シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

悠久の時の流れの中で

悠久

悠久の時の流れの中で

実家の家の前に 一つの丘がある
今では果実を育む その丘の上には
たくさんの人々が 住んでいたという
何千年もの 大昔の話だけれど

子供だった頃 その丘の上で遊びながら
矢じりや 壷や 大昔の人の形見が入った
石棺が 発掘される光景を 眺めていた
そうして 子供心に 遠い昔の出来事を
あれこれと 空想したものだった

今では 果樹園となった丘には
もう 太古の集落は 影も形もない
かっては 彼方の大陸から 流れてきて
丘の下の 岸辺を洗っていた 海もない

けれども 悠久の時の流れの中の
過去と未来を結ぶ 一点に立つ時
丘の上にいる 太古の先人たちの姿が見える
火を囲む先人たちの 暮らしが見えてくる

弓を引いて 獣を射止めた 先人たち
浜辺で 巻貝を拾っていた 先人たち
楽しい婚礼の宴や 哀しき葬送の列
彼らの 喜びや哀しみが 伝わってくる
幾世月の時を経て 私の心に甦ってくる

今は 遥か彼方になった海に 陽が沈む

太古の先人たちも 遠い海の向こうに沈む陽を
私のように 畏敬の念を持って 眺めただろう
そして そこに悠久の時の 偉大さを感じて
眼前に横たわる 果てしない永遠を見ただろう
自分たち人間の 小ささを感じた事だろう
それは 時を経た今も まったく変わらない

すっかり日も暮れて 丘を下る私の横で
犬が一匹 けたたましく吼えていた


とっても好きな詩があります。ライトノベル作家の三雲岳斗氏が書いた小説「ダンタリアンの書架」の挿入詩。
~月は静かに語る 誰にも聴こえぬ声で 繰り返す潮の満ち引き 消えゆく記憶の情景 星は密かに記す 誰にも解らぬ文字で~
この詩を、Yuccaさんが美しい名曲に乗せて、何とラテン語で歌ってくれます。勿論、和訳の詩の朗読もあります^^



“ダンタリアンの書架”より「まだ見ぬ明日へ」 歌:ユッカ(Yucca)

今、世界中で「俺の手で世界を変えてやる!」と息巻いている人たちがいます。はて、人の手で何が出来るのだろうか?
人は悠久の時の中で、ひと時を間借りする借家人であり、幾ら足掻こうが、土の中に虚しく朽ち果てる小さな虫に過ぎない。
時の流れに抗って「俺の世を作る」と意気込んで闘った者も数多いたが、屍を積み重ねただけで、誰一人勝った者はいない。
ま、やってみてご覧なさい…時の大河の中で、もがいて溺れ死に、やがては消えていくのを眺めといてあげますよ(笑)


にほんブログ村 ポエムブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(11)    →未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(10)

~ Comment ~


「俺の手で世界を変えてやる!」と息巻いても理想と現実は異なりますよね。
特に朽ちたはずの帝国から来たどこぞの国の首相を見てるとそう思います。
彼は彼なりにこの国を変えようとなんちゃらノミクスやら集団的自衛権やら
いろいろ考えてきましたが、はて、結果的に良くなったのでしょうか。
あ、その前に「変えてやる」と言っても「良くしてやる」とは言ってませんね(笑)。
#4257[2016/05/22 10:55]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

「トランプ」「プーチン」「習」…事によれば「安部」の本質を民衆は見抜いて欲しいです。
「世の中の事は男に任せて、女は黙って台所に居ろ!」…みんな男尊女卑思想の男達です。
男性支配の「古き良き時代」を取り戻し、女を男の奴隷にして君臨する、男の願望がチラホラ出てる…だから「俺は強い!」と武力を振り翳して民衆の歓心を買っている。本質は野蛮人です!
彼らと支持者を『進撃の巨人』の餌にした方が、世の中は「変る」し、ずっと「良くなる」(笑)
#4258[2016/05/22 13:16]  sado jo  URL 

人も時代も変わっても、
そこから見える夕陽は変わりませんね。
変わっていないものがあるというのもまたいいものですね^^
#4259[2016/05/22 19:57]  ツバサ  URL 

こんばんは~♪
人類は歴史から学ばなくなると破滅の道をましぐらに転げ落ちるでしょうねー。
太古の昔から独裁者は必ず滅びました。
おバカな安倍君、何をとち狂ったのか「私が立法府の長だ」っていきがってます。
日本国民としてはホントに恥しいことですが、憲法の三権分立もご存じないとはねー
小学生でも知っているでしょう(〃^∇^)o_彡☆アホラシイ
#4260[2016/05/22 20:02]  まり姫  URL  [Edit]

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 人も時代も変わっても、そこから見える夕陽は変わりませんね。
> 変わっていないものがあるというのもまたいいものですね^^

