シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

実話「事実は小説より奇なり」

事実は小説より奇なり 第四話 「トンネルの怪」

幽霊

これは世藻末茶が酒場を経営してた頃の、お店にまつわる実話エピソードです。

ある日、人の良さそうな、小ざっぱりした中年紳士がお店にやって来ました。
見たところ、世藻末茶と歳が同じくらいで、なかなかロマンス・グレーのナイスミドルでした。
聞くと、彼も事業をやっているらしく、とても気が合い、いつしか客とマスターの垣根を越えて大の友人になりました。

ある日その彼が、「今度の休みの夜に面白い遊びをするから、付き合わないか?」と、言いました。
休みの日は、どうせ朝から晩まで一日中暇だし「あぁ、いいよ」と言って、私は彼の遊びに付き合う事にしました。
約束の休みの夕方、彼は私の住んでるアパートまで、車で迎えにやって参りました。
見ると年の頃25、6の若い女性を連れています。髪の長い細面の、たいそうスタイルのいい娘でした。
(こいつもなかなかやるなぁ~) と思いながら、一緒に車に乗ると、彼は街の郊外に向かって走り出しました。
途中のレストランで、彼の奢りで夕食を済ませ、山の麓にある〇〇バイパスまでやって参りました。
中国縦貫から街まで物資を輸送する通商路、〇〇バイパスには山を貫くトンネルがあります。
彼はトンネルの脇の林の小道に車を乗り入れ、何やらゴソゴソしながら一眼レフのカメラを取り出しました。
一方の連れの女の子は、車の陰で浴衣に着替えて、バイパスのトンネルの入り口まで下りて行きました。
そして、トンネルの前でいきなり浴衣の帯紐を解いたのです。
夜のトンネルにフラッシュが瞬き、彼は肌もあらわになっていく彼女の写真を撮り始めました。
女の子は少しづつ浴衣をずらしながら、色々とあられもないポーズを取っています。
見ている私は周囲の様子が心配で、気が気では無く、若い女の子のヌードを楽しむどころではありません。
「おぃおぃ、こんな事をしてたら、誰かに見つかりゃ~せんか?」心配の余り、私は彼に言いました。
「なぁに、いつもの事だから…」と、彼は意に介さずに写真を撮り続けています。
案の定、トンネルの向こう側から、車のヘッドライトの灯りが見えて参りました。
「来たな…おい浴衣を着ろ!隠れるぞ~」彼は女の子にそう言って、三人は林の中に隠れました。
やって来たトラックは、トンネルを出て少し進んでから停車し、運転手が窓から顔を出しました。
後ろを振り返りながら、何やらキョロキョロしていましたが、そのまま走り去って行きました。
「このスリルがまたいいんだよなぁ~」肝を冷やした私に、彼は平然とそう言いました。

それからしばらくして、ネット・サーフィンをしていた私の目は、とある記事に釘付けになりました。
その記事にはこう書いてありました。

この続きは <続きを読む> からどうぞ
 


「〇〇バイパスのトンネルに女の幽霊が出る!!」と。

どうも彼は、夜な夜なあのトンネルで、女の子と何度もいかがわしい事をして、遊んでいたみたいです。
それをかいま見た、車の運転手たちの噂が噂を呼んで、大騒ぎになってるみたいでした。
それから程なくして、お店にやって来た彼に、私は言いました
「お~ぃ、騒ぎになってるぞ~。まだあのトンネルで遊んでんのか?」
彼は、トンネルの出来事が大騒ぎになっている事を知っていました。
「あぁ、あそこは見物人が多くなってなぁ~。使えんようになった。別の場所を探すわ」
さて、人々は何を見物しに来ていたのでしょうか?
若い女の子のヌードなのか?それとも幽霊なのか?…私には、未だもって謎のままです。
「あんまり、あっちこっちで妙な騒ぎを起こすなよ~」と、私は笑いながら彼に言いました。

今だからこそ言えますが、その頃はその「都市伝説」の真相は、口が裂けても誰にも言えませんでした。
こうして私は、初めてロマンス・グレーのナイスミドルが、実は「露出狂」であった事を知ったのです。
世の中には、外見から見ただけでは分からない人がたくさんいます。
現に、世の模範たるべき大学教授や、学校の先生、公務員などが、いかがわしい事をして捕まったりしています。

私はつくづく思いました。
死んだ幽霊よりも、生きている人間の方がよっぽど恐いと…

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←「人道と博愛の天使の聖地」クリミアを穢す輩    →乙女達の祈り 第4話 【境遇】 その5
*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~


確かに外見だけでは、その人の全てがわからないのは、その通りだと思います

ただ、内面はなんだかんだで顔に出てたりしますよね

的確に言葉にはできないですが、なんとなく○○な感じ、というのは伝わってきますね
#71[2014/03/08 19:20]  blackout  URL 

Re: う~ん、彼は見事な化狸(害の無い)でしたねぇ(笑)

いやぁ~、人間って素性を隠す為に、巧みに「擬態」しますからねぇ~
諜報機関などでは「もっともスパイらしくない者がスパイ」だと言われているそうですよ(笑)
女性の方はお気をつけ下さいね。ぱっと見て「盗〇者」や「痴〇」にはとても見えない人を(爆笑)
#74[2014/03/08 22:10]  佐渡 譲(sado jo)  URL  [Edit]

お早うございます。joさん。

幽霊は好きではないですが(笑) 人間の嫉妬 恨み 妬みの方が
よほど怖いと思います…。
何食わぬ顔おをして 色々されている方もおりますので…(笑)
祖母も言っておりました。
何が一番怖いって人間の感情だよ…って。

この男性とはまだお付き合いを?(笑)
#570[2014/08/08 08:38]  花音  URL  [Edit]

Re: h様 COありがとうございます^^

> 祖母も言っておりました。
> 何が一番怖いって人間の感情だよ…って。

その通りです。幽霊よりも怖いのが人の情念!これが幽霊の正体かも?…です(笑)

> この男性とはまだお付き合いを?(笑)

病気でBarを閉めてから、年賀状のやり取り位ですね。
まだやってるんでしょうかねぇ…露出。まァ、あれも病気の一種ですがね(笑)
#573[2014/08/08 20:14]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←「人道と博愛の天使の聖地」クリミアを穢す輩    →乙女達の祈り 第4話 【境遇】 その5