シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

郷 愁

郷愁


郷 愁

どこかに 古ぼけた帆船の見える港町

屋根には カモメがとまってて
部屋の中まで 潮の香りがする家

ずっと向こうに 外人屋敷が並んでて
どこかしら 外国のような雰囲気のある港町

石畳を敷いた裏通りと 長い坂道があって
上っていくと 通りの両側には遊郭がある

窓から顔を出した 厚化粧のお姉さんたちが
いかしたマドロスさんに 声を掛けている

石段を下りると 古ぼけた酒場があって
中からは 昔のブルースが聞こえてくる

何となく郷愁をそそる 雰囲気のある港町
見上げると 向こうに小高い丘のある港町

そんなところに 住んでみたいなぁ
と いつもあこがれていたのです

でも 郷愁に誘われて やって来た港町は
近代的なビルばかりが 立ち並んでいました



映画「夜霧のしのび逢い」よりLa Playa 歌:グラシェラ・スサーナ
港町には、やはり男と女の、はかなく切ない恋が似合いますよね ♪
港町の若い娼婦と、旅の青年の束の間の恋を描いた有名な映画「夜霧のしのび逢い」…名曲中の名曲です。

(▼)オマケにクロード・チアリの素晴らしいギターによる「夜霧のしのび逢い」(サウンドトラック版)を添付しました。

にほんブログ村 ポエムブログへ
クリックをお願いします
 




映画「夜霧のしのび逢い」サウンドトラック版 ギター:クロード・チアリ(彼は日本に帰化しました)

クロード・チアリのギター(シャンソン系)でお分かりの様に「夜霧のしのび逢い」は、フランス映画です。
1950年代後半~70年代はフランス映画の全盛期で、ヌーベルバーグを代表する優れた映画監督をたくさん輩出しました。
俳優もアラン・ドロンやジャン・ポール・ベルモンド、リノ・バンチュラ、ジャン・ルイ・トランティニアンなどの名優たち。
女優陣も、カトリーヌ・ドヌーヴとフランソワーズ・ドルレアックの美人女優姉妹、ブリジット・バルドーやジャンヌ・モロー、
フランソワーズ・アルヌール(漫画家の石の森章太郎は彼女の大ファンで、サイボーグ009の紅一点003は彼女がモデルです)
そして、忘れもしないジョアンナ・シムカス…彼女は美人の上に、儚さと、大和撫子を思わせる恥じらいがあって大好きでした。

ジョアンナ01 ジョアンナ02
(▲)ジョアンナは、最も美しい時に、当時の人気黒人俳優シドニー・ポワチェと結婚して、ファンの前から姿を消しました。
その後、芸能界には一切姿を現していません。「美しかったなぁ、まだ見ていたかった」と言う面影をファンに焼付けといて、
山口百恵と言い、ジョアンナ・シムカスと言い、男を惹き付けるだけ惹き付けて…いい女は憎い消え方をしますよね~(笑)

あの頃は、ハリウッド映画よりもフランス映画の方が魅力的で、大勢のアメリカ女優が海を渡ってフランス映画に出演しました。
様々な分野の映画が製作されましたが、やはり何と言っても、フランスの「恋愛映画」は最高だったな…と記憶に残っています。
もし出来るものなら、もう一度若返って、死ぬほど熱い恋をしてみたいなぁ…そうしたら、もう思い残す事はない(笑)

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←狼 或いは反逆者に捧ぐ詩    →バネ仕掛けのサイボーグ

~ Comment ~


古き良き建物や雰囲気がある街には、
どこか魅力を感じますね~。
時代と共に変化していってビルが立ち並ぶのも悲しいものですが、
人も場所も変化せずにはいられないものですしね(-ω-)
#3921[2016/04/02 22:17]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 古き良き建物や雰囲気がある街には、 どこか魅力を感じますね~。
> 時代と共に変化していってビルが立ち並ぶのも悲しいものですが、

まぁ、なりゆきで居着いてしまいましたが、少し寂しいですね。
その点、ヨーロッパは都市造りが上手いです。古典と現代が見事に融合してます。
日本人は古いものは捨てろ!主義ですが、もう少し大事にして欲しいと思います^^
#3922[2016/04/03 00:24]  sado jo  URL 

