シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

人間の値打ち

水原希子

映画「ノルウェイの森」で女優デビューし「進撃の巨人(実写版)」で有名になった水原希子は、私が住む国際都市の出身です。
アメリカ人を父に持ち、韓国人を母に持つ…その彼女が、中国のネトウヨから「反中好戦的である」と叩かれ、日本のネトウヨからも
「日本に寄生して日本人名を使って仕事する韓国女は韓国に帰れ!」「こんな奴に日本人面されるのは迷惑。クソ外国人が!」
と叩かれる有様だ。彼女は帰属する国もなく、生きる場所もない…だけに「全ての人を大切にしたい」と言う思いが強いのでしょう。
けれども、水原希子の様な考え方、生き方こそが、人間として正常なのであって、それを迫害する者の方が、人として異常なのです。
異常な考え方の者が正常と思われ、正常な考え方の者が異常と思われる…その逆転現象が、今の荒れた世界を作り出しています。

1968年、ベトナム戦争で、ある村をベトコン=ベトナム解放民族戦線の拠点と勘違いした米軍の歩兵部隊が村民を襲撃しました。
無抵抗の村民504人=妊婦を含む女性183人、乳幼児を含む子供173人が虐殺され、生存者は重傷を負った3人だけだったそうです。
アメリカ政府は「ベトナム解放民族戦線のゲリラ部隊と交戦」と虚の発表をしましたが、その嘘はすぐにバレてしまいました。
当時、歩兵部隊に所属していて、この虐殺に加わった一人の下士官がいました(彼の名誉の為、名前は伏せます)
彼は帰国してから、不幸にも事件の真相を知りたがるジャーナリスト達にストーカーされる羽目になってしまいました。
プライベートエリアまで押し掛けて来て、しつこく付き纏われた彼は、ついカッとなって記者を押し倒してしまったそうです。
幸い軽い怪我で済んだのですが、彼は暴行罪で訴えられて有罪となり、軍隊を除隊しなければならなくなりました。
「なぜだ?自分は公僕として国家を守る為に、上官の命令に従っただけだ。なんでこんな目に遭わなきゃならん」
憤懣やるかたない彼は酒びたりとなり、生活が荒れてしまいました。心配して見かねた友人が、彼にある神父を紹介しました。

彼は「自分は軍人として、アメリカ国民として行動したのに、理不尽な目に遭った」と、神父に自分の正当性を主張しました。
すると、黙って彼の不満や愚痴を聞いていた神父は、穏やかな顔をしてこう言ったそうです。
「もし、合衆国の軍隊が天上の軍隊と交戦する事になったら、貴方は国家の命令や上官の命令に従いますか?」
「断じて従いません!」
「よろしい…ならば、なぜ真実を話す事が出来なかったのですか?」
「私は軍人であり、国家に忠誠を誓い、上官の命令に従う義務があります。それが国民だと思っています」
すると、神父は彼の前に十字架をかざしてこう言いました。
「本当は我が身を…生活を守りたいが為に真実を隠したのではありませんか?神に誓ってそうでは無いと言えますか?」
思いも掛けず、神父に本心を見抜かれた彼は、戸惑いながら神父に尋ねました。
「では、私は国家を裏切ってでも真実を話すべきだったのでしょうか?神父」
「裏切りではありません。国家の法は時代や、政府の都合によって変化します。だが神の法は普遍であり、絶対です」
神父にそう言われた彼は、とうとう何も言えなくなってしまいました。
「貴方はまだ幼児です。だから神は貴方の罪を許されます。貴方が苦しまなくて良い仕事をお与えになるでしょう」
「はい、ありがとうございます。神に従い、自らの良心に従います」
「貴方はこれからたくさんの人を助け、自らが犯した罪を贖いなさい。そうしたら神は貴方を天国に迎えられます」
その後、彼は牧師になったそうです。神は罪を犯した彼に、人として生きる道を与えられたのでした。

