シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

可能性を求めて

可能性にあふれた世界

可能性を求めて

それを 悪いと言うのは 簡単な事だ
それを 拒絶するのも 簡単にできる事だ

けれども もし すべての人間がそうしたならば
今頃 人の側には 鋭い牙を持つ犬はいなかっただろう
鋭い爪を持っている猫も おそらくはいなかっただろう

悪いものも 必ず 良いものに変えられる
人が その希望を持って 努力してきたからこそ
今 我々人間は ここまで進化してこられた

この世の すべてのものは 両刃の刃なのだ

悪だと決め付けて 放棄すれば それで終わり
悪だと決め付けて 敵対すれば 血を流すだけ

人はみんな 欲深い生き物には 違いないだろう
けれども 欲望を悪だとすると 人は生きていけない

人の欲望から生まれた 歪んだ悪い世界であっても
人が 希望を持って努力すれば 必ずや良くなる


親に、北海道七飯町の山林に置き去りにされた田野岡大和君(7才)の子供らしからぬ行動には、実に興味深い所があります。
まず、親に見捨てられた当初から、親が去ったのとは逆の方向に歩き始めている事です。そこには強い意志の表れがあります。
6キロも歩いて、自分で自分の居場所を見つけ、その環境にある利用出来る物を有効に使って7日間凌いでいた事には驚きます。
それが子供の限界だった事は確かですが、この間、誰にも助けを求めようとせず、唯一人で耐えていた事は驚異的ですらあります。
7日間、たった一人で寂しくなかったのでしょうか?それとも親が恐かったから…いいぇ、大和君は精神的に親離れしていたのです。
たった7才で?…それは、あり得る事です。彼は客観的に親を観察出来る自立心の強い子で、だからこそ親の言う事を聞かなかった。
発見された時も悪びれる様子も無く、パニックも起さなかった事から、しっかりした精神を持った子に思えます。父親の遺伝かな?
父親の記者会見も見たが、7日間も不明だったのに感極まる様子も無く淡々としてました。とっさに似た者親子だなと思いました。

実は、自分も母が病弱だった事も手伝ってか、幼少期に親離れを起しました…いつまでも母親の側にいられない予感がしたのです。
大和君と同じ7才で、父親を含めた大人を自分なりに観察し、立ち回り方を覚えてました…多分、扱い難い子だったろうと思います。
子供にも人としての人格があります。ただ悪いと叱るのでは無く、人格を見極めて良い方向に誘導してやる事が必要かと思います。
幼少期は冷淡に見えただろう自分は、しっかりと生きる意志を持っており、外見と裏腹に、心の中には結構熱いものがありました。
一人暮らしの寂しさから、酒に溺れたり身を持ち崩す人が多い中で、自分は不思議と寂しさを感じず、自己制御が効いてました。
早くから一人で生きる事を覚えるのは、辛い面もありますが、その分親や他人に依存せず、自立して生きられる良い面もあります。
多分、親の方が寂しかったろうと思いますが…物事は全て両刃の刃です。悪い面も良い方向に向けば、結果オーライですからね。

多くの人が悪いと思ってるものは、それが自分にとって不利益だから…つまり、人は主観的にしかものを見ていない事になります。
客観的な目で見ると、悪いものも多くの良い種を孕んでおり、それをどう生かすかが人間の可能性を開く鍵なのだ…と思います。



銀河鉄道999 歌:ゴダイゴ
遅かれ早かれ、否が応でも旅立ちの日はやって来ます。可能性を求めて遠くへ旅立つ君に拍手を送ります^^

にほんブログ村 ポエムブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(1)    →長編連詩 「ヒトよ眠れ(7)」 ~簒奪に明け暮れる西洋文明~

~ Comment ~


毒もウイルスも少量なら人の役に立ちますものね。
躾も同じで、最近は躾の「し」の字も知らないような親が多いと思います。
いじめの加害者は実は親から理不尽な躾を受けている傾向にあるようです。
しかも先生が注意したらモンスターと化して殴り込む(笑)。
完全に客観視が欠落した大人ですね。こうはなりたくない。
#4341[2016/06/07 10:14]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> いじめの加害者は実は親から理不尽な躾を受けている傾向にあるようです。
> しかも先生が注意したらモンスターと化して殴り込む(笑)。
> 完全に客観視が欠落した大人ですね。こうはなりたくない。

子供の担任に噛み付いてやった…と自慢してるモンスター親を見た事があります。
あぁ、こいつみたいな親が子供の可能性を奪ってるんだな…と正直思いました(笑)
子供は案外、親を客観的に観察してます…だから、親が不条理な事をやると真似します。
子供の悪は、そのまま悪ではありません…親の写しであったりする場合も多々あります。
#4342[2016/06/07 14:54]  sado jo  URL 

可能性のそれ自体を否定する事はないと思いますね。
可能性の先自体それが悪い事だと分かっているならいいですが、
最初から否定したら何もできませんしね^^
#4343[2016/06/07 20:19]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様COありがとうございます^^

