シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第1章:美貌の連合艦隊司令長官(7)

時空連続体
時空には異なる無数の世界があり、無数の人が暮らしている

「次の質問をいたします。今日は何年の何月、何日でしょうか?西暦でお答え下さい」
「えぇっと…いずもに乗ったのが4月7日だったから…2015年の4月7日だと思います」
「日付は合ってますが、年が違います。今日は3045年、4月7日になります。皇歴で言うと明和20年4月7日ですね」
「えぇっ!?31世紀?そんな馬鹿なはずは…21世の間違いじゃないんですか?」
「3045年で間違いないですよ…ほらっ!」
 美青年は壁に掛けてあるカレンダーを指差した。カレンダーは皇歴と並んで、確かに西暦3045年と記されてあった。
「あっ!本当だ…どうなってんだ?」遼と亮は、もう何が何だか分からなくなってしまった。
「驚かれるのも無理はないかも知れませんね…でも、質問の答えを聞いて僕には確信できました」
「何を…です?」
「あなた方がこの世界の人ではない事を…です。その証拠に、机の上にあるあなた方が所持していた器機は、どれもこれもこの世界には存在しないものです。構造も仕様もこの世界の器機とはまったく違います」
「存在しない機器ですって?…自分と亮はこの世界の人間ではないって…どう言う意味ですか?」
「仮説を立ててみました。お聞きになりますか?」
「えぇ、ぜひ…」
「もし、あなた方が他の天体からやって来た人だったとしましょう」
「自分と亮は宇宙人だと言う事ですか?」
「えぇ…しかし、その場合は宇宙に地球と瓜二つの惑星が存在し、生物の進化の過程や、文明の進歩が同じでなくてはなりません。しかも、その惑星に我々と同じ、日本語を話す日本人がいて、日本国が成立していなければならない。可能性はあると思いますか?」
「そんなのどう考えても無理でしょう」
「そうですよね。では次に…あなた方が我々の世界ととてもよく似た、別の世界の日本から来られた方だとします」
「よく似た別の世界の日本…って、それどう言う意味でしょうか?」
「ご説明いたしましょう…これは僕の恩師「藤崎博士」が、量子論に基づいて立てられた仮説ですが…仮にあなた方が森の中で、二つの道に出会ったとします。一方は右に行く道、もう一方は左に行く道。さて、あなた方はどちらかを選ばなければなりません。どうされますか?」
「う~ん…右を選んで行く事にします」
「あなた方は右に行く道を選択されました。その場合、右の道の先にある可能性が現実となります。しかし、左の道の先にある可能性はなかった事になりますよね」
「左の道は、選ばなかったんだから、そうなりますね」
「ところが、藤崎博士の仮説では、左の道を選んだあなた方もいた事になります。これを「可能性の世界」と言います」
「可能性の世界?…でも、そんなものは空想上の産物では?」
「いいぇ、それも一つの現実です。人が何かを選択する度に世界は分岐を繰り返し、そうして、無数の枝分かれした世界を形作って行くのです。その形作られた無数の世界を称して「時空連続体」と言うそうです」
「時空連続体…ですって?」

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第2章  「若き連合艦隊司令長官」(8)    →徴兵制と人権

~ Comment ~


一方は現実で、もう一方は可能性のパラレルワールドの
世界ですか。
好きなSF小説を思い出しました。
夫を事故で亡くし息子を第二次大戦で亡くした女性は
果敢にも過去にタイムスリップし、ある人物を殺し歴史を
改変します。一方は第二次大戦が起こった世界、他方は
第二次大戦が起こらなかった世界です。
#2850[2015/10/16 16:09]  エリアンダー  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> 一方は現実で、もう一方は可能性のパラレルワールドの
> 世界ですか。
> 好きなSF小説を思い出しました。

