シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

実話「事実は小説より奇なり」

事実は小説より奇なり 第一話「都会の難民」

これは世藻末茶(作者の源氏名)が酒場を経営してた頃の、お店にまつわる実話エピソードです。

人の良さそうな常連客の青年がいました。

「ねぇ、マスター…実は、僕まだ童貞なんですよ~」
「ふ~ん。そりゃあ気の毒だなぁ…で、君いくつになる?」
「はい、今年で27になります」
「女の子と付き合った事はないのか?」
「ない事はないですけどぉ…いっつも告白したとたんに振られるんですよ~」
「う~ん…まぁ、何はともあれ、男になる事が先決だよなぁ~」


可哀想に思ったマスターは、あれこれ根回しして、彼をとある有閑マダムに紹介する事にしました。

逢引の当日、彼はめかし込んで有閑マダムが待つお店にやって来ました。
私はカウンターに座った二人を互いに紹介し、事の成り行きを見守っていました。
彼はマダムの方を向いて、うつむいたままモジモジしています…何を見ているんでしょうか?
じれて来たマダムは言いました…「僕どうしたの?言いたい事があるなら言ってご覧なさい」
彼はおずおずとこう言いました…「僕…お姉さんみたいなお尻の人、憧れだったんですよ~」
その一言で、マスターのせっかくの努力はあえなく水の泡になりました。

彼は誰よりも『正直』で『真面目』な青年だと思います。けれど、あれでは報われないのも無理はない。
都会は『中東の砂漠』よりもきびしい戦場です。飢餓に苦しむたくさんの難民があふれ出ています。
女性のみなさま。彼のような難民を見掛けたなら、どうか暖かい愛の手を差し伸べてやって下さい。
私は今でも彼の事をとっても心配しています。彼は未だに童貞のままなのだろうか?と…

にほんブログ村 小説ブログへ

 


※このショートショートは「実話ドキュメント」に付、プライバシー保護の為、実際の人名・その他の詳細については、アレンジを加えてあります。私はまだ恨まれて殺されたくはないですから(笑)

とある方のご指摘もいただきましたので、さらに追記する事にいたします。
I.Tの発達は、それに頼り過ぎる人々に「コミュニケーション能力」の低下をもたらしました。
酒場でもスマホをいじっている人が数多く見受けられます。社交の場である酒場に何をしに来たのでしょうか?
どんな人間関係でも「相手の機微を見て話をする」事に尽きます。それは人付合いの中から学ばなければなりません。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←事実は小説より奇なり 第二話「進撃の巨人?」    →実話集『事実は小説より奇なり』を掲載します

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#24[2014/01/27 11:00]     

Re: なぜいつも告白した途端に振られるのか?

女性の方にはよくお解りいただけるかと思います。
男から見れば、彼は「ずるく無い」「誠実な夫」になる事は間違いありません。
けど「純粋で正直すぎる」のが難点です。少しはずるくなって、難民生活から足を洗って欲しいです。
「大人になる」と言う事は汚れる事でもあります。悲しい事ですが現実ですね^^
#25[2014/01/27 12:27]  佐渡 譲(じょう)  URL  [Edit]

他人事ですが、自分も同じ理由でこの彼が気になりますね

マダムとの出会いが、ラストチャンスにならないことを願いたいですが、現実は厳しいかもしれません

若い頃は〜って言われるより悲劇でしょうね
この手の連中は、女性から多少なりとも相手にされた時期があったわけなので

自分はその場にいたわけではないので、何ともですが、この彼、トータル的なコミュニケーション力が不足しているような気がしました
#26[2014/01/28 01:22]  blackout  URL 

Re: おっしゃる通りです。

酒場を経営して分かったのは、I.Tに頼り過ぎる余り、生のコミュニケーション力に欠けるヤングが多いと言う現実です。社交の場に来てて、人と話をせずにスマホばかりいじってます。何の為に酒場に来たのか?理解に苦しみました[メゲ易い][キレ易い][K.Y(空気読めない)][ヤンデレ]手を差延べる為、現場では随分苦労しました。病に倒れた一因かも知れませんね(苦笑)ヤングさんは、もっと人付合いを大事にして欲しいと思います。
#27[2014/01/28 13:31]  佐渡 譲(じょう)  URL  [Edit]

こちらに書き込むのは初めてですよね。

実話ということで、どんなものかワクワクしながら、よみました。確かにこの彼の前には女性は逃げてしまうかもしれませんね…。彼を心配してしまう気持ちもわかります。

ご連絡が遅くなってしまったのですが、私のブログにリンクを貼らせて頂いても大丈夫でしょうか?

