シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼クロニクル ~カルマ~」
クロニクル ~カルマ~ 小説本編

クロニクル ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (5)

テロリスト

 彼らは何も知らずに成長し、やがて大人になって、セレブや要人たちに臓器を提供するドナーになる運命なのだ。
 従って、クローンの健康状態は頻繁にチェックされ、彼らがいる町には健康を害する飲み物や食品は一切置いてない。
 そして、代理の母親が産んだクローンにはただちに尻尾が移植される。それは、人間が牛に焼印を押すのと同じ理屈だ。
 クローンの尻尾は、色や模様で持ち主を表し、同時に人間とクローンとを識別する…つまり彼らは誰かの持ち物なのだ。
 クローンを育てる代理の親も尻尾を着けているが、それは子供に怪しまれないための取り外し式のイミテーションだ。
 けれども、クローンの尻尾は本物で、ちゃんと神経も通っている。だから彼らは人間には尻尾があると思い込んでいる。
 そうして、親や学校の教師が教える通りに、外にはテロリストがたくさんいるから、町の外に出たら危険だと信じている。
 稀に好奇心から町を出ようとするクローンは、警官に射殺される…だが、彼らはそれをテロリストの仕業だと思い込む。
 セレブや要人が、自分たちの欲望から生み出した町…医学を利用して人の形をした家畜を飼育するための臓器牧場。
 母は、グロウレイクタウンでセレブや要人たちに臓器を提供するために飼育されていた人間型の家畜だった。
 私の母には、産まれた時からすでに人間としての権利などはなかったのだった。

 男から我が身の真実を聞かされた母は、ショックの余り気を失いそうになった。
 そこへ警官隊が踏み込んで来て、男は逮捕され、母はグロウレイクタウンに連れ戻される事になった。
 町に連れ戻された母は、執拗に身体を検査され、町の外で食べたり飲んだりした毒物を排出する治療を受けた。
 それが済むと、幼かった私と母は一緒にグロウレイクタウンの町の矯正施設に入れられ、そこで生活する事になった。
 部屋が与えられ、広い施設の敷地を散歩するのは自由だったが、施設の外へは一歩も出してもらえなかった。
 それでも、監禁されている事を除けば、生活必需品や食料はすべて無償で提供され、生活そのものは快適だった。
 その施設で母は、何年も掛けて私を育ててくれた。学校に行く権利の無い私に、読み書きや算数まで教えてくれた。
 人間ではないクローンの子には学校に通う権利はない。それならば、何のために私は生まれて来たのだろうか?
 その意味が分かったのは、それからしばらく経ってからの事だった。

 ある日、白衣を着た数人の男たちがやって来て、母に何かを告げて連れて行こうとした。
 母が嫌がって抵抗しようとすると、一人の男が私の側にやって来て、いきなり私の首を掴んだ。
 抵抗していた母はそれを見て大人しくなった。そして、男たちに言われるままに服を着て黙って部屋を出て行った。
 その時私は、臓器を提供するクローンドナーの人質になるために生まれて来たと言う事を初めて知った。
 人間が臓器を取るための家畜として飼育するクローンに子供を産ませるのは、そう言う理由からだったのだ。

 男たちに連れられて部屋を出て行った母は、随分長い間帰って来なかった。
 ようやく帰って来た時は、母は歩くのも辛そうなくらいげっそりやつれていた。
 お風呂の中で見た母の背中の腰の辺りには、大きな手術の痕があった。
 後になってから、母がどこかのセレブの身体に移植するために、肝臓を摘出された事を知った。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援・コメントに感謝します
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←クロニクル ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (6)    →クロニクル ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (4)

~ Comment ~


それにしてもいくら自分のためとはいえ
セレブ自身のクローンが家畜のように扱われてるのがなんとも皮肉ですね。
セレブ自身はそれでも家畜としか思っていないのか、少し気になります(笑)。
#3361[2016/01/10 08:47]  西條すみれ  URL 

こんにちは!

臓器牧場。
この単語は想像していたにしても
酷く胸に突き刺ささる言葉ですね。でもそれを作ったのも人間。

尻尾の取り外せる親の意味が、そういう事だったのね。
そうして、お母さんも代理とはいえ
愛が生まれているはずだから、
女の子に手をかけられれば、抵抗を辞めて連れられ
言いなりになりますものね。
とても酷いようで、リアルでもありえそうです、この町自体が……
#3362[2016/01/10 10:20]  ミノリ  URL  [Edit]

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> それにしてもいくら自分のためとはいえ
> セレブ自身のクローンが家畜のように扱われてるのがなんとも皮肉ですね。

