の策略で囚われた、マリアを助けに行ったビブは、邪魔する大天使ミカエルを前にこう言い放つ。

フランスに住む魔女「マリア」は、聖母と同じ名で処女です。そんなマリアは、戦争で人が苦しむのが大嫌いでした。
そこで、度々魔法を使って戦争をやめさせようとしまが、それは天の教会からみれば、地上の秩序を乱すものでした。
大天使ミカエルは、使徒エゼキエルを遣わして、マリアを監視させますが、逆にマリアの正義感は燃え上がるばかりです。
戦争が無いと都合が悪い領主ギヨームと教会は、策謀を巡らしてマリアに罪を被せ、魔力を奪って彼女を捕えてしまいます。
マリアは異端審問に掛けられ、火あぶりの刑を受ける事になりますが、仲間思いの魔女ビブは、彼女を救いに行ったのです。

「言ってやった~!」と、言うビブの言葉に逆上した大天使ミカエルは、彼女を射殺そうとします。
神の使いであるはずのミカエルが、なぜ人を殺そうとするのでしょうか?ズバリ!痛い真実を暴露されたからです。
そう…神は愛を知らず、人の痛みも知らず、人の苦しみを知る事もありません。だから人を救ったりはしないのです。

人が人工的に作った一神教の神は、血の通わぬ「法」であり、法には「愛」などと言う人間的な概念は存在しません。
神は、ある人々が一方的に作った思想であり、一種のイデオロギーに他なりません。神には人間的な感情は無いのです。
その証拠に、異なる思想(宗教やイデオロギー)が衝突した時、世界で何が起きているか?必ず戦争が起きています。
それが、何十年に渡って戦われて来た米ソ間の不幸な冷戦であり、今世界で起きている宗教テロや戦争の正体なのです。
つまり、愛無き神が人々を戦わせているのであって、無知な人々は、そうした思想の奴隷になって戦ってるに過ぎません。

こうした神の論理がまかり通る世界は「この世は残酷で、不条理に満ちた世界(進撃の巨人)」になってしまうのです。
法である神は愛を知りません。人の痛みを知らず、人の苦しみも知りません。なので金輪際、人を助ける事はありません。
だが、人は愛を知っています。その代償に痛みを知り、苦しみを知り、人を憎んだりもします、でもそれが人間なのです。
人を助けられるのは、それを知っている人だけなのです。人を愛するのも憎むのも、神では無く、人にだけ出来る事です。
人文主義の時代に、神を否定したニーチェなどの文学者や、多くの芸術家が人々に伝えたのは、まさにその真実でした。
異端審問や聖戦(ジハード)などの悲劇の陰に「神の法と教会」がいた事を知った彼らは、神を否定し人間を肯定したのです。

ならば、人は人を信じるしかありません。人を信じ、人の大いなる可能性に賭けるしか世界を救う方法はないのです。
今は争っていても、今は苦しくとも、今は悲しくとも、人と言う小さな存在は、神には無い無限の可能性を秘めています。
神に祈るだけでは何も変らず、神は何もしてくれませんが、人は行動する事によって自らの未来を切り開く事が出来ます。
人が神を捨て、教会を捨て、モスクから離れて、自分自身の可能性を見出した時に、必ず世界は変ると信じます。
人々が神の呪縛から解き放たれ、人が人となるならば、世界の未来に希望はある…そう信じてやみません。
純潔のマリア 第10話「我憎み、我愛す」の意味する所は、人の自由な意思による未来への選択に他ならないのです。


純潔のマリア 第10話:「神は愛を知らない」神の正体を暴露したシーン

にほんブログ村 小説ブログへ

 


<神を地上から追い出す事が世界を救う唯一の道>
さァ、ご覧なさい!世界中で神の使徒が人を殺しています。撃ち!刺し!焼き!犯し!石を投げて。
アラーは…神の教会は…人々を助けましたか?神の奴隷になっている盲目の使徒を救いましたか?
いいぇ…「愛を知らない神」は地上の出来事には関知しません。どんな悲惨な事が起ろうとも…です。
ただ、愛を知り、痛みを知り、苦しみを知る人間のみが、偽神の法に縛られている人々を救えるのです。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(16)    →バベルの真相

~ Comment ~


こんにちは。

小さいころはよく、神さまどうかお願いします。って言いながら両手を組んだりしました。
だけども、いつからか神頼み?はしなくなり、神さまの存在も信じなくなってしまいました。そうですね、人の痛みを知らないと、決して他人の痛みもわかるわけもないですものね。
もし叶うとしても?多くの方の神頼みを、いちいち聞いていたら、それこそ世界中ぐちゃぐちゃにもなりますね。
聞かずともすでに、なってしまったけれど・・・。
#1742[2015/03/30 07:53]  yume-mi  URL  [Edit]

