シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼ビーストハンター」
ビーストハンター 小説本編

ビーストハンター 第3話 帰らざる波止場 (7)

狙撃手

「『永泰号』で行っちゃうのね」
 奥のオフィスから二人の用心棒を連れて出て来たボスの龍源に、メイリンのママ・志乃は言った。
「なぁに、しばらくの間だけだ…ほとぼりが冷めたらまた戻ってくるさ」
「体に気を付けてね…オフィスはそのままにして置くわ」
「あぁ、頼んだよ志乃…留守の間は手下たちの面倒を見てやってくれ」
 そう志乃に別れを告げて店を出ると、龍源は店の前に待たせていた黒いセダンに乗ろうとした。
 けれども、それが志乃との今生の別れになってしまった。
「ビシュッ!」どこからともなく飛んで来たSR-25ライフル* の弾丸が龍源の頭を貫いた。

 *SR-25ライフル=米海軍特殊部隊SEAL's仕様の狙撃銃。アルカイダのビンラディンを殺害した銃として有名。

「スナイパーだっ!ボスがやられた」
「どこから撃ってきやがったっ?」
 二人の用心棒はあわててセダンの陰に隠れた。
 拳銃を抜いて辺りを見回していると、向こうからやってきた一台のサイドカーがサ~ッ!と横に滑り込んできた。
 乗っていた男が、やおらゴーグルを取ってニヤリと笑った。
「この野郎っ!」
 二人の用心棒が男を撃とうとした時は、すでに運転手共々デザートイーグル44マグナムに頭を撃ち抜かれていた。
 手際よく手下を片付けたシュンは、取り出した催涙弾をラウンジの中に投げ込んだ。
「パ~ン!」と催涙弾の弾ける音と共に、店の中にもうもうと白煙が立ち昇った。
「ゴホッ!ゴホッ!」「ゲホッ!」店の客やホステスが、目や口を押さえながら跳び出してきた。
 けれども、シュンはデザートイーグルを構えたまま、武装サイドカーに跨って動こうともしない。
 ようやく、拳銃を手にした五、六人の男たちが、防毒マスクを被って店の外に出てきた。
「丸バレッ」シュンはそう言って笑いながら、逃げ惑う客を避けて、的確に男たちを仕留めていった。
 多分、警察や警備会社の襲撃を予想して、予め防毒マスクを用意していたのだろう…だが、それが逆に命取りになった。
 ゲームの得意なシュンには極めて目標が識別しやすく、男たちは客を人質に取る間もなく格好の標的にされてしまった。
 それでも、一人の男が何とかシュンの銃弾を交わして大通りの方に逃げていった。
「バウッ!」武装サイドカーの側車から跳び出したカイザーが、待ってましたとばかり男を追い掛けた。
 男は猟犬の追撃を振り切ろうとやみくもに拳銃を放ったが、たちまちカイザーに押さえ込まれた。
「ギャァ~~!助けてくれ~っ」男は悲鳴を上げてカイザーの牙を振りほどこうともがいた。
 ジャーダンの手下を始末して近寄ってきたシュンは、カイザーが猟犬の本能に従って狩りを楽しんでいるのを見た。
 猟犬が獲物を仕留めるやり方は、まず鋭い牙で傷を負わせて大量の血を流させ、相手を行動不能にする事から始まる。
 そうして、相手の行動が鈍った所で急所の首筋に噛み付いて命を奪うのだ。
「あぁ、その獲物はお前にやるよ。遠慮なく仕留めるといい」シュンはほくそ笑みながら言った。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←アニメ「プラスティック・メモリーズ」に見る死への想い    →ビーストハンター 第3話 帰らざる波止場 (6)

~ Comment ~


こんにちは^^

いつも、この時に会うのが最後になるとは・・・・
って言うフレーズが頭に常に流れて
親と会う時に、そう思ってしまいます•(。•́︿•̀。)
何でもないさよならの笑顔でお互い見ていても、
そんなセリフが頭に流れていますw
そして家に着くまでに、事故にあうんじゃないかとか心配になります。
この龍源みたいに、別れってある日突然やってくるのですものね。

#1968[2015/05/15 07:03]  yume-mi  URL  [Edit]

