シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

実話「事実は小説より奇なり」

事実は小説より奇なり 第八話 「男は死にたがり」

美人ママ

これは世藻末茶(源氏名)が酒場を経営してた頃の、お店にまつわる実話エピソードです。

小鳥を飼うのが好きな「高級クラブ」の美人ママさんがいました。
実は、私=マスターは、彼女のお店でバーテンダーの修行をして自分のお店を開いたのでした。

世藻:「小鳥って綺麗ですね」
ママ:「そう、牡だけね…何で牡だけ綺麗なのか知ってる?」
世藻:「さァ、観賞用に作ったからでしょうか?」
ママ:「あら、違うわよ…牝の代りに死ぬ為よ。だから、わざと派手に目立ってるの」

私は猟師であった父の雉撃ちを思い出しました。父は雉の巣を見つけると、わざと見える様に歩くのです。
すると、牡がやって来て、敵の気を逸らして巣の中にいる牝と雛(卵)を守る為に、美しい飾り羽を広げて誘います。
(おいっ!狙われてるのはお前の方だぞ)…そう思う間もなくズドーン!と一巻の終り。牡の習性とは哀れなものです。
何の為に、頭に重たい大きな烏帽子を着け、何の為にキンキラキンに羽根を飾って牝の気を惹くのか?
「あら、派手な男です事…こんなに大げさに目立ってる男だったら、さぞ真っ先に死ぬわよね。私、助かるわ~♪」
鳥君達は、巧みな牝の生存戦略に、見事にはまってしまっているのでした。

笑ってる男子諸君…人間の牡も鳥と大して変りません。牝よりもデカい図体をして目立ってるじゃありませんか。
女を守る為に、自ら志願して戦争に行くヤツもいます…「自分さえ生き残れれば、あんたは死んでも構わないわ」
牡を生贄に捧げて種を保存すると言う牝の生存戦略は、かくも恐ろしいものです。
ちなみに最近は、生存の為に本能に反逆して、目立たない様に草食生物として生きている男子もいます(笑)

あの当時は、開発ブームで「土地成金さん」が随分いました。なので、夜の繁華街はたいそう賑わってました。
飾り羽の代りに、札束を広げた「土地成金さん」がホステスさんを誘いに「高級クラブ」に遊びに来てました。
その中でも、ママはNO.1でした。40になるのに、どう見ても20代にしか見えない超絶美人だったからです。
何人かの土地成金を破産させた…と言う噂も立ってましたが、それでも札束の羽根を広げた牡がやって来ました。

きっと、男って生き物はよっぽど死にたがりなんだ…見ててつくづく男に生まれた事を恨めしく思いました。

男は、例え運よく大金を得ても、すぐに失ってしまうと言います…いわゆるあぶく銭となってしまう訳です。
ところが女は、あぶく銭を得ても、貯金したり、投資信託に回したりして、堅実に増やして行くのが常です。
ママも生きてたら、貯めたお金で温泉旅行とか、海外旅行をしながら優雅な老後を送ってるんだろうなァ~

「神よ、どうか無駄に犬死する男達を憐れみたまえ」…あっ!自分もその一人だった(笑)

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 


トリケラトプス

最近「トリケラトプス」と言う、余り強くない恐竜の牡の化石が発見され「レガリケラトプス」と名付けられました。
頭の周りに王冠の様な派手なフリルを付けており、100メートル先からでも、かなり目立つ格好をしてたそうです。
なぜ、わざわざ敵の標的になる様な飾りを付けたんでしょうか?牡の悲劇は、すでに古代から始まってたんですね~(笑)
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←小さな凡人 (宮沢賢治風) ~再掲載~    →古風に気取った恋歌

~ Comment ~


う~ん、そうなのかも。
雄は、雌から、発生した、て説ありますもの。
する気なら、雌だけでも、繁殖出来るようなので。
雄の、存在意義は?、て思いますもの。

外敵から、雌や子供を、守るのが、雄の役目なら。
囮になることも、役目の一つになるので、そんな本能あるのかも。

最初の頃の、多くの社会は、女の人を、崇める社会、でしたから。
男尊女卑は、実は、男の人の、生存本能から、生まれたもの、なのかも?
男は、使い捨てで、ないのだぞ~、て。

そうなら、女は、反省しないと、いけないですよね?、男の人を、大事にするように、て。

かしこ
#3827[2016/03/19 01:06]  みかんゼリー  URL 

かっこいい。
メスをかばうために自分を派手にするなんて。
そうありたいものです。
#3828[2016/03/19 05:57]  マウントエレファント  URL  [Edit]

三十路が迫りつつあるのに未だ12歳から不変の私です。
ここまでくるともうこのほうがいいと開き直ってしまいますが
152cmに対して成人男性平均171cmは目立ちすぐるというか
どうしても見上げるので首に負担がかかってしまいそうで
なるべく身長差がないほうが個人的に良いですね。←無茶言うな(笑)。
作中で小さいと言われる女性キャラも設定身長調べると私には思った以上に高かったりorz
#3829[2016/03/19 10:51]  西條すみれ  URL 

Re: みかんゼリー様COありがとうございます^^

> 雄は、雌から、発生した、て説ありますもの。
> 外敵から、雌や子供を、守るのが、雄の役目なら。
> 囮になることも、役目の一つになるので、そんな本能あるのかも。

胎児は最初は、全部♀(牝)の形を取って発生しますからね。
昔は男子の家系が尊重されましたが、実は、男子の精子は卵子の分裂を誘発する導火線な訳で、家系の90%以上は肝心の子供を製造する女子が握っています。
生物界では、♂(牡)の基本的な役割は、♀の種の保存事業を補助する…守る事ですね。
使い捨ては嫌だ!…と言っても、遺伝子的にそう作られてるので仕方がないです(笑)
昔の女性が「男を立てた」のは、♂を前面に出して、身の安全を確保する為の♀の本能ですね。
#3830[2016/03/19 11:50]  sado jo  URL 

