シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

長編連詩 「ヒトよ眠れ(2)」 ~進化の限界を超えた者の末路~

恐竜絶滅

魚となった者たちの中にも 優劣が現れた 喰う者と喰われる者 再び熾烈な生存競争が始まった 
海の中の生存競争に敗れた者もいた 命からがら波打ち際に逃れた彼らの目には陸地が映った
魚は思い切って新天地に上陸した ヒレを足に変え 鱗を皮膚に変えて陸上の生き物となった
しかし 新天地だと思った陸の上も安住の地ではなかった すぐに呵責のない生存競争が待っていた

生物とは余りにも哀しい存在だ 他の生物を喰らわなければ 生きて行く事すらままならない

<ジュラ紀と白亜紀>
弱い生物は皮膚を分厚く堅くした 喰われぬように背中にトゲを生やした 頭に角を付けた者もいた
それを喰らうために 捕食者は手足に鋭い鍵爪を付けた 顎に鋭利な牙を備えるようになった
そして ついに魚だった生物は 魚とは似ても似つかぬ生物 恐竜となった
恐竜は 捕食者に喰われぬ様に身体を大きくした。大きくする為にたくさん木の葉を食べた
生い茂っていた木の葉を食べられて 丸坊主にされたメタセコイアは たまらず背丈を高くした
そこでこの恐竜は メタセコイアの葉を食べる為に どんどん首を長くしていった
巨大化した首長竜を捕食する為に 肉食恐竜は身体に不釣合いな 大きな顎を持たねばならなかった。
ただ食べて生きるために 生き残って子孫をのこすために 恐竜の進化は極限にまで達していた

やがてゴンドワナ大陸が分裂を始めて 地球は大きな気候変動に見舞われた
もうその時は 巨大化した恐竜の身体は 僅かな環境の変化にも耐えられなくなっていた
それでも恐竜は 生きるために 生き残って子孫を残すために あちこち移動を繰り返した
そして ついに6500万年前に 恐竜は巨大隕石の落下によって 最期のトドメを差された
噴き上がった塵が太陽を遮り 冷え切った地上で 寒さに凍えながら 最期の恐竜は造物主に問うた
「造物主よ なぜ我々の祖先は こんなにも不必要に身体を大きくしたのでしょうか?
小さな身体だったなら 穴を掘って土に中に潜り込み 全ての災いから逃れられたものを」
造物主は答えた
「それはお前たちが望んだ事だ」
こうして 最期の恐竜は寒さに震えながら死んだ
すでにこの時 ずっと前から恐竜は滅んでいたのだ この時滅んだのは彼らの亡骸に過ぎなかった

時は 全ての生きとし生ける者を 全ての生物の進化を嘲笑い これを滅ぼしていく
自然環境は それを作り変えた生物に 容赦なく牙を剥いて襲い掛かる
かって栄えた生物ははかなく滅び 新しい環境に適応できた生物だけが栄える
いかなる種族も その運命から免れる事はできないのだ

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←童謡「ふるさと」に込められた呪詛    →長編連詩 「ヒトよ眠れ(1)」~全てはストロマトライトから始まった~

~ Comment ~


おじゃまします

これはなかなか面白いですね。
結末を期待しています。
#3010[2015/11/13 06:58]  無明  URL 

こんにちは^^

魚同士でも共食いがあったり、種類が違うと食う側食われる側に分かれるし
人間も自分達は自然から離れて文化的に進化した特別な存在だと思い込んでるだけで
結局は何も変わってないんですよね。
このままでは自然に滅ぼされるより自ら滅ぶほうが先でしょう。
#3011[2015/11/13 10:06]  西條すみれ  URL 

Re: 無明様COありがとうございます^^

> これはなかなか面白いですね。
> 結末を期待しています。

過去から未来における生命の進化の矛盾と言うものを綴って行きます。
次回は、人間がある時点で、大きな進化の間違いを犯した事を綴ります。
#3012[2015/11/13 10:52]  sado jo  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 魚同士でも共食いがあったり、種類が違うと食う側食われる側に分かれるし
> 人間も自分達は自然から離れて文化的に進化した特別な存在だと思い込んでる
> このままでは自然に滅ぼされるより自ら滅ぶほうが先でしょう。

