シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼まぼろし」
まぼろし 小説本編

まぼろし 第7話 「雪女」 (4)

 とうとう、ある雪の降る晩、決心した茂吉は雪に告白した。
「なァ…雪」
「なぁに?茂吉さん」
「おらと夫婦(みょうと)になっちゃくれねぇか?」
 茂吉の言葉を聞いた雪は、一瞬ビクッ!とした。
「おらと雪とじゃァ釣り合わねぇ事は分かってるだが、おらは雪がいねぇと生きてけそうもねぇ」
 しばらく戸惑っていた雪は、悲しそうな顔をして、意外な返事をした。
「私はあなたとは結婚できません」
「なぜだ?おらが貧乏だからか?身分が違うからか?」
「いいぇ、私があなたを不幸にしてしまうからです」
「そんな事はねぇ!おらは雪に出逢って、生まれて初めて幸せを知った」
「あなたは何も知りません…これからの事を」
 茂吉には雪の言っている意味が分からなかった。
「大変お世話になりました。私はあなたが大好きでした。でも、もうこれでお別れします」
 そう言うと雪は小屋の外に出て行った。
「おい、どこさ行くだ…外は雪が降ってるべ」
「祠の方に帰ります…どうか私を追わないで下さい」
 茂吉は雪の後を追おうと思ったが、ショックで身体が萎えてしまって動けなかった。
 そうして、雪の姿は雪の中に消えて行った…小屋の外には茂吉が買ってやった髪飾りが落ちていた。
(やっぱり、死んだ親父の言ってた通り、雪は魔物の娘だったんべかな~?)
 我に返った茂吉は、雪の髪飾りを拾い上げながらそう思った。

 それから数日が経った。
 茂吉は悶々とした日々を過ごしていた…いくら雪を忘れようとしても忘れられなかった。
(雪を探しに行こう…例え魔物の親に喰われて死んでもえぇ…一目だけでも雪に逢いてぇ)
 そう決心した茂吉は、古びた鉄砲を担いで山に入った。
 そうして毎日のように、山の中で雪と出逢ったあの洞窟を探し回った。
 必死に探した甲斐もあって、ようやく何日目かにあの洞窟の祠を見つけ出した。
 茂吉は我を忘れて中に入った…もう何も怖くはなかった。ただ雪に逢いたい一心だった。
 けれど、祠の奥までくまなく雪を探してみたが、どこにも雪はいなかった。
(まァ、えぇ…ここで待ってりゃァ、いつかは雪に逢えるに違ぇねぇ)
 茂吉は待った…暗い洞窟の中で、何日も何日も雪を待ち続けた。
 ただ、雪に一目逢いたい一心で待ち続けた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←まぼろし 第7話 「雪女」 (5)    →七歳男児が豚と生活。言葉も話せず(中国河南省発)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


雪は茂吉への諦めさせ方が下手だなぁ…。
好きな人に告ってさよなら言われたって
ここは追いかけたいのが人情でしょう。
それだけ愛していたんだから(_ _。)
そういう思いを掻き立てて死を覚悟させて
自分を追いかけさせてしまうのは、やはり魔物のさが…かな!?
#2223[2015/07/10 06:35]  ヘタリーナ風鈴  URL 

Re: ヘタリーナ風鈴様 COありがとうございます^^

まァ、普通の女子ならこんな別れ方はしませんよね(笑)
でも、それじゃドラマになりません…やはり、主人公を追詰める所に面白味があります。
さァ、追詰められた茂吉はどうなるのか?いったい雪はどこへ消えてしまったのか?
って事で…次回アッ!と驚くドンデン返しのフィナーレになるかも知れません(謎笑)
#2224[2015/07/10 10:08]  sado jo  URL 

怪談のようなストーリーかなと思いきや、どうもどんでん返しの何かが潜んでいそうですね。
恋に盲目になった茂吉さんが不幸に突き落とされないように願いたいですね(笑)
#2226[2015/07/10 19:38]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様 COありがとうございます^^

> 怪談のようなストーリーかなと思いきや、どうもどんでん返しの何かが潜んでいそうですね。
> 恋に盲目になった茂吉さんが不幸に突き落とされないように願いたいですね(笑)

男が真剣に女に惚れると、盲目になりますからね…でも、ストーカーはダメよ(笑)
第一話に伏線が張ってありますが、この話はウラが大有りのストーリーですよ♪
多分、次回に「雪女」の真相が明かされると思います^^
#2228[2015/07/10 20:40]  sado jo  URL 

ご心配をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。
明日はまた病院です。
数日は無理を避けたいと思っております。
#2229[2015/07/10 22:04]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> ご心配をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。
> 明日はまた病院です。

いぇいぇ…歳を重ねると色々と体に不具合が出てくるものです。
私なんぞは、もう中古品にもならないくらいガタが来てますよ(笑)
私の様に大病だけは患わない様にご自愛下さいませ^^
#2230[2015/07/10 22:10]  sado jo  URL 

夫婦になって欲しいといわれましたが、
不幸してしまうからと断ってしまいましたね(><)
そのあと、また祠に行って何日も何日も待ち続けていますが、
果たしてまた再開できるのでしょうか……。
#2240[2015/07/12 20:31]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 夫婦になって欲しいといわれましたが、
> 不幸してしまうからと断ってしまいましたね(><)

雪には、隠している重大な秘密があります。
なぜ、自分が茂吉を不幸にしてしまう事を知っているのか?
次回、ラストシーンでは、アッ!と驚く展開が待っていますよ~^^
#2244[2015/07/13 00:56]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←まぼろし 第7話 「雪女」 (5)    →七歳男児が豚と生活。言葉も話せず(中国河南省発)