シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(9)

駆逐艦 雪風
小さな体で懸命に大和を守る駆逐艦「雪風」

一瞬、爆発の衝撃にあおられた大和の船体が左舷に傾いた。
「取り舵戻せ~!…副長。船体に損傷はないか?」
有馬艦長は成海航海長に操舵を命じると、能本副長に被害報告を求めた。
「敵の魚雷の破片はシールド内で消失…右舷隔壁に損傷なし」副長はそう答えた。
「やれやれ、肝を冷やしてくれる」来島参謀長はほっと胸をなで下ろした。
 さすがにベテランの船乗りである有馬艦長は、落ち着いて状況を判断していた。
 雲の中から飛び出してくる敵機の編隊を見るやいなや、即座に航海長に命じて舵を切らせ難を逃れた。

 その一方で、砲術長の駒之助もよくがんばっていた。
 彼女は、周囲360度に展開されたフォログラムの隅々にまで目を光らせながら、敵機の襲来を前もって予測した。
 敵機は、決してやみくもに降下してくるのではない。必ず目標を視認して、雲の中から飛び出してくる。
 駒之助は、敵からこちら側が見える雲の僅かな切れ目や、密雲の薄い部分を見逃さなかった。
 あらかじめ予想した位置に熱線粒子連射砲を向けさせ、機先を制して敵機の攻撃を巧みに防いだ。
 秀でた直勘と予測力…それこそが砲術士としての彼女の際立った特徴だった。

 大和の前を行く連合艦隊の各艦もよく敵機の攻撃を凌いでいた。
 特に、空母機動部隊を護衛する為に防空駆逐艦として建造された冬月と涼月の熱線粒子高射砲は持てる力を発揮した。
 この二隻の駆逐艦は、軍艦本来の戦いである艦隊戦を放棄する代わりに、速射可能な小型の高射砲を主砲として備えている。
 その8門の主砲と、ハリネズミのように巡らした粒子連射砲から発射される熱線が、小雨に触れて空中に火花を散らした。
 時すでに遅く、今は守るべき空母とてない冬月と涼月は、それでもすべての砲を上空に向けてその本領を発揮していた。
 歴戦の勇者である寺内中佐の雪風と、酒巻少佐の初霜も、次々に襲い来る敵機の波状攻撃によく耐えていた。
 駆逐艦の高速性を生かして、上空に飛来する敵機を右に左に交わしながら、後ろを見せた敵を熱線粒子砲で撃つ。
 それは、まるで京の五条大橋で、武蔵坊弁慶を相手に立ち回りを演じている牛若丸のようだった。

 若き連合艦隊司令長官、羽生大二郎は沖縄水上特攻に当たって、何の考えもなしに艦船を選抜したのではなかった。
 各艦の能力や特徴を充分に考慮し、それぞれの艦を指揮する艦長の技量を見極めた上で艦隊を編成していたのだ。
 今、坊の岬沖で敵機の大群を相手に戦っているのは、日本海軍きっての選りすぐりの猛者たちだった。
 とは言え、物量にものを言わせてすさまじいまでの攻撃を仕掛けてくる敵機のすべてを防ぐのはさすがに困難だった。
 まず、熱線粒子砲の対空砲火をすり抜けて、至近距離まで急降下してきたヘルダイバーのレーザーが、浜風の後部を直撃した。
 ドド~ン!と言う爆発音とともに、スペクトロン耐熱タイルを破られた浜風の後部甲板がめくれ上がった。
 続いて、駒之助の監視の目をかいくぐったF4Uコルセアの編隊が大和に急接近してきた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(10)    →人間の値打ち
*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~


最近の若者も質より量で攻めてきますよね。その時点で質が悪いですが(笑)。
戦場でも英雄と呼ばれるような人は質(人格)が良いです。
一方、自ら悪へと成り下がり、集団で悪行を働く少年達は
殺す気はなかったと言っても泡を吹いているところを川へ浸けたら死ぬでしょうに。
そんなこともわからないというより、殺意はあったと思いますね。
#4731[2016/09/01 09:06]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 最近の若者も質より量で攻めてきますよね。その時点で質が悪いですが(笑)
> 一方、自ら悪へと成り下がり、集団で悪行を働く少年達は
> 殺す気はなかったと言っても泡を吹いているところを川へ浸けたら死ぬでしょうに。
> そんなこともわからないというより、殺意はあったと思いますね。

本当に死ぬとは知らなかったんじゃないかな?その意味では殺意はなかったのでは?
最近、そんな若者が多いんですよ…物事の結果を考えたり、全体を読む力の無い奴が。
その場の空気だけで動いてます…30万の収入がある家庭と、15万しか収入が無い家庭。
片方は好きに物が買えるが、片方は苦労してやりくりしながら物を買ってるんですよ。
同じ物を持っていても、手に入れるプロセスに大きな差がある…その差を貧困と言う。
彼女がなぜ恥を晒してテレビに出たか?貧乏なので取材料(小遣い)が欲しかったから。
そこまで読めなきゃ社会で通用しない…金の貧困より、脳ミソの貧困の方が深刻ですよ。
量だけあって中身スッカラカンの貧困女子集団パッシグには辟易します。頭悪すぐる><
こんな奴が増え続ける日本は、本当に大丈夫なのかなぁ…先行き不安(笑)
#4732[2016/09/01 13:33]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
今月もよろしくお願いします。
台風が東北から北海道を直撃してずいぶん被害が出たようですね。
西日本も大雨で被害が出たようですが、東海地方は何もありませんでした。
今日は真夏に逆戻りしたようなお天気です・・orz

未来戦艦大和、読ませていただきました。
#4733[2016/09/01 16:49]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 台風が東北から北海道を直撃してずいぶん被害が出たようですね。
> 未来戦艦大和、読ませていただきました。

今年に入って、日本の南北が災害に見舞われてるのは、何だか天の警告の様な気がします。
日本人が、慎ましい幸せを忘れ、平和のありがたさを忘れると、中央へ行くぞ…とね(笑)
未来戦艦大和は、架空戦争ドラマの味付けとして戦闘シーンもありますが、狙いはそこではなく、日本人が置き去りにした過去が、未来にどんな影響を与えるか?をテーマにしています。
その内、次第次第に捨てたはずの因果の報いが現れて来ると思います。お楽しみに^^
#4734[2016/09/01 17:15]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(10)    →人間の値打ち