シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (2)

「公式発表では30ノットになってますが、エンジンをフルに回せば33ノットくらいは出るんではないでしょうか」
「33ノット!…こんな大きい船なのに凄く早いんですね~」
「基準排水量は19500トンです…海上自衛隊では一番大きな船になりますね」
「今、どの辺りを走ってるんでしょうか?」
「ちょうど宮崎県沖の日向灘くらいではないでしょうか」
「呉の基地を出港してからもうそんな所まで…さすがに海上自衛隊の最新鋭艦だなァ」
「いぇいぇ…随伴してるイージス艦も最新鋭艦ですよ~…そちらの方もお忘れなく」
「はい、しっかり海上自衛隊のいい所を取材させていただきます」
「お願いしますよ~…では、これで失礼させていただきます」
 青木一尉はそう言うと、二人に一礼して去って行った。

 軍事雑誌「旭日」の記者天雲遼と、カメラマンの陣内亮は、取材のため、海上自衛隊の最新鋭護衛艦「いずも」に乗船していた。
 日本が誇るDDH護衛艦「いずも」は、広い飛行甲板を備えた海上自衛隊の空母型最新鋭護衛艦だ。
 だが、その飛行甲板には戦闘機の姿はない。これは対潜水艦用の護衛艦で、搭載しているのはSH-60Kなどの対潜ヘリコプターだからだ。
 それでも、全長248メートルの巨大な船体は、かって日本海軍の象徴であったあの戦艦大和にも匹敵する大きさになる。
 面白い事に、戦艦大和が64000トンだったのに対して、同じ大きさでも「いずも」は19500トンと随分軽量に作られている。
 それもそのはず、戦艦大和は41センチの鋼鉄の装甲を施していたが「いずも」には鋼鉄の装甲はない。それどころか、至る所に軽量合金が使われている。
 1945年4月7日の天一号特攻作戦で、米軍は戦艦大和を撃沈するのに12本もの魚雷を使った。だが、今ならミサイル一発で撃沈できる。
 兵器の命中精度や破壊力が格段に進歩した現代戦では、鋼鉄の装甲は船が重くなるだけで、まったく意味をなさないのだ。
 ちなみに、戦艦大和の46センチ砲に使われる九一式徹甲弾は、1.46トンの爆弾に相当し、その射程距離は42キロに達する。
 だが、米軍のトマホーク巡航ミサイルは、核爆弾も搭載出来て、2500キロの射程距離を持のだから、比較にすらならない。
 兵器の進歩と言うのは凄いものだ。第二次大戦からわずか70年足らずで、人類は世界を20回以上破壊できる力を手にしてしまった。
 戦艦大和は、誕生してからわずか四年で、鹿児島県坊の岬の南方、北緯30度22分、東経128度04分にその短い生涯を終えた。
 神話の国の名を冠した「いずも」にはいつまでも洋上に優美な姿を浮かべていて欲しい…天雲遼はそう願わずにはいられなかった。
 今日はあいにく雲が低く垂れ込めて、風は湿り気を帯びている…そう言えば、大和が沈んだ日もこんな空模様だったと聞いた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (3)    →未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (1)
*Edit TB(0) | CO(6)
Tag List  * |

~ Comment ~


こんにちは~♪
まあ必要のない護衛艦ですね(笑)
ムダ金もいいとこ、イージス艦だって米国と日本だけが保持している特殊艦艇でしょう。
戦車や攻撃用ヘリを名古屋港からこっそり米国へ運んでいる自衛隊では何をしでかすかわかりません。
文官統制も外しちゃいましたからね。
日本の未来社会の未来戦艦大和はそんなことも置き去りにして進んでいくのでしょうか~?
#2481[2015/08/17 18:39]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様 COありがとうございます^^

寧ろ、戦闘機を積めない対潜用空母を日本に作らせた米国の意図を疑いますがね(笑)
イージス艦も自国の空母を護衛させる為に、米国が日本に技術供与したものです。
今じゃロシアも中国も保有してます。まァ、何でも米国中心に動いてるって事です。
小説は未来の日本では無いですよ~…まったく別世界にある日本のお話です^^
#2482[2015/08/17 19:42]  sado jo  URL 

昔の軍艦は砲身が主兵装で射程に制限がありましたが、
今ではミサイルはその倍の射程で目標に当たりますもんね。
さて、大和が沈んだ日もこんな空模様だったという事で、
同じような空模様という事は何か起きそうな感じですね~(・ω・)
#2483[2015/08/17 20:00]  ツバサ  URL 

現代の最高レベルの兵器を備えた戦艦が本気で戦争を始めたら、地球はどうなってしまうのでしょう。
世界平和どころか、地球が住めない星になってしまいそう。
#2484[2015/08/17 20:35]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> さて、大和が沈んだ日もこんな空模様だったという事で、
> 同じような空模様という事は何か起きそうな感じですね~(・ω・)

当りです!まもなく何かが起きますよ~♪
かわぐちかいじの漫画「ジパング」の様に「いずも」がタイムスリップするのかな?
でも、これは異世界に行く話ですから、タイムスリップじゃ無いですよね~(笑)
もっと違う、別の何かが起こります。楽しみにしていて下さい^^
#2485[2015/08/17 20:42]  sado jo  URL 

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 現代の最高レベルの兵器を備えた戦艦が本気で戦争を始めたら、地球はどうなってしまうのでしょう。
> 世界平和どころか、地球が住めない星になってしまいそう。

日系二世のハリー・ハリス提督が率いる「米第七艦隊」は史上最強の軍隊と言われてます。
第七艦隊の艦艇と原潜が核ミサイルを放てば、ロシアと中国は、完全に壊滅するそうです。
たった一つの艦隊で二つの大国を滅ぼせる…代りに米国も核報復を受けて滅びますが(笑)
三大国が無い方が人類にとって幸せですが(笑)日本もとばっちりを喰らうでしょうね。
#2486[2015/08/17 20:58]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (3)    →未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (1)