人の値打ちは、国家によって決まるものではなく、ましてや、人種や民族や宗教によって決まるほど安いものでもありません。
日本生まれのイチローはアメリカ人のヒーローだし、ホームラン王の王貞治氏は、中国人であっても誰もが認める人格者です。
今の熟年女性達の憧れのスターだったペ・ヨンジュンは韓国人でした。ちなみに、現在は右派と呼ばれる橋下徹氏は、若い頃には、
盛んに彼の物真似をしていました…なかなか似合ってましたよ(笑)人の値打ちは、時流や情勢で左右されるものではありません。
ただ「人として人である事」…人としてどう生きたかによって人の値打ちは決まります。


ベトナム戦争映画“天と地”(オリバー・ストーン監督)より「Heaven & Earth」 作曲・シンセサイザー:喜多郎

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(9)    →乙女達の祈り 第7話 【異郷】 その4

~ Comment ~


おはようございます🎶

人(生物)は、自分で環境を選んで生まれる事は出来ないのに、
生まれ持った素質、その環境に大きく左右されるのですね。
「水原希子さん」の内面の葛藤は見えるものではないですね。

「置かれた場所で咲きなさい 」という名言がありますが、
感情に支配されがちな私ですが、苦労もやっとこさ、
乗り越えられたようです(*^-^*)。

#4723[2016/08/29 06:56]  kanmo  URL  [Edit]

人間って1人1人は弱くても集団になると強気になりますよね。
特に最近はその傾向が強いように思います。やはりネットが発達したからでしょうか。
相手が完全に悪いケースもありますが、何か問題が起きるとまるで軍隊アリですね(笑)。
ただひたすらに集団で直進する道だけを選び、それ以外の視点がまるでない。
これじゃいつ本当の軍隊になってもおかしくない話です。
#4724[2016/08/29 09:45]  西條すみれ  URL 

Re: kanmo様COありがとうございます^^

> 人(生物)は、自分で環境を選んで生まれる事は出来ないのに、
> 生まれ持った素質、その環境に大きく左右されるのですね。
> 「水原希子さん」の内面の葛藤は見えるものではないですね。

人は、親や環境を選んで生まれる事は出来ません…生まれながらに差別があります。
最近もNHKの番組を見て、貧困家庭の子をこき下ろすネトウヨが暴れている様ですが。
それに便乗して虐めを煽る「片山さつき」と言う非常識極まりない自民党議員もいる。
弱い者は虐待されて当然と言う思想が「相模原障害者大量殺人事件」を生んでいます。
それが常識なら日本人は人として病んでいる。マトモな人間として通用しません><
#4725[2016/08/29 10:58]  sado jo  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 人間って1人1人は弱くても集団になると強気になりますよね。
> 相手が完全に悪いケースもありますが、何か問題が起きるとまるで軍隊アリですね(笑)。
> ただひたすらに集団で直進する道だけを選び、それ以外の視点がまるでない。

ははは…「軍隊アリ」は見事に的を射てますね(笑)
一匹じゃ何も出来ないが、群れを為すと権力を背景に、集団で弱い者を襲う単細胞生物。
NHKの「貧困家庭番組」でも騒ぎ立ててます。最近ウザイんですよね~…ネトウヨの連中。
軍隊アリと言うよりシロアリだ…人間秩序を食い荒らして、社会の柱を倒す害虫です><
駆除するには、彼らの希望通り「軍隊アリ」としてアラブ戦線に送った方がいいかもね(笑)
#4726[2016/08/29 11:46]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
米国軍人でベトナム戦争に参加した兵士たちは残虐の限りを尽くしました。
徴兵忌避をしたモハメド・アリこそ人間らしい主張をしたと思います。
どんな理由をつけても戦争に加担したものに正義はないと思います。
たとえそれが強制されたものだとしてもです。
ソンミ村虐殺にかかわったとしたら、彼は犯した罪を反省するだけではすみません。
犯罪事実を自ら公表し、ベトナム人民に謝罪すべきでしたね。
#4727[2016/08/29 16:48]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 米国軍人でベトナム戦争に参加した兵士たちは残虐の限りを尽くしました。
> 徴兵忌避をしたモハメド・アリこそ人間らしい主張をしたと思います。
> どんな理由をつけても戦争に加担したものに正義はないと思います。
> たとえそれが強制されたものだとしてもです。

