シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(6)

「船舶を前に押して進めるために、モーターで回すプロペラですよ」
「さて?おっしゃる言葉も意味もよく分かりませんが、それがあなた方の世界の推進方法なんでしょうか?」
 遼は、羽生の言葉に愕然とした(この世界にはモーターと言う概念がないのだろうか?だとしたら…)
「僕たちの世界では物質の量子変換エネルギーによって、船と周囲の空間に密度の差を作ります。それで船を直接動かしてます。まァ、それは航空機も同じ推進方法なんですが…だけに、高いエネルギーを取り出せる物質は貴重なんですよ」
「なるほど、密度の差を作って推進してるのかァ…やっぱり自分達は未来に来てるんですね。自分達の世界では、まだ航空機はジェット推進で飛んでますからね~」
「ジェット推進…って、何でしょうか?」
「燃料を燃やしながら、ガスを後方に噴射して飛ぶエンジ…いや、機関の事です」
「あァ、噴式機関ですね。この世界の艦船も、浮上する時や加速する時は、燃料を分子的に燃やしてガスを噴出しますよ。航空機は頻繁に噴式推進を使います。最も、音が大きくて大量の燃料を消費してしまいますけどね」
「そう言えば、水上滑空艇と言うのに乗せられましたが、まったく排気音がしなかったなァ…あれも量子機関なんですか?どうりでプロペラが付いていなかった訳だ」
「そうです…滑空艇は軽量ですので、船体と水面の間に密度の差を作り出して推進しています」
 この時、遼は「浮上」と言う羽生の言葉を気にも留めなかった。後でその言葉の意味をまざまざと目の当たりにする事になる。
 さらに、ほとんど音のしない量子エンジンが、千年以上前から続くある古風な艦船を、恐ろしい兵器として存続させている事を知るのだった。
 まもなく遼と亮の二人は、彼らの世界でも馴染みのあるその艦船の姿を目撃する事になる。

「どうでしたかな?我が大和の機関室は…」有馬艦長は、戦闘司令室に帰って来た遼と亮に声を掛けた。
「立派な機関室でした…あの機関でどのくらいの速度が出るんでしょうか?」遼は、早速軍事記者らしい質問を返した。
「海上での通常走行だと、最大で30ノットと言った所でしょうかな」
(艦の速度自体は自分たちの世界と余り変らないようだ…とは言え、この巨大な戦艦を30ノットで走らせるのはやはりすごい)
「65000トンもある戦艦を30ノットで航行させるとはすごいですね」
「65000トン?…そんなにありませんよ。基準排水量で19000トン。満載でも20000トンを超えることはありません」
「はァっ!?…この大きさの艦でそんなに軽いんですか?」
「えぇ、船体の大半はオリハルコンでできていますからね。あと耐熱タイルに使われるスペクトロン合金ですね」
「オリハルコン!?」
 有馬艦長は少し怪訝そうな顔をしていた。遼の話はだいぶんこの世界の常識から外れていたらしい。
 だが、遼にとっては艦長の言った事は驚きだった。錬金術によって生まれたオリハルコンは、自分たちの世界では遠い昔に失われて、伝説の合金となってしまっていたからだ。
 その様子を見ていた羽生はまずいと思ったのか?大きな咳払いをして言った。
「うん、うぅ、ぅ…あ~…雨雲少佐、陣内大尉、一応、艦内に船室を用意させますので、そちらの方で耐熱防護服に着替えていただけますか?平服のままだと艦内では戦闘時に危険ですので」

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援やコメント感謝します
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←戦後70年を総括する    →未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(5)

~ Comment ~


こんばんは~♪
省エネだけは進んでいるようですね。
でも兵器が進化しては意味がないです。
殺し殺される時代が遠のくことこそ人類が追求すべきことだと思いますね(*^^*ゞ
#3251[2015/12/27 17:59]  まり姫  URL  [Edit]

同じ地球でも文明の進化が全く異なると、
こちらの世界から来た二人としては驚かざるを得ないですよね^^;
周りからは怪訝な顔をされても抑えるのも難しそうですね。
#3252[2015/12/27 19:17]  ツバサ  URL 

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> でも兵器が進化しては意味がないです。
> 殺し殺される時代が遠のくことこそ人類が追求すべきことだと思いますね(*^^*ゞ

人類が一番最初に作った道具は、実は武器だったんですね。
一人では何も出来ないくせに、集団になると戦争をして殺しあう><
もう、こりゃ人類の病気だと言うか?業(カルマ)だと言うか?(嘆)
#3253[2015/12/27 19:31]  sado jo  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 同じ地球でも文明の進化が全く異なると、
> こちらの世界から来た二人としては驚かざるを得ないですよね^^;

すでに失われたものが存在してたり、あるはずのものが無かったり…ね^^
ふと、思う事があります「アメリカが原爆の実験に失敗してたらどうなってたか?」
まったく違う世界像が出来上がってたんじゃないかな?…って(笑)
#3254[2015/12/27 19:37]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#3255[2015/12/27 19:53]     

Re: m様COありがとうございます^^

良い所に気づかれましたね…なぜ、架空未来小説なのに宇宙の話が出て来ないのか?
人類は資源を使い果たしたんですよ。気づいた時は、環境は破壊され手遅れになっていた><
そりゃ、大型ジェット機で何万回も空爆やりゃぁ、エネルギーも尽きますわよね(笑)
#3256[2015/12/27 20:21]  sado jo  URL 

軽くして少ないエネルギーで進む。
省エネ技術が進んでいるもの、それだけエネルギー資源が乏しいからなんでしょうね。
我々もそうなる前に、浪費をやめ、新たな技術を考えないと…。
#3257[2015/12/28 19:19]  マウントエレファント  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#3258[2015/12/28 21:30]     

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 省エネ技術が進んでいるもの、それだけエネルギー資源が乏しいからなんでしょうね。
> 我々もそうなる前に、浪費をやめ、新たな技術を考えないと…。

えぇ、この「未来戦艦大和」の未来は、我々人類の反面教師みたいな世界です。
資源を浪費して戦争を続けた挙句、環境を破壊して気候まで変えてしまいました。
それで技術が進歩しましたが、その技術がまたもや戦争に使われる悪循環です><
誰かが、その人類の悪癖を止めないといけないですね^^
#3259[2015/12/28 22:24]  sado jo  URL 

Re: m様COありがとうございます~~

確かに、最近は自然も、気候も、人間も、ますます異常になって来てますね。
だから、自分がおかしいんじゃなくて、周りがおかしいんだ…と思っていいです(笑)
このまま変になって行って「地球最後の日」が来るまで、お互いに正常でいましょう。
#3260[2015/12/28 22:33]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←戦後70年を総括する    →未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(5)