シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼クロニクル ~カルマ~」
クロニクル ~カルマ~ 小説本編

クロニクル ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (1)

コヨーテ

~これは、私が年老いた祖父から聞いたとても可哀相な少女のお話です~

「この世には、善人なんてただの一人もいやしないよ」

 老いた祖父はそう言いながら、私にある話をしてくれた。
 祖父がその女の子に会ったのは、ほんのわずかの間だった。
 祖母に先立たれた祖父は、ロッキー山脈の麓で小さな牧場を営んでいた。
 私の父と母は、独り身の祖父の身を案じて、街に来て暮らすように勧めた。
 けれども祖父は、祖母との思い出がある牧場から離れようとはしなかった。

 祖父の牧場の辺りには、いつも家畜を狙うコヨーテがうろついている。
 その日も祖父は、いつものように銃を持って牧場の周囲を見回っていた。
 すると、突然茂みの中で、何かがカサッ!と動く音が聞こえた。
 祖父は油断なく銃を構えて、じりじりと茂みに近寄って行った。
 そして、茂みの中を覗いた祖父は、驚きの余り腰を抜かしそうになった。
 何と!人間の女の子がコヨーテ避けの罠に挟まってしまっていたからだ。
 その女の子は泣きもせずに、ただ驚いている祖父をじっ!とにらんでいた。
 祖父はあわててしゃがみ込むと、女の子の足を挟んでいた罠を外した。
 よく見ると、女の子の足首は完全に折れていた。可哀想によほど激痛が走っただろう。
 なのに、その子は泣き叫びもせずに、じ~っと痛みに耐えていたらしかった。
 すぐに手当てしなきゃならんと思った祖父は、取るものも取りあえずに女の子を抱え上げた。
 その時、祖父は奇妙な事に気が付いた。女の子のお尻から尻尾が生えていたのだ。
 でもその時は、祖父にはそれが何なのかを考えている暇などはなかった。
 ただ、ひたすら女の子を肩に担いで、一目散に我が家まで走った。

 家に着くと、すぐに女の子をソファーに寝かせ、手近な木切れで足首に添え木をしてやった。
 女の子は足を触ると、さすがに顔をしかめて痛そうな表情をしたが、それでも泣かなかった。
 ともかく、早く医者に連れて行かなきゃ…と思った祖父は、車を取りに行くために外に出ようとした。
 ところが、なぜか女の子は、懸命に祖父の腕にしがみ付いて止めようとするのだ。
 医者に診せるのが恐いのかな?と思った祖父は、宥めようとして女の子の隣に座った。
「痛かったろう。でもその怪我はお医者さんに診せなきゃ治らないよ」祖父はやさしく女の子に言った。
 それでも、女の子は黙ったまま祖父の腕にしっかりとしがみ付いていた。
「ねぇ、お嬢ちゃんは何て言う名前なのかな?」
「ルーシー…」女の子はやっと口を利いたが、声はかすれてしまっていた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援・コメントに感謝します
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←クロニクル ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (2)    →新年の挨拶にならない御挨拶(笑)

~ Comment ~


あけましておめでとうございます

"嘆きのクローン"…新しく始まったのですね。
これなら私にも理解できそうです(苦笑)。

事故承諾ですみませんが、
とても素敵なコメントの文章…拝借しました(アセアセ)。
今年もよろしくお願いいたします(^o^)/。
#3305[2016/01/02 07:48]  kanmo  URL  [Edit]

この世の中に善人は1人もいない。その通りです。
少女を助けたことが善いことなのかそれとも……。
続きが楽しみです。
#3307[2016/01/02 11:14]  西條すみれ  URL 

Re: kanmo様COありがとうございます^^

> "嘆きのクローン"…新しく始まったのですね。
> これなら私にも理解できそうです(苦笑)。

正月から連載になる「嘆きのクローン」は、今年の記念碑になるかな?
設定・ストーリー共に自信があります…どうぞ、読んでやって下さい♪
今年もお互いにがんばりましょうね^^
#3308[2016/01/02 12:20]  sado jo  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> この世の中に善人は1人もいない。その通りです。
> 少女を助けたことが善いことなのかそれとも……続きが楽しみです。

この話をする女性の祖父が何を見たのか?どんな真実を知ったのか?
話が進むにつれて、あっ!と驚くストーリー展開になって行きます。
なぜ「この世には善人は一人もいない」のか?…続きをお楽しみ下さい^^
#3309[2016/01/02 12:33]  sado jo  URL 

