シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

アニメ /コミック

アニメ 「ゲート ~自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり~」に見る矛盾

自衛隊01

未だに55年体制を引きずる人がいて、とうとう憲法改定論議にまで発展してしまったのは困ったものだと思います。
「憲法第九条を変えて、自衛隊を国防軍に昇格させるべき」と言う人もいれば、「憲法第九条は守るべき」と言う人もいる。
日本人は結論を先に出す帰納法を好むから、敢て結論を先に出しておこう。憲法第九条を変える理由はどこにも見当たらない。
なぜなら、自衛隊は俗に言う「自警団」に相当する組織であり、憲法第九条には背反してないからだ。その根拠を述べよう。
さて、日本国憲法にはこう規定されています。

日本国憲法 第二章 戦争の放棄 第九条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
第二項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

多くの民族が争い合い、群れを成した盗賊や山賊が出没する大陸の町や村では、地域を守る為の自衛組織が結成されていた。
槍手、弓手、騎馬手などの装備を見る限りは、一見、軍隊と見違えるが、これは軍隊では無く自衛を専門にした自警団だった。
農民、大工などの工人、商人を集めて軍事訓練を施し、町や村を守る為に結成された防衛組織であり、自衛隊もこれに相当する。
ただ、近代になって武器が高度化し、戦術や戦法が複雑化したので、それに伴って自警団が専門家集団になっただけの事である。
だから、陸海空軍では無く自衛隊と呼ばれる。他国を威嚇せず、海外で武力行使をしなければ、憲法第九条には全然背反しない。
実際、中世の自警団も侵入者を追っ払うだけで、相手の根拠地に攻め入る事は無く、他の町や村の紛争に介入する事も無かった。
従って、自衛隊が他国の紛争に介入せず、外征して、他国で武力による威嚇や武力の行使を行わなければ、自警団の範疇に入る。
この概念を、戦後の政治家達が国民に…ひいては諸外国にキチンと説明していないから、軍隊だと混同されてしまうのである。
アメリカ軍…と言う様に米国のは軍隊である。国際法で定められた領域で、米軍と行動を共にする事は憲法違反には当たらない。
しかし、米軍との訓練や、国連の依頼によるPKO活動を除いて、日本国の領域外で活動すると軍となり、憲法に違反する事になる。
現在の自衛隊は、自警団の概念をちゃんと守っており…むしろよくやっている。なので、憲法第九条を変更する必要は全然無い。
そもそも、自衛隊は「朝鮮戦争」に伴い、日本を警備していた米軍が出払った事から、それを補う存在として発足した経緯がある。
で、あるならば自衛隊は、発足時から日本の治安維持と、外部からの侵略を防ぐ為に設けられた自警団組織と見なす事が出来る。

敗戦からしばらくの間、日本各地の村々には自警団があった。田畑を荒らしたり、貧しさから作物を盗む者が多かったからだった。
戦争から復員してきた多くの若者が、村の青年団としてその役割を担っていた。私の父も復員してから村の自警団に入っていた。
昼夜交代で見回りをし、大雨が降ると堤が決壊しない様に土嚢を積み、火事が起きると手押しポンプを持ち出して消火活動をする。
自警団の仕事って大変なんだなぁ…と子供心に思ったものだ。そんな活動を村では無く、国単位でやっているのが自衛隊である。
侵入者を防ぐ為に日本周辺をパトロールし、災害が起きれば救助活動をし、原子力発電所が炎上すれば消火活動を行ったりする。
自警団とは、元来、町や村の人々が住む地域の安全を守る為の組織であり、外征して戦争を行う為に作られた組織ではありません。
つまり、自衛隊とは軍隊では無く、日本国民の「自警団」なのです。そう考えて自衛隊を見てやっていただきたいと思います。
(こんな事を言うと、どこかの姫様に噛み付かれそうだなぁ~(笑)…でも、それが自衛隊の本来の意義であり目的なのです)
むしろ、自衛隊よりも、憲法の概念を曲げて、外征させようと図る一部の政治家の方が、遥かに危険な存在となっています。

<「ゲート ~自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり~」 は、正確には憲法違反>
TOKYO MX系テレビで放映されているアニメは、まずタイトル「自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」自体が憲法違反となります。
自衛隊は、この地以外の彼の地にて戦う事は禁じられています(笑)あのアニメを現実の自衛隊と勘違いしない様にお願いしたい。
憲法で許される武力行使は、アルヌスの門前で侵入者を防ぐだけに限られて、帝国の国内での武力行使は容認されないのです。


