シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

未分類

砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(25)

攻撃2

 マリクの後退命令が、後方の戦闘車に伝わるより早く、日の丸のマークを付けた小型飛行機の大編隊が上空に現れた。
 DDH護衛艦「あまぎ」から飛び立った鷹隊と鶴隊「ひたち」から飛び立った鷲隊と燕隊、総勢48機の無人ゼロ戦だった。
「この前の仕返しばしちゃるけんね~!」
「そうだ!そうだっ!俺の大事なゼロ戦おしゃかにしやがって~!」
 次々と翼をひるがえして降下して来るゼロ戦から、混乱している敵軍に向かって対地ミサイル、すずめばちが発射された。
 ドッガ~ン!ドッゴ~ン!300両近い敵の車列のあちらこちらから、爆音と火の手が上がり、戦闘車が粉砕された。
「狙い撃ちされるぞ!かたまるな~っ!」マリクはそう叫んだ。

 だが、彼の命令も虚しく、道路を捨てて荒野に逃げ出した戦車や装甲車の前に、新たな強敵が立ちふさがった。
 ロシア軍最強の戦車と言われるT-90 ウラジミールの装甲さえたやすく撃ち破る漆黒の怪鳥、10機の攻撃ヘリかるらだった。
 シュッ!シュッ!シュ~ッ!かるらの側面に取り付けられた筒巣から、勢いよくすずめばちの群れが飛び出した。
 群れをなして襲い掛かる猛毒蜂の前には、ソ連製T-72戦車の旧式装甲はブリキのオモチャのようなものでしかない。
 たちまち数台の戦車が、爆焔を噴き上げて燃え上がった。装甲車の兵士があわててハッチを開けて、対空機銃を構えた。
 今度は、それを目掛けて7.62ミリ対人機銃が嵐の様に降りそそいだ。体中を蜂の巣にされた敵兵は無残な最期を遂げた。
 街道に立ち往生したままの4600のモスル救援軍は、容赦のない無人ゼロ戦とかるらの攻撃にさらされた。
 周囲には何一つ掩蔽物はない。破壊された車両の陰に隠れて散発的な抵抗をする者も、空からの銃撃に次々に倒れた。
 走って逃げようとした敵兵も、対人機銃のバイタルセンサーにことごとく察知され、格好の標的にされて命を奪われた。
 計算上では、AK-47の三倍以上の発射速度を持つ対人機銃は、密集した敵の一個中隊をたった一分で殲滅する事ができる。
 この戦闘では、その能力が如何なく発揮された。何と戦闘開始からわずか15分で敵軍の半数以上の兵が戦闘不能に陥った。
 麦の穂を刈ると言う例えがあるが、近代軍が、時代遅れの軍隊を相手に、その力を解放すればまるで殺戮戦のようになる。

「あァ~っ!」「アッラー・アクバル!」
 銃を突き付けられた捕虜たちは、嘆きの叫び声を上げながら、仲間たちがバタバタと倒れて死んで行くのを見るしかなかった。
 そこには、ただの瓦礫になった戦車や装甲車、燃えて燻り続ける戦闘車の周辺には、累々と兵士の死体が散らばっていた。
 そうして、わずかに生き残って戦場から逃亡を図った敵も、あらかじめ包囲していたクルド軍の網に掛かって殺害された。
 戦闘開始から30分。すでに負傷して動けなくなっていたマリクは、部下に命じて白旗を掲げさせて降伏した。
 この戦闘で2800人のイスラム蛮国兵が戦死、1500人以上の兵士が負傷。かろうじて生き残ったのはわずか数百人だけだった。
 自衛隊とクルド軍にとっては大戦果だった。何とモスル守備隊の半数近くが、バーディアの郊外の戦いで壊滅したのだ。
 だが、勝利の報告を聞いて駆けつけた現地指揮官の宇賀多一左は、死体が散乱した現場の惨状に吐き気すら覚えた。
 戦場を検分して回ると、外国からテロに参加したヨーロッパ系の白人や東洋人、そして年端も行かぬ少年兵の死体もあった。
「親不孝者どもが~っ!」宇賀多は累々と横たわる敵兵の死体を見て、やりきれぬようにつぶやいた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 



 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←事実は小説より奇なり 第六話 「残念なイケメン」    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(24)
*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~


掩蔽物がないと余計に撃たれ放題になりますし、
まともに対抗できる兵器もないと本当に一方的なものになりますもんね~。
今回は戦闘とよりも、本当に虐殺に近い感じでしたね(`・ω・´)
#2135[2015/06/24 20:10]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 掩蔽物がないと余計に撃たれ放題になりますし、
> まともに対抗できる兵器もないと本当に一方的なものになりますもんね~。

テロ軍団は巧みに地形を利用しますが、自衛隊は裏を斯いて街の郊外まで引き付けた。
平坦な郊外だと、市民に遠慮なく航空力を駆使出来ます。見事な作戦勝ちですね~♪
「立て篭もってる敵の野戦軍を引き摺り出して撃つ」葛城司令のセオリー通りですね。
バーディヤを攻略したのは、敵に餌を撒く為だったんですね~^^
#2136[2015/06/24 20:29]  sado jo  URL 

敵とはいえ、死体の山をみるのは忍びないものです。
その、やるせなさが伝わってきます。
#2137[2015/06/24 20:42]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 敵とはいえ、死体の山をみるのは忍びないものです。
> その、やるせなさが伝わってきます。

現実的にもISは、純粋な未成年を騙して自爆させたり、鉄砲玉に使ってますね。
賢い大人は騙せないから、少年/少女を騙して使う…卑怯な体質が丸見えですね~><

日本が右傾化してる時を狙って「18歳選挙権法案」を成立させた与党は怪しいです。
未成年のみなさんは、くれぐれも大人の卑怯な手口に嵌らない様ご注意下さい(笑)
#2138[2015/06/24 21:07]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←事実は小説より奇なり 第六話 「残念なイケメン」    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(24)