シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼地球年代記 ~カルマ~」
地球年代記 ~カルマ~ 小説本編

地球年代記 ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (3)

結婚式

 母は、寄宿舎での生活にもすっかり馴れて、ハイスクールに通う頃になるとボーイフレンドもできた。
 一人前に、男の子とのセックスも覚えた。母は、自分はちゃんとした女に成長したのだと思った。
 ところがある日、そのボーイフレンドがおかしな事を言い出した。
 幼い頃、トイレに行く途中にリビングをのぞいたら、両親が立ったままキスをしていたそうだ。
 何をしているのかな?と思って目を凝らしてみると、何と両親には尻尾がなかった…と言う。
 てっきり寝ぼけていたんだろう…人間にはみんな尻尾があるに決まっている。夢でも見たんだろうと思った。
 
 大学生になってから、一人の男と出会って恋に落ちた。彼の事が好きで好きでたまらなくなった。
 彼も母を深く愛していたので、二人は思い切って在学中に結婚式を挙げた。とても幸せだった。
 母は大学を卒業するのが待ち遠しかった。卒業したら赤ちゃんが作れるのだ…そう思った。
 無事に大学を卒業した彼は町の一流企業に就職し、夫婦には町から住む家が与えられた。
 そうして、母はついに妊娠し、待ちに待った赤ん坊が産まれた。それが私…ルーシーだ。
 ただ、少し未熟児だったらしく、産まれるとすぐに看護師さんが保育室に連れて行ってしまった。
 歩けるようになった母は、父と二人で保育器に入れられていた私を見に行ったそうだ。
 未熟児とは思えないほど元気な女の子で、ちゃんと小っちゃな尻尾も生えていた。嬉しかったそうだ。

 無事に子供も産まれて、幸せな結婚生活を送っていたある日の事、電話に出た母は思わず倒れそうになった。
 父が突然会社で倒れて、病院に運ばれたがそのまま息を引き取った…と言う知らせだったそうだ。
 その日の朝「今日は会社の健康診断があるから朝食はいらない」と言って元気に家を出て行ったはずだ。
 どこも身体の調子が悪そうには見えなかったのになぜ?…母は目の前が真っ暗になった。
 病院の遺体安置所で見た父の遺体には、死因を突き止めるためなのか?解剖された跡があった。
 医者からは、心臓発作による急死だと告げられたそうだ。母は幼い私を抱えて途方に暮れた。
 父の葬式を出して家に帰ると、悲しみがどっとあふれ出して来て母は泣いた。
 そこへ、隣の未亡人がやって来て、お悔やみを言って慰めながらこう言った。
「気の毒にねぇ…でも生活の心配はしなくていいわよ。グロウレイクタウンはちゃんと福祉が整っているからね」
「私も夫を亡くしたけど、町が遺族年金と養育費をちゃんと出してくれたから、安心して子供を育てられたわ」

 隣の未亡人の言った通り、すぐに町から給付金が下りて来て、それまでと何一つ変らない生活が続けられた。
 けれど寂しかった…あんなに愛していた父がいなくなって、母は心にポッカリ穴が空いたように思った。
 何とか夫のいない寂しさを紛らわそうと、母は幼い私を託児所に預けて、町のスーパーで働く事にした。
 そこで母は、町の外からスーパーの商品を卸しに来ていた一人の男と親しくなった。
 若くてハンサムな男で、何となく不良っぽくて口は穢かったが、それがまたカッコよく見えた。
 そんなある日、母は男から「町の外に出てみないか?」と誘われた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援・コメントに感謝します
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←地球年代記 ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (4)    →地球年代記 ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (2)

~ Comment ~


こんばんは~♪
なるほど少し「嘆きのクローン」という題名がわかりかけてきました(^_-)-☆
#3339[2016/01/06 17:50]  まり姫  URL  [Edit]

尻尾が生えている、クローンの証拠なのでしょうか。
#3340[2016/01/06 19:36]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> なるほど少し「嘆きのクローン」という題名がわかりかけてきました(^_-)-☆