> 可能性のそれ自体を否定する事はないと思いますね。
> 最初から否定したら何もできませんしね^^

自ら可能性を捨てたら、なんにも残りませんよね><
すぐに地球の人口は百億になる…今の人の考え方は、どうやって50億を淘汰するかです。
後ろ向き過ぎて争い事ばかりやる…百億をどうやって養うか、考えるべきでは無いかな?
前向きに考えれば、やる事はたくさんあるはずです。その方が可能性が開けて来ますよ^^
#4344[2016/06/07 21:51]  sado jo  URL 

こんにちわ
可能性を模索するのは大切だなと感じました。
幼少期の親離れは有り得るなと思いました。大和くんは凄いです。
#4345[2016/06/08 13:06]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 可能性を模索するのは大切だなと感じました。
> 幼少期の親離れは有り得るなと思いました。大和くんは凄いです

可能性と言うものはは、何かに依存しない事から始まります。
大和君の7日間は、元々の資質も手伝って、親に依存しない精神を養ったと思います。
強い子ですが、反面大人を観察しその心理を読むズルさ…心に両刃の刃を持つ子でもある。
でも、今の状況に不満を持ち、訳も分からず強い者に依存したがる大人が多い現代社会で、自ら困難を切り抜ける可能性を秘めているのは確かです^^
#4346[2016/06/08 13:26]  sado jo  URL 

そうですね

自分も、もし同じような境遇に置かれたら、この彼のように自力で生き延びようとするでしょう

で、力及ばずに死期が迫ってきたと感じたら、それに乗っかると思います

むしろ、生きることの苦しみを味わうくらいなら、死ぬ方が楽だと思うでしょうね

ええ、物事は常に両義的だと思います

例えば、黒は死や闇と真逆の、生命や弔いの意味もありますし、白も生命や活力とは真逆の停止や死の意味もあるわけですし

親は、多分自分の場合も、親の方が寂しいと思っているでしょうね
そして、自分に対して負い目も感じているでしょう

自分たちのせいで、息子がこんなになってしまった、って

なので、未だにタダ飯を月に2回ぐらい食べさせてくれます

もちろん、自分はズルいヤツなので、それをうまいこと利用してますw
#4348[2016/06/08 20:03]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> もちろん、自分はズルいヤツなので、それをうまいこと利用してますw

子供はある程度ズルくていいと思いますよ…それは賢さの裏返しですからね^^
親に逆らうのは、自立心の現れだしね…親は子供の人格を認めて導いたらいいと思います。
最も、自分はしばしば演技して親を騙してました…たまにバレて怒られたましたけどね(笑)
いいじゃないですか…そうやって自分の可能性を求めながら一人前の大人になるんですから。
#4355[2016/06/09 01:28]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
北海道の件は親が放置したわけではあませんよ。
子どもの問題行動への対処方法を間違えただけです。
あの自動は小学校でも問題行動を起こし、両親に対して学校側から対処するよう指摘されていたのです。
これを見落とすと親が捨てたことになるでしょうが、両親の苦悩はそんな簡単に割り切れるものじゃなかった事実を見落としてはならないでしょう。
児童が反対方向に進んでいったのは偶然の産物、そこに自衛隊の倉庫があったのも偶然、水道があったのも偶然の産物であり、選んだ道を間違えていたら命はなかったでしょう。
車から降ろされ父親の車を追いかけようとした方向を間違えなければすぐに見つかったでしょう。
親は五分で戻ってきたのですからね。
#4357[2016/06/09 17:18]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> あの自動は小学校でも問題行動を起こし、両親に対して学校側から対処するよう指摘されていたのです。
> これを見落とすと親が捨てたことになるでしょうが、両親の苦悩はそんな簡単に割り切れるものじゃなかった事実を見落としてはならないでしょう。

自分も問題児で、親に同じ事をされました。そして僅か数分で親を見限った。
そこに問題児と片付けられない意味があるんです…それは大人の不条理への憤り。
子供の行動を問題と断ぜず、教師も親も、もっと深く考える必要があるのではないかな?
単に子供では無く、何かの人格を持っているのです。その中には良い芽が必ずあります。
それが可能性の追求です…自分は猟師小屋に隠れましたが、数時間で猟犬に発見された。
その時思ったのは「親よりも犬の方が自分を必要としてる」でした…その猟犬は、自分が猟閑期の間はず~っと一緒に遊んでやっていた。親は狩猟期しか犬を必要としないから…意味が分かりますか?
#4358[2016/06/09 17:56]  sado jo  URL 

こんばんは^^

大和くん行方不明の間はご両親が、埋めてるとか酷い書き込みが多く
見つかると今度は、あんな子供だから、親も手をやいていただろう。
障害があるのだと思う。などなど・・・

