シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

「山の掟」 生存権と言うもの

獣を弔う
撃ち殺した獣を弔っている猟師

自分は小さい頃、猟師だった父に、山で狩猟する時の掟を教わりました。
「山で猟をする時は、決して動物達の生存権を脅かしてはならない」のだそうです。
相手の生存権を脅かすと、どんなに大人しい動物でも、凶暴になって人間に向かって来ます。
昔の人はこう言ったそうです「山の生き物は、みんな人間を養う為に、山の神様から遣わされた使者なのだ」
だから山に入る時は、山の神にお祈りをして、人が食べるに必要な分だけ、ありがたく食物を採っていただいたと言う。
これは、自然の一部を間借りしている人間も含めて、全ての生物に当てはまる「自然の道理」を述べたものだと思えます。
現代人は、昔の人は科学を知らないからバカだと言いますが、昔の人の方が遥かに賢い知恵者だった事がよく分かります。

18世紀のアメリカ大陸に入植して来たヨーロッパの白人達は、そこで暮らしているインディアンの生存権を脅かしました。
平和な生活を営んでいた彼らから土地を奪い、食物やバッファローの毛皮を奪って、戦闘集団に変えてしまいました。
そうして、我ら白人が正義であり、インディアンは悪であると言って、騎兵隊を使って多くの部族を滅ぼしてしまいました。
同じく18世紀に、オーストラリアに入植したイギリス人達は、その大陸に固有であった希少生物の生存権を脅かしました。
そうして、人間に生存権を脅かされて凶暴化した希少生物達を、害獣だと称してことごとく滅ぼしてしまいました。
自然界の掟に照らせば、生存権を脅かした側、生存権を脅かされて暴力的になった側、どちらに正当性があるのでしょうか?
なので、言わずもがなですが「9.11.ニューヨークテロ」でアメリカが被った被害に、自分は同情する事が出来ません。
アメリカ人が、中東のイスラム教徒の生存権を脅かしたが故に、暴力的になった彼らの報いを受けただけの事だからです。
むしろ、テロ首謀者の「ウサマ・ビンラディン」を狩猟よろしく狩り出して、暗殺した事の方に違和感すら覚えます。
「アメリカの正義の勝利だ」と、確かにウサマ・ビンラディン殺害に成功したオバマ大統領は、勝ち誇った様に言いました。
どこが正義なのだろうか?…それからのアメリカは、より凶暴になった砂漠の民に苦しめられているだけの事です。

多くの日本人は、太平洋戦争は1941年12月8日の「真珠湾攻撃」をもって始まったと考えています。
しかし自分は、太平洋戦争は1931年、関東軍が起した「満州事変」をもって始まったと考えています。
「欧米の植民地解放」「大東亜共栄圏建設」いかなる大義名分を唱えようとも、生存権を脅かす事は侵略に他なりません。
日本人に生存権を脅かされた相手は暴力的になって当然です。そこに「自然界の掟」に逆らった日本人に正当性はありません。
その後の日本は、今のアメリカと同様「大義無き戦争」への道をまっしぐらに突っ走って、悲惨な結末を招いてしまいました。
砂漠でラクダを飼いながら平和に暮らしていたベドウィンを、凶暴な戦士にしてしまったアメリカはどうなるのでしょうか?
欧米人が、ロシア人の生存権を脅かさなければ、彼らはウォッカをあおりながら平和にコサックダンスに興じていたはずです。
暴力的になって民間機を撃ち落す事も無かったし、大勢の犠牲者を出し、泥沼の様な冷戦構造を齎す事も無かったはずです。

