シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼ビーストハンター」
ビーストハンター 小説本編

ビーストハンター 第3話 帰らざる波止場 (8)

ビースト3-8

「哀号~!哀号~っ!」カイザーに体を引裂かれて泣きわめく男の哀願をよそに、シュンはその光景を楽しげに眺めた。
「ワォ~ン!」首筋に牙を立て、男が動かなくなったのを確認した元戦場の傭兵犬、カイザーは誇らしげに吼えた。
 シュンは犬にかみ殺されて、血だらけになって死んでいる男を事もなげにポンと蹴とばした。
「俺にやられた方が楽だったな」シュンは、薄笑いを浮かべながらそう言った。
 この時代は、シュンだけでなく、誰もがテロリストや犯罪者に対しては憐憫の情を持たなかった。
 彼らは、法律上はもはや人間ではなく、人の形をした獣に過ぎないのだ。それが「ビースト法」なのだった。
 残虐なテロや、際限のない犯罪は、やがては無慈悲で残酷な社会を産む。人々は行き着く先を知らなさすぎたのだ。

 地球規模の気候変動と、それに続く大災害が起きるまでは、東京港は貿易港としてのにぎわいを見せていた。
 旧東京とともに港の大部分は海の中に沈んだが、残ったわずかの岸壁は、世界各地を繋ぐ定期便の船着場になっている。
 そのさびれた港の切符売り場から出ると、建勝は千恵子にジャーダンから奪った金の入ったバックを渡して言った。
「先に船に乗っててくれ。俺お弁当買って来るから」そう言って停泊している「永泰号」のゲートを指差した。
「はい、船のデッキの出口で待ってます」
 千恵子は建勝に言われるままに、素直にバックを持ってゲートをくぐり、乗船タラップを登った。
 そうして、船のデッキの出口で建勝を待ったが、彼はなかなかタラップを登って来なかった。
 不安に思った千恵子が、デッキの手すりまで行って、船が接岸してる岸壁を見下ろしたその時だった。
 バンッ!バーン!と下の岸壁の方から数発の銃声が聞こえた。
 銃声のした方に目をやった千恵子が見たのは、三人の殺し屋に追われながら、懸命に逃げ回る建勝の姿だった。
「ああっ!」それを見た千恵子は、一瞬心臓が止まりそうになった。
 建勝が手にした弁当に銃弾が当ってパァ~ッ!と飛び散り、彼も銃を抜いて殺し屋たちに応戦し始めた。
 だが、隠れる場所すらない平らな岸壁では、いくら応戦しても建勝には勝ち目はなさそうだった。
 千恵子は矢も盾もたまらず、バックを捨ててタラップまで走って行った。
 しかし、ガラ、ガラ、ガラ、ガラッ!と、タラップは虚しく上げられてしまった。
 急いでデッキの手すりまで戻ると、殺し屋に撃たれて倒れた建勝が、懸命に千恵子の方に手を伸ばしていた。
「キャ~ァァ~ッ!あなた~っ!」千恵子も建勝の方に手を伸ばしながら、声の限り叫んだ。
 しかし、懸命に伸ばしていた建勝の手はパタリと落ち、彼はそのまま動かなくなった。
 健勝を殺した三人の殺し屋は、止めてあった黒いセダンに乗り込んで走り去って行った。
「う、うっ、うっ、うぁ~、うわぁ~ん」千恵子は手すりにすがって泣いた。ただひたすら泣きじゃくった。
 ボォ~、ボォ~ッ!と、哀しげな汽笛が東京港に鳴り響いた。
 永泰号は静かに岸壁を離れ始めた。たった一人の恋人を失った千恵子は独りぼっちになってしまった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第3話 帰らざる波止場 (9)    →英霊の絶望 ~英雄と呼ばれる者の正体と実像~
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


愛する人を目の前で失う。
これ以上の衝撃ありませんよね。
立ち直れるか、憎悪の復讐が始まるか。
#2091[2015/06/13 21:27]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 愛する人を目の前で失う。これ以上の衝撃ありませんよね。
> 立ち直れるか、憎悪の復讐が始まるか。

千恵子には辛すぎる結末ですよね~(涙)
千恵子はたった独りで異国へ旅立ちました。どうなるんでしょうかね?
後は、ビーストハンター達が恋人の仇を取ってやるしかありませんよね^^
#2092[2015/06/13 21:38]  sado jo  URL 

目の前で死んでしまう瞬間を見るというのは辛いですし、
タラップも上がってしまっていて、
側に行くことも出来ないというのがまた悲しいところですよね(><。)
#2093[2015/06/13 22:44]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 目の前で死んでしまう瞬間を見るというのは辛いですし、
> タラップも上がってしまっていて、
> 側に行くことも出来ないというのがまた悲しいところですよね(><。)

このシーンは書きながら泣きが入った所ですね~
作者はここまで残酷にヒロインを追詰めるか~…悪い奴だなァ
と…我ながら思いましたよ(笑)
#2094[2015/06/14 00:14]  sado jo  URL 

お邪魔いたします。

シュンは私の超近しい身内と同じ名前なもので気持ちも入りまくりです^^しかも「奴もそうするやろな」としか思えないところがおもしろいです。
#2096[2015/06/14 14:24]  めがみ  URL  [Edit]

Re: めがみ様 COありがとうございます^^

> シュンは私の超近しい身内と同じ名前なもので気持ちも入りまくりです^^
> しかも「奴もそうするやろな」としか思えないところがおもしろいです。

えっ?シュンみたいに人の不幸を楽しむ人って、現実にいるんですか~?
それって、凄い超ドSですよね~(笑)自分は現実にはそうはなれません…でした。
#2098[2015/06/14 15:14]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第3話 帰らざる波止場 (9)    →英霊の絶望 ~英雄と呼ばれる者の正体と実像~