私の母までもがお父さんが埋めたんだと思うわ。近所の人も言ってた。て言ってました。
まさかヤフコメ民だけでなく年配の人までもが・・・て思いました。
確かにあの年齢であの1週間過ごすのは信じがたいものがあります。
親離れがしっかりできるお子様なんでしょうね。

毎日次から次へとニュースが増えて驚いたことがすべて
上書きされていく自分にも呆れてしまいます(☍﹏⁰)。
#4359[2016/06/09 20:55]  ミノリ  URL  [Edit]

Re: ミノリ様COありがとうございます^^

> 確かにあの年齢であの1週間過ごすのは信じがたいものがあります。
> 親離れがしっかりできるお子様なんでしょうね。

ははは…子供だと馬鹿にしてはいけません。自分も大和君によく似た子でした。
まだ知恵は足りないけれど、人格的には親から自立している面白い子ですよ(笑)
不条理な大人達に大きな憤りを持ってますね…それが悪さになって現れてるんでしょう。
逆に言えば、清濁併せ呑める器だと思うので、大きな人格になれる可能性を秘めてます。
悪ガキほどいい大人になります…ま、彼にとってはいい冒険(体験)だったのかも(笑)
一面だけみて判断しない事が大事です。悪い部分に両刃の可能性が隠されてますから^^
#4360[2016/06/09 21:40]  sado jo  URL 

謹言

可能性に因んで短歌一首です、

芽出しの葉 早熟の実を摘まみ取る甘唐辛子畑の畝で
#4361[2016/06/09 23:33]    URL 

Re: 辻様COありがとうございます^^

> 芽出しの葉 早熟の実を摘まみ取る甘唐辛子畑の畝で

ははは…確かに早熟でしたね。でも摘み取られずにまだ生きてます
祖母曰く「奇妙な霊感のある子」だったらしく、この世に祟ってるかも知れませんが(笑)
#4362[2016/06/10 01:09]  sado jo  URL 

>人格を見極めて良い方向に誘導してやる事が必要かと思います

誘導する必要はないのだと思います。
人はいつも誰かの見よう見まねで覚えます。

そして、自分の形へと変える。
だから、導くのではなくただ見せればいいのだと思います。

と、マクロスΔの最新話を見て感じました。
どこまでも基本で、どこまでも使い古された演出で、…
結末はわかっている、
それなのにコクピットに血がぶちまけられるまで見続けてしまう。
そんなまるで誰かに見せる(教える)ために作ったようなシーンを見ると特に。

だからこそ、国際企業による軍隊は反対です。
それは彼らの成長を阻むと思います。
俺は、ハンデを背負った方が調子が出るタイプだと思ってます。
ハンデがあると自分の無駄が分かるんです。
そして、理想形が更新される。
これでまた上に行ける、と。
それと同じ連中は企業内にもいるのだと思います。
武力なし、という縛りで金の使い道に思い悩む者と
何の縛りもなしに力を行使した連中。
金という力の使い方で比べた時に差が出るのだと思います。
もしも彼らの内の何人かでも世界に召し上げられたとして、
彼らの祖たる始まりの商人とでもいえる相手に会ったとしたら何と言われるでしょう。

だから見届けるべきではないでしょうか、彼らの足掻く姿を。
それぞれの祖たる、始りの商人、軍神となった始まりの軍人、始りの指導者。
いつかそんな連中に会う日に恥ずかしさで顔を俯かせないように。
貴方と同じだけ苦しんだ、足掻いた、でも届かないのか、とそれぞれが持つ至高の一撃の中で、幾度なりとも挑むがいい、と言われるように。

この世界の二人の魔王。
でもこの世界は二人の魔王だけではないのだと思います。
そして、そいつらはこう思っている。
好きなだけやればいい、と。
どうせやめることなどできないのだから、と。


話がとびとびですみません
#4365[2016/06/10 22:10]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

> 誘導する必要はないのだと思います。
> 人はいつも誰かの見よう見まねで覚えます。
> そして、自分の形へと変える。
> だから、導くのではなくただ見せればいいのだと思います。

う~ん…難しい所ですね。ただ見せるだけでは。
親が殺されるのを見た子供は、相手に憎しみを抱く様になる。子供を殺された親もしかり。
その怨念を代々伝えていった結果が今の世界です。やはり教え諭す事は必要だと思います。
だが、教える側が自分の価値観を植付けるのも問題がある…それも同様の世界を作ってしまう。
人類共通の基準と言うものがいるでしょう…ふと思います。人が分たれた「バベルの塔」をね。
人の中に、人種・国家・民族と言う概念が出来てしまったのが、そもそもの間違いでは無いか?
ならば、それらを超える存在「マネー」と「物資」を司る経済は、今後の世界の鍵を握るはずです。
企業は毒も持ってますが、案外、その力は人類を纏め上げる方向に向かうのでは無いかとね^^
#4366[2016/06/11 15:14]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(1)    →長編連詩 「ヒトよ眠れ(7)」 ~簒奪に明け暮れる西洋文明~