シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼まぼろし」
まぼろし 小説本編

まぼろし 第7話 「雪女」 (5)

 春が来て、夏になり、秋になって、とうとうまた冬が巡って来た。
 あれから一年が経って、雪は再びあの洞窟に降り立った。
 未来の世界に帰ってからも、雪は茂吉の事が気になって気になって仕方がなかった。
(せめてあの人がどうしているか?様子だけでも見に行こう)
 そう思った雪は、再びタイムトンネルを潜って過去の世界にやって来た。
 だが、雪がトンネルの出口で見たのは、髪飾りを握り締めたまま、骨になっている茂吉の姿だった。

 雪は知っていた。
 ボランティアとして、未来世界から過去に来た雪は、この世界で救えそうな人を探した。
 けれどもいくら探しても、救えそうな人はどこにもいそうもなかった。
 流行り病で人々が死んで行くのも見たし、武士が果し合いをして斬り合うのも見た。
 陸奥之国と出羽之国で大飢饉が起こって、たくさんの百姓が飢え死にするのも見た。
 庶民の惨状に義憤を感じた大塩平八郎と言う人が、幕府に反乱を起こしたのも見た。
 人の世はいつも哀しい…庶民は多くを望まない。ただ幸せになりたいだけなのだ。
 なのに、為政者たちは、いつも自分たちの立場や権勢しか考えない。
「不幸な人たちがたくさんいる」そう雪は思った。
 雪のいる未来世界では、量子コンピューターによって、すべての人に幸せが約束されていた。
「残念だけれど、この世界の人々を救う事はできそうもない」
 あきらめた雪は、タイムトンネルを通って未来世界に帰ろうとした。
 ところが突然の猛吹雪に遭って、やっとタイムトンネルにたどり付いた所で倒れてしまった。
 そこを偶然、吹雪を避けてタイムトンネルの中に入って来た茂吉に救われたのだった。
 そして、雪はやっと見つけた…たった一人、この世界で救えそうな人を…幸せにしてあげたい人を…
 けれども、雪はその先に待つ茂吉の未来を知って愕然とした。

 貧乏な茂吉は、身篭った雪にせめて栄養を着けさせてやろうと、熊の胆を獲りに山に入った。
 だが、古びた鉄砲は故障していて弾が出ずに、逆に茂吉の方が熊に襲われて死んだのだった。
 その顛末を知っていた雪は、茂吉の不幸な死を回避しようとして、想いを振り切って彼と別れたのだ。
 それなのに、雪は愛する男を救う事はできなかった。幸せにしてやれなかった。

 雪は愛しい男の骨を抱いて泣いた。

まぼろし 第七話 「雪女」(完)

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 


<あとがき>
なぜ、未来に待つ運命は変えられなかったのか?
もし茂吉が、雪に贈る髪飾りを買わずに、新しい鉄砲を買っていれば熊に襲われて死ぬ事は無かった。
一方雪は、愛する茂吉を救おうとして別れなれば、茂吉は、祠の中で雪を待ち続けて死ぬ事は無かった。
どちらを取っても茂吉が死ぬ運命は避けられなかった…愛の深さは、時折不条理な結果を生み出すものです。

震災で妻を亡くした私は、ふっと思いました。
もし、妻と結婚しなければ、彼女を死なせずに済んだのだろうか?と…
しかし、仮に私が未来に起きる事を知ったとしても、果たして不幸を回避する事ができたのだろうか?
人が未来を知る事はある意味不幸であり、自分がいつ死ぬか知ってしまったら、とても生きられたものではありません。
人には未来を変える力は備わっておらず、その日その日を精一杯生きるようにしか作られていないからです。
ならば、一日一日の小さな幸せを大切に生きて行く事が、人にとっての幸せではないか…今はそう思います。
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←貧困女子のビンボー生活    →まぼろし 第7話 「雪女」 (4)

~ Comment ~


こんにちは^^

後悔は何も生み出さないけど反省は次に繋がる。
どんなに悔やんでも人は過去へ行けないし、行けたとしても変えられるとは限らない。
だからある程度過去に対する妥協も必要なんじゃないかな。
妥協って表現が正しいかはわからないけど。
#2235[2015/07/12 11:10]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

人生にも、歴史にも「もし・・・だったら」と言うのはありません。
おっしゃる通り、人はそれを踏まえて生きて行かなければなりませんね。
国会には、学習能力の無い先生方が大勢いらっしゃる様ですが(笑)
学習能力のある国民が正して行かなければ、愚行を繰り返す…のかな?
#2236[2015/07/12 13:24]  sado jo  URL 

運命を知っていても、そうなる運命ってあるのかもしれません。
昔の医療技術では救えなかった命を救える現代において運命をいじることは、どんなものか、考えさせられてしまいました。
#2237[2015/07/12 15:45]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

そうですね~…救える技術があって、救わないってのも罪悪感がありますしね。
世界の人口は70億…資源を浪費する人類と言う種が増えすぎですね…パンク寸前><
そのせいか、戦争を淘汰の手段に使う政治家が増えて来てます…阿部さんもかな?
ねぇ、阿部さん…将来のある若い自衛隊員を淘汰の対象にするのはやめましょうよ。
どうせなら、歳食ったあなた方から順番に…もう、随分贅沢したでしょ。この世にしがみ付かないで、若い子らに譲ってやって下さいな(笑)
#2238[2015/07/12 17:00]  sado jo  URL 