あり得ない自衛隊の敵地空爆 (これは憲法違反になる)
こんな事をしたら、指揮官は懲戒免職となり、政府内閣は総辞職する事になるでしょう。


地域住民に災害を齎した「炎龍」への武力行使
この場合は「災害救助支援活動」の一環と見なされるので、合憲となります。

解りますか?…つまり、同じ武力行使でも、元老院への爆撃は他国の主権を侵害する戦争行為となるので、アウト!
炎龍退治の方は、地域住民を救助する為のもので、戦争行為には該当せず、セーフ…と言うよりホームランかな?(笑)

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 


<陰で支えてくれる人を大切に>
長い現役生活を続け「鉄人」と呼ばれた阪神タイガースの金本監督は、陰で自分を支えている人をとても大切にしたそうです。
芸能人にはマネージャーが、スポーツ選手にはトレーナーなどの裏方さんが付いています。だから彼らは活躍が出来るのです。
自衛官だけで無く、ともすれば嫌われがちな警察官などの裏方さんがいるから、国民は安心して仕事をし、生活が出来ています。
どんな大雨の日も、町の中をパトロールするお巡りさん、災害の時は、泥まみれになって懸命に被災者を救助する自衛隊員たち。
映画の裏方をしていた私は、陰の人の苦労や気持ちがよく分かります。俳優さんなどに気を使ってもらうと、とても嬉しかったので。
みなさんは、そんな裏方さんを大事にし、感謝してあげて欲しいと思います…ね、私は理解あるいい国民でしょ。安部総理(笑)
でも、裏方さんはあくまで陰の人であって、そんな裏方さんが表に出る様な国は、たいがい国民が不幸になっている国なのです。
裏方さんに感謝しつつも「憲法を変えて表に出す」のは止めていただきたいと思います。分かってらっしゃいますか?安部総理。
自衛隊には、いつまでも我々の自警団…日本の安全を支える裏方さんであって欲しいと願っています。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←喪失 ~失うと言う事~    →小さな凡人 (宮沢賢治風) ~再掲載~

~ Comment ~


(大)日本(帝国)を取り戻すのが公約だから我が軍なんて本音が出ちゃったんですよね。
強行採決も子供染みてますし、裏方さんも次々と不祥事を起こしていく(笑)。
SHINE発言の通り、国民の生活から苦しめているんだから
逆にその国民からSHINEと言われても仕方がない。
この国を土台から崩して、まるで非国民ですね。
#3857[2016/03/24 10:01]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> (大)日本(帝国)を取り戻すのが公約だから我が軍なんて本音が出ちゃったんですよね。
> 強行採決も子供染みてますし、裏方さんも次々と不祥事を起こしていく(笑)。

下積もせず、華やかな表舞台ばかりに立って来た人には、裏方の気持が分からない><
案の定、防大卒業生の(自衛官)任官拒否が続出してる。彼らは戦争が好きで防大に入ったんじゃ無い!自衛官は給料は安いが、福祉が整い、将来が保障されるから防大に入ったんです。
「軍は戦うのが仕事」なんて言うから不安になる。裏方の気持ちが全然分かって無い!
自衛隊は、軍では無く自警団…貴方は好んで戦って死にたいと思いますか?安部総理。
#3858[2016/03/24 13:06]  sado jo  URL 

自衛隊は憲法上違憲ですが、存在自体を否定できないものだと考えるのが正解でしょう。
憲法九条は武力をもつことそのものを禁じています。
従って攻撃型ステルス戦闘機や潜水艦、長距離弾道ミサイル(北朝鮮など比較にならない制度が高い)、オスプレイを配備することなどは明確な憲法違反です。
もうひとつ、国民を監視する陸上自衛隊の情報保全隊は明らかな憲法違反の組織ですよ。
こういうものをすべて廃棄し、災害救助等に専念させるならまだいいでしょうね。
治安維持は警察権力が十分果たしています(というよりやりすぎですが(*^^))

自衛隊に治安維持の任務を与えたら国民に銃口を向ける危険性が一気に高まります。
戦前の教訓から現代人は学ぶべきですね。

#3859[2016/03/24 17:38]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 自衛隊は憲法上違憲ですが、存在自体を否定できないものだと考えるのが正解でしょう。
> 憲法九条は武力をもつことそのものを禁じています。

そうおっしゃるだろうと思ってました。
が、外に山賊や盗賊になり兼ねない?がある以上、軍に代る自警団を持つ事は必要と思います。
武装に関しては、近隣のデカイ国々にそれ以上の武器があるので、それ相応の対応も有りかな。
が、敵視するのでは無く、それらが山賊や盗賊に化けない様、まず第一に外交努力が大事です。
じずれにしても、自衛隊が自警団の範疇を越えて、外に出たり内に向かない様、コントロールするのが文民政府の役目ですが…最近は政府自体が逆をやってる様な気がします(笑)
#3860[2016/03/24 18:47]  sado jo  URL 