進化とは、種が分裂して食物連鎖に至る過程を差すのかも知れません。
ならば、人間も猿人から白人・黒人・黄人に分かれ、さらに民族に分かたれた訳です。
本来なら種は連鎖して喰い合うはずですが、人間の場合は同一他種を排除しようと殺す。
これも(変形した)自然の摂理なら、どれかの人種・民族しか生き残れないかも知れない。
案外、人間同士が延々と争って来た戦争は、自然の摂理から見たらそうなのかも?(笑)
#3013[2015/11/13 11:06]  sado jo  URL 

地球が自分たちに合わせろとばかりに環境を破壊する人間…。
いつか天罰が当たるような気がします。
#3014[2015/11/13 20:37]  マウントエレファント  URL  [Edit]

いい意味でのらりくらりと生きるのが、生き延びる秘訣かもしれませんね

蹴落としたり、陥れたりすれば、その場は得をすることがあるかもしれませんが、違った形で必ず報いを受けるわけですし
#3015[2015/11/13 22:49]  blackout  URL 

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 地球が自分たちに合わせろとばかりに環境を破壊する人間…。
> いつか天罰が当たるような気がします

後、四世代程度でで資本主義は終焉を迎えます。
仮に100億を越える人類の1/3が近代的消費生活をすれば、資源も、燃料も、食料も、何もかもが破綻してしまう事になるからです。そうなると、資本主義貨幣経済は完全に終ります。
今は、アベノミクスだ!株だ!と騒いで最期の華やかな資本主義祭りをやってる所です(笑)
その次に何が来るのか…近い内に予測出来うる未来図をブログに書いてみたいと思います^^。
#3016[2015/11/14 00:26]  sado jo  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> いい意味でのらりくらりと生きるのが、生き延びる秘訣かもしれませんね
> 蹴落としたり、陥れたりすれば、その場は得をすることがあるかもしれませんが、違った形で必ず報いを受けるわけですし

正解です!…実はね。その時代の底辺にいる者が、最も次の支配者に近い地位にいます。
魚類はカンブリア紀の底辺にいたし、哺乳類はジュラ紀の底辺にいた生き物だったんです。
人間社会も同じで、中間層は支配者に依存してるから生き残れない!むしろ、社会の底辺にいる者の方が、何があっても生き残る確立が高い…その後支配層が交代する。歴史は皆そうなってます。
生き延びたければ、独立独歩で行く…今の支配層には依存しない事ですね(笑)
#3017[2015/11/14 00:37]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
人類もやがては自ら犯した環境破壊で自滅するときがくるでしょうね。
人類滅亡を少しでも遅らせたいのならまずは無用な争いをしないことですが、欲望を抑えられないほんの一握りのものによってやがては破滅せざるを得ないでしょう。
地球の未来社会は強力なウイルスだけかな、それとも生物は死滅するかな(笑)
#3018[2015/11/14 17:07]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 人類もやがては自ら犯した環境破壊で自滅するときがくるでしょうね。
> 人類滅亡を少しでも遅らせたいのならまずは無用な争いをしないことですが、欲望を抑えられないほんの一握りのものによってやがては破滅せざるを得ないでしょう。
> 地球の未来社会は強力なウイルスだけかな、それとも生物は死滅するかな(笑)

地球環境を作り変えた種は、必ず自分が変えた環境によって滅びます。
地上のチャンピオンになった以上、いつかベルトを外す日が来る。ただ、どう外すかが問題です。
残念ながら、外し方は一部の人類の支配者の手に委ねられているのがどうしようもない><
まぁ、人類が作り変えた環境に最も適応できる生物が後を継いでくれますよ(笑)
#3019[2015/11/14 18:47]  sado jo  URL 

生きる為に適応したと思っても環境が変われば、
また適応しないとそこで終わりですしね(><)
適応できなければ容赦なく滅ぶのみというのが現実ですしね。
#3022[2015/11/14 22:49]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 生きる為に適応したと思っても環境が変われば、
> また適応しないとそこで終わりですしね(><)
> 適応できなければ容赦なく滅ぶのみというのが現実ですしね。

仮に、平均気温が+-10℃変化した、または海面が+-10m変化した、太陽からの放射線や磁気が僅かに変化したとします。それで人類はあっけなく滅びます。それほど人間は脆い。
ところが、その変化に耐えうる代わりの生物は幾らでもいますからね~(笑)
#3023[2015/11/15 00:18]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←童謡「ふるさと」に込められた呪詛    →長編連詩 「ヒトよ眠れ(1)」~全てはストロマトライトから始まった~