シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼幻影の艦隊」
幻影の艦隊 小説本編

幻影の艦隊:第1話「暁の奇襲」(2)

98偵察機

「どうした!敵の潜水艦か?」長谷川艦長が驚いて尋ねた。
「いぇ、浅瀬です。付近はだいぶん浅瀬が多いようです」
「浅瀬?…馬鹿を言え!ハワイ沖のこの辺の海域に浅瀬があるものか」
長谷川が将兵の言葉を一笑に付そうとしたその時だった。
「前方に岩礁、このまま進めば座礁します」航海士がそう告げた。
「取り舵30度、岩礁を避けろ!」即座に長谷川艦長の命令が飛んだ。
空母赤城は大きく舵を切って、岩礁の側を通過して行った。
「ふ~ぅっ、危なかったな…どうやら、だいぶん強風で流されてしまったようですな」
草鹿はほっとしたように言ったが、南雲は腕時計を見やりながら心配そうにしていた。
「ここはどの辺りだ?グズグズしていると攻撃予定時間を過ぎてしまうぞ」
「長官。ここは偵察機を出して周囲を調べさせた上で、進路を決めた方がよろしいかと思います」
「そうだな…源田航空参謀。九八式艦偵を出すように指示してくれ」
 草鹿の提案を受けた南雲は、側にいた源田航空参謀に偵察機を出すように命じた。

<2016年12月8日 日の出前>
 空母、赤城を飛び立った九八式艦上偵察機は、雲間を通して海に浮かぶ多数の島影を発見した。
「あっ!群島が見えます。あれがハワイですね」
 そう言った偵察士の中村上飛曹の言葉に、操縦士の工藤少尉はちょっと小首を傾げた。
「確かに群島が見えるが、少し妙だな~…地図で見たのと島の形が違うようだが?」
「もう少し降りて、詳しく調べてみましょうか?工藤少尉」
「けど、あんまり近付くと敵に発見される恐れがあるからな~」
「もう少しだけなら大丈夫でしょう」
「よしっ!ちょっとだけ降りてみるか」
 そう言うと、操縦士の工藤少尉は、九八式艦上偵察機を操って雲の下まで降下した。
「あっ!軍港らしき港があります。あっちには飛行場らしき滑走路が見えますよ」
 何かを発見した中村上飛曹が、嬉しそうに工藤少尉にうながした。
「何だか、聞いたのとちょっと違うような気もするけどなァ?」
「連合艦隊の襲撃を予測して、偽装工作をしたのかも知れませんよ」
「おいっ!あれを見ろ中村…星条旗が上がってるぞ。間違いない敵地だ。すぐ艦隊に報告を入れろ」
「了解しました。艦隊より48度の方向。距離125キロ。敵軍港、並びに飛行場を発見っ!」
「長居は無用だ!九八式艦偵、これより赤城に帰到いたします」

 九八式艦上偵察機から、敵地発見の報告を受けた赤城の艦橋は沸きかえった。
「よくやった!直ちに二航戦、山口少将。五航戦、原少将に打電「ニイタカヤマノボレ」繰り返す「ニイタカヤマノボレ」
 艦隊を率いる南雲司令長官は、即座に通信士に命じた…そして、数奇な運命への幕は切って落とされた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←長編連詩 「ヒトよ眠れ(5)」 ~それでも地球は回り続ける~    →幻影の艦隊:第1話「暁の奇襲」(1)
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


敵地を発見したものの、その後の数奇な運命とは…。
罠にハマったのかどうか、気になります。
#3148[2015/12/11 20:07]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 敵地を発見したものの、その後の数奇な運命とは…。
> 罠にハマったのかどうか、気になります。

赤城から飛び立った偵察機が見つけた、星条旗の翻る(敵地?)の島とは?
いったい何処の島なのでしょか?ハワイとは少し違うと言ってましたね(謎笑)
さて、次回の作品から面白い事が起こりますよ…お楽しみに^^
#3149[2015/12/11 20:38]  sado jo  URL 

こんにちわ♪

sado joさんのブログを時々覗いていたものです^^

飛行機などあまり詳しくないのですが、
先日テレビで、ドローンのおもちゃで遊ぶ大人たちを見て
先端にカメラをつけ、ぶつかりそうな木々を上手く抜けていく。
それを初めて見て、sado joさんの書かれていた
ブログ記事を思い出しました。
私の中では飛行機=sado joさんなのです^^
#3150[2015/12/12 18:26]  ミノリ  URL  [Edit]

Re: ミノリ様COありがとうございます^^

> それを初めて見て、sado joさんの書かれていたブログ記事を思い出しました。
> 私の中では飛行機=sado joさんなのです^^

私の中では、飛行機=若い頃働いていた円谷プロの「円谷英二社長」なのです(笑)
空の好きな方で「飛行兵」になるのが夢だったとか。でも特撮監督になっちゃいました。
星の王子様を書いた「サン・テクジュべり」も空が好きで、飛行兵になりました。
彼は青い空で、ドイツ軍に撃墜されて死にました…今も空爆で空は汚されています><
青くて美しい空は今日も泣いています…悲しいですね~~;
#3151[2015/12/12 19:17]  sado jo  URL 

浅瀬があったり、地図とは違う島の形があっても、
今のままでは異変には気が付きようがないですもんね。
この後どうなってしまうのか気になりますね|・ω・)
#3152[2015/12/12 22:15]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 浅瀬があったり、地図とは違う島の形があっても、
> 今のままでは異変には気が付きようがないですもんね。

SFなんて概念は、真珠湾攻撃当時の日本にあったのかな?
確か映画にもなった「海底軍艦」は日本人が大正時代」に書いた「海底二万哩」のパクリ。
とか?…記憶してますが、まさかこの異変には当時の海軍軍人は気づかないでしょうね。
さて、いったいどこを攻撃するつもりなのか?次回をお楽しみに^^
#3153[2015/12/13 00:10]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←長編連詩 「ヒトよ眠れ(5)」 ~それでも地球は回り続ける~    →幻影の艦隊:第1話「暁の奇襲」(1)