そう言えばエリアンダーさんのお好きな「夏への扉」も、歴史改変がありますね^^
でも、私のは改変と言うより、人の選択によって分岐した別次元の世界になります。
Aを選ぶか?Bを選ぶか?で、その先にある可能性は全然違う…と言う話ですかね?
#2851[2015/10/16 16:45]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
完全なSFの世界ですね。
時間と空間を飛び越えている発想でないと考えられない話ですものね(*^^)
#2852[2015/10/16 17:31]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 完全なSFの世界ですね。
> 時間と空間を飛び越えている発想でないと考えられない話ですものね(*^^)

SFを難しいと考えないで、身近な問題を取り扱ってると考えて欲しいですね^^
貴女があっちとこっちを見て、こっちを選べばこっちの可能性が現実になる。
貴女はこっちの人生を歩む事になり、あっちの可能性は無くなったかに見える。
ところが量子論では、あっちを選んで別の人生を生きている自分もいるらしい。
別の学校を出て、別の仕事に就き、別の人を愛し、別の人と結婚してたりする。
何かを選択する度に世界は枝分かれし、無数の異なる自分が、異なる時空の世界に存在する。
あっちを選べば良かったかな?…いぇ、それは選んだ時点で元には戻らないですけどね(笑)
#2854[2015/10/16 18:29]  sado jo  URL 

こっちの道を選んでいたら別の世界があった、そういう世界も同時進行で進んでいたらおもしろいですよね。
その先が気になります。
#2855[2015/10/16 20:26]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> こっちの道を選んでいたら別の世界があった、そういう世界も同時進行で進んでいたらおもしろいですよね。
> その先が気になります。

選ぶ事によって、そうした可能性の世界は無限大に分岐して行きます。
時空には別の人生を送ってる無数の自分が存在する…なんて楽しいですけどね^^
でも、一度分かたれた世界は二度と交わる事は無いそうですよ(笑)
「未来戦艦大和」は、いつかしら分かたれた別の時空の日本と、世界の物語です。
#2856[2015/10/16 20:39]  sado jo  URL 

こういうの好きですね

ちょうど、当時リアルタイムで遊んでいた以下のゲームを思い出しました

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9

主人公の存在がイレギュラーな世界っていうのが、後々明らかになるある意味ショッキングな設定ですね(汗)
#2857[2015/10/16 22:31]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

最近の学説によると、横に連なる並列多次元には、イレギュラーはありません。
出来るべくして出来た、言わば集合住宅の各部屋がズラリと並んだ様なものです。
一方、縦に積み重なる階層次元にはかなりの格差があり、大きな違いがあるそうです。
我々の宇宙にこれほどのエネルギーが溢れているのは、隣の部屋(次元)の暖房熱が流れ込んでるからか?縦階層の暖房熱のせいか?未だに不明だそうです。
「未来戦艦大和」は横に連なる多次元宇宙の物語ですが、ネタがあれば、いつか縦階層宇宙の物語も書くつもりでいます。こちらの方が難しそうだな(笑)
#2858[2015/10/17 00:20]  sado jo  URL 

どちらの道を選ぶかで未来も全然違ったものになりますもんね~。
本来は2015年の人と3045年の人は交わる事はありませんが、
この世界では出会ってしまいましたし、
この出会いがどんな結果をもたらすのか楽しみですね(´∀`)
#2859[2015/10/17 20:12]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> どちらの道を選ぶかで未来も全然違ったものになりますもんね~。
> 本来は2015年の人と3045年の人は交わる事はありませんが、
> この出会いがどんな結果をもたらすのか楽しみですね(´∀`)

我々の住む世界といつか枝分かれした世界は3045年を迎えていた。
そしてその世界は、70年前の世界ととてもよく似た出来事が起きていた。
過去と、現在と、未来が入り混じった異次元世界…物語はままだ続きます^^
#2860[2015/10/17 21:29]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第2章  「若き連合艦隊司令長官」(8)    →徴兵制と人権