シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼まぼろし」
まぼろし 小説本編

まぼろし 第7話 「雪女」 (3)

 茂吉の懸命な介護の甲斐もあって、雪の身体は次第に回復して行った。
 だが、雪は自分の名前以外の事は何一つ思い出せない様子だった。
 それでも、動けるようになった雪は、あれこれと茂吉の身の周りの世話を焼き出した。
 笑顔を見せながら自分の世話をしてくれる雪を、茂吉はしだいに好きになって行った。
(いけねぇ、いけねぇ…こんな貧乏な鉄砲撃ちの自分と、金持ちの娘じゃァ身分が釣り合わねぇ)
(早く雪さんを親元に帰してやらにゃァ…そうだ!明日町に下りて、誰かに雪さんの事を聞いてみよう)

 翌日、茂吉は山で獲れた毛皮を担いで、町に下りて行った。
 そうして、毛皮を売る道すがら、方々で雪の素性を尋ねて歩いた。
 けれども、誰一人髪の毛の白い娘を知っている者はいなかった。
 すっかりあきらめた茂吉は、新しい鉄砲を買って帰る事にした。
 茂吉の持っている鉄砲は、もうすっかり古くなってしまっていたからだ。
 ところが鉄砲屋を探している内に、茂吉は偶然、一軒の飾り細工の店を見つけてしまった。
 その店先には金、銀、珊瑚でこしらえたそれは見事に美しい髪飾りが並べられていた。
 茂吉は思わずその髪飾りを手に取った…だが、髪飾りには鉄砲が買えるほどの値段が付けられていた。
(えぇいっ!構うもんか…雪が喜んでくれりゃァ…雪さえ喜んでくれりゃァそれでえぇ)
 茂吉は毛皮を売った金を全部はたいて、雪のためにその髪飾りを買った。

 小屋に帰った茂吉は、さっそく買って来た髪飾りを雪に着けてやった。
 雪はたいそう喜んで、茂吉に抱きついて来た…そして、とうとう茂吉は雪を抱いてしまった。
 絹のような滑らかな肌、柔らかな肢体と芳しい香り…茂吉はすっかり雪に酔いしれた。
 それからの二人は毎晩のように抱き合って愛を交わした。
 茂吉の頭の中は、もうすっかり雪の事で一杯になった。
(雪に美味しいものを食わせてやるべ!雪にえぇべべを着せてやるべ!)
 それまでと違って、茂吉は俄然仕事に張り合いが出て来た。
 狩りをするのも雪のため、キノコや山菜を採るのも、何でもかんでも雪の事を思ってがんばった。
 雪は雪で、甲斐甲斐しく茂吉の世話をし、炊事や洗濯や小屋の掃除にいそしんだ。
 二人は愛し合っていた…貧乏ではあったが、それは夢のような生活だった。
(もうどうなってもえぇ…このまんま雪と一緒に暮らしてぇ)
(いやいや、それはいけねぇ…親御さんはきっと懸命に雪を探してるに違げぇねぇ)
 茂吉の心はあれこれと揺れ動いた…迷いに迷ったが、どうしても雪と離れたくはなかった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←自分を批判する者の自由を守る…のが民主主義者の使命    →まぼろし 第7話 「雪女」 (2)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


恋は盲目……。それでも2人が末永く幸せに暮らしてくれたらと願うのですが。
雪は記憶を失ったままなのですよね(´`:)
そうだ!短冊に願いを書こう(≧∇≦)b
#2189[2015/07/04 06:35]  ヘタリーナ風鈴  URL 

Re: ヘタリーナ風鈴様 COありがとうございます^^

> 恋は盲目……。それでも2人が末永く幸せに暮らしてくれたらと願うのですが。
> 雪は記憶を失ったままなのですよね(´`:)

自分の欲しい鉄砲を買わずに、雪の髪飾りを買った茂吉…優しいですね^^
愛し合う二人はどうなるのか?…いっそこのまま雪の記憶が戻らなければいいなァ。
雪の親=魔物?が迎えに来るんでしょうか?…そうなると悲劇ですよね~><
#2190[2015/07/04 11:38]  sado jo  URL 

確か7〜8年ぐらい前でしたが、誰かがこんなことを言っていました

「自分は結婚していて小さい子供がいる。結婚はいいものだ。守るべきものがあるっていうこの感覚が」

今の茂吉の感覚も、これに近いのかもしれないですね
#2191[2015/07/04 15:54]  blackout  URL 

Re: blackout様 COありがとうございます^^

> 「自分は結婚してて小さい子供がいる。結婚はいいものだ。守るべきものがあるっていうこの感覚が」
> 今の茂吉の感覚も、これに近いのかもしれないですね

愛し合ってるなら結婚はいいものですね~…心の置き所があり、帰る場所がある♪
それで幸福感に浸れます…でもね、愛を失うと根無し草になった様な気がします><
離婚したり、妻や子供をなくすと男は荒れるそうです。自分もそうでした(笑)
#2192[2015/07/04 16:19]  sado jo  URL 

恋ですね。
お互い、悲しい運命の待つ恋ですが…。
#2193[2015/07/04 20:00]  マウントエレファント  URL  [Edit]

すっかり雪に惚れ込んでしまったようですね~。
愛する者がいれば俄然とやる気も出てきますし、
このまま幸せに暮らしていければと思いますが、
何かありそうですもんね|・ω・`)
#2194[2015/07/04 21:08]  ツバサ  URL 

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 恋ですね。
> お互い、悲しい運命の待つ恋ですが…。

恋ですよね~♪…物語は冬ですが、春ですね~^^
このまま幸せならいいんですが、それじゃドラマになりませんね。
さて、恋の行く手には何が待ってるんでしょうか?
#2195[2015/07/04 21:18]  sado jo  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> このまま幸せに暮らしていければと思いますが、
> 何かありそうですもんね|・ω・`)

好きな女性が出来ると、男は仕事に張合いが出ますね~…なぜ?(笑)
冒頭にも伏線を張ってますが、次回くらいから段々雪の正体が露わになって来ます。
#2196[2015/07/04 21:26]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←自分を批判する者の自由を守る…のが民主主義者の使命    →まぼろし 第7話 「雪女」 (2)