シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(5)

環境汚染

「こちらの世界には、石油もガスも石炭もないのですか?」
「数百年前に、人類が全部使い果たしてしまいましたね…その結果がこれです」
「と、言いますと…?」
「過剰なエネルギーの消費で、大気中の粒子が密になった上に粗くなり、成層圏に積もった塵が波長の短い太陽光を遮って、電離層が機能しなくなりました」
「あァ、それで青色のレイリー散乱が起きなくなって空が赤いんですね。その上に電波までも…?」
「そう…短い波長の電波は短距離しか届きません。濃密で粗い粒子のせいで、長い波長の電波も乱れる事が多くて不安定です」
「なるほど、それで確実に読み取れるモールス信号を使っている訳ですか…納得しました」
「あなた方の世界の空は、千年以上前の僕たちの世界の空と同じで青いんでしたよね。こちらと比べて気候はどうですか?」
「う~ん…こっちの世界は何だか蒸し暑いですね。私たちの世界は晴れた日が多くて、空気もカラッとしてます」
「やはりね…温室効果のせいで、気温のわりに湿度が高いんですよ。いつも空がどんより曇っていて、晴れる日は少ないです」
「何だか身につまされますね…今、私たちの世界でもエネルギーが過剰に消費されています。やがて、この世界と一緒の状況になりそうな気がして…」
(この世界の日本人の肌が白いのは、日照時間が極端に短いせいかも知れないな?)遼は羽生の顔を眺めながら、何だか複雑な思いにとらわれた。
「起源が同じ世界ですから、人の考え方や欲望も同じだと思います。できる事なら避けた方がいいんですけどね~」
「難しいでしょうね~…社会システムが変らない限り…で、この世界では何か解決法が見つかったのですか?」
「遅まきながらね…量子力学の発達によって、高いエネルギーを有する物質から、分子を介さないで直にエネルギーを取り出す事に成功しました」
「なるほど、エネルギーを直接取り出す…我々の世界で言う原子力エネルギーみたいなもんですね」
「いぇ、原子力は危険です!やはり千年くらい前にこの世界で、原子力エネルギーを兵器に使おうと言う試みが為されました」
「成功したのですか?」
「いいぇ…ロスアラモス、チェルノブイリ、シュトラスブルク、いくつかの街が地球上から消滅しました。ひどい汚染が周囲に広がり、それ以降は、誰も恐れてやらなくなりました」
「核兵器の実験で街が消滅した!?さぞ、悲惨だったでしょうね~…私たちの世界では核実験は成功して、広島と長崎と言う街に原子爆弾が投下されました」
「日本にですか?もしやアメリカが?…何と言う事だっ!」
「25万人の日本人が亡くなりました…でも、それ以降も兵器として、発電エネルギーとして、原子力は使用され続けています」
「よく無事でいられますね~…僕たちの世界だと、核分裂によって飛散した素粒子が他の物質に作用を与えて連鎖反応を起します。もしかしたら、あなた方の世界と僕たちの世界では、少しばかり量子の質が異なるのかも知れないなァ?この世界では、素粒子があなた方の世界より連鎖反応を起しやすいのかも?」
「そうかも知れませんね…でも、そうならば、こちらの世界の方が物質をエネルギー化しやすいと言う事になりますよね」
「そうとも言えるかも知れませんが、逆にそれが環境を悪化させると言う災いの元にもなってしまいました」
「痛し痒しですね~…で、どうやって艦を動かしてるんですか?やっぱりスクリューを回して走ってるんですか?」
「スクリュー…って、いったい何でしょうか?」

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援やコメント感謝します
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(6)    →愚衆に捧げる悪魔の囁き

~ Comment ~


未来戦艦大和の新章来ましたね!
こちらも続き、毎回楽しみにしております\(^o^)/
#3239[2015/12/25 18:56]  椿  URL 

エネルギーが枯渇して、どんなものを使っているのか、とても気になります。
#3240[2015/12/25 20:08]  マウントエレファント  URL  [Edit]

こんばんは~♪
物理学の話になりましたね。
これなら私も地球の未来について分かり合えると思います(*^^*ゞ
#3241[2015/12/25 20:10]  まり姫  URL  [Edit]

Re: 椿様COありがとうございます^^

> 未来戦艦大和の新章来ましたね!
> こちらも続き、毎回楽しみにしております\(^o^)/

ありがとうございます^^
新章は前半の大きなヤマ場!…あの戦艦大和が撃沈された「坊の岬沖海戦」になります。
さて、若き連合艦隊司令長官「羽生大二郎」がここをどう乗り切るのか?続きをお楽しみに♪
#3242[2015/12/25 21:01]  sado jo  URL 

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> エネルギーが枯渇して、どんなものを使っているのか、とても気になります。

量子力学が進歩した異世界ですから、案外一般的な資源をエネルギー化してると思います。
もちろん、我々の世界にも存在する資源を無公害で利用してるはずです^^
#3243[2015/12/25 21:06]  sado jo  URL 

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 物理学の話になりましたね。
> これなら私も地球の未来について分かり合えると思います(*^^*ゞ

ま、SF小説ならでわの仮定の話ですが、量子力学が進歩すれば核は必要無くなります。
核の無いクリーンな世界が実現する…でも、案外一歩間違うと量子の方が危険かも?(笑)
#3244[2015/12/25 21:13]  sado jo  URL 

これでもろもろの部分が合点がいきました

シュトラスブルク…

スペルを見て、納得しましたw

ドイツ語だとそう読みますねw
#3245[2015/12/25 22:10]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> これでもろもろの部分が合点がいきました
> シュトラスブルク…スペルを見て、納得しましたw

実際にナチスはシュトラスブルクで核兵器の研究をしてました。
事故が起きてやめたとか…アメリカは隠してますが、ロスアラモスでも研究者が被爆しました。
実験場になったネバダ砂漠は、戦後 西部劇のロケ地になりましたが、ロケをした多くの俳優やスタッフが、癌や白血病で死んでいます。
核は人の免疫細胞を破壊します。やはり核ではなく、量子の研究にもっと予算を出して未来のエネルギーを開発しなければなりませんね^^
#3246[2015/12/26 00:51]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#3247[2015/12/26 02:12]     

Re: m様COありがとうございます^^

いぃいぇ、小説を書いてる本人も科学は素人ですよ~(笑)
特撮アニメの映画界にいた頃、見聞きした事をたどって書いてるだけです。
そのせいか?…私の小説は、まず映像ありきで、文はいい加減な書き方になってます。
その分、映画監督から見たら、映画にしやすい作りになっているんじゃないかな?(笑)
#3248[2015/12/26 11:15]  sado jo  URL 

エネルギー事情はこちらの世界とは、
全く異なる世界になっているんですね~。
それにしても、ついに坊の岬沖海戦ですね(`・ω・´)
#3249[2015/12/26 21:48]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> エネルギー事情はこちらの世界とは、
> 全く異なる世界になっているんですね~。

主要なエネルギー資源は、すでに枯渇して失われた異世界です。
そして、人類が行った環境破壊によって、この世界では様々な異常現象が起きています。
それでも、なお争い合って戦争するのは、人間の業(カルマ)なんでしょうかね~><
#3250[2015/12/26 22:10]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(6)    →愚衆に捧げる悪魔の囁き