シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第2章 「若き連合艦隊司令長官」(4)

「何っ!司令長官がわざわざ?…自分がお迎えする」
 それを聞いた墺賀憲兵大尉は慌てて立ち上がって、ダイバースーツのような服の乱れを整えながら、ドアまで行った。
「これはようこそお越し下さいました。司令長官…こんなむさ苦しい所へ」
 墺賀憲兵大尉は、ドアの外にいる何者かに最敬礼をしながら言った。
「いぇいぇ、任務ご苦労様です。ところで、珍しい物を持っている米軍捕虜を捕えたと聞きましたが、本当ですか?」
 ドアの外からは、涼やかな若い男の声が聞こえて来た。
「はっ!諜報員らしき捕虜で、ただいま尋問しておるところでございました」
「ちょっと会わせていただいてもよろしいでしょうか?」
「構いませんが…ただ、長官のお目を穢すような薄汚れた者どもなので…」墺賀憲兵大尉は、躊躇しながら言った。
「いいですよ。別に気にはなりませんから…」
「それでは中へどうぞ」墺賀憲兵大尉は丁寧にドアを開けた。
 部屋の中にいた憲兵たちが、一斉に直立不動の姿勢を取り、最大限の敬礼をして迎えた。
 椅子に縛られたまま、その様子をじ~っと見ていた遼と亮は、思わず驚いて息を飲んだ。
 何と、部屋の中に入って来たのは、まるで絵本の中から抜け出して来たような美しい青年だった。
 白馬の王子様とでも言えばいいのだろうか?すらっとした身体に銀の詰襟の制服を着て、同じく銀の制帽を被っている。
 両肩に何本もの線が入った階級章を付け、右胸に組紐で編んだ飾緒を下げて、左胸はたくさんの徽章でびっしりと埋まっていた。
(何と言う美貌だ。とても男には見えない。まるで男装の麗人…そう、まるで歌劇のタカラジェンヌみたいじゃないか)
 遼がそう思う間もなく、その後からは、とてもこの世の人とは思えないような絶世の美女が入って来た。
 男装のいでたちをした彼女が、美青年と並んでいる風情は、まるで歌劇「ベルサイユの薔薇」の舞台を見ているようだった。
 その後から、二人の男が入って来たが、一人は美青年よりも少し年上の若者で、もう一人は中年の男性だった。
 彼らは、全員銀の詰襟の制服と銀の制帽を被り、腰に装飾された短剣を下げ、背中にはリュックを背負っていなかった。
(憲兵たちの態度を見る限り、彼らは相当な位の軍人なのだろう…もしかして、全員将官クラスかも知れない)遼はそう思った。

「彼らが、その米軍の捕虜なんですか?」青年は椅子に縛られている遼と亮を見て、墺賀憲兵大尉に尋ねた。
「そうであります。日本人と鬼畜アメリカ人の間に生まれた穢れた混血児だと思われます」墺賀憲兵大尉はそう答えた。
「そうですか…それで、机の上に置かれているのが二人の持ち物なんですか?」
「はいっ!敵性語の入った怪しい物ばかりでして、調べておったところでございました」
「ちょっと見せていただいてもよろしいでしょうか?」
「はっ!…しかし、爆弾を仕込んでいるやも知れませんので、安全確認をしてからの方がよろしいかと」
「ははは…破壊工作の為の爆弾だったら、とっくに破裂して本艦に被害を与えてますよ」
 美青年は、事もなげに墺賀憲兵大尉にそう言うと、遼と亮が縛られているテーブルの前までやって来た。
 そうして、彼は縛られている遼と亮の正面の席に座ると、制帽を脱いでニコッと彼らに微笑みかけた。
(ひどく人なつっこい若者だ。長官と呼ばれていたが、彼がこの船の最高指揮官なんだろうか?)
 遼は目の前にいる美青年をしげしげと眺めた。顔立ちが美しいだけではなく、その瞳には深い知性が宿っているように見えた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 


<「未来戦艦大和」大ヒットの御礼>
拙生の小説「未来戦艦大和」が、掲載した小説サイトで大人気になってしまいました。
まだ、六話分しか載せてないのですが、最終話まで行くと10万を越えそうな勢いになっています。
これも皆様の温かい応援のお陰と深く感謝しています^^ 宣伝もしてないのにこれだけヒットするとは驚きです。
こりゃ、出版社に持ち込んだ方が儲かったかな?…いや、もちろん冗談です(笑)プロになる気はさらさらありません。
業界でプロの先生方を見てるので、締め切りに追われる物書きのハードさを知ってます。プロやったら確実に死にます(笑)
どうして今の世代にこんな古風な小説が受けたのか?面食らうと同時に、最期まで書かなきゃならない責任感を感じてます。
ともあれ、みなさま温かい応援をありがとうございました^^
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←オシリスの天秤 ~生の価値基準~    →未来戦艦大和 第2章  「若き連合艦隊司令長官」(3)
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


こんにちは~♪
午後五時半に名古屋の病院に緊急入院することになり叔父に送ってもらいます。
やっぱウイスキーと生卵ではダメでした(ショボン
小説の感想が書けなくてゴメンチャイ・゚・(PД`q。)・゚・
今日はお泊りですトホホ・・(;´д`)ノ| 柱 |
#2778[2015/10/02 17:33]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 午後五時半に名古屋の病院に緊急入院することになり叔父に送ってもらいます。
> やっぱウイスキーと生卵ではダメでした(ショボン

あら、あら…自分も胃の大手術をしましたが、以降食べ物には気を付けてます。
普段からの節制が大切ですよ…大事に至らない様お気をつけ下さいね^^
#2779[2015/10/02 20:09]  sado jo  URL 

未来戦艦大和の評判が上々でよかったですね。
素晴らしい理念のもとに書かれたものなので、人の心を打つのだと思います。
#2780[2015/10/02 22:33]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 未来戦艦大和の評判が上々でよかったですね。
> 素晴らしい理念のもとに書かれたものなので、人の心を打つのだと思います。

ありがとうございます^^…正直、自分でも面食らってます(笑)
マウントエレファントさんのコメントから生まれた「幻影の艦隊(仮題」も執筆中です。
だだ困るのは、軍記作家と勘違いされる事なんですよ…自分は元々ファンタジー畑で、ガチガチの軍記には向いて無い気がするんです。それで悩んでます><
でも、自分には「真珠湾」「沖縄戦」「原爆」と言う三つの避けて通れない課題があります。
人間の悪業と言うものが噴出した戦争の罪禍から、目を逸らしてはならないと思ってます。
#2781[2015/10/03 00:12]  sado jo  URL 

憲兵とは違い、捕まっている二人に対して、
高圧的な態度ではない人物ですが、
今後どんな活躍をするか気になりますね~(´∀`)
#2782[2015/10/03 21:26]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 憲兵とは違い、捕まっている二人に対して、
> 高圧的な態度ではない人物ですが、
> 今後どんな活躍をするか気になりますね~(´∀`)

はい。この美青年(連合艦隊司令長官)は、物語の鍵を握る重要人物になります。
と…言うか「未来戦艦大和」の事実上の主人公になります^^さて、どんな人物なのか?
次回辺りから、彼が徐々に驚愕の事実を明かす段に入って行きますよ。見せ場ですね♪
#2783[2015/10/03 21:48]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←オシリスの天秤 ~生の価値基準~    →未来戦艦大和 第2章  「若き連合艦隊司令長官」(3)