シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼地球年代記 ~カルマ~」
地球年代記 ~カルマ~ 小説本編

地球年代記 「第5話 遥かなる星の彼方へ ~宇宙の花婿に贈る~」 (8)

 生命の父である宇宙の意識は遥かなる未来を見ていた。
 我々の祖先は、猿と分かたれる前に自我と言う意識を持ち、自我の中に自分の周りの世界を取り込むようになった。
 長い試行錯誤の果てに、道具を作り、言葉を作り、言葉から文字と言う記号を生み出し、地上に文明をこしらえた。
 人は地上にあふれ、多くの国ができ、民族ができ、人々は時に争い合い、競い合いながら進化の道を歩んで行った。
 アメリカ大陸が発見されたのも、地球全域に渡って情報網が整備されたのも、動物愛護の精神が生まれたのも…
 人種や民族で人を差別する事は悪だと言う概念ができたのも、すべて偶然ではない。あらかじめ決まっていた事なのだ
 宇宙を生命で満たし、新たな宇宙を創る事…その目的の為に、人類と言う知性を持つ種が作られたのだとしたら…
 我々はその目的のために生かされ、数十年しか生きない個体を乗り継ぎながら、遠大な目的に向かって進んでいるのだ。
 彼らには、なぜその事に気付かなかったのだろうか?

 長い旅の果てに、ついに僕は宇宙の深淵に辿りついた。突然、目くるめくような快感が身体中を駆け巡り、僕は気を失った。
 気が付いた時、僕は光にあふれた空間の中にいて、肉体を失っているのにその空間全体を自分の身体のように感じた。
 産まれたのだ!これが宇宙と僕が産んだ新しい宇宙なんだ!僕はついに新しい宇宙の父親…宇宙の意識になったんだ!
 その宇宙は、僕がいた宇宙とはまったく構造が違っていた。空も海もなく、山も川もなく、空間を遮るものは何もなかった。
 その空間の中に、何かお玉じゃくしみたいな小さな光の玉があった。それがこの宇宙の新しい命だと僕はすぐに分かった。
 その子は、幼い身体を膨らませたり縮めたりしながら、踊るように空間の中を飛び跳ねて遊んでいる元気な子供だった。
 その内、僕を見つけたらしく興味深そうに近寄って来て、まるで甘えるようにじゃれ付いて、僕の周りを飛び回った。
 僕には父親…宇宙の意識が見えなかったのに、こいつには僕が見えるらしいのだ。なんて素晴らしい生命体なんだろう。
 生き物を殺して食べる事もなく、争う事もなく、何かを破壊する事もなく、その生命体は光を食べて生きていた。
 きっと彼女は…宇宙は僕の願いを汲み取って、こんな争いのない光に溢れた新しい宇宙と命を産んでくれたんだろう。
 僕は彼女に…宇宙に深い感謝を捧げながらその光の生命体を…産まれて来た我が子を祝福した。

地球年代記 第5話 「遥かなる星の彼方へ ~宇宙の花婿に贈る~」 (完)

※この話は私自身が書いた訳ではありません。
「人はなぜこの世に生を受けたのか?」
「人はどこから来て、どこへ行こうとしているのか?」
それを思索していたら、急に何かが自分の中に降りて来て「生命は宇宙の種」とインスピレーションが告げたのです。
多分、それは間違いない真実だろうと思います。それでそのインスピレーションを「宇宙の意識」と表現する事にしました。
私はオカルトは信じませんが、小さい頃から霊感めいたものがあり「気持ちの悪い子」と言われた事もありました(笑)
心配した祖母が、私を「憑物払い」に連れて行った事もあります。何かに憑依されやすい体質だとか言われて困りました。
とても感受性が強く、感情移入しやすいので、今でも創作しながら泣いたり、半分トランスしたりする事もあります。
話が脇に反れました(笑)生命が宇宙の種…と言うのは真実だと思います、でなければ生命が生まれた理由が説明できません。
けれど、人類がそうだとは告げられていません。或いは、争い合った末に滅んで、別の種に取って替わられるかも知れない。
出来れば、数百億年先まで生き延びて、例え姿形の違う生物になっても、自らの手で目的を達成して欲しいと願っています。
せっかく別の何かの意識にいただいた話なので、じっくり煮詰めて人生の最期の長編小説にしようと考えています。

