シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

▼未来戦艦大和

未来戦艦大和 ~補足説明~

原子力宇宙船

さてみなさんは、宇宙空間では核兵器(原水爆)がほとんど役に立たない事をご存知でしたか?
原理的に核兵器は、ウランやプルトニウム、水素などの物質の原子を分裂、又は融合させて巨大な破壊力を生み出します。
核兵器の破壊力は「爆風」「放射線」「放射能」「熱線」と言う4つの要素から成り立ち、これらが人体を破壊して、殺傷いたします。
ところが、宇宙空間においては、空気や水などの爆風を伝播させる物質がない為、核爆発は極狭い範囲にしか影響を及ぼしません。
次に、宇宙空間は常に放射線が飛び交っており、宇宙船には物理的、又は磁気的な防護シールドが施されていて効果はありません。
物質である放射能は、対流の起きない宇宙空間では序々にしか拡散せず、ましてや密閉空間である宇宙船内部には侵入出来ません。
最後に熱線ですが、何もない宇宙空間の温度は絶対零度(-272℃)であり、仮に核爆発が起きても、その熱線は急激に減衰します。
多分、人類が作りうる最大の核兵器でも、少し離れた場所ではいい湯加減程度になってしまい、熱線の破壊力は余り期待出来ない。
なぜなら、太陽は質量1kg当りで2×10-4J・s-1・kg-1毎秒と言う人類の核兵器が霞む様な大核爆発を起してますが、それでもなおかつ、
149,600,000km離れた地球に届くのはこの程度の熱線なのです。お解りですか?宇宙では直接当てない限り核兵器は効力をなさない。
従って、宇宙空間での核戦争を描いたSF映画やドラマ、アニメや漫画は荒唐無稽なもので、まるで科学的根拠に欠けているのです。

だが、熱線は全然役に立たないか?と言えばそうでもない。現に太陽光の弱い熱線でも、レンズなどで増幅すれば高熱を発します。
すると、それを応用すれば、熱源以上の高密度・高温度のプラズマ・レーザー光線を射出する兵器が作れたりするかも知れません。
未来戦艦大和の世界では、このレーザー兵器が使われています。けれど、宇宙空間に比べ地球上の環境ではかなり無理があります。
特に、環境破壊によって大気の粒子が粗く密度も濃いこの世界では、気象条件にも左右され、かなりのハンデを背負う事になります。
SFに出て来る宇宙兵器には、他に電磁砲や重力砲、レールガンなどがありますが、磁力と重力は元々物質に懸かる力場が弱い為に、
これを破壊的な力に増幅するには、膨大なエネルギー源が必要になります。地球(惑星)1個分の磁場や重力でも現在の程度です。
同じ磁場を利用するなら、弾丸を高速射出するレールガンの方が実用的ですが、如何な高速弾丸もしょせん光の速さには勝てない。
いかに高速でも、核ミサイルや弾丸は、レーザー兵器と比較すると亀の歩みであり、目標に到達する前に撃破されてしまいます。

さて、宇宙空間で核兵器の威力が無いなら、核開発など無駄な様な気もします。ましてや、原子力発電は大変危険が伴いますしね。
でも、それは地球での話…何もない無重力の宇宙空間では、核分裂は一定の範囲に閉じ込められる。それを逆利用しない手はない。
大気圏外に原子炉衛星を置いて、それに巨大なソーラーパネルを取り付ける。そうするとハイブリットな宇宙発電が可能な訳です。
もし、原発事故が起きてメルトダウンしても地球には何の影響もない。そうなると、現在より遥かに純度の高い原子燃料が使えます。
プルトニウムは有り余ってるし、無限増殖炉も可能…太陽発電と組み合わせると発電力は数十倍に達し、百年以上は使用できます。
地上に電力を供給する方法は、光ケーブルの様なワイヤー方式でもいいし、理想を言うなら雷の原理を応用したらいいと思います。
つまり、送電元と受電先の極性を+-逆にすれば、地上に電力を供給出来ます。これで人類はエネルギー資源の枯渇から救われる。

もう一つ、原子力はエンジンとしての使い道があります。狭い範囲での核分裂は、それだけ余計に領域内に膨大な力を及ぼします。
それを応用すれば、超高速ロケットエンジンになる。無重力下の宇宙空間では慣性の法則が働き、宇宙船は亜光速にまで達します。
船体が光速に耐えられるなら、4光年先のアルファ・ケンタウリまで往復8年。牡牛座のアルデバランまで往復130年と言った所です。
つまり、原子力エンジンは恒星間航行を可能にする…人類は他の天体に移住出来るのです。多分、宇宙船内は無菌環境だと思うし、
栄養バランスの取れた食生活になるので、クルーの寿命は大幅に伸び、アルデバランまで行って帰って来るのに充分あるでしょう。
但し、途中で産まれた子供が問題です…この子は地球の重力に耐えられず、地球上の一切の物に触れる事が出来ません。女の子と、
キスしただけで、弱い細菌に簡単に冒され重病になります…大変気の毒ですが、この子は科学が生み出した宇宙の孤児となります。

