シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~」
シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

乙女達の祈り 第4話 【境遇】 その3

古代シムーン04
模擬戦を競い合うコール・ブルーメの少女たち

「さぁ、行くわよ~!ファイル。古代シムーンなんかに負けてたまるもんですか」
「は~い、ディステル姉さま。がんばりま~す!」
 ディステルとファイルヒェンは張り切ってとび出した。しかし、二人が思ったより、バルザミーネとネルケは強かった。
 こちらは新型シムーン、あちらは古代シムーンとなめて掛かったディステルとファイルヒェンは、たちまち窮地に追い込まれた。
 ピンチの連続が続いたが、ファイルヒェンは巧みに機体を捻り込んで、何度も難を逃れてみせた。
「なかなかやるね~。あのおチビさん」アーエルが感心して言った。
「才能はあるわね~。先が楽しみだわ」ネヴィリルもうれしそうに見ていた。
 だが、サジッタのディステルがちょっとミスをした隙に、後ろを取られてしまった。
「は~い、それまで。ディステルとファイルヒェンはよくがんばったわね」
 勝負に負けて、不満そうな顔で降りて来たディステルは、早速ファイルヒェンに小言を言い出した。
「何で交わせなかったのよ~!こっちは新型シムーンなのよ」自分のミスは棚に上げて、ディステルは言った。
「ごめんなさい、ディステル姉さま」それでも、言い訳もせずに謝るファイルヒェンは可愛い子だった。
 ハイデローゼとイリスが、オルヒデとキルシュに勝負を挑んだ。
 くんずほぐれつの空中戦が幕を開けた。
 ハイデローゼとイリスは、何度もオルヒデとキルシュに肉薄しが、その度にひらりと相手に交わされてしまった。
「う~ん、強いよ。あの二人」イリスが感心したようにハイデローゼに言った。
「アルボル防空隊は精鋭揃いって聞いたわ。隊長のオーバス・フリスト様が戦いで負傷し、街も陥落して解散したけど」
「どうりで強いはずだ。何とか相手の死角に回り込めない?ハイデ」
「ええ、やってみるわ」
 ハイデローゼは、オルヒデとキルシュの下に潜り込んでから後ろを取ろうとしたが、相手に逆手を取られてしまった。
「負けちゃったね、イリス」
「うん、悔しいけど、これが実力の差かなぁ~」
 最後のオルヒデとキルシュ対、バルザミーネとネルケの戦いは壮絶なものになった。
 互いに一歩も譲らず、ポジション争いを繰り返し、いったんは機体で秀でたオルヒデとキルシュが優勢になったかに見えた。
 だが次の瞬間、バルザミーネとネルケは、大技インメルマン・ターンを使って、オルヒデとキルシュの正面に出た。
 眼前に迫る古代シムーン!アウリーガの視界が良すぎるのが、逆にシュミット・シムーンの弱点にもなる。
 オルヒデとキルシュは一瞬怯んだ。その間に勝負は完全に決まった。
 降りて来た四人をみんなは拍手で迎えた。
「よくやったわ、四人とも。見事だったわよ~」ネヴィリルは四人をねぎらった。
「いやぁ、まさか土壇場で負けるとは思わなかったよ~」キルシュは感心したように言った。
「私もバルザミーネの操縦にはいつも驚かされるの」ネルケはうれしそうに答えた。
「よく古代シムーンであんなすごい技ができるね~」そう言いながらオルヒデは、バルザミーネに握手を求めた。
 もちろん、オルヒデは相手を称えるつもりで言ったのだが、バルザミーネはムッ!とした。
「私たちは身分が低いからね。新しいシムーンなんかもらえなかった」
 吐き捨てるようにそう言ったバルザミーネは、オルヒデの握手を拒んで立ち去ってしまった。

 以前からバルザミーネとネルケの様子が気になっていたアーエルとネヴィリルは、二人を教官室に呼んだ。
「ねえ、バルザミーネ、ネルケ、あなたたちとっても身分を気にしてるようだけど…」
 ネヴィリルは諭すように、やさしく二人に言った。二人はしばらくの間黙っていたが、やっとネルケが口を開いた。
「私たちは本当の巫女じゃないんです。他の人たちと違って、戦争がなければシムーン・シュヴィラなんかにはなれなかった」
「関係ないよ。人は神の元に平等だって教えがあるでしょ…それとも嶺国じゃ違うの?」アーエルは尋ねた。
「そんな教えは聞き飽きたわ。現実はそんなもんじゃない。私たち貧しい農民の子は…」バルザミーネはムッ!として言った。
「あら、ここにいるアーエルだって農民の子よ。でも立派な神の巫女だわよ」ネヴィリルは、バルザミーネの言葉を否定した。
「そうだよ。シムーン・シュヴィラはみんな同じ仲間なんだから…辛い事があったらみんなで支え合わなきゃ」
 アーエルとネヴィリルは、親身になって、バルザミーネとネルケのかたくなな心を解きほぐした。

バルザミーネは、嶺国北部の辺境にある農村で生まれた。家は貧しく、とても巫女になれるような身分ではなかった。
しかし、礁国との戦争が始まり、嶺国はシムーンに乗って戦う少女兵士―シムーン・シュヴィラを必要とした。
幼い頃から運動神経抜群だったバルザミーネは、村長の推薦を受けて、嶺国大法院・シュヴィラ神学校に入学した。
『とうとう私はシュヴィラになれるんだ』バルザミーネは胸をときめかせてシュヴィラ神学校の門をくぐった。
だが、継ぎはぎだらけの服を着て入学して来た田舎娘の彼女を、周りの少女たちは面白がってからかった。
バルザミーネが反発すればするほど、少女たちは彼女をいじめた。バルザミーネの性格は、すっかりいじけてしまった。
そんな彼女を心配して、何くれとなく世話を焼いてくれたのがネルケだった。
ネルケは嶺国南部の生まれで、バルザミーネと同じ農民の子だった。
彼女もバルザミーネも、戦時特例の巫女候補生だったが、大家族の中で育った彼女は、やさしくて健気な性格をしていた。
家柄の良い少女が多いシュヴィラ神学校では、バルザミーネと同様にいじめられたが、笑って人の間に飛び込んでいった。
苦労してシュヴィラ神学校を卒業したバルザミーネとネルケは、パルを組んで戦場に出ると、たちまち輝かしい戦績を上げた。
だが、人の間に溶け込めないバルザミーネの度重なる独断専行は、周りののシムーン・シュヴィラたちの反感を買った。
そうして、各部隊を転々とし、どこに行っても厄介者になった二人は、訓練部隊に追い払われたのだ。

 農民の子から志願してシムーン・シュヴィラになったアーエルには、バルザミーネとネルケの気持ちがよく理解できた。
(私だって、戦争がなければシュヴィラになんかなれなかった。ネヴィリルと出会う事も…でも、今は戦争はいやだ)
(私も最初はアーエルが嫌いだった。何て礼儀知らずな子なんだろうって…でも、仲良くなるとアーエルの事が好きになった。人は家柄や育ちで判断するものじゃない)と、ネヴィリルも思った。
 アーエルとネヴィリルは、同じシムーン・シュヴィラとして、バルザミーネとネルケのよい話し相手になろうと決心した。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第4話 【境遇】 その4    →乙女達の祈り 第4話 【境遇】 その2
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第4話 【境遇】 その4    →乙女達の祈り 第4話 【境遇】 その2