次第に、尻尾の生えた少女「ルーシー」の生い立ちが明らかになって来ましたね~
さて、風光明媚なセレブの町「グロウレイクタウン」にはどんな秘密があるのか?
次回をお楽しみ下さい。物語は段々盛り上がって行きますよ~♪
#3341[2016/01/06 20:06]  sado jo  URL 

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 尻尾が生えている、クローンの証拠なのでしょうか。

もしかしたら、誰かが目印の為に付けたのかも知れませんね~?
でなければ、普通人間には尻尾は生えません…でも、何の為に?
続きを楽しみにお待ち下さい^^
#3342[2016/01/06 20:09]  sado jo  URL 

フライングかもしれませんが(汗)

個人的に気になるのは、この尻尾の生えた人間(クローン?というより遺伝子組換えによって作り出された?)が、なにゆえ作り出されたのか?

ですね

自分は、小説では、あの人為的に分けられた双子は、「崇高なる欲望の産物」にしてしまいましたが(汗)

で、「想いは残るのか?」ってことで、ここ最近の小説ができたわけですが
#3343[2016/01/06 20:11]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 自分は、小説では、あの人為的に分けられた双子は、「崇高なる欲望の産物」にしてしまいましたが(汗)
> で、「想いは残るのか?」ってことで、ここ最近の小説ができたわけですが

はて?人間が遺伝子操作をやるのは「崇高なる欲望の産物」なのでしょうか?
もしかすると、その人間の仕業こそが「堕落した欲望の産物」になるのかも?
した方より、された側の方に「想いは残るのか?」も知れませんね^^
#3344[2016/01/06 20:18]  sado jo  URL 

人間にはみんな尻尾があると思っているのが気になりますね。
自分達の本当の正体は分からないだけなのか、
それとも、そう刷り込まれた結果なのか、どうなのでしょうね(・ω・)
#3345[2016/01/06 20:30]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 人間にはみんな尻尾があると思っているのが気になりますね。
> 自分達の本当の正体は分からないだけなのか、
> それとも、そう刷り込まれた結果なのか、どうなのでしょうね(・ω・)

自分の正体を知らないのか?誰かがそう教え込んでいるのか?
何の為にそうしているのか?…事実は次第に明らかになっていきます。
次回を楽しみにお待ち下さい♪
#3346[2016/01/06 21:08]  sado jo  URL 

こんばんは🎶

へぇっ!そうでしたか?
別世界の話かと思っていました。
皆さまのコメントが大きなヒントになります(≧◇≦)。

#3347[2016/01/06 23:28]  kanmo  URL  [Edit]

Re: kanmo様COありがとうございます^^

> 別世界の話かと思っていました。
> 皆さまのコメントが大きなヒントになります(≧◇≦)。

そうでしたか…「クローンの嘆き」は、現代の世界で起きているお話です^^
と言うより、どこかの国ではすでに現実となっているかも知れませんよ(笑)
#3348[2016/01/07 00:46]  sado jo  URL 

こんにちは♪

思わず、時を忘れて読んで。。。。
と、言うかドラマの続きを見に来て~が近いかな^^
え?とかそうなの!とハラハラして読み進めました♪

尻尾とクローンと新しい彼と別の町……
他の方のコメントではみなさん
わかられてる感じですが、ミノリはまだヨメナイ。
どうなるんだろう~~~。~~~。
#3349[2016/01/07 07:20]  ミノリ  URL  [Edit]

Re: ミノリ様COありがとうございます^^

> 思わず、時を忘れて読んで。。。。
> と、言うかドラマの続きを見に来て~が近いかな^^
> え?とかそうなの!とハラハラして読み進めました♪

荒唐無稽な謎だらけのお話に見えますが、ちゃんとウラを取った現代物ですよ^^
現実に遺伝子操作技術はその水準ですし、SFではなく、すでにどこかの国で、ヒトクローンの実験が密かに行われている可能性もあります。
何の目的でヒトクローンを作ろうとするのか?…ですよね。
#3350[2016/01/07 11:18]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←地球年代記 ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (4)    →地球年代記 ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (2)