シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

猿の惑星

猿の惑星

猿の惑星

そこを 自分の縄張りだと勘違いしている 猿たちがいる

そこに入ってきた異邦人や 異教徒の首を斬る 猿たちがいる
イスラム教徒や メキシコ人は入ってくるな と言う猿がいる
ここは 元は俺の土地だったと クリミアを奪った猿がいる
サンゴ礁を埋め立てて ここは俺の土地だと 言う猿がいる
同性愛者は邪魔だと 銃を振り回して 射殺する猿がいる
中国人や 韓国・朝鮮人は出て行けと叫ぶ 猿たちがいる

社会の正義の為だ 愛する祖国の為だ 神聖なる神の為だ
ごたいそうな 大義名分を並べ立てて 飾り立てているが
ホンネは縄張りが欲しいだけ 詰まるところは猿と変わらない

奴らの正体をよく見よ! 奴らは知性を持った人間ではない
今この惑星で 世界中で 人間ではない猿の群れが争い合う
そして 知性を持つ人間は 猿に追い詰められてゆく
猿の群れの 暴力と野蛮が この星にはびこってゆく
そして やがてこの星は 「猿の惑星」となってゆく

「猿の惑星」は SF映画の中にあるのではない
今 ここにあるのだ その日が刻々と近づいている
困った事に 人間の世界には 人を裁く法律はあっても
猿を裁く法律が まったくない事だ



「猿の惑星」りマスター版紹介 キャスター:チャールトン・ヘストン

自分が主演した映画を大真面目に紹介するヘストン…劇中のセリフが余りにも面白いので逆にご紹介します。
★ この星では人間は最も下等な生物だ=私もそう思います。上の連中がいなければ高等生物だったでしょうね(笑)
★ 人間に理性などない=上の連中をサンプルにするならまったく同感です。他にサンプルは無かったのですか?(笑)
★ みんなイカレてる=三度も繰り返さなくていいです。上の連中がイカレてるのは、とっくに分かってますから(笑)
★ みなさんを恐怖のドン底に突き落とすでしょう=上の連中のお陰で、もうみんなドン底に突き落とされてます(笑)
★ お前の処分は去勢だ=大賛成です。さっさと上の連中を去勢して下さい。そうすれば世界は平和になります(笑)


にほんブログ村 ポエムブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第7話 【異郷】 その5    →未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(10)

~ Comment ~


人は、猿だった頃から、本質は変わらない、て言葉、思い出しました。
科学が、発展して、お利口さんに、なった、て勘違いしていますけど。
精神性は、古代の昔から、変わっていませんもの。
二千年くらい前から、同じ問題が起きても、同じことを繰り返す、民主主義。
いつになったら、ホントに進歩するのでしょうね・・・

かしこ
#4745[2016/09/05 00:50]  みかんゼリー  URL 

国のトップが猿だったら猿を裁けなくて当然(笑)。
人間はこの世界で最も高位な生物と勘違いしてますが
実際は猿と同等かそれ未満。本物の人間は肩身が狭いですね。
むしろ人間を支配する生き物が現れてくれたほうがありがたいかも。
それでも変わらず縄張り争いしてたら本当に救いようがありませんね。
#4746[2016/09/05 09:49]  西條すみれ  URL 

Re: みかんゼリー様COありがとうございます^^

> 人は、猿だった頃から、本質は変わらない、て言葉、思い出しました。
> 科学が、発展して、お利口さんに、なった、て勘違いしていますけど。
> 精神性は、古代の昔から、変わっていませんもの。

「早く人間になりた~ぃっ!」…ってアニメもありましたけどね(妖怪人間ベム)
この世界の猿は人間になる努力をするどころか、妖怪変化になっている…特に指導層><
彼らの言う大義名分は、ただの「縄張り争い」…人間世界と言うが猿山と変りません。
腕力がジェット戦闘機やミサイルになっただけで、本質は猿と同じ…なのでサルの惑星です(笑)
#4747[2016/09/05 11:06]  sado jo  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 国のトップが猿だったら猿を裁けなくて当然(笑)。
> 人間はこの世界で最も高位な生物と勘違いしてますが
> 実際は猿と同等かそれ未満。本物の人間は肩身が狭いですね。

ヒューマンと言う意味を理解せず、ヒューマンとして行動しない…だから猿(笑)
そんな猿が人を支配してるから、地球は「猿の惑星」…映画の意図はそこにあります。
本物のヒューマンは極少数派で、世界に人間の自由は無く、偽ヒューマンの猿が権力を握って人を支配し、縄張り争いをやって世界を滅ぼしたんですね。
ラストシーンの「壊れた自由の女神像」が哀れな人猿の末路を、見事に予言しています。
#4748[2016/09/05 11:26]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
今週もよろしくお願いします。
台風が熱帯低気圧に変わって少し安心ですね(^_-)-☆

