シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

西洋史から読む南京大虐殺

南京入城
南京に入城する日本陸軍上海派遣軍

「日本史は当てにならない。いつ、どこで、何があったか知りたければ西洋史を読め」若い頃、日本史家にそう言われた。
なぜそうなのか?日本史は時の権力者におもねってお手盛りで書かれてる場合が多い。だから史書によって記述がバラバラだ。
時の権力者の功績は、大げさに神話的表現を交えて書き、都合の悪い事実は、別の時代の為政者になすり付けたりもしている。
対して、ギリシャ・ローマ以前から書記と言う職業が確立された西洋では、実に事細かく出来事に対する記載が為されている。
いつ、どこで、誰が、何をしたか。何があったか。時の権力者に尻尾を振る事無く、正確に記されているのが西洋史なのだ。

話題の南京大虐殺=南京事件に関して日本史と西洋史を比べると、当事者の日本より目撃者の欧米書の方が詳細に記載されている。
事件は、1937年11月、松井大将率いる上海派遣軍が、中央の命令を無視して、中華民国の首都・南京攻略を目論んだ事から始まる。
本来なら政府は規律違反を犯した松井大将を処罰すべきである。なのに政府は「勝てば官軍」とばかりにこれを追認してしまった。
日本軍に圧迫された蒋介石総統は、重慶まで撤退する準備を始め、部下の唐生智に南京の守備を任せて、時間稼ぎをする様に命じた。
(殿様だけを守る為に作られた日本の城下町と違い、中国や西洋では住民全員を守る為に、街を囲んで高い壁が巡らされている)
12月に入って、南京を包囲した日本軍は唐生智に降伏を勧告したが、彼は蒋介石の撤退を援護する為に、勧告に応じなかった。
そこで日本軍は周囲から激しい砲撃を浴びせ、13日にようやく中国軍の防衛線を崩し、南京の城門を破って市街に突入を開始した。
その後約1カ月以上、包囲戦で抵抗を受け、鬱憤の堪っていた日本軍は、残党狩りと称して南京の街で暴虐行為をやってしまった。
言い訳では無いが、西洋では近代まで攻城戦で、勝った側が街の住民を虐殺した例は多い。逃げ場の無い城塞都市の欠点と言える。
日本軍の残虐行為は、現地にいたニューヨーク・タイムスなどの記者や、宣教師によって記録されて、世界に報じられる事となった。
一方の日本軍は都合の悪い事は記録せず、日本側の従軍記者の記録も検閲で全て焼却した。日本人の体質がうかがい知れる(笑)
黙秘すれば、隠し通せば、焼却すれば、裁判で有利になるとは限らないのだ。反対に、証拠隠滅の罪に問われるケースの方が多い。
案の定、戦後の裁判で日本軍の指導者はシラを切ったが、欧米の記者や宣教師の証拠記録を提出されて、有罪となり処刑された。
南京事件については、すでに戦後の裁判の結果が国際的に認知されており、裁判記録では約13000人の中国人が虐殺されたとある。
諸説では、犠牲者は20万とも30万とも言うが、問題は数では無く、日本軍がその様な残虐行為をしたと言う事が問われているのだ。
はて?一部のひねた日本人が言う様に事件は幻だったのか?欧米の記者や宣教師は幻を見て、心霊写真でも撮ったのだろうか?(笑)

ちなみに、日本軍の中国侵攻は多くの在留欧米人を巻き込んだ為、欧米の怒りを買い、米国は日本の経済封鎖に踏み切った。
石油や天然資源を欧米に頼っていた日本は、完全に万事休すとなり、資源欲しさから第二次大戦に突入して行く事になった。
自業自得と言えばそうなるが、自分のした事がどの様な結果を齎すか?考えもせずにやる者に限って周りの人を不幸にする。

1968年、ベトナム戦争において、米第23歩兵師団所属の歩兵部隊が、ゲリラの拠点と思い込んで、地元のある村を襲撃した。
無抵抗の村民504人(子供173人)を虐殺した事件は、後に「アメリカ軍のソンミ村虐殺事件」として歴史に刻まれる事となった。
事件は、部隊に従軍していた記者によって克明に記録され、軍事法廷に証拠として提出されて、指揮官は全員が処罰された。
戦争終結後、米国政府はこの事件を世界に謝罪し、それ以降、米軍は集団虐殺事件を起していない。まず潔いと言えるだろう。
日本政府も「二度と侵略も虐殺もしない」と宣言した方が良くは無いか?その前に「二度と戦争はしない」と言った方がよかろう。