悪人であっても、突然訪れる死は悲しいですね。
シュンさん、人としてどうなのかと思う点はありつつも、かなり好きです。
デザートイーグルという選択もいいなあ。
#1969[2015/05/15 08:38]  椿  URL 

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

> そして家に着くまでに、事故にあうんじゃないかとか心配になります。
> この龍源みたいに、別れってある日突然やってくるのですものね。

「ゴルゴ13」に、臆病なチキンと馬鹿にされる少年と、ゴルゴ13の交流があります。
ゴルゴは少年の臆病さを肯定し、請け負った殺しの仕事で、自分も少年と同じなのだと言う事を証明してみせるシーンがありました。
「俺の後ろに立つな!」と言うキメぜりふは、実はゴルゴ13の臆病さの証だったんです。
臆病だから生き残れる「俺は大丈夫」と過信してるヤツは真っ先に死ぬんですよ(笑)
yume-miさんは慎重そうだから生き残れますよ^^
#1970[2015/05/15 13:23]  sado jo  URL 

Re: 椿様 COありがとうございます^^

> 悪人であっても、突然訪れる死は悲しいですね。
> シュンさん、人としてどうなのかと思う点はありつつも、かなり好きです。

人の命をゲーム感覚でオモチャにするお調子者のシュンって、子供みたいですよね。
どこかFateの慎二に似てませんか?あんなのが大人になったら大変ですよ~><
今の内に始末しときましょうか?(笑)でも、そんな少年・少女が事件を起すNEWSが現実に多くなってる。世の中で(大人子供)慎二が増殖してるんですね。
どこで教育を間違えたんだか?やっぱりビースト法が必要になる時代が来るのかな?
#1971[2015/05/15 13:44]  sado jo  URL 

なぜか、色んな意味で破綻している連中の方が生きながらえますよね

「いいヤツはみんな死ぬ…」

っていう、紅の豚でポルコ・ロッソのセリフを思い出しました

最近よく考えるんですよね
自分はあと何年生きるのか?何年生きてなきゃいけないのか?って

たぶん、自殺未遂経験があったりとか、殺人事件現場のニアミスが結構あったりとか、震災を経験したりとか

そういうのがあったからだと思いますが(汗)
#1974[2015/05/15 22:21]  blackout  URL 

映像が浮かんでくるようです。
知識と描写力、素晴らしいですね。
#1975[2015/05/15 22:27]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: blackout様 COありがとうございます^^

> 「いいヤツはみんな死ぬ…」
> 自分はあと何年生きるのか?何年生きてなきゃいけないのか?って

確かに、現実でもドラマでも、いいヤツは呆気なく死んじゃいますよね~><
あれは、生きるのが下手だからでしょうか?それとも周りの人間が悪すぎるから?
自分も後何年生きれるのか分からないけど、せめてゴミにならない様に生きたいです。
お互いに震災を経験して、人生観が大きく変ったのかも知れませんね^^
#1976[2015/05/16 00:08]  sado jo  URL 

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 映像が浮かんでくるようです。
> 知識と描写力、素晴らしいですね。

ありがとうございます^^
まァ、せめて映画を観る様な感覚で読んでいただけたら…
と、思って書いています。元々が映像畑なので文章は下手クソですから(笑)
#1977[2015/05/16 00:13]  sado jo  URL 

備えあれば患いなしとはいいますが、
今回は予め防毒マスクを用意していたから、
撃つ側からしたらいい目印にしかなりませんもんね(´∀`;)
#1978[2015/05/16 22:38]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 備えあれば患いなしとはいいますが、
> 今回は予め防毒マスクを用意していたから、
> 撃つ側からしたらいい目印にしかなりませんもんね(´∀`;)

用意周到に準備したら、それが逆目に出る事って、日常でもよくありますね~^^
雨が降ると思って傘を持って出たら、降らなくて何処かに置き忘れて来た…とか。
間抜けな話ですが、出し抜いたつもりが逆だった…ってのもよくあります(笑)
#1979[2015/05/17 00:33]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#2002[2015/05/20 23:33]     














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←アニメ「プラスティック・メモリーズ」に見る死への想い    →ビーストハンター 第3話 帰らざる波止場 (6)