文字変換の間違いを指摘していただいてありがとうございましたm(o´・ω・`o)mペコリン
習ですね(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
#4749[2016/09/05 16:30]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 台風が熱帯低気圧に変わって少し安心ですね(^_-)-☆

大雨は降りましたが、こちらは自衛隊の出動にまで至らなかっただけ幸いでした。
地震に、台風に(北朝鮮の)ミサイルに、九州から北海道まで自衛隊は最前線にいます。
日本人はただでさえ自然と戦争してるんだから、もうこれ以上の戦争は御免ですよ(笑)
#4750[2016/09/05 17:27]  sado jo  URL 

買いあさる、掠めさる、消しさる、後ずさる、葬りさる・・・
と、こういった不埒なことがますますユニヴァーサル化しています。
しかし、成さざる、ふてくさる、気がくさるのは良くないことでしょう。

この世は、猿知恵働かす者と猿の尻拭いばかりする者どもの猿芝居。
見ざる、言わざる、聞かざる、は封建時代の良い生き方でしたが、
今日も、言わぬは言うにまさるとしているのが一つの智慧でしょうか。

サルトルが言ってます。
「人間の運命は、人間の手中にある」
「すべての答えは出ている。どう生きるかということを除いて」

この猿の惑星からうまくサルベージする方法はないものでしょうかね。
#4751[2016/09/06 11:57]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> この世は、猿知恵働かす者と猿の尻拭いばかりする者どもの猿芝居。
> 見ざる、言わざる、聞かざる、は封建時代の良い生き方でしたが、
> 今日も、言わぬは言うにまさるとしているのが一つの智慧でしょうか。
> この猿の惑星からうまくサルベージする方法はないものでしょうかね。

人の不幸は、全て欲望の為せる業…とは言え、その欲望が人を幸せにもする。
封建時代は、人の欲望を特定の宗教によって強制的にコントロールした時代です。
自由な時代が訪れた今、宗教ははみ出すか?役に立たないか?どっちかになってます。
ある意味、マルクスの革命は形態上では失敗しても、人の精神上では成功したのです。
宗教が葬られた規範の無い国家は、人の欲望に翻弄されて迷走しているのが実態です。
神のいない世界は、同時に人もいません…ちなみに、ここで言う神とは人の理想の姿。
人は理想を持ちますが、猿は理想を持ちません…なので規範を失った「猿の惑星」です(笑)
#4752[2016/09/06 13:03]  sado jo  URL 

>人間の世界には 人を裁く法律はあっても
>猿を裁く法律が まったくない事だ

しかし猿の世界には猿を裁く法があります。
ただ一つの法が。

かつて猿は大移動して世界各地に広がりました。
その過程で高山地帯を抜ける際に寒さに弱い種(個体)は死に。
逆に、高温化ではそれ耐える種(個体)が残りました。
そして死んでいったものにはそれまで群れを率いてきた猿もいたはずです。
リーダーを失った群れは何故生き延びれたのか?
それは代わりに群れを率いた猿がいたからです。
そして猿たちは永い年月群れを守り続け世界中に子孫を残した。

しかし、その末裔は猿の法を忘れてしまった。
トップがダメになった時には自分が代わらねばならないという群れに生きる義務を。

多分この世界を滅ぼすのは、猿たちではありません。
群れの義務を忘れた家畜です。
今群れを率いるトップたちは少なくとも群れを率いるという点でだけは義務は果たしているのだと思います。
その判断が正しいかは別として…。
そして、その判断が間違っているのなら次の猿が代わればいいだけの話なのだと思います。
#4753[2016/09/06 13:14]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

> しかし猿の世界には猿を裁く法があります。
> しかし、その末裔は猿の法を忘れてしまった。
> トップがダメになった時には自分が代わらねばならないという群れに生きる義務を。
> 多分この世界を滅ぼすのは、猿たちではありません。群れの義務を忘れた家畜です。

猿の世界には猿を裁く法があります…「力」「腕力」「暴力」がそれです。
ただ猿の法には欠陥があります。他の群れと衝突した時どちらか、或いは両方が滅びる。
今、その法が人間界に適用されている…人の法でない法を用いるから世界が荒れています。
人がただの家畜なら、羊飼いに従えばいい…それで当面は食べる事に困らず生きて行けます。
しかし、自分が毛皮(税)を取られ、やがて屠られる運命にある事を知っている羊はどうか?
人は羊飼いの意図を知り、自分の意志を持つ賢い家畜です…どんな為政者でも飼い切れない。
最も為政者自身が民の家畜なのです…自覚せず猿の法を用いると、群れごと我が身を滅ぼします。
#4754[2016/09/06 13:56]  sado jo  URL 

チャールトン・ヘストンといえばタカ派中のタカ派、ゴリゴリの共和党右派ですね。
全米ライフル協会にお墨付きをもらうほどの死の商人お抱えの大根役者です。
チャップリンが生きていたらコテンパンに皮肉るでしょう(笑)
マイケル・ムーアに言わせるとアホで間抜けなアメリカ人の代表格だそうですよ。
#4755[2016/09/06 16:49]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> チャールトン・ヘストンといえばタカ派中のタカ派、ゴリゴリの共和党右派ですね。
> 全米ライフル協会にお墨付きをもらうほどの死の商人お抱えの大根役者です。
> マイケル・ムーアに言わせるとアホで間抜けなアメリカ人の代表格だそうですよ。