こんばんは~♪
過去に戻ることはできませんが、過去から学ぶことはできるはずです。
過去から学ばず、過去をごまかしたり都合の良いように修正して、現状よりも悪くしたいのが安倍晋三とという人物。
彼がいう美しい国日本は独裁者が好き勝手に物事を決め、自然の摂理にも逆らって世界に君臨したいというのが本音じゃないでしょうか。
アベ政治を許さないのが国際社会や日本国民にとって一番幸せでしょう。
地球上の生きとし生けるものすべてかもしれませんね(*^^)
#2239[2015/07/12 20:20]  まり姫  URL  [Edit]

またしても色々考えてしまいました(汗)

どんなに科学技術が進歩しても、選べないものがあると思う今日この頃

どの時代に生まれるか…
どの親に生まれるか…
どのような運命・使命を帯びるか…
性別はどちらになるか…
どのような能力を持つか…
どの人種に生まれるか…

これらはいずれも選べないものだと思います
選べるのなら、誰しも選ぶと思います

ならば、自らに与えられた中で、妥協ではなく折り合いをつける

そのような生き方が必要かなと思ったりします
#2241[2015/07/12 20:32]  blackout  URL 

なるほど、未来人だった訳なんですね。
出会わなければまた違った結末もあったかもしれない、
でも、出会ってしまったからには、
どうしようもありませんし難しいところですね(><。)
#2242[2015/07/12 20:36]  ツバサ  URL 

Re: まり姫様 COありがとうございます^^

> 過去に戻ることはできませんが、過去から学ぶことはできるはずです。
> アベ政治を許さないのが国際社会や日本国民にとって一番幸せでしょう。

運命(業)と言うのは、どうもある特定の一族に憑いて回る様ですね。
ブッシュ一族は、親子で中東をメチャメチャにし、世界にテロと言う災いを撒き散らしました。
阿部総理の祖父・岸総理は「日米安保法」を作り、日本を米国に従属させました…孫も再びです。
日本が外国に侵略されて、武器を取れと言われたら、同じ日本人として已む無く戦争もします。
だが、米国のケツに着いて回って(後方支援)戦争に巻き込まれました…では納得出来ません。
自主的な自衛隊「有事法」ならまだしも、我々は米国の属国でも無く、飼い犬でもありませんからね。
#2243[2015/07/13 00:51]  sado jo  URL 

Re: blackout様 COありがとうございます^^

> どの時代に生まれるか…
> どの親に生まれるか…
> どのような運命・使命を帯びるか…
> 性別はどちらになるか…
> どのような能力を持つか…
> どの人種に生まれるか…
>
> これらはいずれも選べないものだと思います

自分の事情や都合に関係なく、勝手に決まってしまうものがあります。
それらが人間の不条理…生きる事の理不尽さです…いつ死ぬかすら分からない。
#2245[2015/07/13 01:03]  sado jo  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> なるほど、未来人だった訳なんですね。
> 出会わなければまた違った結末もあったかもしれない、

中東の難民を助けようとして、ボランティアに行って死んだ女性もいましたね。
雪女の正体は、過去の不幸な人達を救おうと未来からやって来たボランティアでした^^
たった一人の愛する男を救えなかった雪の心情が哀しいですよね~(涙)
#2246[2015/07/13 01:10]  sado jo  URL 

こんばんは~♪
作品をたくさん書かれているのですね(*^^)
どれかドラマ化したいという希望をお持ちでしょうかσ(゚ー^*)

長編小説をドラマ化するより、短編小説を濃密に描いたものの方にいいドラマがたくさんありますよね(o^―^o)ニコ
#2247[2015/07/13 20:04]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様 COありがとうございます^^

> どれかドラマ化したいという希望をお持ちでしょうかσ(゚ー^*)
> 長編小説をドラマ化するより、短編小説を濃密に描いたものの方にいいドラマがたくさんありますよね(o^―^o)ニコ

えぇ、元々30分物ドラマの設定やプロット作りをやってましたからね~^^
本人としては長編小説を書いて、映画やアニメにしたいと言う希望はなくも無いですが、
時代的に軽いのが流行してますから、自分の様に重いのはどうでしょうかね~?(笑)
#2248[2015/07/13 21:03]  sado jo  URL 

雪の、どちらにしても茂吉を助けられない悲しみと辛さと虚しさに考え込んでしまいました。
変えられないのは分かっていても、やはり「もしあの時」こうすれば良かったのでは?と自分の中で叶わない願いを繰り返してしまいます。
#2249[2015/07/13 22:05]  ヘタリーナ風鈴  URL 

Re: ヘタリーナ風鈴様 COありがとうございます^^

> 雪の、どちらにしても茂吉を助けられない悲しみと辛さと虚しさに考え込んでしまいました。

この前お話した通り、雪女の伝説がタイムパラドックスSF物になりました^^
こんな哀しい結末って、タイムパラドックス物にはよくありますよね~
何とか相手を助けようと、永遠のループを繰り返す話も…「魔法少女まどか☆マギカ」など。
運命と言うか、時間の流れは人の力では変えられないんですよね~…残念ながら。
#2250[2015/07/13 22:19]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←貧困女子のビンボー生活    →まぼろし 第7話 「雪女」 (4)