大半のアメリカ人は、自国が戦争の渦中にあるとは気付いてません。全ての戦争はアメリカの外で行なわれているからです。
だが、中東などの紛争地域に兵士を送り出す家族や親族。戦死した兵士を迎え入れる人々にとっては、戦争はそこにあります。
それを敏感に感じるアメリカ人は、生存権の危機を覚えます。だから、最近の米国社会は、暴力的になって荒れているのです。
日本でも、常識ではあり得ない兇悪犯罪や猟奇犯罪が多発し、安保法改定や集団自衛権反対デモが盛んに行なわれています。
それを横目に見ながら「彼らは暴力的である。自分は彼らとは違う冷静な人間だ」としたり顔で言う者達がいます。
「改定安保法は戦争法案では無い」 「米軍の後方支援は戦争には当らない」 彼らは何をそんなに大げさに騒いでいるのか?
よくも、抜けぬけと詭弁を言えるものだ。戦闘中の米軍を支援する事自体がもう戦争なんですよ。だから「戦争法案」になります。
こう言うノン気な人は、昔の日本人の様に、B-29が飛んで来て自分達の頭の上に爆弾を落とすまで戦争してる事に気付かない。
我が身に迫って、初めて日本が戦争をしてる事に気付いて慌てる。その原因は、政府が海外に派遣した自衛隊が作るのですよ。
海外のどこかで日本人が戦っていれば、立派に日本は戦争してる事になり、テロや爆撃などの報復を受けて当たり前なのです。
外であろうが内であろうが、何者もそこに生きる者の生存権を脅かしてはならない!何者も「山の掟」を犯してはならない!
我が身に降りかかるまで気付かないとは…多くの日本人は、戦争に対する認識が甘すぎます!

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←殺さなければ生きられない    →未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (7)

~ Comment ~


こんにちは^^

科学を作れる人が賢いだけであって現代人のほとんどはそれに依存してるだけ(笑)。
そんなものがない時代でも知恵を絞って暮らしてきた昔の人達のほうが賢い。
普通に考えてもやられたらやり返すことになるし
A君とB君が喧嘩してて友達のA君の味方したら自分もB君に殴られる。
どうしてこんな当たり前のことがわからないのかな。
だから私も戦争法案には反対です。利己主義(笑)ではなく倫理的に。
#2662[2015/09/16 09:56]  西條すみれ  URL  [Edit]

Re: すみれ様COありがとうございます^^

喧嘩の仲裁に入るならともかく、片方に加担しようとする「改定安保法=戦争法案」
誰が考えても、仕返しされて当たり前…そんな常識も解らない日本人が多いのが危ない。
テロが起こり、人が殺され、自衛官の死体が帰って来て、戦争してる事に気付く(笑)
父は標的以外の動物のテリトリーは避けて歩いていた。ある意味賢かったと思います。
人も動物の一種である以上、自然界の掟が適用されます。不要な諍いは避けるが道理^^
#2663[2015/09/16 13:10]  sado jo  URL 

さて、世界はどこに向かうんでしょうね

とりあえず、今は過渡期な気がします

そして、星というか宇宙に試されてる気もします

何を生かしておくべきかって

弱ければ生きていけない、強いだけでも生きていけない

そんな難しい時代に突入したのは確かでしょうね
#2664[2015/09/16 18:47]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 弱ければ生きていけない、強いだけでも生きていけない
> そんな難しい時代に突入したのは確かでしょうね

今のアメリカ追随型の日本人は軸足がブレてますね。
米国は資金に余裕があるから、日本などの国々を守ってるので、本来守る謂れは無い。
その国々は、彼らの祖国では無いし、家族や親兄弟が住んでる訳でもないですからね。
彼らが職業軍人で傭兵である以上、国益に反してまで?形勢不利になったら逃げますよ。
アテにして「安保法改定」をやるより「自衛隊強化法案」を作った方が遥かにマシ!
それ以前に、なぜ日本人は家族や親兄弟を守る為に、自ら武器を取る事を放棄するのか?
右翼さんが「対案を出せ!」と言うなら、いつでも具体的な国防の対案を出しますよ(笑)
#2665[2015/09/16 19:49]  sado jo  URL 

こんばんは~♪
日本は残念ながら内閣総理大臣にもっともふさわしくない人物が政権の座についています。
喜んでいるのは米国と財界、ネトウヨだけです。
第一次安倍内閣でいやというほど悪法の数々を成立させたことを有権者は忘れてしまったのか、自公両党を政権復帰させたこと自体が大間違いでした。
まあ民主党政権の鳩山政権以後のお二人さんは財界言いなりでしたから自民党と大して変わらないですが(笑)
日本が本格的に侵略を始めた時代については、私は歴史的に見ると1931年ではなく1894年の日清戦争からだと思います。
欧米列強に追い付け追い越せという日本軍国主義が台頭したのもこのころで、国内ではすでに国民弾圧が始まっていました。
私たち現代に生きる日本人は明治以降の日本の侵略の歴史を正しく理解させてもらえない教育しか受けていません。
日本史に暗黒時代のことが触れられているでしょうか。
見事に消されています。
そしていつの間にか美化までされている始末です。
そんな日本が米国と一体となって海外派兵すれば「それ見たことか」とたたかれることは目に見えていますね。
#2666[2015/09/16 19:59]  まり姫  URL  [Edit]

