シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(1)

朝霜
艦隊から遅れて単艦で戦いながら、最期の抵抗をする駆逐艦「朝霜」(米軍機撮影)
重油も流れ出して絶望的な状況にある。乗組員326名の行方は未だに分かっていない


 羽生は遼と亮を連れ、三人の参謀とスタスタと戦闘司令室の中央まで歩いて行くと乗組員全員に呼び掛けた。
「えぇ~…みなさんに紹介いたします」
 振り向いたクルーたちを見て、遼と亮はこれは目の錯覚ではないかとすら思った。
 女性が…それも若い女性が異様に多いのだ。4分の1…いや、3分の1が女性乗組員だと言った方がいいだろう。
(なぜこんなにも女性兵士が多いのだろうか?自分達の世界では、今でも戦争は男の仕事になっている。ましてや、戦艦大和の時代に至っては、女性兵士など一人もいなかったはずだ?)
 遼は不可解にすら思った。後に、羽生からその已むに已まれぬ事情を聞いた二人は、日本の置かれた驚愕の現実を知る事になる。

「こちらは海軍特務機関の雨雲少佐。その隣が陣内大尉です。お二人は沖縄に潜入して敵の機密情報を探り、帰還されたばかりです」
 羽生が遼と亮を乗組員に紹介すると、まるで、英雄を迎えたかのような歓声が戦闘司令室に沸き起こった。
「すでに、お二人から敵がどう撃って出て来るかをお聞きいたしました。今後も本作戦についてのご助言をいただく事になりましたので、みなさんもそのつもりでお願いいたします」
「こちらこそよろしくお願いいたします。みなさんとご一緒できる事を光栄に思います」
 万雷の拍手に戸惑いながらも、遼はとっさに取って付けたような挨拶をした。

 それから羽生は三人の参謀と一緒に、戦艦大和の主だった乗組員を遼と亮に紹介して行った。
「こちらが本艦の艦長、有馬大佐です。お隣が副長の能本中佐になります」
「よろしくお願いします」
 遼と亮が敬礼をすると、口髭を生やした恰幅のいい有馬艦長は、相好を崩しながら言った。
「いやァ、こちらこそ…海軍特務機関の方に来ていただいて幸いです。孫氏曰く「敵を知り己を知れば、百戦危うからず」ですからなァ…敵の情報を持って来ていただいたのは大変ありがたい」
「どのくらいの数の敵が待ち構えているんでしょうか?」
 実務家らしい頭のキレそうな副長は、挨拶もそこそこに、早速、遼と亮にそう尋ねて来た。
「えぇ~っと…エセックス級の正規空母が9隻。後は~……」
 遼は、去年取材した記事を何とか思い出そうとしたが、口ごもってしまった。
 遼がちょっと困っているのを見て、すかさず羽生が助け舟を出した。
「詳しい事は、後ほど資料をお渡ししますよ。能本副長…それより艦長、お願いしたい事があるんですが」
「何でしょうか?司令長官」
「一時的に無線封鎖を解除させていただきますが、よろしいでしょうか?」
「本艦隊の位置が敵に知られてしまうのでは?」
「それも考えましたが、326名の人命には替えられませんので」

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(2)    →「呪詛の構造」と「呪詛返し」
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


こんばんは~♪
未来社会なら衝突を避ける方策を考えることの方が大切ですね。
戦争に善はありません。
武器よさらば、武器を捨てよ、これが人類に課せられた唯一の方策でしょう。
#3044[2015/11/19 18:42]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 戦争に善はありません。
> 武器よさらば、武器を捨てよ、これが人類に課せられた唯一の方策でしょう。

自分も戦争は人間が行なう最悪の蛮行だと思います。
でも、世界をリードするアメリカでさえ個人的な武器の携帯を禁止出来ないでいる。
欧米では乱射事件やテロが起きる度に、武器を売る商店が大賑わいになるそうです(笑)
医学で癌を駆除出来ても、ガンは駆除出来そうも無い>< 末期症状もいい所ですよ。
まァ、日本がフランス化しないだけまだマシと思う他は無いですね。
#3045[2015/11/19 19:36]  sado jo  URL 

なぜ女性の数が多いのか。
深い意味がありそうですね。
#3046[2015/11/19 20:00]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> なぜ女性の数が多いのか。> 深い意味がありそうですね。

なぜ、女性クルー(戦闘員)が異常に多いのか?
ずっと先に、この世界の日本の全貌が明かされる時に分かる事になりますよ^^
ともかく、この世界の大日本帝国に似た日本は、大変な事になっています。
実は、この太平洋戦争に似た戦争も、その日本の状態に端を発しています。
さて、この世界の日本で何が起きたのか?先々のお楽しみに♪
#3047[2015/11/19 20:23]  sado jo  URL 

女性が多いというのは気になりますね~。
違う世界だとこの時代でも軍人にもなれるのか、
それとも、別の理由があるのか気になりますね|・ω・`)
#3048[2015/11/19 20:29]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 女性が多いというのは気になりますね~。
> 違う世界だとこの時代でも軍人にもなれるのか、
> それとも、別の理由があるのか気になりますね|・ω・`)

さて何でしょう?環境破壊による遺伝子異常で、男子が少数しか産まれなくなった?
だとしたらハーレム状態で嬉しいです(笑)でも、女子なのに全員男性名でしたよね。
もしかして女子はみんな中性?…この小説はSFですので、先のお楽しみと言う事で(笑)
#3049[2015/11/19 20:47]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(2)    →「呪詛の構造」と「呪詛返し」