シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼その他の小説」
もうひとつのプラスティック・メモリーズ

もうひとつのプラスティック・メモリーズ (2)

もうひとつの03

「…ったく、いつまで待っても現場に来ないから探しに来てみたら~…何かあったの?」ザックも尋ねて来た。
 待てど暮らせど、待ち合わせ場所に現れないツカサとアイラを不思議に思ったミチルとザックが探しに来たのだった。
「いや、何も…」アイラは何とかごまかそうとした。
 だが、ミチルは目ざとくアイラの服が乱れている事に気付いた。しかも、後部座席には大きな荷物が置かれている。
「ツカサッ!アイラに何かしたんでしょっ?後ろに積んでるのは何?」ミチルはツカサを問い詰めた。
「いや、べっ、別に何も…」ツカサはドギマギしながら答えた。
「はっは~…お前、アイラと駆け落ちしようとしてたな~?」
「そっ、そんな事全然考えてないし…」
「嘘つけっ!ちゃんと顔に書いてあるぞ」
「あァ~あ、バレちゃった。そんなにキョドってたら丸バレだよね~…ツカサ」
 ザックも、意地悪そうにして横から突っ込んで来た。
「だっ、だって、そうするしか方法がなかったから…」ツカサは、とうとうあきらめて白状した。
「あんたね~…こんな事がバレたらカズキに殺されかねないわよっ!」ミチルが怒り出した。
「ミチル、ツカサを責めないでっ!ツカサは悪くないから…」アイラは、思わずツカサを庇おうとした。
「アイラは黙っててっ!…今、この馬鹿と話をしてるんだから…」
 ミチルはどうしようもなくなって、突っ立ったままでいるツカサを責め続けた。
「あんた、私のお父さんの話を聞いてなかったの?マーシャさんの最期を見たんでしょっ!」
「うん…」
「寿命が尽きてワンダラーになってしまったギフティアがどうなるか…分かってやってるの?」
「でっ、でも、どうしてもアイラと別れるのに耐えられなくて…」
「はァッ?…あんたさえよけりゃそれでいいの?アイラの気持ちを考えてやった事がある?」
「それはっ…」
「アイラだって辛いんだよ。もうすぐ、あんたやみんなと別れなきゃならない事が…」
「アイラ…」ツカサは、アイラの悲しそうな顔を見て呟いた。
「まったく子供なんだから…危なっかしいったらありゃしない」
「アイラ、僕が悪かった。ごめん」ツカサはアイラにそうあやまった。
「いいよ、ツカサ…気にしてないので」アイラは素っ気なく答えた。
「さァ、仕事に戻るわよ。もう二度とこんな事するんじゃないわよっ!ツカサ」
「うん、分かった」

 ミチルに諭されて、ツカサはしぶしぶ車に乗り込んだ。何だかとても気まずい気分だった。
 車を運転しているアイラはいつもと変らない…でも、この可愛い少女の命は、後一カ月しかないのだ。
 そんなアイラを見ていると涙が出そうになる…ツカサはアイラから目を背けずにはいられなかった。

~続く~



にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←もうひとつのプラスティック・メモリーズ (3)    →もうひとつのプラスティック・メモリーズ (1)
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#2003[2015/05/21 07:16]     

Re: y様 COありがとうございます^^

男女とも言える事ですが、恋愛中は相手の良い所しか見ていません。
でも、家庭に入るとお互いの素の姿が晒されるので、幻滅する事も多いです。
この人は宝石だと思って結婚したら、ただの石コロだった…なんてね(笑)
死んだ妻が恋愛中に「隠さずに出し合おう」と言ってたのを今でも思い出します。
結婚生活は、相手の全てを受け入れて認め合う信頼感の上に成り立ちます。
それが破綻すると、子供や親などの家族が犠牲になってしまいますよね><
#2004[2015/05/21 12:23]  sado jo  URL 

PV拝見させていただきました。
切なさが伝わってきます。
素晴らしいテーマですね。
#2005[2015/05/21 20:10]  マウントエレファント  URL  [Edit]

どんなに一緒に居たくても状況がそれを許してくれないというのが、
なんとも複雑な心境にさせますね(><)
幸せになる方法を模索するというのは難しいものですし、
時間も限られているとなれば、
今回の様な駆け落ちするという焦りも出て来てしまいますしね。
#2006[2015/05/21 20:13]  ツバサ  URL 

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> PV拝見させていただきました。
> 切なさが伝わってきます。

まもなく消えて(死んで)しまう身のアイラと、彼女を懸命に愛するツカサ。
何とも切ない恋物語ですよね~…しかも、人間とアンドロイドの恋ですから。
それを何とかしようと、夜も寝ずに昼寝して(笑)二次小説を書いてみました。
自分には珍しく、力を込めて一気に書き下ろしました…切ない恋のお話です。
乞うご期待♪
#2007[2015/05/21 20:34]  sado jo  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> どんなに一緒に居たくても状況がそれを許してくれないというのが、
> なんとも複雑な心境にさせますね(><)

好きな人と一緒にいたい…でも、周りの状況がそれを許さない。
それは「ロミオとジュリエット」以来、600年に渡る切ない恋のテーマですよね~
社会がデジタル化された未来になっても、人の心は変らない…そう思います^^
#2008[2015/05/21 20:36]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←もうひとつのプラスティック・メモリーズ (3)    →もうひとつのプラスティック・メモリーズ (1)