どんな事でも必要だと、正しいと思っている事は人によって違うので、
正しいと思う事を信じるしかありませんが、
目に見えて追い詰めるような事はしてはいけない、されてもいけない。
どんな事であれ、バランスが崩れれば争いの種にしかなりませんね。
#2667[2015/09/16 20:08]  ツバサ  URL 

戦争法案に賛成した政治家の先生、あなたらの主張したのと違う結果になったら、きちんと責任をとってもらうよう、一筆約定を書いてもらいたいです。
#2668[2015/09/16 20:25]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> そんな日本が米国と一体となって海外派兵すれば「それ見たことか」とたたかれることは目に見えていますね。

自分は東洋の問題に関しては、集団自衛権を行使する必要は無いと思っています。
尖閣諸島を含む中国の示威行動は、米国に台湾問題に関する約束を履行せよ…と言うサインだし、
北朝鮮は米国と国交を樹立したくて、ダダを捏ねている…米国が本腰を上げれば何とかなる問題。
対して、中東のイスラム問題に自衛隊が首を突っ込むと、日本国内でテロが起きるのは必須です。
東洋の方は、報復や復讐と言う観念は無いが、イスラム過激派の場合は確実に報復して来ますよ。
#2669[2015/09/16 20:47]  sado jo  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 目に見えて追い詰めるような事はしてはいけない、されてもいけない。
> どんな事であれ、バランスが崩れれば争いの種にしかなりませんね。

相対的正義と言うのはあっても、この世に絶対的正義と言うのはありません。
現に、人間は他の生物の命を奪い、それを食して生きている邪悪な生き物です(笑)
ただ、過剰にならない限り、自然界ではそれが許されていると言うだけの事ですね。
ならば、人間同士も度を越して相手を追詰めない事…必ず双方に不幸を招きますよ。
まァ、どんなに腹が立っても相手の生存権を脅かさない「自然の掟」を守る事です。
#2670[2015/09/16 20:57]  sado jo  URL 

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 戦争法案に賛成した政治家の先生、あなたらの主張したのと違う結果になったら、きちんと責任をとってもらうよう、一筆約定を書いてもらいたいです。

う~ん…「改定安保法」が成立しても、実際に「集団自衛権」を行使出来るかどうか?
朝鮮半島の同族争いは、白系米国人ならまだしも、日本人が関ると大火傷を負う事になる。
その一方で、中東の問題は、産油国のアメリカだから軍事行動が可能な訳で、その地域に
資源を頼ってる日本には経済的にマイナスになる。現にイランの事変の時も、石油製品が
大幅に値上がりしました。恨まれて国内でテロも起きるし、敵対国を作ると大損しますよ。
第一、日本人が中東で貿易なり、ボランティアなり、旅行等が出来なくなってしまいます><
#2671[2015/09/16 21:25]  sado jo  URL 

こんばんは~♪
良識の府であるはずの参議院で前代未聞の強行採決が与党によって行われました。
安倍首相はなぜか採決直前に議場を退席するという異常さです。
奥田愛基さんの言葉も安倍首相の耳には届かず、頭の中は岸信介の「そのうち国民は忘れる」というふざけた言葉に支配されているようです。
#2674[2015/09/17 18:56]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 良識の府であるはずの参議院で前代未聞の強行採決が与党によって行われました。
> 安倍首相はなぜか採決直前に議場を退席するという異常さです。

参議院に良識を期待する方が間違いです。自民党が骨抜きにしてしまってます(笑)
国会が常識の通じない立法府になってる以上、民主主義の自由も失われて行きます。
現に「改定安保法」の陰に隠れて、いくつかの「国民統制法案」が可決されてます。
「マイナンバー制度」なんかそのいい例でしょう。徴兵にも使えますしね(笑)
ま、国民はいつの間にか忘れます。気付いた時は、災いがわが身に降りかかってる><
#2675[2015/09/17 19:39]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←殺さなければ生きられない    →未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (7)