シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

「国際企業防衛軍」は超最新鋭兵器を装備する軍になる

企業防衛軍

さて、前述した「国際企業防衛軍」の活動をシュミレーションする前に、前提としてみなさんに知っていただきたい事があります。
現在の世界は、企業同士が各国に相互乗り入れをして、全ての線路が繋がり、まるで国際鉄道さながらになっていると言う事です。
日本は中国企業を必要とし、中国も日本企業を必要とします。韓国も同様で、線路を切断すれば、直ちに双方の国民が困窮します。
この関係は、アメリカ、ロシア、中国も同様で…妙な言い方をすれば、お互いに国際企業と言う人質を取り合ってる様なものです。
だがこの人質を殺すと、どの国も食べて行けなくなります。つまり、どこの国民も貿易相手国の企業に依存して生活してる訳です。
なので断言して置きます。今後、線路が繋がってる国同士での全面戦争は起り得ません。やれば国家自体が破滅する事になります。
従って、今大国同士がいがみ合ってる様に見えるのは、単に地位を巡ってのつばぜり合いであり、本気で戦争する気はありません。
その証拠に、ウクライナを巡ってアメリカとEUが行っているロシアへの経済制裁は、ロシア国民を困窮させない程度に留めています。
それは、1937年に欧米が日本に対して全面経済封鎖に出て、日本国民を困窮させ、ついに太平洋戦争に至った反省もあるからです。
恐いのは寧ろ、それ以外の勢力で…テロ集団であり、独裁国家であり、暴力集団であり、国際秩序の転覆を図る武装勢力なのです。
これらの勢力の標的が、国際的に敷かれた線路や駅…物資を生産する各国の拠点であり、世界に張り巡らされた供給網となります。

では、現在テロ集団に対して各国が介入しているIS=イスラム国戦争を「国際企業防衛軍」に置き換えてシュミレーションします。
イラクの油田地帯には各国の石油プラントがありますが、これらの企業群がIS軍の襲撃を受け、防衛軍本部に出動要請が来ました。
ただちに、国際企業防衛軍の航空隊が現地に飛びます。その陣容は、B-2戦略爆撃機、F-35戦闘機(アメリカ)Su-47戦闘機(ロシア)
ユーロタイフーン戦闘機(NATO)、殲-20J戦闘機(中国)など、およそ各国を代表する戦闘機、爆撃機が投入される事になります。
航空隊がISに攻撃を加えている間に、イラクとシリアの平原には、国際企業防衛軍の戦車軍団を主力とする地上軍か展開されます。
その陣容は、M-1エイブラムス(アメリカ)、T-14アルマータ(ロシア)、チャレンジャー2(英国)、10式戦車(日本)となります。
少し遅れてペルシャ湾に到着したDDH護衛艦いずも(日本)から飛び立つのは、いつものSH-60K対潜ヘリコプターではありません。
AH-64Dアパッチ・ロングボウ(アメリカ)であり、カモフ52アリゲーター(ロシア)などの最新鋭地上攻撃へりとなるはずです。

さて、みなさん…なぜ世界各国はこんな最新鋭兵器ばかりを国際企業防衛軍に供与するのか?理由がお分かりになるでしょうか?
答えは、これが無国籍を建前とした国際合同軍だからです…兵器と言うものは実際に戦場で運用してみないと能力が判明しません。
しかも、自国の兵器の性能を、各国の兵器の性能と、実際の戦場で比較出来るおあつらえ向きの場が国際企業防衛軍となる訳です。
各国の政治家が飛び付くのは当然です。つまり国家にとっても、兵器を作る企業にとっても、現場で実験・検証が出来るからです。
本来国家が使用する兵器は、企業が製造します。そのテストやデータ収集も兼ねているのです。これは双方にとってメリットです。
なので、企業防衛軍はさながら最新鋭兵器の見本市であり、気の毒ですが、敵側は兵器の実験に使われるモルモットになるのです。
各国のコンセプトを生かした特徴ある兵器の数々が、どこからどう飛び出して来るのか?IS側はまったく予測すら付かないのです。
こんな最新鋭兵器で固めた軍団は、とても傭兵団とは言えず、これを敵に回して、どんな勢力でも一カ月とは持ち堪えられません。
例え、各国や企業の動機や意図が不純でも、国境を超えて世界の何処にでも展開できる軍団があれば、結果はオーライとなります。
それで世界の秩序が守れて、経済の安定が図れるなら、どの国にとってもお得な話です。国家は責任を取らなくて良いのですから。
代わりに、この軍団を運用する国際企業は、民間人の死者に対して、飛行機事故や船舶事故と同様の責任を負っていただきます。
商企業が軍を運用する場合、破壊者に対しては無慈悲でしょうが、民間人には、国家よりも遥かに安全な配慮をする事と思います。