膨張を続ける宇宙は星と星を引き離し、百万年後には夜空の星は見えなくなるとか…人類が存続してたら子孫は可哀相なもんです。
原子力開発に反対する人もいますが、せめて、人類が食い尽くした地球からの脱出手段だけでも残しておいてやりたいと思います。
科学力がその域に到達して原子力が華開くまで、どうか諦めずに安全な場所で原子力を研究していただきたいと願っています。


映画「スターウォーズ(1977年)」 懐かしのオープニング

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←悪徳の華    →未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(8)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


いくら核兵器を作っても、大きさによっては隕石1つでそれを遥かに凌駕しますからね。
地球にとっては直径たった数十km程度の隕石でも滅亡してしまいます。
人類が今後どこまで争うのかわかりませんが
宇宙人にだけは喧嘩売らないでほしいですね(笑)。
#4530[2016/07/16 09:11]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> いくら核兵器を作っても、大きさによっては隕石1つでそれを遥かに凌駕しますからね。
> 人類が今後どこまで争うのかわかりませんが
> 宇宙人にだけは喧嘩売らないでほしいですね(笑)。

宇宙では、隕石や小惑星の衝突の方が核兵器よりも遥かに恐ろしいかも…ですね。
宇宙人なら、太陽熱を利用したプラズマ・レーザー砲を作れるかも知れませんね。
増幅した数万度の熱線が地球を襲う…戦争好きな人類への懲罰?まるで神だなぁ(笑)
#4531[2016/07/16 13:23]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
地球はいずれ寿命が尽きます。
それならば少しでも自然破壊をやめて未来に生きる子孫たちに残してやるのが現代に生きる人類の務めでしょう。
人類が原子力エネルギーを自由にコントロール術さえ持っていないのにわざわざ地球環境の悪化を進める原子力開発などする必要はありません。
地球から脱出しようと思ってもそれはほんの一握りの人たちだけの欲望に過ぎませんからね。
#4532[2016/07/16 17:25]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 人類が原子力エネルギーを自由にコントロール術さえ持っていないのにわざわざ地球環境の悪化を進める原子力開発などする必要はありません。

宇宙(惑星系)は、元々核爆発によって出来た世界です。常に放射線や放射能が飛び交ってます。
ならばそれが自然な状態…地球は特別製の動物園で、生命は核の脅威から保護されて生きてます。
動物園の中で無理矢理やるから問題なのです。動物園の外なら地球には何の影響も及ぼしません。
どうせ遠くない将来、エネルギー資源は枯渇します。今はイヤでも、やがて人類は原子力の恩恵を受ける事になります。後は科学の進歩次第ですけどね^^
#4533[2016/07/16 18:22]  sado jo  URL 

ほかの惑星への移住は、何年か経つと、確かに現実化する可能性がありそうですね

まぁ、早くても50年後ぐらいでしょうけど

宇宙ステーションは、いわばその布石かなと

最有力候補は、やはり火星なんでしょうね
一時期、探査してみたら大気があったかもしれないとか、水があったかもしれないって言う情報が出てましたから

逆に太陽に近い金星や水星は、やはりとんでもないぐらい条件が悪くて無理ってなったみたいです

なんせ、濃硫酸の雲に覆われて地表は秒速の風が吹き荒れてたりとか、地表が500℃とかですからね(汗)

その前に、天変地異や核戦争、もしくは超低温・超高温、水没、環境汚染あたりで、人類もろとも地球がやられるかもですが(汗)
#4534[2016/07/16 20:26]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> ほかの惑星への移住は、何年か経つと、確かに現実化する可能性がありそうですね
> 最有力候補は、やはり火星なんでしょうね
> その前に、天変地異や核戦争、もしくは超低温・超高温、水没、環境汚染あたりで、人類もろとも地球がやられるかもですが(汗)

う~ん…太陽系の惑星を、人類の居住可能な環境に改造するのは余り現実的でない気がします。
だけに、それ相応の環境が整った他の恒星系への移住を可能にする原子力エンジンは重要です。
水、酸素、食物が収穫出来る土地、人体に適合した重力、放射線から保護された惑星となると、
数は限られて来ますね…人間は何かとキャパが狭い。争い事もやるし、面倒な連中ですよ(笑)
#4535[2016/07/16 20:49]  sado jo  URL 

こんばんは^^

マイナス272度?
マイナス100度も私的には違いが判らないほどの数字です。
ハァ~~て息を吐いたら、どのようになるのかな?
と想像してしまいました(笑)
まず顔が出せないですね。息するだけで凍り、呼吸困難になる?のかな。

sado joさん宇宙の事もほんとお詳しい~!
理科や数学の教師の免許とかお持ちですか?-^^
#4536[2016/07/17 18:14]  ミノリ  URL  [Edit]

Re: ミノリ様COありがとうございます^^

> マイナス272度?
> ハァ~~て息を吐いたら、どのようになるのかな?と想像してしまいました(笑)

絶対零度(-272度)の温度に触れた人体は、瞬間的に凍結してしまいます。
息を吐く余裕などないです(笑)多分、お箸で触った途端にバラバラに砕けるでしょう。
でも、宇宙空間が絶対零度であるお陰で、人間は太陽熱で焼け死なずに済んでます(笑)
#4537[2016/07/17 19:15]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←悪徳の華    →未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(8)