シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第2章 「若き連合艦隊司令長官」(3)

司令長官

「さて、貴様らに焼きを入れる前に、まずは証拠品を検分する事にしよう」
 どっかと前の椅子に腰掛けた墺賀憲兵大尉は、テーブルの上に並べられた遼と亮の持ち物を調べ始めた。
「なるほど。これが鬼畜米国の諜報員の道具か」
 彼は、亮の一眼レフカメラを取り上げて、ぎこちない動作で、裏返したりレンズを覗いたりしながら言った。
「O・N、S・H・U・T、P・L・A・Y…敵性文字だらけで、何が書いてあるんだかさっぱり分からんなァ」
 そして、今度は遼のスマホを取り上げて、おぼつかない手付きであちらこちらをいじり始めた。
「これは何の諜報道具だ?…貴様らアメリカ人は、よくこんな訳の分からん字が読めるもんだ」
 そうしている内に墺賀憲兵大尉は、ついうっかりスマホのスイッチを入れてしまった。
「ボク、ドラエモ~ン!」途端に遼のスマホが起動した。
 びっくりした墺賀憲兵大尉は、思わず跳び上がって遼のスマホを放り出した。
 その慌てぶりを見た亮は、クスクス笑って隣の椅子に縛られてる遼に耳打ちした。
「遼ちゃん、あんなのが趣味だったのか?」
「しょうがないだろ…子供が喜ぶんだから」
「貴様ら何がおかしいっ!」
 その途端に憲兵たちが、手にした木刀を振り下ろして、激しく遼と亮の背中を叩いた。
「イテ~ッ!」
「ウグ~ゥッ!」
 背中を殴られた二人は、思わず反り返ってその痛みに耐えた。

「さァ、吐いてもらおう!名前と所属と階級と…それから何の目的で本艦隊を探りに来た?」
 気を取り直した墺賀憲兵大尉が、遼と亮をにらみ付けながら言った。
(何度聞いたら気が済むんだ)…二人はそう思ったが、言わなきゃまた木刀で殴られる羽目になる。
「自分は天雲遼と言います。軍事雑誌「旭日」の記者です」遼は正直にそう言った。
「僕は陣内亮。遼さんと同じ軍事雑誌「旭日」のカメラマンです」亮も正直に答えた。
「さっそく敵性語か?やはりお前らアメリカ人は日本語を知らんようだな。日本じゃカメラマンを写真機手と言うんだ」
「分かりました。それじゃァ、言い直します。写真機手の陣内亮と申します」
「ふんっ!少しは素直になったか…で、偽名ではない英語の名前は何と言うんだ?えぇっ!」
「陣内亮以外に名前はないですよ~…だって、僕たちは正真正銘の日本人なんですから~」
「やかましいっ!貴様らが日本人であるはずがないっ!色も黒いし、日本人が持ってない道具ばっかり持っとるではないか」
 それからしばらくは禅問答のようなやりとりが続いた。何を言っても相手にはちんぷんかんぷんで分かってもらえない。
 遼と亮は、いつ憲兵たちの木刀が飛んで来るか?ヒヤヒヤしながら受け答えするしかなかった。
「訳の分からん事ばかり言いおって…吐きたくないのなら、身体に吐かせてやるしかなさそうだな」
 とうとう怒り出した墺賀憲兵大尉は、ギロリと鋭い目で二人をにらみ付けた。
 その時、憲兵隊詰め所のドアが小さく開いて、外で見張りに立っていた憲兵が墺賀憲兵大尉に告げた。
「憲兵大尉殿、司令長官がお見えになりました」

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 


<Mさん。新しい小説のアイディアをありがとうございます>
Mさんのコメントから面白い小説を思い付きました!
1941年12月8日、ハワイ真珠湾を攻撃する予定だった日本海軍の「連合艦隊」が時空の裂け目に落ちてタイムスリップしてしまう。
今、何処にいるのかも分からなくなった南雲中将は、空母赤城から「九八式艦上偵察機」を発進させて周囲の様子を偵察させる。
やがて、赤城の偵察機が米国の旗が翻る一つの島を発見する。敵発見の報告を受けた南雲中将は、即座に攻撃隊を発進させる。
空母「赤城」 「加賀」 「飛龍」 「蒼龍」 「翔鶴」 「瑞鶴」の艦載機の大編隊が攻撃に向かったその島とは?…何と、沖縄であった!
「これはテロだ」と、強硬姿勢に出るアメリカ政府!板挟みとなった日本政府は集団自衛権を行使して「連合艦隊」を攻撃するのか?
それとも、必死の外交努力によって、二つの時代を和解に導こうと努力するのか?今、日本政府の政治手腕が問われる時っ!
これは日本の矛盾をえぐり出す、緊迫に満ちた凄い小説になりそうです!すぐにも書きたいけど、時間が無いんだなァ~(嘆)
まァ、このネタをじっくり温めて、いつか書いてみようと思います^^
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第2章  「若き連合艦隊司令長官」(4)    →妾(めかけ)の国 ニッポン

~ Comment ~


こんにちは~♪
話がまたまたややこしくなりそうですね。
次の展開が読めません(笑)
#2766[2015/09/30 18:38]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 話がまたまたややこしくなりそうですね。
> 次の展開が読めません(笑)

