シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼地球年代記 ~カルマ~」
地球年代記 ~カルマ~ 小説本編

地球年代記 第5話 「遥かなる星の彼方へ ~宇宙の花婿に贈る~」 (1)

遥かなる星の彼方へ

<オリジナル/SF/ファンタジー>

「人はなぜこの世に生を受けたのか?」
「人はどこから来て、どこへ行こうとしているのか?」

人間にとって永遠の命題であるこの問い掛けに、非才な自分が答えを出すのは、思い上がりも甚だしいかも知れません。
しかし、長い考察の結果、今、人間の永遠の命題に対するひとつの答えを、自分なりに見つけた様な気がしています。
これからするお話は、全ての人に当てはまる事であり、全ての人が成し遂げねばならない重大な使命についてのお話です。
実に人類と言う生命体は、重大な使命を背負って生まれたのであり、その行動が宇宙の存続を左右する事になるからです。
なお、この話は小説と言うより、自分が一生の最期に書きたい長編小説の下書きになります。従って、乱文はご容赦下さい。


「起きろっ!」とその声は告げた。
「う~ん…もう少し寝かしてくれ」
「いつまで寝ている。目を覚ませ!もう時は来ている」
 まだ、頭の中は朦朧としていた。僕は枕に顔を埋めた。
 だが、その声は遠慮会釈なく、僕に追い討ちを掛けて来た。
「困ったヤツだな…置いて行かれたいのか?それとも消されたいのか?」
「消すって何だよ?殺すって事か?…いやだね。まだ生きていたい」
「殺しゃしないよ…ただ、お前の意識を不必要なバグとして処分するだけだ」
「僕がバグ?…何で?…あんたいったい誰だ?」
「俺はお前で、お前は俺だ…さァ、さっさと起きてパソコンを立ち上げろ」
「うるさいなァ…起きりゃいいんだろ!起きりゃァ」
 僕は仕方なくベッドから這い出して、眠気まなこをこすりながらパソコンを立ち上げた。
「おい、パソコンを立ち上げてやったぞ…で、僕は何をすればいい?」
「ちょっと替われ…俺が打つから」
「ま、待てよっ…あ、僕の脳ミソを勝手にパラサイトするなっ!」
「パラサイトも何も、お前は元々俺じゃないか」
「違うっ!僕はあんたの事なんか知らない」
「知らないって?…お前はすぐ死ぬから覚えちゃいないだろうが、俺は何十億年も前からお前の中にいたんだ」
「そんな大昔から僕がいるもんか」
「いや、いたさ…何度も何度も形態をチェンジし、意識をチェンジして俺と一緒にいた」
「そんな記憶はないね」
「そうだろな。覚えてる訳ないよな…でも、数百年前の事なら記録に残してあるだろう」
「記録って何だ?もしかして歴史の事か?」
「まァ、そうとも言える…で、数百年前のお前は何を考えていた?どんな風に世界を見てた?」

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←地球年代記 第5話 「遥かなる星の彼方へ ~宇宙の花婿に贈る~」 (2)    →水の定理
*Edit TB(0) | CO(10)
Tag List  * |

~ Comment ~


おはよう^^

起きてパソコンを立ち上げろ→もう少し寝かしてくれ
この辺すごくわかります(笑)。特に用事があるとき。
パソコンも古いから調子悪いときは悪いんで。
何度も生まれ変わると時に飽きたり人とは違う感性になったりしますが
生まれるたびに「なぜ」「どこへ」って考えてもわからないですね。
でも偶然も含めて全ての物事には必ず理由があるわけで。
これからどうなるのか楽しみです。
#2288[2015/07/18 07:14]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

頭と体が覚醒してない状態で、無理矢理起こされるのは辛いですよね~(笑)
さて、人にはどんな目的があって、どうしてこの世に生まれて来たのか?
もしかして、偶然に起きた様に見える事象は、必然的に仕組まれたものでは無いか?
そんな事が、話が進むに従って次第に明かされて行きます。お楽しみに…♪
#2290[2015/07/18 13:40]  sado jo  URL 

壮大なストーリーになりそうですね。
熟成前の下書きとしてということですが、これからどうなるか楽しみです。
#2291[2015/07/18 18:21]  マウントエレファント  URL  [Edit]

こんにちは*^^*

これだけたくさんの小説、物語、活字などなど、言葉のいろいろを紡ぎだされるなんて、joさんは本当にすごいですね!*^^*

もちろん今後も楽しみに拝読させて頂きます。楽しみにしています♪それにいろいろなことに感謝しています^^
#2292[2015/07/18 19:11]  めがみ  URL  [Edit]

自分の中に知らない人がいて、それを当然覚えていないので、
やっぱり最初は戸惑ってしまうんでしょうね~。
でも、この後はどうなるのでしょうか|・ω・`)
続きが気になりますね~。
#2293[2015/07/18 19:18]  ツバサ  URL 

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 壮大なストーリーになりそうですね。
> 熟成前の下書きとしてということですが、これからどうなるか楽しみです。

その壮大なシーンはじっくり熟成中です。多分何百ページになるでしょうね。
今回は下書きとして、ホンの入り口だけを掲載する予定です^^
#2294[2015/07/18 19:42]  sado jo  URL 

Re: めがみ様 COありがとうございます^^

> もちろん今後も楽しみに拝読させて頂きます。楽しみにしています♪それにいろいろなことに感謝しています^^

はァ、元々物語作りの映像業界にいましたから…Barのマスターは仮の姿です(笑)
…って、大分ド忘れしてますので、たどたどしくて読みにくいでしょう(苦笑)
#2295[2015/07/18 19:48]  sado jo  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 自分の中に知らない人がいて、それを当然覚えていないので、
> やっぱり最初は戸惑ってしまうんでしょうね~。

ほら…自分の生命の中に、もう一人の自分がいませんか?
時々、囁きかけて来たり、自分を観察したり、検証や批判をして来る別の自分が。
実は、そいつは何億年の昔から我々の中にいる背後霊?…違うっ!別次元の意識。
そいつの正体を突き止めよう…と言う試みでもありますけどね(笑)
#2296[2015/07/18 19:57]  sado jo  URL 

こんばんは~♪
私には見当もつきませんが壮大な話になりそうですね(*^^)
過去から現代そして未来社会を人類の頭脳で語るって簡単なことじゃないですねー。

時間と空間を人類が行き来できるか、はたして・・・・
展開を期待していますσ(゚ー^*)
#2297[2015/07/18 20:52]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様 COありがとうございます^^

> 私には見当もつきませんが壮大な話になりそうですね(*^^)
> 時間と空間を人類が行き来できるか、はたして・・・・

壮大かも知れませんが、そんなに難しい話はしないですよ~^^
一方では戦争をする米国が、一方では冥王星まで9年掛けて探査機を送るんですよね。
ニューホライズン号…宇宙は、なぜそれほど魅惑的に人々を惹き付けるんでしょうか?
軍事費よりこっちに予算を…時間と空間を人類が行き来する前に滅んでは困りますから(笑)
#2298[2015/07/18 21:32]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←地球年代記 第5話 「遥かなる星の彼方へ ~宇宙の花婿に贈る~」 (2)    →水の定理