国防軍に昇華させるのが正しいのか、現状のままでいいのか、
個々に思いはありますが、どれがいいのか決める議論自体があるのは良い事ですね。
状況も時代と共に変化していくのですから、
維持も変化も含めて考えていくべきですね。
#3861[2016/03/24 20:06]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 国防軍に昇華させるのが正しいのか、現状のままでいいのか、
> 個々に思いはありますが、どれがいいのか決める議論自体があるのは良い事ですね。

自衛隊が、海外の国際紛争などに介入出来る軍となった方がいいのか?
それとも、現在の自警団の体制を維持すべきか?…次の世代が決めたらよいと思います。
ただ海外での軍事行動は、日本にテロを呼び込み、敵対する国を作る危険性もあります。
まず先に、それに冷静に対応出来る国民性と、民主主義政治を確立しなければいけません。
カッ!となってやってしまった…などと言う言い訳は、国際社会では通用しませんから^^
#3862[2016/03/24 20:32]  sado jo  URL 

憲法、変えたい意味は、自衛のためで、ないですよね。
アメリカの、先兵で、諸外国へ、攻めるため、なのですから。

外に攻めることは、とても、危険なこと、なのに。
欧米に倣って、中東へ、攻めてしまったら・・・
民族の怨みは、何世代にも、引きずるのですから。

日本は、海洋国家なので、シーレーン防衛のための、戦力は、必要だと思いますけど。
あくまで、自衛のための戦力で、侵略するための戦力では、いけない、と思うのです。

かしこ
#3863[2016/03/25 01:02]  みかんゼリー  URL 

Re: みかんゼリー様COありがとうございます^^

> 憲法、変えたい意味は、自衛のためで、ないですよね。
> アメリカの、先兵で、諸外国へ、攻めるため、なのですから。
> 日本は、海洋国家なので、シーレーン防衛のための、戦力は、必要だと思いますけど。
> あくまで、自衛のための戦力で、侵略するための戦力では、いけない、と思うのです。

欧州連合(EU)は手伝ってるのに、日本は恩恵を受けながら手伝わない…と言う米国の圧力もあります。しかし、米国は世界を守ってるつもりでも、米国を敵視する国も多いのが事実です。
後で随筆を書きますが、日本はテロ対策も出来て無いし、どこかの国との衝突対策も無い…民間用のシェルターさえ無いでしょ。現状では、むやみに敵を作らない方が安全だと思いますね。
結局、最期に巻き込まれるのは、我々国民なのです。欧州のテロを見れば分かるでしょ^^
#3864[2016/03/25 01:26]  sado jo  URL 

少し厳しい事を言わせていただきます!

アメリカが、アラブの諸問題を日本に手伝わせようと図るのは、筋違いも甚だしいです。
なぜなら、アラブを植民地支配し、武力を行使してメチャメチャにしたのは当の米国です。
自分の不始末…尻拭いは自分でやるべきであり、他国の手を借りるのは筋違いです。
同様に日本は、中国・韓国などアジアの諸問題について、米国に助けを求めてはならない。
これらの諸問題の原因は、過去の日本の侵略行為にあり、自分の尻は自分で拭うべきです。
甘ったれて凭れ合い、最期は開き直る構図が世界を悪くしてる事を肝に銘じる必要がある。
日本人も、アメリカ人も甘ったれるなっ!分かったか!(怒)
#3865[2016/03/25 14:43]  sado jo  URL 

アホで間抜けな人間はマイケル・ムーアが言っているように好戦的なアメリカ人だけで十分です。
何も日本国民までアホで間抜けになる必要はありませんね。
仮に自衛隊が国民の生命財産を守るために存在している(国民を守るなんて大うそ、国民を監視しているのが実態)としても、何も米国の戦争にお付き合いする必要はゼロです。
憲法違反の安保法制まで採決を強行するような独裁者を国会から追放するのが私たち国民の責任でしょうね(*^^)
#3866[2016/03/25 18:11]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

アメリカが、敗れた日本人を保護してくれた事には感謝しています…本来「無条件降伏」なら、丸裸にされても仕方が無かったのだから。
だが、それと「米軍を援護しろ」と言うのは別問題…政府がミソもクソも一緒にして分別しないから、おかしな法を作ってしまうのです><
ISへの責任は、自ら種を蒔いた米国にある。アメリカ人が何人死のうが米国の手で解決すべき。
なのにヨーロッパ人に手伝わせ、テロの犠牲者を出す。やり方が間違ってるとは思いませんか?
甘ったれるなっ!自分が仕出かした事は、自分で責任を負え!…と私は思う。
#3867[2016/03/25 18:35]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←喪失 ~失うと言う事~    →小さな凡人 (宮沢賢治風) ~再掲載~