どんなに人が変っても、時代が変っても、日は昇り、又沈む…時は永遠に刻まれ続けます。
例え自分が地上から消えても…そう思うと人は儚いものです。だから僅かな生は愛おしい。
人は愚かですね~…つまらん事に拘って争い合ってる内に、時はどんどん過ぎて行く(笑)
#4261[2016/05/22 20:16]  sado jo  URL 

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 人類は歴史から学ばなくなると破滅の道をましぐらに転げ落ちるでしょうねー。
> 太古の昔から独裁者は必ず滅びました。
> おバカな安倍君、何をとち狂ったのか「私が立法府の長だ」っていきがってます。

「立法府」などと言うのはその時代だけのものです。千年前にそんなものは無かった(笑)
太古より数多の国が滅び、民族が滅んだ…小さな小島の虫ケラが威張った所でしれている。
安部晋三がいなくなっても、日本人はちゃんと生きてるし、地球は回り続けるでしょう。
その前に、強引に憲法を改定し、無茶して武力行使をしなければ…の話ですが(笑)
#4262[2016/05/22 20:29]  sado jo  URL 

こんばんわ
時間が流れても夕焼けの美しさは変わらないと思います。
#4263[2016/05/22 23:03]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 時間が流れても夕焼けの美しさは変わらないと思います。

そうですね…何千年もの昔、古代縄文人が見た夕焼けと今の夕焼けは同じです^^
多分、古代縄文人も私も、沈む太陽に悠久の時を感じたのも同じだと思います。
#4264[2016/05/23 00:11]  sado jo  URL 

>「俺の手で世界を変えてやる!」と息巻いている人たちがいます

変えなければならないことを知っているからです。
見えない振りを、聞こえないふりをしていた3番目の猿の声を聞いてしまったのだと思います。
「責任は果たしたのか?」と。

人は自分の知らないものを信じることができない。
そしてこ世界には二種類の人がいる。
世界は変えられることを知っている人間。
世界が変わることを知らない人間。
この差は簡単のところからきている。
世界を変えて見せた人間を見たことがあるか。
その一点のみ。

俺は知っています。
才能、素質が閉ざした扉を無理やりこじ開けた人間を。
部活を質の悪い筋トレと言い切り、何も見えてないからあれが努力だと思うんだ、と。
意味のないことをいくらしてもそれは努力とは言わない、見るべき場所を間違えるな、と。

だからただ動くことを努力と勘違いし、その結果から世界は変わらないという連中は許容できません。

そして、いま世界を変えようとしている連中はきっと見せたいのだと思います。
世界は変えられる、と。
でないと、自分がいなくなった後、世界を変える人間がいなくなってしまうから。
世界を変えるのは誰かではなく自分自身なのだ、と。
その時になったとき世界を変えていって欲しいから
世界は変えられなかったなんて結果を残したくない。
だから時に人は無理にでも成し遂げるのだと思います。

神と呼ばれるようになる一番目の猿、傲慢とされた2番目の猿。
その二匹に憧れ限界に挑み続けた3番目の猿。

挑む者達は皆知っているんだと思います。
自分がいま挑むことができるのは挑んだ誰かがいたからだ、と。
そろそろ責任を果たす時だ、と。

Fatezeroのどこぞの征服王と同じです。
その時が来たのなら逃げることは許されない。
走れるところまで走りきるしかないのです。
無限の宝具に貫かれても。
自分を見ている目がある限り。

それはきっとピラミッドよりはるか昔。
猿だったころから
もしくは生物として生まれた時から見てきたものではないでしょうか。

#4265[2016/05/23 11:00]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

大河の流れの中に一点の淀みが発生する…中にいる僅かの者が「これは不当だ」と言う。
無力な者達を見た誰かが「俺が変えてやる」と言い出して、野心も手伝って輿に担がれる。
最初は小さかった勢力が段々大きくなって、多くの者がそれを真実だと思い込む様になる。
その集団力は世界を席巻した様に見えるが、実は大河の中で、時たま起きる小さな渦でしか無い。
やがて、覚めて来た人々によって梯子を外されたリーダーは、大河に溺れて虚しく死んで行く。
彼の力みは何だったのか?…滔々と流れる大河の中に一瞬出来たほんの小さな泡…だったのか?
余りに可哀相だから、せめて「Fatezero」の様に物語りにして記憶に留めてあげましょう(笑)
#4266[2016/05/23 14:45]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
連日の真夏日ですが、今日も暑くなりましたねー。
これだけ暑さが続くと熱中症の危険性も高くなります。
くれぐれもご注意くださいね(^_-)-☆
今週もよろしくお願いします( ^)o(^ )
#4267[2016/05/23 16:45]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 連日の真夏日ですが、今日も暑くなりましたねー。
> これだけ暑さが続くと熱中症の危険性も高くなります。

自分は野良っ子で育ったので、暑さや寒さには強いはず…だったんですが、
身体を手術してから、冬場がとんと弱くなりました。体調が不安定でどうにもね><
むしろ、これからの季節…汗をたっぷりかく夏の方が楽です^^
#4268[2016/05/23 17:40]  sado jo  URL 

こんばんは!

