シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第2章 「若き連合艦隊司令長官」(10)

大和轟沈02
奮戦虚しく、左舷に傾斜して沈没してゆく「戦艦大和」
この戦いで乗員3,302名のうち、2740名の命が失われた


「同、13時56分:航行不能となった軽巡洋艦「矢矧」を救援中の駆逐艦「磯風」が被弾。航行不能となる。「矢矧」は沈没。
「同、14時00分:戦艦「大和」艦中央部に敵艦載機の中型爆弾3発命中。機関ボイラー損壊故障す」
「同、14時07分、14時12分、14時17分:戦艦「大和」にそれぞれ敵艦載機の魚雷1本づつが命中。船体の傾斜が大きくなる」
「同、14時20分:戦艦「大和」左舷へ20度傾斜、復旧見込みなし。総員に退艦命令が下る」
「同、14時23分:戦艦「大和」左舷側より転覆。主砲弾薬庫の引火誘爆による大爆発の後、轟沈す」
「同、16時39分:大本営より作戦中止命令が下る」
「同、16時57分以降より、航行不能となった駆逐艦「霞」「磯風」を「雪風」の魚雷にて自沈処分」
「天一号特攻作戦における戦死者3721名。内、戦艦大和の戦死者2740名を数える」

 読み終わった羽生は大きく息をついた。その顔は少し青ざめていた。
「貴重な資料をありがとうございました。お陰で参考になりました」
 気を取り直した羽生は、ニッコリと笑って遼にお礼を述べた。
「いぇいぇ、世界は違うかも知れませんが参考になったなら幸いです。私たちも日本人ですから、羽生さんたちを悲惨な目に遭わせたくはありません」
「お気遣いありがとうございます。確かに艦名やこれから起きるであろう事は類似しているかも知れません…一応、参考にはさせていただきますが、多分、同じ事態にはならないだろうと思いますよ」
「そうですか…まァ、私達の世界の「天一号特攻作戦」では、連合艦隊司令長官が直々に指揮を執ってはいませんでしたからね」
「いぇ、僕は大勢の方々に支えられているだけで、とても指揮を執っているなどと言えるものでは…でも、ちょっと困った事態ですよね~」
「どうかされましたか?やはり、お見せした資料をご覧になって、何か問題でも生じましたか?」
「いや、そうではなくて、あなた方の事なんですよ」
「私たちの事?」
「えぇ、こんな事態は予測していませんでしたから…民間人を戦場に同行させるなんて、余りに危険が大きすぎて…」
「あァ、その事なら心配はご無用ですよ。だって、私たちはジャーナリス…」
そう言い掛けて、遼は思わず口をにごらせた。
(そうだ…異なる世界とは言え、天一号作戦をナマで取材するなんて誰もやった事がない奇跡だ…でも、自分たちは戦場に向かっている戦艦の中にいるんだ。死んでしまったらせっかくの大スクープも全部無駄になってしまう)
「遼ちゃん…僕も一生に一度は世紀のスクープ写真を撮ってみたいよ。でも、間違ったら死ぬかも知れない。降りられるなら、艦から降ろしてもらった方がよかね?」
 遼の気持ちを察したのか、亮が横からいささか不安そうに声を掛けた。
「そうですね~…水上滑空艇を出してお二人を最寄の陸地までお送りする事は可能です。だが、上陸したあなた方が無事でいられるかどうか心配です。ここと同じ様に、憲兵に怪しまれて捕まる可能性が高い。異なる世界から来たと言っても、誰も信じてはくれないでしょうしね~」

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←西洋史から読む南京大虐殺    →未来戦艦大和 第2章  「若き連合艦隊司令長官」(9)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


どっちにしても危険にさらされているんですね。
どんな選択をするのか、楽しみです。
#2919[2015/10/26 19:20]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> どっちにしても危険にさらされているんですね。
> どんな選択をするのか、楽しみです。

陸に上がれば憲兵に捕まる。大和の中にいれば戦闘に巻き込まれる。
こんな二択って、踏んだり蹴ったりですよね~…災難もいいとこです(笑)
#2920[2015/10/26 19:35]  sado jo  URL 

ジャーナリストとしてはこんな世紀の写真が撮れるチャンスは、
もう二度とないでしょうし、
危険だけど撮りたいという気持ちもあるでしょうし難しいですね~。
艦を降りるのか、そのまま乗ったまま行くのか気になりますね|・ω・`)
#2921[2015/10/26 20:04]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> ジャーナリストとしてはこんな世紀の写真が撮れるチャンスは、
> もう二度とないでしょうし、
> 危険だけど撮りたいという気持ちもあるでしょうし難しいですね~。

何で危ない所に行きたがるのか?戦場ジャーナリストの心境がよく分かりますね~
素人の自分でも戦艦大和が戦った「坊の岬沖海戦」は、是が非でもナマで見たい!
おそらく、確実に死んじゃうでしょうけどね~(笑)
#2922[2015/10/26 20:21]  sado jo  URL 

こんばんは〜♪
タブレットでブログ巡りをするのはくたびれます(^^;;
時間がかかるし画面はスマホ対応に変わっちゃうしでウロウロ状態。
パソコン修復作業がはかどりません☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

リアルタイムなら二者択一だけど、人はどうして争いを防ごうと考えないのでしょうね。
攻められても無抵抗不服従でいいのではと思いたくなります。
これもひとつの選択肢!
#2923[2015/10/26 21:09]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> リアルタイムなら二者択一だけど、人はどうして争いを防ごうと考えないのでしょうね。
> 攻められても無抵抗不服従でいいのではと思いたくなります。これもひとつの選択肢!

ガンジーや、キング牧師、マンデラ氏が偉大なのは武力闘争を放棄した所にあります。
しかし、その彼らも権力者や右翼主義者によって、かなりのひどい目に遭いました。
殺すか殺されるか?となった時、彼らが殺される方を選んだのは、キリスト同様の聖人です。
でも、普通の人はそうは行かない…殺られるなら殺ってしまえ!になりますね(笑)
#2924[2015/10/26 22:13]  sado jo  URL 

いくも地獄、とどまるのものも地獄。
もといた世界に戻れるんかしらん。
黙ってふたりに付き添って行ってみます。(笑)
#2925[2015/10/27 12:59]  エリアンダー  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> いくも地獄、とどまるのものも地獄。
> もといた世界に戻れるんかしらん。

捕まって拷問されるか?戦場で死ぬか?究極の二択ですよね~(笑)
何が原因で異世界に来たのか?分からないでは帰れそうも無いですね。
#2926[2015/10/27 13:20]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←西洋史から読む南京大虐殺    →未来戦艦大和 第2章  「若き連合艦隊司令長官」(9)