シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

イスラムテロの無人機が学校を襲う!

無人機の悲劇

前回の随筆では、無人機ドローンがイスラムテロリストの手に渡った場合の恐怖を述べました。
今回は、イスラムテロリストの目的と、それを叶える為に無人機が如何に有効な武器になるかを述べたいと思います。
まず初めに、イスラムテロリストは何の目的で、世界中で無差別に市民を殺戮しているかを知って置く必要があります。
彼らの目的は、一般市民を殺害して追詰める事ではありません。実は、同胞であるイスラム教徒を追詰める事なのです。
イスラム教を名乗ってテロを行い、世界中のイスラム教徒の立場を悪くして、一般市民から孤立させる事が目的なのです。
つまり、各国の一般市民にイスラム教徒を嫌悪させ、迫害させ、追詰めさせてイスラムの同胞の生存環境を脅かすのです。
すると、迫害されたイスラム教徒は、武器を取って戦わざるを得なくなる…その状況を作り上げようとしているのです。
追詰められたイスラム教徒が、自分達と合流して戦ってくれれば、世界的な聖戦(ジハード)の夢が叶う事になります。
その為に、世界を宗教で色分けして分断し、出来るだけ惨たらしいやり方のテロで、反イスラム感情を煽りたい訳です。
イスラムテロリストの正体を暴けば、実は神とイスラムの同胞に対する裏切り者であり、最も反イスラムな存在なのです。
そんな彼らが、無人機ドローンと言う目的を果たすに格好の武器を手に入れればどうなるか?お話したいと思います。

無人機(UAV)は様々な種類があり、米軍が軍事作戦に使うMQ-1 プレデターの様に大型で、高度な管制機能を持つ無人機
から、ラジコン式のコントローラーで操縦する小型無人機まであり、テロリストが使用するのは後者なると思われます。
以下は、米軍の無人攻撃機、MQ-1 プレデターの実際の戦闘を含む公開ニュース映像です。




まず、無人機を使うテロは自爆する必要がありません。命を的にしなくてよいのでテロを行う事が容易になります。
次に場所を選ばない遠隔操作なので、逮捕される恐れが少なく、広範囲に目標を選んで狙えるテロが可能になります。
とは言え、各国は重要な政府庁舎や、原子力発電所上空を飛行禁止区域にし、防空網を整備するだろうと思われます。
しかし、それで全ての無人機テロを防げる事にはなりません。テロ首謀者はもっと陰険な方法を取るだろうと思います。
わざわざ、無人機テロを実行するのに困難な目標を選ぶ必要はありません。もっと他の相応しい目標を狙う事でしょう。
考えられるのは、彼らが最近しきりに狙っている公共施設…特に学校が最も狙いやすい目標になるだろうと思われます。
警備も手薄で、思う以上に一般市民に痛手を与え、周りにいるイスラム教徒への憎悪を煽るのには最適な目標だからです。

ある日、小学校の上空に現れたテロリストの操る無人機が、子供達が勉強する校舎に、教室に突っ込み爆弾を破裂させます。
考えたくも無いシナリオですが、防壁もレーダーも設置して無い教育施設はイスラムテロの格好の標的になりやすいのです。
もし、学校が無人機テロの標的にされ、大勢の児童が犠牲になれば、市民の反イスラム感情は最悪極まり無いものになります。
自分の子供をテロリストに殺された親や周りの市民の感情は、イスラム教徒への憎しみで一杯になるからです。
イスラムヘイトの嵐があちこちで吹き荒れ、イスラム教徒が迫害を受ければ、それこそテロリストの思うツボなのです。
なので、イスラムテロリストがどんなに惨たらしい事をしようとも、一般市民は彼らの策にはまらない様にしなければならない。
何よりもまず、危険な無人機ドローンがテロリストの手に渡らぬ様、生産各国はしっかりした協定を結ぶべきです。
すでに、ロシアや中国で製作された無人機が、ISやアルカイダの手に流れていると言う情報もあります。
アメリカを初め、ロシア、中国の軍事大国は、無人機テロの危険性を認識した上で、キチンとした対処をしていただきたい。
9.11の例を挙げるまでも無く、一般市民は空からの攻撃には無防備である事を、夢々忘れてはなりません。
起きて欲しくない願いとは裏腹に、どうも無人機テロの悪夢だけは現実になりそうな予感がしてならないのです。

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(19)    →アメリカ人に警告する

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1799[2015/04/11 08:07]     

Re: y様 COありがとうございます^^

一番弱くて、一番無防備な者ほど狙われやすい…動物の世界もそうなってます。
卑劣なやり方…と言うより、テロリストの狩りの本能が働くからだと思います。

人が豊かさと引き換えに心を捨てた…その歪が世界のあちこちに現れてますね。
何の為に豊かになろうとしたんだろう?ふと気が付いたら心を失くしていた。
ホントに冷静になって考えると、人はバカみたいな事ばかりしてますね~><
#1800[2015/04/11 13:56]  sado jo  URL 