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (1)    →地球年代記 「第5話 遥かなる星の彼方へ ~宇宙の花婿に贈る~」 (7)
*Edit TB(0) | CO(16)
Tag List  * |

~ Comment ~


原始の頃から、家族や仲間をまもるために、男は闘うのが重要な役目でしたので、遺伝的にそういう本能があるのかもしれませんね。
今の時代、戦争なんかで決着をつけようなんて発想、あまりにも古すぎなんですが…。
安倍さんたち、きっと原始人なんでしょう。
#2457[2015/08/13 09:10]  マウントエレファント  URL  [Edit]

こんにちは^^

古くていいものは伝統として残るべきだけど
古くて粗悪なものは時代の流れで消えていくものなのに
こうも長く続くとは遺伝子って恐ろしいね。
生命の種を根絶やしにしようとする猿が国のトップに立つとは。
ほんと、誰かまともな人間はいないのかな。
#2458[2015/08/13 10:05]  西條すみれ  URL 

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 今の時代、戦争なんかで決着をつけようなんて発想、あまりにも古すぎなんですが。
> 安倍さんたち、きっと原始人なんでしょう。

軍人が政治をしてはいけない理由は、敵味方を識別して敵を撃つ!脳ミソしかないから。
文人は味方も敵になり得るし、敵だって味方になる事もあると言う柔軟性を持っている。
今の自民党の中枢は、軍人の脳ミソしかない「日本会議」のメンバーで固められてます。
だから、アメリカCIAにスパイ行為をされて足元をすくわれる。救いようが無いです><
#2459[2015/08/13 11:56]  sado jo  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

> 生命の種を根絶やしにしようとする猿が国のトップに立つとは。
> ほんと、誰かまともな人間はいないのかな。

地獄の黙示録のキルゴア中佐…戦闘ヘリで村人を撃って、後で救助するのが正義だと言う。
国民に暴言を吐いてから、言い間違いだった…と言う自民党「日本会議」のメンバー議員。
共通するのは…マトモな人間でない事!日本国はあの地獄の黙示録の狂った世界か?
映画にしたら面白いだろな…「日本自民党地獄の黙示録」待てよ?犠牲者は国民か?(笑)
#2460[2015/08/13 12:07]  sado jo  URL 

こんにちは🎶

>・・・すべて偶然ではない。あらかじめ決まっていた事なのだ
上記…そうなんですね。
私たちの人生も、決められた道を歩いているように思って来ました。

「カルマ」…どのような意味が含まれているのか分かりませんが、
生まれ持った「業」と考えて良いのでしょうか?
直角垂直主義の私には、文学的表現は私には分かりかねるのですね。

※ 私サイト…その「業障」に於いてのトラブルなのでしょうね。
私が、彼女の文面を例として挙げてしまったことは迂闊でしたが、
その私の意向と、彼女が指摘する細かい部分と観点が全く違うのですね。
フォローありがとうございます。

#2461[2015/08/13 13:07]  kanmo  URL  [Edit]

Re: kanmo様 COありがとうございます^^

> 私が、彼女の文面を例として挙げてしまったことは迂闊でしたが、
> その私の意向と、彼女が指摘する細かい部分と観点が全く違うのですね。
> フォローありがとうございます。

「右も左も、どちらも国民を愛する者なのだ…ただ、方向性が違うだけに過ぎない。
但し、自己の思想に凝り固まると、モノが見えなくなり、人の意見を聞けなくなる」


(▲) この事を私に教えてくれたのは、何と!昔の自民党の某議員だったんです。
与野党問わず幅広い人脈を持っていた。自民党の影の軍師と言われた様な方でした。
その右思考の彼女さんも、今の自民党も、平衡感覚を失ってしまってるんでしょうね><
#2462[2015/08/13 13:53]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
今日はパソコンの初期設定のため訪問のご挨拶だけとさせていただきます<(_ _)>
#2463[2015/08/13 16:21]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様 COありがとうございます^^

> 今日はパソコンの初期設定のため訪問のご挨拶だけとさせていただきます<(_ _)>

後で、自民党版「地獄の黙示録」のご感想でも下さいな^^
切り立ったナイフの上でカタツムリ=国民?を這わせるカーツ大佐=安部晋三と、
ガンダムに乗ってサーフィンするギルゴア中佐=麻生太郎の映画を撮ってみたい♪
フランシス・コッポラの名作「地獄の黙示録自民党版」今日本に甦る!面白すぎ(笑)
#2464[2015/08/13 17:30]  sado jo  URL 