ジョン・ウェインもですが、昔のアメリカは暴力を奮う肉体派がヒーローでしたね(笑)
そのヘストンが猿以下の人間を演じたのが「猿の惑星」…だから、皮肉の価値があります。
劇中のセリフで「お前らはイカレてる」と自虐してるのが、またいいんですよね~♪
猿に言わせると「猿以下のお前に言われたくない。とっとと失せろ」となりますよ(笑)
大根役者どころか、地のままで見事に人の価値を墜してくれた名演技でした。迷演技かな?
力に驕り、暴力を奮う者が英雄視される様では、地球は「猿以下の惑星」です(笑えない)
#4756[2016/09/06 17:59]  sado jo  URL 

こんにちは
猿の惑星のラストは衝撃的でしたね。
詩は人間の醜さが出てるなと思いました。
#4757[2016/09/07 13:12]  ネリム  URL  [Edit]

「神はいない。そう、俺が殺した」
〜フリードリッヒ・ニーチェ〜

「純粋な理性なんてもんは存在しねぇのよ」
〜イマヌエル・カント〜

「人間は所詮性欲で動いてるもんだし」
〜ジークムント・フロイト〜

「人間は管理されたがってるのだよ。自らの利益につながることにしか興味を示さず、他のことには目もくれない。人間は、圧倒的な力で支配された方が幸せなのだ」
〜ドゥラガン・C・ミカド(ゲーム「バウンサー」より)〜


どれもこれも的を射てるセリフばかりですなw

とりあえず、あまりに猿呼ばわりすると、モノホンの猿に失礼なのでw

せめて、ヒトwって呼ぶことにしません?(爆笑)
#4758[2016/09/07 17:54]  blackout  URL 

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 猿の惑星のラストは衝撃的でしたね。
> 詩は人間の醜さが出てるなと思いました。

名作映画「猿の惑星」のラストシーンは、人間の醜い争いの結末を表してましたね。
岬の外れに傾いて立つ「自由の女神像」は、死んだ神(倫理の死)を暗示してました。
#4759[2016/09/07 18:33]  sado jo  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> どれもこれも的を射てるセリフばかりですなw
> とりあえず、あまりに猿呼ばわりすると、モノホンの猿に失礼なのでw
> せめて、ヒトwって呼ぶことにしません?(爆笑)

ははは…哲学者や創作者は、見事に人間の本質を見破ってますよね(笑)
同じ霊長類であり、本能的にも猿に似てる人間が、猿に勝る部分はどこでしょう?
効率よく相手を殺す武器を作れる事。ひいては大量殺人が可能な核兵器を作った事かな。
はて?猿は食べる分だけ小動物を殺しますが、人間は同種はおろか動物全部を殺してしまう。
地球は放射能で汚染されるし、自分が飢え死にするだけ…人間には非論理的な発想しかない。
猿より馬鹿ですよね~…ミスター・スポックなら、もっと論理的な発想をするでしょう(笑)
#4760[2016/09/07 19:05]  sado jo  URL 

>群れごと我が身を滅ぼします。

それで滅びるならそれまでだったということでは?

世界が荒れたのではなく、世界は元々荒れてます。
家畜小屋の外では毎日餌代電気代に頭抱えてる人がいます。
その人達に守られた世界は荒れていないだけ。

飼いきれない家畜ならそれはそれで構いません。
その時がきたなら猿の代わりになれるのであれば。

しかし、今の世界にどれほど残っているでしょうか。
食べるのに困らない場所から地獄へと足を踏み入れる人間が。

そんな人間がいたからこの世界は今まで維持されてきた。

もし、この世界の全てが自分は家畜でいいと思ってしまったならその先にあるのは滅びよりもひどいものであると思っています。
自分達が滅んだことすらも理解できなくなった世界、そうなるのではないでしょうか。
#4765[2016/09/09 17:19]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

いや、人々を指導した人物が世界を維持して来たとは思えませんね~
秩序を作ったと自慢しても、人間世界だけの事…荒れてるのは人間だけで他は荒れてない。
大気の組成が少し変化しただけで、気温が僅かに変わっただけで、環境が変化しただけで、
地球上の種族は交代します…人類なんてほんの中継ぎ投手。身の程をわきまえた方がいい。
本人は変えたつもりでも、何も変っていない…その点では指導者も家畜もおんなじ事です。
群れごとと言うのはそう言う事です…名を残すよりも群れの存続を最優先にした方がいい。
でないと、僅か2百万年程の間地上にいた存在になる…1イニングと持たなかったヘボ投手(笑)
#4766[2016/09/09 22:45]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第7話 【異郷】 その5    →未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(10)