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> かっこいい。メスをかばうために自分を派手にするなんて。
> そうありたいものです。

俗に言うドンファンとか、ジゴロなどと言うプレーボーイは派手に目立ってますよね。
女っ垂らしなのが分っていて、女性が惹き付けられるのは、やっぱり本能なのかな?(笑)
確かに「敵は俺が食い止めるから、お前は安全な所に逃げろ」なんて言ってみたい気もします^^
#3831[2016/03/19 11:59]  sado jo  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 三十路が迫りつつあるのに未だ12歳から不変の私です。
> ここまでくるともうこのほうがいいと開き直ってしまいますが

人間に限らず、動物の仔を可愛く感じるのは、種の本能がそう思わせてるんです。
「庇いたい」「守りたい」…そう思う事で、自己保存のキーが外れて自己犠牲に変化する。
結局は種を保存する為のDNAの作為です…ね、作為が異様に働きすぎた12歳の大人さん ♪
その代わりに、百合女子には狙われますよね。うるちゃいうるちゃいうるちゃい(笑)
#3832[2016/03/19 12:13]  sado jo  URL 

なんだかわかる気がしますw

一説によると、オトコの脳は目的達成型な構造をしているらしいです

なので、釣った魚にエサはやらん、だって食べるために釣ったんだから、っていうのも理に適ってるんでしょうね

あと、刹那主義なところもw

自分は、盾になる以前に、ただ生きるだけなのに、いろいろ弾圧されたので、好き好んで盾にはなりたくないですね

それなりの斬撃やら弾丸やら突進やらをくらったので

おかしい…

いつも闇に紛れるような、全身黒づくめの格好をしていたのにw
#3833[2016/03/19 16:43]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 一説によると、オトコの脳は目的達成型な構造をしているらしいです
> あと、刹那主義なところもw

男と女は、生き延びる為の思考パターンがまったく違いますね。
女子は化粧するが、それは男を意識しての事で、全体的には目立たない生き方をします。
が、男子はやたら前に出たがる…余計な野心を起こし、身の破滅どころか周囲も巻き込む。
女子は恋~産んだ子供を一人前にして、送り出すまでの長期スパンで物事を見れますが、
男子は短期スパンでしか物事を見れない…なので、世界の歴史がコロコロ変わって行く。
政治を、男子と女子の半々でやったら、極めて安定した社会が実現するだろうと思います。
ま、男子諸君が刺激の無い退屈な世界に耐えられたら…の話ですが(笑)
#3834[2016/03/19 18:14]  sado jo  URL 

こんばんは~♪
原始女性は太陽であったですね(笑)
男性も女性がいなければ生まれることさえできなかったのですから、女性が主導的だったはずです。
古代からそうだったかもね\(^o^)/
#3835[2016/03/19 20:02]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 原始女性は太陽であったですね(笑)
> 男性も女性がいなければ生まれることさえできなかったのですから、女性が主導的だったはずです。

えぇ…一見、野蛮に見える古代社会は、実は女性にとっては楽園だった。
乳児の死亡率が異常に高く、事故や戦争などで死ぬ若者も多かった。だから、子供(労働力)を産む女性は宝で、とても大切にされました。女性を失った一族(民族)は必ず衰退しました。
いつから、男は女性を軽視し、立場が逆転する様になったんでしょうね?(笑)
#3836[2016/03/19 20:33]  sado jo  URL 

自然界では上手く種が存続するように、
遥か昔からそうなっていると思うと面白いですね^^
役割といったら変ですが、
犠牲にしても生きるというのは存続という点から見たら合理的ですしね。
#3837[2016/03/19 21:06]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 自然界では上手く種が存続するように、
> 遥か昔からそうなっていると思うと面白いですね^^

種の保存と言うのは、何でも無い様で、実はその種にとっては一大事業なんですね。
そして、♂(牡)は子供を産めない以上、♀(牝)を守って種を存続させるしか手が無い。
まるで、映画「男はつらいよ」の寅さんですね。ま、遺伝子の命令には逆らえません(笑)
#3838[2016/03/19 22:01]  sado jo  URL 

こんばんは!

悪い遺伝子を引き継ぎやすいのが男の子だから
流産するのは男の子だ聞いたことがあります。
だから昔は、親に病気がある場合には
男女産み分け方があったそうで?本当なのかな?と
真実は知らないですけど(^^:)

寿命も男性が短いから、女性は強い生き物なのかな。
今の時代確かに強いのは、すぐわかりますね(笑)



#3839[2016/03/20 02:20]  ミノリ  URL  [Edit]

Re: ミノリ様COありがとうございます^^

> 悪い遺伝子を引き継ぎやすいのが男の子だから
> 流産するのは男の子だ聞いたことがあります。
> 寿命も男性が短いから、女性は強い生き物なのかな。
> 今の時代確かに強いのは、すぐわかりますね(笑)

あり得るかも知れませんね…体の構造を見ても、女子は密度の高いコンパクトなボディに、生きるに充分な機能を備えています。
が、男子のボディは造りが粗雑で、免疫機能も低い為、病原菌に犯されやすいです。
なので、地球上の1Gの条件下では、短期的にしか生きられない構造になっています。
ご存知ですか?無重力下の宇宙では、女子の方が男子よりも適合してる事を(笑)
#3840[2016/03/20 14:58]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←小さな凡人 (宮沢賢治風) ~再掲載~    →古風に気取った恋歌