私の伯父は、若い頃、当時の大日本帝国政府に徴兵されて、中国戦線の戦争に従軍した。
子供の頃に、南京では無いが、別の場所で中国人の集団虐殺に参加した話を聞かせてくれた。
中国人に墓穴を掘らせて、その前に座らせる。後ろから銃剣で突くと、コロンと穴に落ちる。後は土を掛けるだけの手間要らず。
銃剣の一突きで死ねばいいが、まだ息のある者もいる。でも、構ってなんかいられない。生きたまま土を掛けて埋めるしか無い。
イヤもおうも無いのだ…上官の命令には絶対服従である。怖気付いたら「貴様は腰抜けかっ!」と怒やされて懲罰を喰らうだけだ。
今思えば、子供に聞かす様な話では無いが、墓場まで持って行くのが辛くて、懺悔のつもりで話してくれたのだろうと思う。
伯父の青春は不幸だった。戦争とは不幸なもんだな…とつくづく思ったのを覚えている。
日本人にはそんな人殺しの血が流れている。嫌でも受け止めるしか無い…最近は、そんな悪い血が騒ぎ出した日本人もいるが(笑)

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 


<南京事件は本気で調査すれば結論が出る>
あァだ、こうだ、と言ってる日本人も中国人も、医者に診てもらうのを恐がってる子供の様なものだと思う。
結論を出すのは簡単で、掘ってみればいい…両国で調査委員会を作り、米国など第三国の委員も交えて死者の発掘をやればいい。
たくさんの遺骨が出て来たら、アイソトープに掛けて死亡年代を測定すればはっきりする。こればっかりは中国も偽装が出来ない。
後は、当時の人口と、市街地の規模からおおよその死者数が割り出せるはずで、すったもんだ揉めるより簡単に結論が出て来る。
ソ連が長い間隠匿して来た「カチンの虐殺事件」も、この発掘科学調査によって実態が明らかになった。遺骨は雄弁にものを言う。
多分、結果は両国にとって痛いものになるだろう…「虐殺は無かった」と言う日本にとっては、虐殺の証拠を見せられる事になる。
一方の中国にとっては、数のトリックがバレる…三八式歩兵銃の様な性能の悪いライフルで、30万人もの人間を殺せるはずは無い。
周辺地域の戦闘での犠牲者も数に入れてるのだろうが、どう見積もっても市内での犠牲者は10万人を下回るだろうと思われる。
日本も中国も実地調査を避けて逃げてる所をみると、両国共に後ろめたい何かがあるとしか思えない(笑)
次回は「南京事件」なぜ起きたのか?なぜ防げなかったのか?を、現実に闘う兵士の心理も交えて語りたいと思う。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←都市攻城戦で必ず虐殺が起る理由    →未来戦艦大和 第2章  「若き連合艦隊司令長官」(10)

~ Comment ~


こんにちは^^

日本人ってどうしても立場の上下や外面に拘る傾向がありますよね。
外国人からは今の日本はいい国だって思われてるけど
国民同士は殺伐しているような印象が個人的にはあります。
死人に口なしとはもはや嘘だからみんながみんな過去を認めて
二度と過ちを繰り返さないようにしてほしいものです。
#2927[2015/10/28 10:42]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 日本人ってどうしても立場の上下や外面に拘る傾向がありますよね。
> 死人に口なしとはもはや嘘だからみんながみんな過去を認めて

ちっぽけな島国ですからね。みんな井戸の中の蛙の王様になりたいのでは?(笑)
DNA鑑定、アイソトープ、超音波…今の科学捜査はきっちり死人にものを言わせますよ。
日本人は、逃げ回らずにちゃんと医者に診てもらうといい…ついでに頭の中も(笑)
#2928[2015/10/28 12:54]  sado jo  URL 

TPPも大筋合意しましたし、韓国やインドネシアも参加しようとしてますし

その他色々な事例を見てると、これからは日本が国家としてやっていけるかどうか、真価が問われてるのかなと思います

閉塞感がいつまでも拭えないのは、幻想を捨てきれない連中が社会の中心に居座っているからだと思います

まぁ、恐竜が滅ぶのは大昔に証明されたわけですし、機が熟せば淘汰されるものは淘汰されるわけですし
#2929[2015/10/28 19:33]  blackout  URL 

都合の悪いことはもみ消す、日本人の悪い癖ですね。
反省がない、困ったもんです。
#2930[2015/10/28 19:37]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: blackout様COありがとうございます^^

> その他色々な事例を見てると、これからは日本が国家としてやっていけるかどうか、真価が問われてるのかなと思います
> 閉塞感がいつまでも拭えないのは、幻想を捨てきれない連中が社会の中心に居座っているからだと思います
> まぁ、恐竜が滅ぶのは大昔に証明されたわけですし、機が熟せば淘汰されるものは淘汰されるわけです