“進撃の巨人”テーマソング「紅蓮の弓矢」 歌:鶫真衣陸士 演奏:陸上自衛隊中部方面音楽隊

立体軌道装置を腰に付けて、エルヴィン団長を演ずる大真面目な指揮官の扮装が傑作です。勿論、敬礼も調査兵団方式です♪
エレン・イェーガーを演ずる隊員も登場します…しかし、自衛官が人気アニメキャラを演ずる?そんな時代になったんですね~(笑)
武官である自衛官が庶民に近くなってるのに、文民である政治家が、限りなく庶民から遠ざかって行くのはなぜでしょう?(皮肉)


にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 


<人類は未来へ向かって進め!>
今の世界を見ますと、国家や国境、民族や宗教の思想が、却って経済活動を阻害する元凶になっているのがよく分かります。
原則、世界の人々は秩序と生活物資の供給が整っていれば、それで充分幸福に暮らしていけるのです。国境などは必要ない。
世界の秩序を守る国際防衛軍と、世界警察機構と、物資を世界の隅々まで供給する国際経済システムだけがあればいいのです。
その他のナショナリズムや民族主義思想、過激な宗教思想は完全に人類の未来の邪魔になるだけで、人々に何の益も齎さない。
日本が中国であってもいいし、中国が日本であってもいい。アメリカがロシアであっても、ロシアがアメリカであっても差し支え無い。
国境を取り払い国家を解体し、世界の隅々まで物資と言う人々にとって不可欠な血液が行き渡る様にする事が何より大事です。
そうすれば、世界の人種問題や民族問題、地域格差や貧困、宗教同士の相克なども、自然に解決されて行くだろうと思えます。
人は食べられて、着られて、子孫を残し、家族を養う家があって、娯楽を楽しみ、天寿が全う出来れば他に言う事は無いはず。
国家と言う概念はもう古すぎて行き詰っています。人々の生活を支える国際経済を中心にした新しい世界像が求められます。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←長編連詩 「ヒトよ眠れ(7)」 ~簒奪に明け暮れる西洋文明~    →かあさん

~ Comment ~


最近思うのは今の私達(20代)が爺さん婆さんになる頃か
少し後の世代がそうなるかくらいになると神仏(宗教)の存在が薄れるのではないのかと。
他の国はわかりませんよ? それに未来のことだからなんとも。
まだ若いせいかもしれませんが、今はPCやスマホなど機械の時代なので
そういった存在への興味関心が薄れているように感じます。
#4317[2016/06/03 09:28]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 最近思うのは今の私達(20代)が爺さん婆さんになる頃か
> 少し後の世代がそうなるかくらいになると神仏(宗教)の存在が薄れるのではないのかと。

新世代は宗教より、萌え魔法アニメに興味がありますから、神仏信仰は廃れて当然(笑)
宗教は、人の道理に合わない教えが多い…イスラムの男は、躾の為に女を殴ってもいい?
とかね…後、国境もダメ!一々、ビザだの関税だのやってたら、物や人の交流の邪魔になる。
もっと最低なのは、人種・民族間の偏見…文明が出来てそんな偏見が生まれてから、近親同属婚が進んだ為に男性の繁殖力が1/13に衰えてるそうです。種の存続の危機に晒されてます><。
#4318[2016/06/03 10:35]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
発想自体が逆さまだと思いますね。
企業は民をいかにして搾取しようかとあらゆる手段を用いて考え付いたのが多国籍業です。多国籍業の権益事態が各国民の利益に関係なくどんどん蓄積し、各国国民にとっては邪魔な存在でしかありません。
テロを引き起こさせるのも多国籍企業が種をまいているのであり、それを利権確保のために軍事力を行使するなどというのは本末転倒です。
自由貿易と多国籍企業には何の関係もありません。
日本の農業を食い物にして、多国籍企業を肥え太らせた歴史的事実を見れば、こういう企業こそ解体すべきです。
#4319[2016/06/03 18:26]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

勿論、多国籍企業が大国列強の植民地政策によって生まれた事は知っています。
しかし、それが人々の生活と直結してしまった以上、企業の物資供給を確保するしか無いです。
矛盾した話ですが、世界の2割の先進国が、8割の途上国(貧国)を食い物にして生きています。
テロや動乱の原因は先進国にありますが、日本を含めて先進国の人々は生活物資を必要とします。
出来るだけ途上国の人々を傷付けずに、物資を確保する努力をした方がいいのですが、最終的には世界を経済統合して、人々の生活格差を縮めるしか道はないでしょうね。
#4320[2016/06/03 21:53]  sado jo  URL 