この世に善人はひとりもいない。
それが誰の立場から見たものなのかで展開が大きく変わるような気がします。
少女の立場からだったら、人間の温かさを知るという展開になりそうな。
楽しみです。
#3311[2016/01/02 16:11]  マウントエレファント  URL  [Edit]

ふむ…

自分の見立てが正しければ、これはなかなかのエグい展開になると思いました(汗)

でも、読んでしまうと思いますw

>「この世には、善人なんてただの一人もいやしないよ」

ええ、そう思います

小説の趣旨とは違ってくる気がしますが、人間は自分も含め、原罪を背負っている存在だと思うので

普段の仕事でも、ある意味極点に達しているような輩とたくさん接しますから、余計そう思うのかもしれません

ちなみに自分はキリスト教徒ではなく、将来的に洗礼を受ける予定もないですが、キリスト教にはなぜか縁があるんですよねw

家系が浄土真宗本願寺派なのが影響しているのかもしれませんが
#3312[2016/01/02 16:15]  blackout  URL 

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> この世に善人はひとりもいない。
> それが誰の立場から見たものなのかで展開が大きく変わるような気がします。

さて「この世に善人はいない」とは、誰の立場から捉えたものなのでしょうか?
或いは、人の概念を超越した言葉かも知れませんね。後の展開をお楽しみに^^
#3313[2016/01/02 18:14]  sado jo  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 自分の見立てが正しければ、これはなかなかのエグい展開になると思いました(汗)
> でも、読んでしまうと思いますw
> >「この世には、善人なんてただの一人もいやしないよ」ええ、そう思います

エグい展開…のストーリーになるかも知れませんね(笑)
夢枕に立った亡き妻の夢を、ハリウッド映画風にアレンジしてみました♪
映画化ご希望なら、ユニバーサルでも20世紀FOXでも版権をお譲りしますよ~
若い頃お世話になった映画界への、せめてものご恩返し…鶴の恩返しか?(笑)
#3314[2016/01/02 18:21]  sado jo  URL 

罠にかかってしまった少女を助けましたが、
この後はどうなるのでしょうか(´・ω・`)
しきりに医者に診られるのを嫌がっているのは理由がありそうですね~。
#3315[2016/01/02 21:55]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 罠にかかってしまった少女を助けましたが、
> この後はどうなるのでしょうか(´・ω・`)
> しきりに医者に診られるのを嫌がっているのは理由がありそうですね~。

のっけから奇妙な展開になってますね~♪
コヨーテの罠に女の子が掛かってたり、その子に尻尾が付いてたり?謎だらけ(笑)
女の子が医者を嫌がるのは、尻尾の他に何か理由がありそうですね^^
#3316[2016/01/03 00:17]  sado jo  URL 

こんばんは^^

sado joさん始まりましたね~♪

始まりからグイグイ来る感じ
思わず引き込まれました!
我慢強い子って、心に傷を負った場合が多い。

我慢できるから心も体も痛くない……のとは違いますものね。
尻尾の事、祖父との関係。
いろいろ気になる事がたくさん。
次が早く読みたくなるなぁ~(笑)

#3317[2016/01/03 02:47]  ミノリ  URL  [Edit]

Re: ミノリ様COありがとうございます^^

> 始まりからグイグイ来る感じ 思わず引き込まれました!
> 我慢強い子って、心に傷を負った場合が多い。

ハリウッド映画風に小説をアレンジましたからね♪
尻尾の事と言い、少女は何か心に深い傷を負っているのかも知れません。
物語は、割と速い展開で進みます。次回をお楽しみ下さい^^
#3318[2016/01/03 09:50]  sado jo  URL 

こんばんは~♪
これからの展開がまったく想像がつきません(^^ゞ
ただ、「この世には善人はいない」というのは宗教的なものの考え方からくるのではないかと思います。
全ての人間は生まれたときは何の色にも染まっていないのですからね。
持って生まれた宿命と運命が同一でないように、ものの見方はいろいろあると思います(^_-)-☆
#3319[2016/01/03 19:10]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> これからの展開がまったく想像がつきません(^^ゞ
> ただ、「この世には善人はいない」というのは宗教的なものの考え方からくるのではないかと思います。

さぁ、どんな展開になりますでしょうか?かなりテンポよく進むと思います。
宗教的な観念や、論理的観念は抜きにして、ひとまず小説として読んで下さい^^
私が書く小説ですから、最期に思わぬドンデン返しがあるはずです♪
#3321[2016/01/04 00:52]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←クロニクル ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (2)    →新年の挨拶にならない御挨拶(笑)