シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

長編連詩 「ヒトよ眠れ(3)」 ~地上の覇者となった者~

ネアンデルタール

<新生紀>
ヒトになったばかりの猿人の群れが 薄暗い密林の樹上で暮らしていた
やがて 彼らはジャングルから出て来て 平原の洞窟の中で暮らし始めた
しかし 平原の洞窟の外は 獰猛な野獣ばかりが徘徊する地獄の世界だった
多くの仲間を獣に食われ 失ってしまったヒトの王は 嘆きながら造物主に訴えた
「ヒトはなぜこんなにも弱いのか?確かに我々には牙も無く 角も無い ぶ厚い皮膚も何も無い
けれどヒトは あらゆる生物の中で一番頭がいいはずだ ヒトは地球の覇者とはなれないのか?」 
造物主はヒトの王の問いに答えた
「覇者になるには それなりの代償が必要だ」
「代償がいるなら何でも払う 獣に怯えずに暮らせるようにして欲しい」
「では、お前とお前の仲間の命を すべて差し出せ」
「差し出します 喜んで差し出しますとも それで覇者になれるなら安いもんだ」
「承知した ではこれからは ヒト族を地球の覇者とする」

ヒトは 石で牙や角を作った こうして武器を手にしたヒトは洞窟を出た
石斧を手に 石槍を手に 石弓を手にして、ありとあらゆる獣を打ち倒した
灼熱の砂漠から 極北の氷河まで 全ての自然を制覇し ヒトは大地に広がった
もはやヒトには恐い者などなかった 羊を飼い慣らし 牛を飼い慣らし その肉を喰らった
川をせき止め 堤防を築き 自然環境を作り変えて畑とし そこに穀物や野菜を植えた
ヒトは作物の実り多い地に集まり 羊や牛を放牧できる地に集まり 集団で暮らし始めた  
そして ヒトは作物を巡り 羊や牛を巡り 土地を巡って争い 殺し合いを始め出した
我が身を守るために 財産を守るために 高い塀を周囲に巡らし やがて都市を築いた

だがこの時ヒトは その進化の先に待つ危険を 予測だにしなかった

アメリカ合衆国には あちこちに渡って 人工的に築かれた丘陵の跡がある
かっては 10万人を越える人々が暮らしていた 都市の名残りだと言われる
今は何も残っていない 僅かの瓦礫さえ 白人たちが 利用するために持ち去った
ヨーロッパからアメリカに入植した白人は 原野に天幕を張って暮らすインディアンを見た
まさか 原始的な生活をしている彼らの祖先が 高度な都市生活を営んでいたとは誰も思わなかった
だが アメリカインディアンの祖先は まぎれもなく洗練された都市居住者だったのだ
彼らはなぜ都市を捨てたのだろうか 戦争か? それとも疫病か? 或いは災害か?
そのいずれもが起った事だろう だが それらは都市を捨てる根本的な理由とはならない
彼らはライフラインを失ったのだ ライフラインが失われた都市はヒトが住めない廃墟となる

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←長編連詩 「ヒトよ眠れ(4)」 ~ヒトは衰退していく~    →未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(4)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


こんにちは^^

爪も牙も角も持たない人類にとって刃物は恐怖の記憶を思い起こす武器なのに
やっぱりただのケダモノというべきか、一度食らう側になればそうなるんですね。
でも弓や銃、戦闘機なんかは直接この手で殺す感触がないから
罪悪感なんてものはなおさら感じないんだろうな。
#3104[2015/12/01 11:16]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> でも弓や銃、戦闘機なんかは直接この手で殺す感触がないから
> 罪悪感なんてものはなおさら感じないんだろうな。

人類は所詮猿から成り上がった秀吉ですからね。由緒正しき恐竜と違って品が無い(笑)
確かに、飛び道具は殺人を犯す感覚が無いから、罪悪感無しに幾らでも人を殺せます。
日本人はナイフや包丁だけど、外人は拳銃やライフルを乱射し、爆弾を使って人を殺す。
罪の意識を感じないから、終い目に戦争をやって大量殺戮に及ぶんでしょうね><
#3105[2015/12/01 14:22]  sado jo  URL  [Edit]

こんばんは~♪
戦地に送られた兵士のほとんどが恐怖心から罪もない民衆を殺害しています。
これは何も米軍だけでなくはるか古代から続いていることでしょう。
不便でもいいから自然と折り合って生きることが人類が滅びない唯一の方法でしょうね。
とんでもない勘違いしているアホ総理に分かれといっても無理でしょうが、人がいなければ国家などあり得ません。
国家樹立を目指したところは年数の違いはあっても全部滅んでますからね。
#3106[2015/12/01 19:00]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 戦地に送られた兵士のほとんどが恐怖心から罪もない民衆を殺害しています。
> これは何も米軍だけでなくはるか古代から続いていることでしょう。
> 不便でもいいから自然と折り合って生きることが人類が滅びない唯一の方法でしょうね。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)はベトナム戦争でクローズアップされましたね。
戦地で戦った兵士の大半が精神疾患に犯されていて、復帰後マトモな生活が出来なかった。
破壊力の大きい兵器を使う近代戦は、人の限界を超えて精神に大きなダメージを与えます。
天災は仕方ないとしても、あえて戦争をして人間を壊す必要は無いと思いますけどね。
#3107[2015/12/01 19:46]  sado jo  URL 

単に生活するだけではなく、
ありとあらゆる術を高めていったからこそ、
便利になりもすれば、その術がまた破壊に向くこともあるので、
覇者になっても自ら作り出した術で滅ばないようにしない意味がないですしね(-ω-)
#3108[2015/12/01 20:33]  ツバサ  URL 

すべての動物の頂点に立ち、自然を支配し、永遠の繁栄を享受できるなんて幻想ですよね。
本気で思っているとしたら、人間ほどアホな動物はありません。
#3109[2015/12/01 20:39]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> ありとあらゆる術を高めていったからこそ、
> 便利になりもすれば、その術がまた破壊に向くこともあるので、
> 覇者になっても自ら作り出した術で滅ばないようにしない意味がないですしね(-ω-)

20世紀に人類が核の力を手に入れたのは、黙示録の啓示だと思います。
つまり、欲望も核も使い方次第では、文明を進歩させる有益なものではあるが、
使い方を誤ると、人類を全て滅ぼしかねない…と言う神の啓示ではないのかな?
#3110[2015/12/01 22:13]  sado jo  URL 

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> すべての動物の頂点に立ち、自然を支配し、永遠の繁栄を享受できるなんて幻想ですよね。
> 本気で思っているとしたら、人間ほどアホな動物はありません。

どんな種も、時が来て地球の環境が変れば、滅びざるを得ません。
人類とて例外では無い…10度気温が上がり、10m海面が上がれば滅びるでしょう。
要は自らそれを招くか?自然に任せて滅ぶか?自殺か他殺かの違いだと思います(笑)
#3111[2015/12/01 22:20]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←長編連詩 「ヒトよ眠れ(4)」 ~ヒトは衰退していく~    →未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(4)