シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

阿部首相がなぜ憲法第九条を破棄したいか?をシビアに解説する

安部改憲

戦後70年も経ってから、急に憲法第九条を破棄して日本軍を創設すると言い出した阿部首相の真意はどこにあるのでしょうか?
「国民を他国の脅威から守る」と言うのは、ある意味真実であって、真実ではありません…その真意はもっと別の所にあります。
例えば、尖閣諸島問題を取り上げての中国脅威論は、単なるプロパガンダであり、尖閣諸島の防衛だけなら現体制で充分可能です。
では、なぜ自衛隊では無く、軍隊で無いと国民を守れないのか?…はっきり言わぬ首相の真意を、歴史を紐解いて解説いたします。

18世紀に始まった欧米諸国やロシアの世界植民地化の際に、進出した各国は国の外に自国企業の資産を保有する様になりました。
そして、植民地から搾取した海外からの調達品で自国の産業を発展させ、国民生活を向上させて、国家を経営してまいりました。
明治維新によって西洋化した日本も、それに倣ってアジア各地に進出し、企業を送り込んで国家を発展させて来た経緯があります。
しかし、各国のあくなき植民地争奪戦は、ついには日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦の悲劇を招く結果となったのです。
第二次大戦終結後、植民地が独立したにも関らず、その構図は何も変らず、各国は企業を通じて海外に莫大な資産を持っています。
特に冷戦終結後、世界の経済は拡大し、欧米を初め日本、中国、ロシア各国は、世界の至る所に自国企業の資産を保有しています。
その資産は、石油・ガス資源プラント、食料生産拠点や加工工場、機械部品・自動車部品、ITから繊維に至るまで膨大な数に昇ります。
それが無いと国民生活が成り立たないから、各国は軍事力を行使して、世界各地の自国資産を防衛しているのが今日の現状です。
この状況下において、一国だけ自国の軍隊を派遣して海外にある自国の資産を守ろうとしない国…それが日本になる訳なのです。

「日本は我々にただ乗りしている」「なぜ、我々が血を流して日本の国外資産を守らねばならんのか」それが欧米人の意見です。
ところが日本国憲法第九条は、海外での国権の発動を禁止しており、ご存知の通り、自衛隊は海外で武力行使は出来ないのです。
そこで、阿部首相は憲法第九条を破棄して、新たな憲法を制定し、日本の海外資産を軍隊の武力によって守る道を選んだ訳です。
つまり「国民を守る」と言うのは、国内の日本人を守るのでは無く、海外に展開している企業の財産を守ると言う意味を含むのです。
海外にある日本の石油や天然ガスプラントを守り、鉱物採掘施設や、工業部品工場などを守る事によって、間接的に国民を守る。
それが「国民を守る」と言う真意なのです…これは海外からの圧力だけでは無く、財界からの要望もあっての事だと考えられます。
世界に展開する日本の企業は、もはや私企業では無く「松下幸之助」の言う社会的責任を持つ存在になっている背景もあります。
現代社会において、企業は国民生活と密接に結び付いており、国際企業の存亡は、即国民生活を左右する事になりかねません。

けれど単に憲法第九条を破棄して、新憲法を制定し、海外で何事か起きた時は軍隊を派遣すればよい…と言う訳にも行きません。
欧米やロシアを見る通り、日本企業が拠点を構えている国で、政変や暴動、テロなどが起きた場合、当然戦闘は避けられません。
日本企業を脅かす勢力と、仮に日本軍が戦火を交えたら戦死者は勿論、敵勢力や、巻き込んだ地元民の恨みを買う事になります。
そうなると、国内にいる日本国民の安全は完全には保障されなくなります。いつ何処でテロや破壊工作が起きるか分かりません。
さらに、敵側が国家であった場合は全面戦争となります。国民は、文字通り肉体と戦費の両方で大出血を迫られる事になるのです。
昔、日本人はその痛みを体験しました。中国にあった日本の資産を守る名目で出兵し、満州などで中国軍と戦火を交えたのです。
ところが、それが中国各地に飛び火して拡大し、とうとう抜き差しならぬ泥沼の戦争となり、太平洋戦争にまで至ってしまいました。
二の徹は踏まぬと言う確信はどこにもありません。現に、アメリカやヨーロッパ諸国は中東地域で泥沼の戦争を繰り広げています。

逆に、日本人が憲法第九条を変えずに、最悪の事態が起きても、日本企業の海外資産を放棄する決断をした場合はどうなるのか?
その場合は、石油や天然ガス、鉱物や機械部品などの全てを海外企業から購入する事になり、当然国内の物価は上昇いたします。
日本経済は不況となり、株価は下落して国民生活は苦しくなります…しかし、それを耐え忍ぶ覚悟があるなら平和は維持出来ます。
憲法第九条を破棄するのも地獄。維持するのも地獄…ですが、ここ数年の内に日本人はどちらかの決断をしなければなりません。
破棄した場合、海外の戦場で「俺はトヨタの社員なのに、なぜ日産の海外工場を守らねばならんのか」と言う愚痴は通用しません。
アメリカ人は、例えライバル会社の海外資産でも、命懸けで守って来ました。改憲派はその矛盾だけは覚悟しておいて下さい(笑)