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

> いつからか神頼み?はしなくなり、神さまの存在も信じなくなってしまいました。そうですね、人の痛みを知らないと、決して他人の痛みもわかるわけもないですものね。
> 聞かずともすでに、なってしまったけれど・・・。

神の正体を疑え!です…それは本物か?それとも人が勝手に作って利用してる物か?
教会やモスクは、神を持ち上げて、自分達の権威を守ろうとしてるだけでは無いか?
洗脳された盲信的な信者が何をしているか?よ~くその目で見よ…ですね。
「神は愛を知らず、人の苦しみを知らない。だから現実的に人を救う事は無い」のです。
#1743[2015/03/30 10:26]  sado jo  URL 

こんにちは^^

人に知恵を授けたのが皮肉にも進化の妨げになってますね。
でも知恵の実って善悪の知識を得るもののはずなんだけど
自然的な目線だと善悪なんて存在すらしないはずなのにそういう概念がある。
あれ? 結局神話って人間が創り出したものだけあって人間的ですね(笑)。
#1744[2015/03/30 10:28]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

> あれ? 結局神話って人間が創り出したものだけあって人間的ですね(笑)。

ギリシャ神話や、北欧神話の神々は可愛いモンですよ…人間に戒律を要求しない。
ところが教会とモスクにいる神は、人に戒律を押し付け、人の自由を奪う偽神です。
現に信者を殺し合わせてる…神には愛も血も涙も無い証拠。コレ神様ですか?
17~18世紀の人文主義時代に、多くの文学者や哲学者が神の存在を否定しています。
結局、神とは、人が自分の権威を高めようと勝手に創造したまがい物…だったのです。
#1745[2015/03/30 10:49]  sado jo  URL 

深いですね。
衝突の火種が神にある状況をみていると、それをすて、人間愛に気がついたとき、本当の平和がくると思います。
#1746[2015/03/30 19:30]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 衝突の火種が神にある状況をみていると、それをすて、人間愛に気がついたとき、本当の平和がくると思います。

まァ、本当は神のせいでは無く、神を都合良く利用してる人間達にあるのですが…
開祖達は、人間愛に基づいて神の教えを説いた。弟子がその教えを一つの法に纏めた。
その弟子が、人々に法や戒律を適用し出した。そして神の教えは徐々に腐敗して行った。
元は善い物でも、権威や抗争の道具に使われれば、腐った神にしかならないのですね。
今の宗教は「アッラー・クッサ~ィ」 「ア~・メンガクサッテル」になってます(笑)
#1747[2015/03/30 20:08]  sado jo  URL 

本当に神なる存在がいるのかは分かりませんが、
実際には人を助けたり救ったりするのは他ならぬ人自身ですもんね~。
痛みを知れるのも、愛を知る事が出来るのも、
人だからこそできるものですしね(´∀`)
#1748[2015/03/30 20:33]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 本当に神なる存在がいるのかは分かりませんが、
> 実際には人を助けたり救ったりするのは他ならぬ人自身ですもんね~。

科学者に言わせれば、この世は素粒子で成り立ってる世界なので神は居ないと…
それでも神を信じる人には悪いが、神がこの世を救った話は聞いた事が無いです。
説教を垂れるだけで人を救わない神の代理人や、人を殺して回る神の代理人は、どちらも世の中には邪魔で迷惑な存在です。
阪神大震災でも、東日本大震災でも、実際に人を助けたのは人でしたもんね^^
#1749[2015/03/30 20:49]  sado jo  URL 

神様に祈るとき
ただ毎日生きて学ばせて頂けてる事に感謝する
その祈りだけで十分の様な気がします。
神社に行っても自分の欲求を願う人は多いと思いますが、神様ってそんな都合の良い存在なのか?と疑問に思ったりします。
個々の欲求を叶えてると逆に世界は困った事になると思います。

愛によって人は様々な感情を抱き
学び、魂の経験を重ね、
結論として、本当の幸せを感じられるようになるのではと、、

本物の愛であれば、自身の感情を優先するより他人の感情を優先するのだと。許すことも愛。
そうすれば争いもない世の中になりそうです。

愛=感謝これが人生のテーマではないかと思います。

#1755[2015/04/01 20:20]  描き姫  URL 

Re: 描き姫様 COありがとうございます^^

> 個々の欲求を叶えてると逆に世界は困った事になると思います。

その通りです^^ 神が欲深い権力者の願いなぞ叶えようものなら、世界中が不幸になります(笑)

> 愛=感謝これが人生のテーマではないかと思います。

全ての人がそれを理解すれば、神様も有意義な存在になると思います^^
いかんせん、愛の意味を欲と取り違えてるバカが多いから、神様も人も迷惑してる訳ですね(笑)
#1759[2015/04/01 21:21]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(16)    →バベルの真相