それを言うなら、ベトナムに派兵した、故ケネディ大統領も裁かれなければなりません。
正義の英雄の闇の部分…どんな英雄にも黒い闇がある。だから真の英雄はこの世にいない。
国家・民族・思想・信条に拘る人間は悪の道に転落する…人間主義だけが唯一の正義です。
ついでに言うなら、米国軍人にとって他国民の命は軽い「米国兵が1人殺されたら、敵を10人殺せ!」と言うのが彼らの相場です。だから血の通わぬ無人機を使って幾らでも殺す(笑…事ではない)
#4728[2016/08/29 17:24]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
今日は検査の日でしたが、早く終わったので道草をしてました(-_-;)アセアセ
でも無事に帰宅しました(^_-)-☆
東北地方は台風で大変なようですね(*^^*ゞ
今日は訪問のご挨拶だけで失礼します。
#4729[2016/08/30 17:25]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 今日は検査の日でしたが、早く終わったので道草をしてました(-_-;)アセアセ
> でも無事に帰宅しました(^_-)-☆
> 東北地方は台風で大変なようですね(*^^*ゞ

ははは…また道草ですか?ほどほどにした方がいいですよ^^
「台風」と「地震」と「津波」は日本の名物で、海外でも日本語で通用するそうですよ。
この上、「原発(事故)」まで名物になっては、我々はたまらんのですけどね><
昔は「地震」「雷」「火事」「親父」が恐い物の代名詞でしたが、日本も様変わりしました(笑)
#4730[2016/08/30 18:27]  sado jo  URL 

こんにちは
人間の値打ちは誰にも決められないと思います
#4737[2016/09/03 12:23]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 人間の値打ちは誰にも決められないと思います

その通りです。人は地位も立場も、環境もそれぞれ異なります。
ただ、人間らしく、自分らしく生きていれば、それで値打ちがあると思います^^
#4738[2016/09/03 12:33]  sado jo  URL 

>神に従い、自らの良心に従います

結局は国の家畜、軍の部品から、神の奴隷へと変わっただけでは?
神の意志が自らの良心と相反したとき神の僕になり下がった何かは一体どちらを選ぶのでしょう。

神の意志に逆らった奴はきっとこういったのだと思います。
「お前の守りたかったあいつらはそんなに弱くはないだろう。必ず皆で笑ってここに帰ってくる」と。
そいつとは違い天上に残った奴はきっとこういったでしょう
「遠くで心配してるより一緒に悩みたいのです」と。

彼らはきっと自らの法に従ったのだと思います。
誰かの法でなく。

国の法で引き金を引いた人間。
きっと今度は神の法で引き金を引くでしょう。
自分の行動の理由を誰かに委ねる限りは。

人間の値打ちという以前にそれを人間と呼べるのでしょうか。
人間と呼んでいいのでしょうか。

この話とどこぞの征服王が交差したならきっとこういうでしょう。
「ただ救われただけの奴がどうなったか、それを知らぬお前ではあるまい。」と。
sado joさんだって散々見てきたのでは?
その連中を人と呼べますか?
人と認めていいのだと思っていますか?

神が守り、元天上一の天使が信じたものがそんな連中でいいと思いますか?


#4739[2016/09/03 17:00]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

> 結局は国の家畜、軍の部品から、神の奴隷へと変わっただけでは?
> 国の法で引き金を引いた人間。きっと今度は神の法で引き金を引くでしょう。
> 自分の行動の理由を誰かに委ねる限りは。

「人を殺せば犯罪者だが、戦争で百万人殺せば英雄と讃えられる」のが国家の法です。
「神の教えに背けば背教者。教えを信じて異教徒を殺せば聖戦士」がどこかの神の法です。
双方に共通するのは、人間の欲得が介在している事です。だから「命」の観念が欠如してる。
そこで「自らの良心に従い」と言う訳です…引き金を引くも引かぬもその人の良心次第です。
最も、我が身が危うくなったら、良心などとは言っておれない現実もあります(笑)
集団ヒステリーの戦場にいた父は、その場で一旦殺してから、後で弔ったそうです。
そう言う現場を作らない様に、普段から努力するのが人間の良心なのではないでしょうか?
#4742[2016/09/03 18:42]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(9)    →乙女達の祈り 第7話 【異郷】 その4