~続く~


映画“居酒屋兆治”より「時代おくれの酒場」 作曲:加藤登紀子 歌:高倉健
♪人が心に思う事は、誰も止める事は出来ない…時代おくれって、別に首相への皮肉のつもりではありませんよ。考えは自由(笑)

※この記事では自分がどちらかは述べません。ただ時間は掛かるが、第三の道はあります。それを次回の随想で提案いたします。

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 


<親がわが子を食わせる為に、他人の家を荒らせば強盗となる>
欧米やロシアが、国民を食わせる為に他国を荒らせば侵略となる…平等な原理・原則から言えば、理由の如何を問わずそうなる。
従って、昔日本が中国や朝鮮を荒らしたのは侵略行為です。欧米の行為は正しくて、日本の行為は誤りと言う道理は通りません。
罪は同じです…もし、立場が逆なら欧米人はどう言い訳するのか?「イスラム教徒が我が国を侵略した」と言うに違いありません。
当然、荒らされた側は、荒らした相手に報復する権利があります。従って、欧米が報復を受けるのは仕方の無い事とも言えます。
けれども、報復に際して一般市民に際限の無い殺戮を加えて良いか?と言う話には同意出来ません。それは過剰報復になります。
裁判所の前に立つ「裁定の女神」が公平に見れば、双方とも犯罪者となります。古い世代はその不条理を解決出来ませんでした。
新世代に裁定を託すしか無いのですが、受益者の立場で物事を見て、欧米の共犯者になってしまっている人が多いのが残念です。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(9)    →未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(8)

~ Comment ~


そういう意図があるならはっきり伝えてくれれば今より誤解もなかっただろうに。
でもやっぱり極論「戦争法案」なのは間違いないし
SHINE問題で明らかになった通り首相の人柄のせいもあるかな(笑)。
個人的にはそれでも改憲反対派ですね。敵は作るべきではないので。
#4223[2016/05/15 09:50]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> そういう意図があるならはっきり伝えてくれれば今より誤解もなかっただろうに。
> でもやっぱり極論「戦争法案」なのは間違いないし
> 個人的にはそれでも改憲反対派ですね。敵は作るべきではないので。

海外で戦える様にするのが狙いだから、確かに「戦争法案」にはなってしまいます。
過去の痛みもあって、日本人はそれを一番嫌う…だから、はっきり言えないのでしょう。
大企業優遇だ…と言う人もいますが、反面、日本人はよく考えて欲しい部分もあります。
海外企業=貿易が無くなったら日本人は生活して行けますか?…食料は?衣料は?エネルギーは?欧米諸国が海外で武力行使するのは、そこなんですけどね。
#4224[2016/05/15 12:18]  sado jo  URL 

なるほど、わかりました。
財産を守られる保証もなく、恨みを買う恐れは大きく、結局大損をする。
また同じ轍を踏む、愚かですね。
#4225[2016/05/15 16:07]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 財産を守られる保証もなく、恨みを買う恐れは大きく、結局大損をする。
> また同じ轍を踏む、愚かですね。

明治政府が欧米文化を取り入れた時点で、日本人は彼ら同様自給自足が不可能となり、植民地からの物資を必要とし、戦闘国家にならざるを得なかった。先の大戦の悲劇の元凶はそれです。
欧米の様に、永遠に他民族や他国家と戦って、例え恨まれてでも物資を確保するか?
それとも、我慢して別の道を模索するか?それが日本の分かれ道になると思います^^
#4226[2016/05/15 17:18]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもご訪問ありがとうございます\(^o^)/
昨日何事もなく無事に帰ってきました。
今日はしばらく居候していた叔父の家から久しぶりに自宅に戻りました^^
またよろしくお願いします(^_-)-☆

ほんの一握りの大金持ちのために国民を戦争に駆り立てようとしたのが戦前の過ちの原因です。
多国籍業などつぶしても一向に国民は困りません。
搾取がなくなるだけでかえっていいでしょう(笑)
憲法の前文には九条をなぜ設けたのかはっきり謳っていますからね。
安倍首相のような特異な歴史観は国際社会では一切通用しないでしょう。
#4227[2016/05/15 17:24]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> ほんの一握りの大金持ちのために国民を戦争に駆り立てようとしたのが戦前の過ちの原因です。
> 多国籍業などつぶしても一向に国民は困りません。
> 安倍首相のような特異な歴史観は国際社会では一切通用しないでしょう。