最近、ハリウッド映画より。
フランスとかの映画の方が、面白いな~、て思います。
引き込まれるのですよ、映画の中に。
見て、良かった~、て思えるのです。

多分、ハリウッド映画では、港町の、切ない恋愛映画なんて、撮れないでしょうね~
刺激がないのは、映画でない、て感じですもの。
映像の、派手さだけが、人の心を、刺激するのでないのに。

最近の、日本映画て、迷走しているような、気がします。
映像の、派手さを、求めていて。
心情を、細かく描くことを、疎かにしているような、気がするのです。
若い俳優さんは、怒りの表情だけ、上手で。
他の表情、上手くない人、多いですし。

かしこ
#3923[2016/04/03 01:06]  みかんゼリー  URL 

Re: みかんゼリー様COありがとうございます^^

> フランスとかの映画の方が、面白いな~、て思います。
> 引き込まれるのですよ、映画の中に。見て、良かった~、て思えるのです。
> ハリウッド映画では、港町の、切ない恋愛映画なんて、撮れないでしょうね~
> 刺激がないのは、映画でない、て感じですもの。

あぁ、ありますね~フランス映画には…演技とは思えない恋する女の切ない潤んだ表情^^
つい、のめり込みます…男って、女性のそんな顔を見たくて恋をする部分もあります(笑)
日本映画はハリウッドの真似をしてはいけないと思います。CGやSFXばかりに頼っては。
って…元特撮マンが言うのも変ですが、やっぱり人間の情念を描いて欲しいですね^^
#3924[2016/04/03 02:01]  sado jo  URL 

こんばんは♪

古き良き時代と言うレトロ感は
とっても好きで、看板などを見かけると欲しくなります(笑)

昭和初期なんて生きていないのに
何故だか懐かしく感じるのは
もしかして、私は1度死んで生まれ変わってきたのかしら。

男性は若返らなくても何歳でも
素敵に恋が出来ると思います。
女性は、やはり年齢は左右しますし(笑)
熱い恋か・・・
あまりの熱さで溶けて無くなるならしてみたいかな(笑)

#3925[2016/04/03 02:23]  ミノリ  URL  [Edit]

Re: ミノリ様COありがとうございます^^

> 古き良き時代と言うレトロ感は
> とっても好きで、看板などを見かけると欲しくなります(笑)
> 昭和初期なんて生きていないのに
> 熱い恋か・・・あまりの熱さで溶けて無くなるならしてみたいかな(笑)

人は母の胎内にいた時を覚えてませんが、暖かさや安堵感は無意識下に残っています。
日本の美しい風景や、伝統文化に触れて心地良さを感じるのは、集団無意識の為せる技です。
恋をしたい…と思うのも異性への憧れに突き動かされる本能的無意識からなんでしょうね^^
えぇ、好きな女性の中で溶けて無くなれたら嬉しいかな…寧ろそれを望んでいるのかも(笑)
#3926[2016/04/03 12:52]  sado jo  URL 

港には、様々なドラマを想像させるものありますよね。
駅もそうですが、映画の舞台になりやすいですね。
#3927[2016/04/03 14:26]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 港には、様々なドラマを想像させるものありますよね。
> 駅もそうですが、映画の舞台になりやすいですね。

今住んでる港町は、特に震災後、風情が失われてしまいましたね~><
昔のメリケン波止場は、淡谷のり子の歌になるほど風情があって良かったなぁ。
日本人は、政治でも何でも拙速に急ぎすぎです…ヨーロッパの街造りを見習って欲しい。
これじゃ、恋愛映画のロケも出来ない…元映画人として哀しいです(嘆)
#3928[2016/04/03 14:38]  sado jo  URL 

こんばんは!

今日の sado jo さんのお部屋は
ペーソス漂う雰囲気ですね。
ヘッドホンで聴くクロード・チアリさんの
「夜霧のしのび逢い」は
時の流れの切なさを感じさせられます(^^♪

 
#3929[2016/04/03 23:30]  夏子  URL  [Edit]

Re: 夏子様COありがとうございます^^

> ヘッドホンで聴くクロード・チアリさんの「夜霧のしのび逢い」は
> 時の流れの切なさを感じさせられます(^^♪

いいでしょ ♪…「夜霧のしのび逢い」彼はこの曲で一躍有名人になりました。
ロマンチックな香りのするメロディが素敵です…映画も切なくて甘い良い映画でしたね^^  
#3930[2016/04/04 00:10]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←狼 或いは反逆者に捧ぐ詩    →バネ仕掛けのサイボーグ