素敵な詩ですね!
思わず自分が主人公になった気さえしました^^

時々昔の録画映画やドラマを見ていて、あの時に吹いていた風や
公園で揺れている葉たち。あんなに眩しい太陽はすべて今は引き継がれて
あの時の姿がどこにもないのだなと思ってみてしまいます。
メインでされてる部分よりも周りの景色のそんなとこを見て何だか
切なくなります。

月が誰にも聴こえぬように静かに語るってとても素敵な表現!
#4269[2016/05/23 22:59]  ミノリ  URL  [Edit]

Re: ミノリ様COありがとうございます^^

> 時々昔の録画映画やドラマを見ていて、あの時に吹いていた風や
> 公園で揺れている葉たち。あんなに眩しい太陽はすべて今は引き継がれて
> あの時の姿がどこにもないのだなと思ってみてしまいます。

ははは…自分が映画に憧れて円谷プロに入った理由はそれかも知れません^^
もう、この世にいないはずの女優さんが銀幕の中で生きている…それも美しい姿のまま。
失われて行く一瞬を永遠に刻み付けたい…そんな強い思いが動機だった様な気がします。
月や星が、語ったり、記してくれたら映画を作る必要もないんですどね(笑)
#4270[2016/05/23 23:57]  sado jo  URL 

人の権勢なんて、歴史の流れの中でさえ、刹那のこと、なのに。
それより、悪名の方が、遥かに、長く語られるのに。
まして、人の歴史なんて、自然の中では、更に刹那なこと。
争っている時間なんて、もったいない、と思うのですけどね。

かしこ
#4271[2016/05/24 00:54]  みかんゼリー  URL 

Re: みかんゼリー様COありがとうございます^^

> 人の権勢なんて、歴史の流れの中でさえ、刹那のこと、なのに。
> それより、悪名の方が、遥かに、長く語られるのに。
> 争っている時間なんて、もったいない、と思うのですけどね。

まったく同感です^^…目の前の事で争い合い、破壊する時間はもったい無い><
争いで可能性を秘めた命が失われるのは、遥かにもったいない…その人が生きてたら、どれだけ多くの仕事をし、どれだけ多くのものを作った事か?
戦争は科学を進歩させた…と言う言い草は幻想に過ぎない。現に日常的に戦争をしていた中世社会は進歩しなかった。平和になってから科学が発達したんです。
#4272[2016/05/24 01:22]  sado jo  URL 

謹言

ぽろぽろと揺れる夜空の星たちよ
調べのままに流らふるかも
#4273[2016/05/24 06:08]    URL 

Re: 辻様COありがとうございます^^

> ぽろぽろと揺れる夜空の星たちよ
> 調べのままに流らふるかも

子供の頃、蟻の縄張り争いを俯瞰しながら見てました。
「何でこいつらは、ムキになって狭い領域を奪い合ってるんだろう?他所へ行けば済む事なのに」
で…両方の巣を足で踏み潰してやりました。連中は右往左往して大慌てしてましたよ。
意地悪な神様になった様な気分でした。人間のやる事も蟻とたいして変りませんね~><
人間もその内、いつか、何かに踏み潰されて果てるのがオチでしょう(笑)
#4274[2016/05/24 18:27]  sado jo  URL 

そうですね

過去と他人は変えられない

まして、世界などという規模の大きなものはもっと難しい

特に、てめえの私利私欲を満たしたいという思いで変えたいとのたまうなら、なおさらでしょう

ただ、良くしたいという思いで色々やると変わりだしますね

ええ、自分は部署内の裏支配者として、悪者を演じたり、見込みのありそうなヤツを焚きつけたり、キーマンに要所要所でいい意見を言ったりしてましたw
#4277[2016/05/25 19:15]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 過去と他人は変えられない
> まして、世界などという規模の大きなものはもっと難しい
> 特に、てめえの私利私欲を満たしたいという思いで変えたいとのたまうなら、なおさらでしょう
> ただ、良くしたいという思いで色々やると変わりだしますね

人間と動物の大きな違いは、現状に満足しない事…だから進歩があるんだと思います。
逆説的に言えば、人間は不便で不満があるほどいい…それを何とかしようと努力出来る。
その努力を実らせようと努めるか?それとも、苛立って全てをもろとも破壊するか?
人それぞれの生き方によって、大きな違いが出て来るんだと思います^^
#4278[2016/05/25 19:32]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(11)    →未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(10)