欧米は、アラブ世界に、アレルギーあるので。
長い間、アラブ世界が、先進国家でしたから。
なので、執拗に、攻撃するのでしょうね。

過剰に、搾取されるから、反政府組織、生まれたりするので。
テロとの戦い、とか、本気で終えるつもりなら、出来ることなのに。
しないのは、色々な思惑から、ですよね。
日本は、そんなことで、テロとの戦いに、参加しないで欲しいです。

かしこ
#4321[2016/06/04 01:14]  みかんゼリー  URL 

Re: みかんゼリー様COありがとうございます^^

> 欧米は、アラブ世界に、アレルギーあるので。長い間、アラブ世界が、
> 先進国家でしたから。なので、執拗に、攻撃するのでしょうね。
> 過剰に、搾取されるから、反政府組織、生まれたりするので。

欧米が強くなったのって、ほんの二百年ほど前からで、それまで白人は野蛮人でしたからね。
コンプレックスの塊だった白人は、最初は武力で中近東、アメリカ大陸、アジア、アフリカを蹂躙し、後にその地域を植民地にして、住民を奴隷同然にこき使いました。よせばいいのに、日本人も白人の真似をして同じ事をしましたが><
それで生活(物資)が成り立ってるのが、本来はおかしな話で、もう限界に来てるんじゃ無いかな?
欧米や日本、ロシアも中国も、今の世界を作り出したみんなが、真剣に考える時だと思いますよ。
#4322[2016/06/04 14:50]  sado jo  URL 

まぁ、賛否両論はあるでしょう

しかし、インターネットが登場し、その通信手段も日進月歩で発達し、その手段を使って相互的に通信ができる端末も飛躍的に増えた

※IPアドレスが足りなくなる恐れが出てきたので、IPv6という規格が出てきたぐらいですからね

自分も、日本から海外のサイトが閲覧できるような時代なので、この国際鉄道網はいわば必然の産物

それを守るための機構が必要なのも、また必然

なので、sado joさんが掲げる構想は、すぐにではないでしょうが、現実化すると思います

とはいえ、そういう枠組みから外れる層も少なからず存在するはずなので、そういう層は、極論を言えば、ロビンソン・クルーソーのような生き方、もしくは安倍公房の小説「砂の女」に出てくる主人公のような生き方をするのが、ある意味幸せかなと、思ったりします
#4323[2016/06/04 15:54]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

悪だと言われる者は、それが大多数の利益を損ねるから「悪」なのです。
けれど多数派が「正義」なのかと言うとそうでは無い。ただ時流に乗っかっているだけです。
その世界構造が出来てしまった以上、それを利用している人々には、悪への責任があります。
自国内の貧困以上に、世界の8割の貧困が生み出す悪への責任を負わなければならないのです。
当面の生活物資を確保しながら、なおかつ世界を改善する努力が我々には求められています。
経済は、人の必然的な欲望から生まれたもので、そこには確かに悪しき要素も数多あります。
が、経済は物資や金を通して人々を生かすものでもある。ならば利用価値はあると思います。
後は「悪」と呼ばれる人々を、どう経済を通じて納得させるかに懸かってるんじゃないかな?
彼らだって、欲しい物は欲しいのですから^^
#4324[2016/06/04 16:25]  sado jo  URL 

この体勢を国民が歓迎して、
国歌と企業の利害が一致できるなら、
こういう事も出来るかもしれませんね^^
#4325[2016/06/04 21:57]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> この体勢を国民が歓迎して、国歌と企業の利害が一致できるなら、
> こういう事も出来るかもしれませんね^^

大方の所では財界と各国政府の利害は一致しているのです。
ただ、国家を運営する特定政党の利益と、国際的な経済構造が一致しないのです。
政党は権力を揮う為に国家を必要とするが、経済は特定の国家や政党に依存ぜず、自由な活動をしたい…ネット上での国際的な金の流れは、すでにそうなってます。
現実社会(国家)が障壁を設けてしまってる><…最終的には国家を解体した方が、物資の流れもスムースになり、世界経済は安定するのでは無いかと思えます。
#4326[2016/06/04 22:21]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←長編連詩 「ヒトよ眠れ(7)」 ~簒奪に明け暮れる西洋文明~    →かあさん