人間触れてはいけない領域というのがあるのかもしれません。
私も無人機に関しては嫌悪感を抱いています。
職業柄の話になりますが、無人機の機械が病気を治すのも嫌です。
人を殺すのは人。人を治すのも人。
そこの原則は守られてほしいな、、、と思います。
#1801[2015/04/11 15:19]  LandM  URL 

こんにちは^^

そもそもドローンの登場が最初から違和感ありました。
無人戦闘機として悪用されるのはもちろん
カメラがついてるからプライバシーの侵害になりかねない。覗きとか嫌だな。
それにプロペラ音も威圧感あるから街中飛び回ってたら落ち着かない。
#1802[2015/04/11 15:21]  西條すみれ  URL 

Re: LandM様 COありがとうございます^^

> 人間触れてはいけない領域というのがあるのかもしれません。
> 職業柄の話になりますが、無人機の機械が病気を治すのも嫌です。
> 人を殺すのは人。人を治すのも人。
> そこの原則は守られてほしいな、、、と思います。

アメリカ人(プロテスタント)の物の考え方が、日本人と違うんですね。
人間は臓器の集まりで、その機能を模倣した機械も、人間のコピーも有り。
だから、機械が人を殺すのも、クローンを作るのも合理的に考えるんでしょう。
これは一種の唯物論ですが、反面コンピューターやロボットを産み出す科学力が育つ。
パンドラの箱は、アメリカ人には災いを齎す箱には見えないのかも知れませんね。
#1804[2015/04/11 18:18]  sado jo  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

> そもそもドローンの登場が最初から違和感ありました。
> 無人戦闘機として悪用されるのはもちろん
> カメラがついてるからプライバシーの侵害になりかねない。覗きとか嫌だな。
> それにプロペラ音も威圧感あるから街中飛び回ってたら落ち着かない。

無人機ドローンは、カメラだけで無く、爆弾も搭載出来ます。
それに、人間を乗せない分、軽量で消音設計になってて、殆ど音もしません(忍者)
さらに、小型のドローンは小さくて対空レーダーにも映りません。始末が悪いです><
一般に普及したら、テロだけで無く、爆殺殺人などの犯罪も起きるのではないかな?
アマゾンで15000円代~爆弾を積める高度なドローンまで、様々な機種を売ってます。
#1805[2015/04/11 18:32]  sado jo  URL 

迫害される立場に追い込んで、テロを増やしていくという策。
ひどい話です。
子どもたちなんのために生まれたんだか。
#1807[2015/04/11 20:35]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 迫害される立場に追い込んで、テロを増やしていくという策。
> ひどい話です。子どもたちなんのために生まれたんだか。

昨年、IS(イスラム国)が台頭してから、急激にテロが増えて来ましたね。
聖戦主義者の腹の内が目に見える様です。世界に反イスラムの波が広がれば、
彼らの思うツボです。騙された子供達がどんどん聖戦士?となって参加している。
世界が、本気でイスラム打倒に向けて立ち上がるのを待ってるんですよ。
彼らが企む第三次世界大戦計画が、着々と進行している様に見えます。
#1808[2015/04/11 22:02]  sado jo  URL 

軍の施設や国の重要な施設なら、
警備を増やす、防備を固めておくというのもできますが、
民間や公共の施設では対策のしようがありませんもんね(><)
予めテロの情報を得て阻止できるという事ばかりではないでしょうし、
目的の為なら手段は選ばないテロリストに無人機という武器が渡るのは脅威ですもんね。
#1809[2015/04/11 23:40]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 目的の為なら手段は選ばないテロリストに無人機という武器が渡るのは脅威ですもんね。

敵の最も無防備な所を突く…と言うのは戦略的には優れているんですが、
最近のテロでは、女性や子供や大勢の弱い人が犠牲になってますよね~><
戦争は元々手段を選ばないものですから、無人機も有りと言えば有りです。
すでに米軍は使ってるし、テロリストが使わないと言う保障は何処にも無いです。
#1810[2015/04/12 14:17]  sado jo  URL 

おはようございます
写真を見て絶句しました。テロはつくづく残酷だと思います。
#1812[2015/04/13 08:56]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様 COありがとうございます^^

> 写真を見て絶句しました。テロはつくづく残酷だと思います。

キリスト教西洋文明に対するイスラム抵抗運動として始まったテロリズム。
9.11の成功で、世界中に広まりましたね。今は一層激しさを増しています><
テロ組織も乱立し、宗派も様々…誰がいつ狙われるか?まったく分からないです。
根底に、銃火器や爆弾などを平気で輸出している国々の問題があると思います。
軍隊や警察で使用される武器は、全生産量の3割程度…後の7割は何処へ行ったのか?
#1814[2015/04/13 12:53]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(19)    →アメリカ人に警告する