一応、自分の分身ですからね~…でも、臓器を取るまでは大事にされますよ(笑)
むしろ金持ちに限らず、金があれば何でも出来ると錯覚している人間の思い上がり
その事の方がはるかに恐ろしいのではないでしょうか?
#3363[2016/01/10 11:19]  sado jo  URL 

Re: ミノリ様COありがとうございます^^

> 臓器牧場。この単語は想像していたにしても
> 酷く胸に突き刺ささる言葉ですね。でもそれを作ったのも人間。
> とても酷いようで、リアルでもありえそうです、この町自体が……

臓器牧場…ついに人間の思い上がりもここまで来たか?って感じですね。
尻尾の生えた少女、ルーシーの母はクローンですので、実の母になると思います。
人間は欲望の為ならどんな酷い事でもします…もう、どこかの国でやってるのでは?
#3364[2016/01/10 11:28]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
ここまでくると悍ましさを覚えますね。
まあ、豚や羊、猿などのクローンをつくったり、遺伝子の組み換えで人間の体の一部を細胞から作り出すのも自然の摂理に逆らうものですが・・・・^^

sado joさんがお気に入りのドヴォルザークはチェコではスメタナと比較するとかなり下です。
スメタナは民族意識が強く、民主革命に大きな希望を持っていたこともあり、現代でもプラハ市民が真っ先に演奏会で聞きたがるのが「わが祖国」です(笑)
理由はドヴォルザークが名声を得たのは米国だったということですね(笑)
ご希望の交響曲第九番は何楽章がいいでしょうか?
一般的には第二楽章が第四楽章がよく知られています(^_-)-☆
#3365[2016/01/10 16:37]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> こんにちは~♪
> ここまでくると悍ましさを覚えますね。
> まあ、豚や羊、猿などのクローンをつくったり、遺伝子の組み換えで人間の体の一部を細胞から作り出すのも自然の摂理に逆らうものですが・・・・^^

悍ましさ…と言うより、自分もそんな醜い人間の一人である事に吐き気すら覚えますね。
「お前らは、他者の命を奪ってまで長生きしたいか?」って、自分も牛や豚の命を奪って生きてるので、セレブの事は言えないかも…自分も痛い人間です(笑)
ドヴォルザークは、やはりアニメのテーマ曲にもなった第二楽章がいいですね^^
#3366[2016/01/10 18:25]  sado jo  URL 

ルーシー、て名前、見た時から、思ってました。

実験とか、科学的なことで、使われているのかな?、て。

でも、違うかも、知れないし、とか思ってましたけど・・・

ルーシーの、お母さん、どうなるのでしょう?

酷いこと、ならないと・・・、良いのですけど。

かしこ
#3367[2016/01/10 20:53]  みかんゼリー  URL 

Re: みかんゼリー様COありがとうございます^^

> ルーシー、て名前、見た時から、思ってました。
> 実験とか、科学的なことで、使われているのかな?、て。
> ルーシーの、お母さん、どうなるのでしょう?
> 酷いこと、ならないと・・・、良いのですけど。

よく気が付かれましたね…確かにルーシーはエクスペリメンツに使われる女の子の記号です。
作者は意識して「ルーシー」と言う名を使いました。なので、お話は人体実験が絡んでます。
セレブに移植する為に腎臓を摘出されたルーシーの母…どうなるのでしょうね?
物語は次第にクライマックスへと入っていきますよ♪
#3368[2016/01/10 21:26]  sado jo  URL 

子供を人質にされたら、抵抗も出来ませんしね。
確かにクローンで作れたとはいえ、
別に心がない物という訳でもないですしね(-ω-)
#3370[2016/01/10 22:05]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 子供を人質にされたら、抵抗も出来ませんしね。
> 確かにクローンで作れたとはいえ、
> 別に心がない物という訳でもないですしね(-ω-)

人間の細胞から作られたクローンとは言え、人の心は持っています。
人間と同じ様に恋人を愛し、夫や家族を愛し、もちろん子供を愛します。
それを知って子供を産ませて人質に取る人間は、何と卑怯な生き物か!
人は欲望の為なら、どんな穢い事でも出来る邪悪な存在なんですよね><
#3372[2016/01/11 01:28]  sado jo  URL 

権利を奪われた人生の哀れを感じます。
夢も希望もないですね。
#3373[2016/01/11 13:09]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 権利を奪われた人生の哀れを感じます。
> 夢も希望もないですね。

国家や企業組織などの人間集団が倫理を無視するとこう言う悲劇が起きます。
現に人権を無視した「不当逮捕」「拷問」「処刑」などを平然とやってます。
ちなみに、クローンは人なのか?家畜なのか?その倫理規定は現在ありません。
#3374[2016/01/11 13:28]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←クロニクル ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (6)    →クロニクル ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (4)