首相の本音が、靖国神社を奉ずる「日本会議」にあるなら国民にとっては恐ろしい事です。
けれど、侵略では無く「国際協力」と言う名目で派兵するなら、欧米諸国は歓迎します…ま、欧米のやってる事は、事実上の侵略ですけど(笑)喜んで仲間に加えてくれるでしょうね。
後は、日本人が敵を作っても贅沢したいか?質素でも平和な暮らしを望むか?…に尽きます。
#4228[2016/05/15 18:36]  sado jo  URL 

むやみに改憲すればいい、護憲すればいいという話ではありませんからね。
何がベストなのかを考えて行動すべきなのであって、
改憲・護憲などに行った枠組みに囚われて話し合うのは有益ではないのですけどね^^;
#4229[2016/05/15 19:34]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> むやみに改憲すればいい、護憲すればいいという話ではありませんからね。
> 何がベストなのかを考えて行動すべきなのであって、
> 改憲・護憲などに行った枠組みに囚われて話し合うのは有益ではないのですけどね^^;

二人の子供がいて、一人を庇えば一人が傷付く…憲法問題はそこに難しさがあります。
その場合、親はどちらにとってもベターな答えを見出してやる事が大事だと考えます。
日本の国民は、改憲・護憲だけの目先の議論にだけ囚われるべきでは無いと思います。
#4230[2016/05/15 19:57]  sado jo  URL 

中東などへ、派兵なんてしたら、日本へも、テロ行為、起きるのに・・・
世界でも、安全基準、低いので定評のある、原発、狙われたら、どうするのでしょう?
気が付くべきですよね、九条改正には、様々な危険、含まれている、て。

かしこ
#4231[2016/05/16 00:05]  みかんゼリー  URL 

Re: みかんゼリー様COありがとうございます^^

> 中東などへ、派兵なんてしたら、日本へも、テロ行為、起きるのに・・・
> 世界でも、安全基準、低いので定評のある、原発、狙われたら、どうするのでしょう?
> 気が付くべきですよね、九条改正には、様々な危険、含まれている、て。

日本人が陥ってる大きな誤りを指摘しますとね…欧米の意思を国際社会だと思ってる事。
現実には世界の全人口の1割しかいない…後の9割の人々がどう思ってるかは考慮して無い。
なので、欧米の意思のまま動くと、その先にとんでもない落し穴が待ってる危険性がある。
白人優勢社会が未来永劫に続く保障はどこにも無いんです。後9割の意見も聞くべきですよ^^
#4232[2016/05/16 01:03]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
我が家に帰った最初の日は雨の週明けになるようです(^^ゞ
もう降っているのかな(笑)
今週もよろしくお願いします(^_-)-☆

コスタリカは軍隊を持っていません。
憲法上持てないからです。
日本も憲法の通りにすればホントはいいのです。
でもアメリカは絶対に軍事力を行使して侵略することができません。
何故か、国民主権の平和主義国家に侵略したら国際社会がアメリカを認めなくなるからです。
仮想敵国など所詮は権力者が都合よくしたいためのお飾りに過ぎないということです。
欧州にもいろいろありますが、日本と違い陸続きで常に戦禍の危険性があり、それを防ぐためにEUをつくりました。
日本と違い同盟国というのは島国の英国だけです。
あとはEUに入りたがっている独裁者が支配している旧東欧諸国だけがアメリカ追随姿勢です。
日本は東欧並みでいいのでしょうかねー
#4233[2016/05/16 17:34]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

日本国が平和憲法を掲げたのは、戦争によって当時の日本人が痛切な痛みを覚えたからであり、米国の押し付けではありません。戦争の痛みを知らぬ今の人々には理解出来ないかも知れない。
EUの発足は、戦争の教訓からでは無いと思います。カレルギー氏の提唱したパン・ユーロ構想は、第二次大戦後も無視されたままでした。
寧ろ、切迫した経済事情…互いの物資に高い関税を掛け合った結果、全ヨーロッパ産業の衰退を招いたから、経済を統合する必要性が生じた。何の事は無い、金が欧州を動かしたのです。
この事が世界に重要な示唆を与えた。関税無き世界を掲げるアメリカの「グローバル化構想」はここから来ています。各国経済の完全相互乗り入れは、戦争無き新たな世界を作るかも知れません。
その場合は最終的に、当の米国を含めて世界各国は消滅する事になります。世界が経済で纏め上げられる…まぁ、その方が人々にとっては幸いなのだろうと思います^^
#4234[2016/05/16 19:45]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#4235[2016/05/16 21:35]     

Re: m様COありがとうございます^^

いぇいぇ、どういたしまして…何か仕事とか、体調とか、身辺に変化があったのでしょうか?
気になりますが、まぁ…あんまり深刻に考えない方がいいと思います。自分も似た様なもんです。
記事が書ける時は書いて、複数書けた時は予約投稿して、書けない時は横になってます(笑)
5日に一度でも、1週間に一度でも…ブログは焦らずにマイペースでやって下さい^^
#4236[2016/05/16 22:37]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(9)    →未来戦艦大和 第3章 「沖縄水上特攻作戦」(8)