ついに次の宇宙が生まれたんですね~。
次の生命体は小さな光の玉のような感じなんですね。
命が新しく生まれるというのは喜ばしい事ですし、
またここから始まっていくと思うと感慨深いですね(´∀`)
#2465[2015/08/13 21:14]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> ついに次の宇宙が生まれたんですね~。
> 次の生命体は小さな光の玉のような感じなんですね。
> またここから始まっていくと思うと感慨深いですね(´∀`)

人類の子孫は、ついに母なる宇宙と交わって新しい宇宙を産み出しました。
新しい宇宙の生命体は、光を食べて増殖し、争わずに互いに共生する事でしょう。
こうして、命の連鎖は連綿と続いて行きます。めでたし、めでたし…でした^^
ところで、争い合って宇宙の罪人となった連中は、その後滅んだのかな?(笑)
#2466[2015/08/13 22:12]  sado jo  URL 

日本人は、全体的な傾向として、右か左か、白か黒か、勝ち組か負け組か、のどちらかしかないと思い込むところがあるような気がしますね

このメンタリティは、先進国と呼ばれている国の中でも異質な気がします

もっとグレーなところがあってもいいのでは?と最近はよく思いますね

やはり宗教に関する意識が、その他先進国と比べると希薄だからでしょうかね
#2467[2015/08/13 22:29]  blackout  URL 

Re: blackout様 COありがとうございます^^

いや、YESかNOかの二元論は西洋の論理で、日本民族は古来より多元論だと思います。
ただ強い力が働くと、それを無理矢理一つに纏めようとする。例せば戦前の如しです
右でなければならない!勝ち組でなければならない!…平家にあらずば人にあらずです。
多元的精神の統一を目論めば無理が出る!だから日本人は狂気に陥り易いのです(笑)
#2468[2015/08/14 00:20]  sado jo  URL 

こんにちは

シムーンさま、コメント有り難うございました。

どうぞわたしのブログ、リンクなさって下さい。

これからもよろしくお願い致します。

                千春
#2469[2015/08/14 17:35]  鬼藤千春の小説・短歌  URL  [Edit]

こんばんは~♪
戦争したがり屋=テロリスト集団になりそうな話ですね。
考えてみれば安倍首相は長州のテロリスト集団を持ち上げ、明治時代を江戸時代よりひどい封建制にした政治体制がお好きなようです。
狭い日本じゃ我慢できないと朝鮮半島の権益のために清国に先制攻撃したのも長州藩出身の閣僚ども、朝鮮半島を支配したらその隣の満州は日本の生命線だとしてロシアに先制攻撃を仕掛けたのもやはり長州出身、1968年江戸幕府は崩壊しましたが、2018年でちょうど150年目になるからそれまで権力の座に座っていたいという安倍君は長州出身者が権力を握り続けることを当然視してますよ。
これは恐ろしいことです。
長州出身以外はごみ扱いですからね(^^ゞ
#2470[2015/08/14 19:54]  まり姫  URL  [Edit]

Re: 千春様 COありがとうございます^^

> どうぞわたしのブログ、リンクなさって下さい。
> これからもよろしくお願い致します。
>                 千春

リンクの設定を完了いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします^^
#2471[2015/08/14 20:20]  sado jo  URL 

Re: まり姫様 COありがとうございます^^

> これは恐ろしいことです。
> 長州出身以外はごみ扱いですからね(^^ゞ

いぇいぇ、もう一つスゴイ九州軍閥がありますよ~♪
戦時中の東條内閣のエネルギー資源・石炭&銀行を一手に握ってた「麻生財閥」
言わずと知れた「財務大臣」…ご先祖様は島津の大久保利通。麻生太郎は天皇家の縁戚。
勿論、長州軍閥出身の安部総理も天皇家の縁戚…藩軍閥・財閥政治の癒着ってスゴイっ!
総理、副総理は兄弟の様なもんですね~…さて、アジア制覇の野望は成し遂げられるか?
#2472[2015/08/14 20:37]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (1)    →地球年代記 「第5話 遥かなる星の彼方へ ~宇宙の花婿に贈る~」 (7)