この最期に出て来た「司令長官」と言う人が物語の鍵を握りそうですね^^
と、言うか…「未来戦艦大和」の事実上の主人公だと思われます。
さて、どんな人物なんでしょうか?遼と亮の運命や如何に?
#2767[2015/09/30 19:39]  sado jo  URL 

本当の身分や名前をいっても、
この世界の人には嘘にしか聞こえないというのが、
二人にとっては大変な事ですね(´∀`;)
そして、次はついに司令長官が登場ですね~。
#2768[2015/09/30 20:27]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 本当の身分や名前をいっても、
> この世界の人には嘘にしか聞こえないというのが、
> 二人にとっては大変な事ですね(´∀`;)

幾ら無実だと言っても、警察に信用してもらえない人みたいですね~><
実際に責め立てられて、楽になりたいばかりに嘘の自白をした人も多いそうですよ。
無実の罪って辛いですよね~…さて、司令長官とはどんな人物なんでしょうか?
次回の「未来戦艦大和」を、乞うご期待下さい^^
#2769[2015/09/30 20:50]  sado jo  URL 

大戦中の日本人からみたら、思いっきり米国かぶれした日本人、同じ日本人には見えないんでしょうね。
なんでこんなになってしまったのか。
#2770[2015/09/30 20:54]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 大戦中の日本人からみたら、思いっきり米国かぶれした日本人、同じ日本人には見えないんでしょうね。
> なんでこんなになってしまったのか。

確かに今の日本人って、思いっ切りアメリカ人ですよね~
政府も米国に加担してるし…えっ!まさか阿部首相は国賊に問われるのかな?(笑)
こりゃ、二つの日本がすれ違ったら、確実に日本人同士の戦争になるでしょうね。
「あっ!神風特攻隊が護衛艦に突っ込んで来た~」なんてシーンがあるかも…です。
かわぐちかいじ氏の「ジパング」でも、日本のイージス艦が敵と間違えられました(笑)
#2771[2015/09/30 21:16]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#2772[2015/10/01 05:42]     

おはようございます🎶

一応目を通しますが、
タイムスリップと聞いただけで、時代錯誤に陥ります(≧◇≦)。
「赤城」「加賀」「飛龍」「蒼龍」「翔鶴」「瑞鶴」・・・
艦載機の大編隊が攻撃・・・・
小学生のお婆ちゃんには、想像しがたいです( ノД`)エ~ン…

応援のポチッ!だけして帰りますネ(^-^)  

#2773[2015/10/01 09:56]  kanmo  URL  [Edit]

Re: h様COありがとうございます^^

連合艦隊タイムスリップ…これ「未来戦艦大和」以上の大ヒットになりそうです♪
まず、アメリカ本土と間違えるほど米軍基地が多い沖縄の問題をグサッ!とえぐる。
次に、米国に追従して来た日本政府が、初めて過去の問題と真剣に向き合う事になる。
連合艦隊をミサイルで攻撃する事も出来るが、そうするとタイムパラドクスが生じる。
つまり、連合艦隊の将兵達の子孫に当る多くの命が、忽然と日本から消える事になる。
テロには屈しない!と頑固に言う米軍の攻撃を止めて、日本独自の判断が迫られます。
進むも地獄、退くも地獄…日本政府は崖っぷちに追い込まれます。これ書きた~い(笑)
#2774[2015/10/01 10:50]  sado jo  URL 

Re: kanmo様COありがとうございます^^

> タイムスリップと聞いただけで、時代錯誤に陥ります(≧◇≦)。
> 「赤城」「加賀」「飛龍」「蒼龍」「翔鶴」「瑞鶴」・・・
> 艦載機の大編隊が攻撃・・・・

あの「真珠湾攻撃」が沖縄の米軍基地に行なわれる…と言うのがツボですね^^
連合艦隊が米国本土と間違えて攻撃するほど、米軍基地が多い沖縄の現状を問い、
次に、日米同盟を重視して集団自衛権を行使すれば、タイムパラドクスが生じて、
多くの日本人の命が失われる事になる…国益を取るのか?日本人の命を取るのか?
ギリギリの選択を迫られる日本政府!…緊迫感のある凄い小説が書けそうです♪ 
#2775[2015/10/01 11:11]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
今月もよろしくお願いします。
今日は応援ポチだけ(。^p〇q^。)プッ
#2776[2015/10/01 16:54]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 今月もよろしくお願いします。
> 今日は応援ポチだけ(。^p〇q^。)プッ

いぇいぇ、こちらこそ…早速、気が急いて新作に取り掛かっちゃいました(笑)
小説はアイディアの沸いた時が旬ですからね♪…掛け持ちになっちゃったなァ~
今、真珠湾を攻撃する予定の「南雲艦隊」が、怪しげな濃霧の中に迷い込んだ所。
今度のは「集団自衛権」の時事ネタも入って、凄く面白い緊迫した作品になりそう♪
題名は「幻影の艦隊」でいいかな?…何だか柄も無く軍事作家になったみたい(笑)
書いてる本人は、本当は戦争大嫌いなんですけどね^^
#2777[2015/10/01 17:37]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第2章  「若き連合艦隊司令長官」(4)    →妾(めかけ)の国 ニッポン