もし難しかったら、ご連絡ください。削除いたしますので^^
#40[2014/02/09 13:54]  rurubu1001  URL 

Re: ありがとうございます^^

山椒のようにぴりっ!と来る小話、いつも拝見させていただいております。
こちらもリンクを張らせていただいております。どうぞよろしくお願いいたします^^
#42[2014/02/09 18:46]  佐渡 譲(じょう)  URL  [Edit]

初めまして!
先日は拍手(コメント)をありがとうございましたm(__)m


<酒場でもスマホをいじっている人が数多く見受けられます。社交の場である酒場に何をしに来たのでしょうか?

私も若者でありますが、よくバーに出入りする人間です。
バーテンダーや客との会話を目的に、好きなお酒をゆっくりと飲むのを楽しみにしております。
ある時、とあるバーのマスターが、せっかくバーに来た4人組の学生が延々とスマホを弄繰り回していて、話す言葉は「この画像見て!」くらいしかなかったと、不思議がっていたのを思い出しました。

実際ショットバーで隣に座った人に話しかけようとしても、LINEやらツイッターやらでお忙しい様子&バーテンダーさんは身内で盛り上がっている方々から殺到する注文に大忙しで、一人で飲むしかなかったり……。
一人で行っておきながら、初対面の人との交流を気安く求める私が、自己中心的なだけなのかもしれませんけどね(´・ω・`
勿論、とても打ち解けやすい雰囲気のバーには、よくお邪魔させてもらっています。

とても興味深いお話でした!
またこちらに足を運ばせていただきますね!
#43[2014/02/10 20:30]  sun  URL  [Edit]

Re: ありがとうございます^^

酒場でウィットなユーモアに富んだ会話を肴に、酒を飲むのはいいもんですね~^^時に生の人生勉強になったりして…私の現役の頃においでになれば、そんな楽しみが味わえたかも…残念>< まぁ、Blogにその頃の逸話を載せますから、それでご勘弁を(笑)
#44[2014/02/10 22:02]  佐渡 譲(じょう)  URL  [Edit]

スマホNG

今晩は。
私のよく行くBarは暗黙でスマホNGなので会話やお酒を楽しめます♪
いつもカウンターでマスターと話すのが好きで
一人でも行ってしまいます♪(笑)

この青年 頑張って欲しいですね~(笑)
#515[2014/07/24 18:44]  花音  URL  [Edit]

Re: h様 COありがとうございます^^

> 私のよく行くBarは暗黙でスマホNGなので会話やお酒を楽しめます♪
> いつもカウンターでマスターと話すのが好きで
> 一人でも行ってしまいます♪(笑)

そうですね。
話の上手いマスターやママさんがいる店は、お酒が楽しめますよね~^^

> この青年 頑張って欲しいですね~(笑)

う~ん…心配してるんですが、最近の子達に良くある機械頼みで、
生身の人間と普通の会話が出来ないんですよね~><
#516[2014/07/25 00:22]  sado jo  URL 

うーん、初対面でこれだと、私でもゴメンナサイしてしまいそうだ(^_^.)

今までの告白で何を告ってきたのか考えるのも恐ろしいですね。

正直なのでしょうが、その本音は女性から求められてないから(笑)

その方の幸せを祈らせていただきます。
#742[2014/09/20 01:35]  椿  URL 

Re: 椿様 COありがとうございます^^

> うーん、初対面でこれだと、私でもゴメンナサイしてしまいそうだ(^_^.)
> 今までの告白で何を告ってきたのか考えるのも恐ろしいですね。
> 正直なのでしょうが、その本音は女性から求められてないから(笑)

でしょう~…同感です^^
でも、客商売の経験上、コミュニケーション障害の若者がたくさんいるんですよ。
やはり、スマホやパソコンがそうさせてしまったんでしょうかね~?
私の場合は客商売症候群で、軽口を叩きすぎて失敗する例も多くありますが(反省)
彼らの場合はハナから、コミュニケーション能力が身に着いてないんですよね~><
#743[2014/09/20 14:53]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←事実は小説より奇なり 第二話「進撃の巨人?」    →実話集『事実は小説より奇なり』を掲載します