シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(4)

「えっ?!あたしっすか?」砲術長の壱岐少佐が、自分を指差しながら言った。
「えぇ、そうです…頼りにしていますよ。駒之助さん」羽生は、再び微笑みながらそう言った。
「任せて下さいっす…いざとなったら女の子は頼りになりますから」
 駒之助は小さな…いや、ほとんどない胸を叩きながら羽生に答えた。
「えっ?それは男の言うセリフじゃないのか?」成海航海長がちょっぴり意地悪そうにからかった。
「いや~…女のセリフっすよ。女はどんなに苦しくってもちゃんと産むっしょ。赤ちゃん」
「まぁ、そう言われりゃそうだな~…確かにいざとなったら、男は産室の前でオロオロしてるだけだわな」
「でしょ…最後に決めるのは女っしょ!」駒之助は小さな胸を張って言った
「こりゃぁ、一本取られたな~」成海もさすがに苦笑いを浮かべた
 二人のやりとりを聞いていた乗組員たちが、全員クスクス笑い出した
 それまでは、何となく暗く沈んでいた戦闘司令室の雰囲気は、一挙に明るさを取り戻した
 羽生大二郎と言う青年は、どんな状況にあっても機転を効かせて周りを明るくしてしまう。
 遼は、この若い連合艦隊司令長官が持っているリーダーとしてのたぐい稀な資質の一端を見たような気がした。

 大和以下の9隻の艦隊が密雲に近づくにつれて、辺りには小雨がパラつき始めた。
 空を覆う雲の中心部では、時折稲光が見える…それはやがて激しいスコールになる事を予感させた。
「こりゃぁ、もっけの幸いだな~…お陰で多少は敵の攻撃が弱まる」
「けれど、あんまり視界が悪くなってしまうと、こっちも撃ちにくいです」
 来島参謀長と草薙作戦参謀の状況分析は、互いに食い違っていた
 けれど羽生は、そんな二人に構わずに連合艦隊に号令を発した。
「全艦速度上げ~!各艦は対空警戒態勢を取りながら雲の中心に向かって進め」
「両舷全速前進~っ!」羽生の指示を受けた有馬艦長は、成海航海長に命じた。
「了解!全速前進しま~すっ」成海が即座に応じた。
 羽生は、雲の上から液体炭酸ガスを撒かせて雨を降らせ、敵に有利なはずの状況を逆手に取ったのだ。
(俺の予想通りだったな…やはり、羽生と言う指揮官は凡庸な将ではない)遼はそう思った。

「長官。扇の陣形を進言します。円陣では思うように速度が出ません」草薙が羽生に言った。
「そうだな…各艦、円陣を解いて矢矧を先頭に扇の陣形!大和が扇の要に付く」羽生の指令が飛んだ。
「待って下さい、長官…大和がしんがりでは敵の標的になってしまいます」春日は、羽生に意義を唱えた。
「綾之丞。この艦隊の中で最も対空戦闘能力の高い艦はどれだ?」羽生は春日を諭すように問うた。
「それはもちろんこの大和です。重巡洋艦の三倍以上の対空戦闘能力を持ってますから」
「じゃぁ、それが一番合理的な選択肢だろ」
「はぁ…」羽生にそう言われた春日は、すごすごと引き下がった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←この世界の片隅に    →未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(3)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


女のほうが痛みや寒さに強くなっていきますもんね。
そのほとんどない胸が羨ましい(笑)。でも寒さには弱そうだな。
日本も全ての女性が輝くために女性に首相を任せたらどうでしょうか。
誰かさんもそんな目標を掲げていましたが「SHINE」と言う人はどうも信用できない(笑)。
#4402[2016/06/19 11:05]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 女のほうが痛みや寒さに強くなっていきますもんね。
> 日本も全ての女性が輝くために女性に首相を任せたらどうでしょうか。

男性よりも、女性の方が芯が強くて忍耐力があるのは確かですね。
男は飽きっぽく、気が移ろいやすい…面倒な後始末は全て女性任せです(笑)
堅実さと持続力では女性が上…ただ、変化を求める男にはそれが我慢出来ない。
社会の停滞は、逆に言えば平和な証拠ですが、それが嫌で戦争に走るのが男のサガ><
#4403[2016/06/19 13:06]  sado jo  URL 

陣形も変えて後は出来る事をやるのみですね。
いよいよ敵の襲撃が迫っていますが、
無事に切り抜けられるでしょうか(`・ω・´)
#4404[2016/06/19 18:59]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 陣形も変えて後は出来る事をやるのみですね。
> いよいよ敵の襲撃が迫っていますが、無事に切り抜けられるでしょうか(`・ω・´)

速度を重視した展開陣形を取って、スコールの中に逃げ込む策に出ましたね。
しかし、最後尾に付く大和は、敵の集中砲火に晒される事になりかねません。
羽生の決断が、吉と出るか、凶と出るか、腕の見せ所になります^^
#4405[2016/06/19 20:20]  sado jo  URL 

こんばんは^^

女性の方が絶対度胸もあるのかもしれません。

私も怖い怖いとか出来ないと心臓バクバクしたのに
いざ、本番で任されると、何事も無い顔して(笑)
やり遂げたことがあります(^^:
脚がガクガクしてましたが(笑)
周りには緊張してるように見えなかったよと言われました~

私に任せて。とは女性の方が似合う言葉なのかもしれませんね。
#4406[2016/06/20 21:53]  ミノリ  URL  [Edit]

Re: ミノリ様COありがとうございます^^

> 女性の方が絶対度胸もあるのかもしれません。
> 私に任せて。とは女性の方が似合う言葉なのかもしれませんね。

男は、切羽詰ると「ヤケクソ=自暴自棄」で突っ込んで行きますがね(笑)
でも、女性が切羽詰って、自暴自棄で赤ん坊を産んだ話は聞いた事が無いです。
映画界にいた時も、本番でNG出すのは、女優さんより男優さんの方が圧倒的に多かったです。
女性の方が本番に強いのは、普段から「受身の度胸」が身に着いているせいかも知れませんね^^
#4407[2016/06/21 00:08]  sado jo  URL 

いや、オナゴの方が強いと思います

俺に任せろ、とか言って、肝心なところで逃げるのが男ですからね

普段は、ええ〜、とか言って肝心なところでいい仕事ができるのがオナゴだと思います

種の保存の本能たる所以かもしれませんが

どうも、男って生き物は筋力を過信しすぎる傾向がありますな

ちなみに自分は、過信できるほど筋力がないせいか、肝心なところほど集中力が高まって、かえって冷静になれます

それ以外はグダグダですが(汗)

いわゆる要所と分水嶺でしか仕事しないタイプですw
#4419[2016/06/22 19:57]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> いや、オナゴの方が強いと思います
> 俺に任せろ、とか言って、肝心なところで逃げるのが男ですからね
> 普段は、ええ?、とか言って肝心なところでいい仕事ができるのがオナゴだと思います

事故や天災でも、戦争でも、土壇場で生き残るのはたいがい女性です。
男は、切羽詰ると「もういいや」と諦めてしまう。女性は最期まで生きる努力をします。
やはり「種を残さねばならない」と言う本能の為せる技かな?底力が違いますね~(笑)
#4421[2016/06/22 20:15]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←この世界の片隅に    →未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(3)