70年間引きこもりだった日本が、世界と言う大海の荒海に乗り出そうとしている。
めでたくもあり、厳しい旅路になる…過去に拘って幻想を描くより、現実を見なければね。
こんな島国根性の連中が多くてやってけるかなァ…困ったもんです><
世界の声に耳を貸さなければならない。好かれる日本人であれ…と思いますよ^^
#2931[2015/10/28 19:47]  sado jo  URL 

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 都合の悪いことはもみ消す、日本人の悪い癖ですね。
> 反省がない、困ったもんです。

東京裁判ね…日本側が都合の悪い資料を全部燃やしたり、棄ててしまったから、連合国側の証拠資料を中心に審議が進められてしまったんですよ><
南京事件もそうですが、証拠を隠せば何とかなる…と言う日本流のやり方は世界には通用しない!良くも悪くも、資料は全部残す。最悪でも、弁護士が情状酌量を勝ち取ってくれる事もある。
逃げ切れると考える日本人の体質には困ったものです。罪は罪と言う事が分かって無い><
#2932[2015/10/28 19:59]  sado jo  URL 

当時に何があったかというのは、
実際にその場にいて見聞きしていない限りは、歴史の書物に頼るしかないですしね。
書かれているからと言って真実だとは限りませんが、
信頼性の高いものから見極めるしかないですからね(´∀`)
#2933[2015/10/28 20:25]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 書かれているからと言って真実だとは限りませんが、
> 信頼性の高いものから見極めるしかないですからね(´∀`)

一応、日本側の資料が隠滅された以上、連合国側の資料に基づいた判決を信じるしか無い。
日本が提示出来る物が無い以上仕方が無い。だから欧米の様に資料は残せ!と言うんです。
後で揉める様な事はするな!…日本人の「都合が悪い事は隠せ」体質には困ったもんですよ><
#2934[2015/10/28 20:55]  sado jo  URL 

こんばんは~♪
南京事件の死者は20万人以上ですよ。
証拠は英国の映像で残されています。
隠せない証拠映像ですからこれ以上ごまかすことはできません。
死体の上を日本軍軍用トラックが走っている様子も映されていますしね。
もちろん市民だけじゃありません。捕虜にした中国軍と民兵も殺害しているのですからそもそも国際法違反です。
日本は中国が30万の犠牲者という数だけをとやかく言うのではなく、南京大虐殺があったことをきちんと認めることがまず必要でしょう。
スタートはそこからです。
はじめからなかったことにしたいという唯我独尊では国際的に通用しない主張になるだけですね。
まあ安倍政権は中国侵略も認めたくないようですが(笑)
#2935[2015/10/28 22:08]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

在留欧米人にバッチリ撮られて、世界にニュース報道されてますからね。逃げられない。
幾ら証拠を隠しても無駄ですよ。東京裁判での日本軍の指揮官の証言では13000人です。
まァ、少なく証言したか?どうか?は別として、これだけでも虐殺になってしまいます。
問題は数では無く、日本軍がナチスにも劣る非人道的行為を為した事が問題なんですよ。
アジア各地でも同様の事件があった事。当時の日本軍がそんな事件を起す体質であった事。
これは軍人の恥ですよ…そこから見直さないと、日本人の体質は変らぬままになります><
#2936[2015/10/28 22:38]  sado jo  URL 

こんばんは🎶

「南京大虐殺」という言葉があるのですから、当然の如く
事実と信じていました。
この時期になって覆すなんて思いもしませんでしたが、
分かりやすく、とても、勉強になりました。
ありがとうございます。

#2937[2015/10/28 23:12]  kanmo  URL  [Edit]

Re: kanmo様COありがとうございます^^

> 「南京大虐殺」という言葉があるのですから、当然の如く事実と信じていました。
> この時期になって覆すなんて思いもしませんでしたが、

戦後の裁判で処刑された日本の軍人がいる以上、事実と言う他は無いです。
抗議したい日本人は、正々堂々とアメリカ(連合国)に抗議したらよろしい。
実際、戦時中の日本軍を正当化されるのは、自分にとってはなはだ不愉快なんですよ。
そう言う日本人は「軍とは何か?」を知らない。いつか、孫氏~モルトケに至るまでの軍事を極めた先達の話をして上げますよ。彼らの書によると、戦時中の日本陸軍は軍の範疇に入らない><
#2938[2015/10/29 00:42]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←都市攻城戦で必ず虐殺が起る理由    →未来戦艦大和 第2章  「若き連合艦隊司令長官」(10)