シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (5)

「もしかしたら米軍の特務艦なのかも知れんなァ…核実験に関係してるとか?」
「けど…核実験って、とっくの昔に凍結されたはずだろ」
「分からんぞ~…米軍の事だ。極秘裏にやってるのかも…」
「だとしたらヤバくね…秘密を知った俺たちって、拘束されたりしねぇか?」
 亮が案じた通り、船に引き上げられた二人は、さっそく拘束される事になった。

 浮き輪に捉まって、船の上に救い上げられた遼と亮は、たちまち銃を手にした5~6人の水兵に取り囲まれた。
 だが、水兵と言うには余りにも妙な格好だ。顔面以外をすべて覆った銀色のダイバースーツは、本当に放射能防護服に見える。
 頭に被っているゴーグル付の帽子は、旧海軍の戦闘帽みたいだし、背中には旧陸軍の背嚢のようなリュックを背負っている。
 それを肩から腰に掛けたベルトで止めて、銀色のブーツを履き、腰からは登山用のカラビナみたいなフックをぶら下げている。
 しかも、手にしている銀色の銃…一見小銃に見えるそれは、まるでSF映画に出て来るレーザーライフルのような形をしている。
 でも、一番不思議なのは顔だ…鼻の低い日本人の顔立ちなのに、肌の色が白い…まるで白系アメリカ人の肌の色なのだ。
 オレンジ色の夕焼け空の光に照らされてるせいか?でも、自分たちが海に落ちたのは、間違いなく真っ昼間のはずだった?
 そんなに時間が経つほど流されたなら、とっくの昔に溺死してるはずだ…遼と亮には何がなんだか分からなかった。

「何者だ?妙な服を着てるが民間人か?」水兵たちの上官らしい男が二人に尋ねて来た。
「自分は天雲遼…軍事雑誌「旭日」の記者です。こっちはカメラマンの陣内亮。二人とも日本人です」
 遼は自分たちが敵ではない事を相手に知らせようと、大真面目に答えた。
「カメラマン?なぜ日本人が敵性語を使う!…それに日本人にしては肌の色が黒いなァ?」
「班長!自分は聞いた事があります。米軍には日本人と黒人の混血もいるそうです」
 班長と呼ばれた男の隣にいた水兵が、彼の耳元でそう言った。
「やはり、怪しいとにらんだ通り貴様らは米軍の諜報員だなっ!」班長は威嚇するように言った。
「諜報員って?…自分らはただ、海上自衛隊の護衛艦「いずも」を取材してただけですよ」
「海上自衛隊?…大日本帝国海軍にそんな部隊は無いぞ。それに護衛艦なんて艦船は聞いた事もない」
「そんな馬鹿なァ…だって、これ日本の船なんでしょ?」
「本艦は大日本帝国海軍一等駆逐艦「雪風」だ」
「大日本帝国海軍?…一等駆逐艦「雪風」?…いつの話です。それ?」
「貴様らは大日本帝国海軍を愚弄しとるのかっ!?…捕虜として連行しろっ!吐かせてやる」
「ちょっ、ちょっと待って下さいよっ!吐かせるっ…て?」
 遼と亮は懸命に事情を説明しようとしたが、強引にバッグや持ち物を取り上げられてしまった。
「班長さん。自分たちは正真正銘の日本人です。米軍の諜報員ではないですって…」
「やかましい!さっさと歩けっ!」

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←元映画のプロが選ぶ「珠玉の別れのシーン」    →未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (4)
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


こんにちは~♪
二人はどうも異次元の世界に迷い込んだようですね(^_-)-☆
そりゃあちんぷんかんぷんになるでしょう(笑)
#2588[2015/09/02 18:03]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 二人はどうも異次元の世界に迷い込んだようですね(^_-)-☆
> そりゃあちんぷんかんぷんになるでしょう(笑)

はい。どうも戦時中の日本と良く似た世界に迷い込んでしまったみたいですね~><
急に「敵性語」って言われてもねぇ~…スマホってどうやって日本語に訳せばいいのか?
手乗り通信機?文鳥じゃあるまいし…インターネットはどう言えばいいのかな?(笑)
戦時下は、英語は一切禁止っ!笑い話みたいな事を本気でやってたそうですよ。
「まァ、いいじゃん」 「早く喋れよ」の安部語ならOKだったのかな?(笑)
#2589[2015/09/02 18:36]  sado jo  URL 

タイムスリップ
論理の通じない世界で、ピンチですね。

#2590[2015/09/02 20:06]  マウントエレファント  URL  [Edit]

救助されたはいいものの、その後は拘束されてしまいましたね(><)
でも、相手の世界の常識では、
こちらの世界の常識とはまた違うでしょうし、
敵性言語だと思われる言葉を使ったら怪しまれたりするんでしょうね~。
#2591[2015/09/02 20:06]  ツバサ  URL 

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> タイムスリップ
> 論理の通じない世界で、ピンチですね。

正確には、次元の違うパラレルワールドへのスリップですけどね^^
千年も時が進んでいるのに、どうも未だに70数年前の大日本帝国の常識の様です(笑)
科学だけが異様に進歩して、まさか安部ワールドになってたりして?勘弁してぇ(大笑)
#2592[2015/09/02 21:35]  sado jo  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> でも、相手の世界の常識では、こちらの世界の常識とはまた違うでしょうし、
> 敵性言語だと思われる言葉を使ったら怪しまれたりするんでしょうね~

戦時中、日本政府は言論、表現の自由を禁止し、一切の英米語の使用を禁じました。
★カレーライス→辛味入汁掛飯 ★コロッケ→油揚げ肉饅頭 ★カンガルー→袋ねずみ
★ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド→ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ・ハ ★コントラバス楽器→妖怪的四弦
★野球の投手と捕手→対打機関
…探せばいくらでも冗談みたいな言葉が出て来ます。
ちなみに、ドレミをハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ・ハで歌ってみて下さい…正しい音階が出るかどうか?
もし、正確な音階で歌えたのなら、あなたは立派な大日本帝国の模範的国民になれます(笑)
これじゃ、国粋主義を唱える今のネット右翼さんでも、正しい日本語は使えないだろうな(笑)
#2593[2015/09/03 01:34]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←元映画のプロが選ぶ「珠玉の別れのシーン」    →未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (4)