シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

中国の母たちへ

中国の母

中国の母たちへ

その子だくさんの小作人は 震えながら差し出してきた 母親の手から赤ん坊を受け取った
「よろしくお願いします」 母親は目に一杯の涙を溜めて 声を詰まらながらやっとこさ言った
小作人は 受け取った赤ん坊を 女房に抱かせてから 母親の肩にそっと手を置いた
「奥さんにゃ 随分世話になった なぁに 一人位増えたって困りゃしねぇよ うちは元々多いから」
事もなげに笑って言う小作人の夫婦に 赤ん坊を託すと 母親は小走りに駆け出していった

1945年8月9日、突如満州に侵攻してきたソ連軍は もうすぐ側まで迫っていた
「無事に 日本まで逃げられるといいがなぁ~」 そう言って夫婦は 心配そうに母親を見送った

その女性は 子供を産めない身体だった 乱暴な日本兵に 腹を蹴られたのが元だった
ある日彼女は 長春駅の雑踏の片隅に じっとうずくまっている 一人の幼い女の子を見かけた
女の子は ぼんやりした目で周りを見るのがやっとで もう声を出す力もないほど 弱りきっていた
近くまで寄ってみると 黒く薄汚れた浴衣を着ていたので 一目で日本人の子供だと分かった
生きるのが精一杯の戦後の混乱の中で 東洋鬼(*)の子供などに構う者は 誰一人とてなかった
彼女は 思わず幼い女の子を抱き上げた そして 家に連れ帰って わが子として育てた
陰口を叩かれようが 何と言われようが ただその幼い女の子が 愛おしくてたまらなかった

それから長い年月が過ぎ 中国の母に育てられた子らは 日本に帰っていった
育てた子供を 黙って見送る母の背中を 悠久の大地が見下ろしていた
そこには幾千年の間 変ることなく 生命を紡いできた女性の姿があった
大切な命を守ってきた 母の…本物の人間の姿があった 

私は 時勢や時流を信じない その時代の指導者も 決して信じてはいない
人を幸せにできないような 政治も国家も まったく必要だとは思っていない
その代わり 私は人を信じる 目の前の小さな命を 一生懸命守る人を 私は信じる
世間体も外聞もなく 誰の子でも どこの国の子でも 守ろうとする人を 私は信じる

(*)東洋鬼=戦時中、西洋文明の威を借りてアジアで暴威をふるう日本軍や日本人を侮蔑する言葉として用いられた。
元来は高慢な白人を指す言葉だった。なお当時の日本人は、その欧米の白人を「鬼畜」と呼び習わしていたそうである。




牧羊姑娘(中国古歌) 胡弓演奏:楊興新(ヤン・シンシン)

楊興新=胡弓演奏の第1人者。若くして中国の人間国宝に当たる称号を受けるも、中国旅行をしていた日本女性に一目ぼれする。
後を追って来日し、かなり年上だった房子さんと結婚。現在は後継者を育てる傍ら、作曲や日本各地での演奏活動を続けている。
日本人が超一流の演奏を聴けるのも、人と人との交流があってこそだろう…日本人には漢の時代から、中国との固い絆があった。
一時の政治家の言動や、時勢や時流に惑わされて、一喜一憂するほど安っぽい絆ではなかろうと信じています。


にほんブログ村 ポエムブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第7話 【異郷】 その3    →乙女達の祈り 第7話 【異郷】 その2
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


歴史的に見れば日本と中国は深い繋がりがあったのに今はいがみ合っている。
日本が撒いた種とはいえ、どちらも異常なほど一部の人間同士が敵視していますね。
中国人に対する日本の報道もどこかしつこいような気がします。
マナーが悪いのはわかるところもありますが、日本人だって一部大差ないし
当時の亡霊達はいつまで争い合うつもりなんでしょうかね~。
#4701[2016/08/22 09:59]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 歴史的に見れば日本と中国は深い繋がりがあったのに今はいがみ合っている。
> 日本が撒いた種とはいえ、どちらも異常なほど一部の人間同士が敵視していますね。
> 中国人に対する日本の報道もどこかしつこいような気がします。

国家同士がいがみ合う原因を作ったのは、我々の曽祖父なので辛い所もあります。
けれど今も昔も、一般庶民は仕事や日常生活でお互い普通の付き合いをしてます。
「これは中国人だ」「これは韓国人だ」と意識してたらマトモな生活にならない(笑)
レジにいる中国の女の子を嫌ったら買い物も出来ない。中国製品を嫌えば、日本人は衣服を着る事も出来ず、食事も満足に出来なくなる。
アテにならない政治より、今そこにある人間同士の付き合いが大切ではないかな?
#4702[2016/08/22 11:12]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
今週もよろしくお願いします(*^_^*)
台風の被害が小さければいいのですが、千葉県以北は大変でしょうね(^_-)-☆

歴史認識を日中で一致させ、政府間のいがみ合いをなくさないと国民同士がさもいがみ合っているような誤解を招きますよね。
日中戦争の戦後処理をきちんと日本政府がしていれば今のような反中感情も出てこなかったでしょうに。
#4703[2016/08/22 17:43]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 歴史認識を日中で一致させ、政府間のいがみ合いをなくさないと国民同士がさもいがみ合っているような誤解を招きますよね。
> 日中戦争の戦後処理をきちんと日本政府がしていれば今のような反中感情も出てこなかったでしょうに。

国家レベルで解決しようとすると、子供みたいな意地の張り合いになり、日中双方の外野=右翼が出張って来て、却って揉める元になります><
政治家も、そんな奴らも放っといて、庶民レベルで付き合っていけばいいんですよ。
私の街にはたくさん中国の女の子が来ていて、あちこちで中国語が飛び交ってます。
街に花が咲いた様でいいですね~♪…韓国人、インド人、アラブ人、アメリカ人の女子。
それぞれに特徴があるんですが、女の子って、どの国の子もおんなじ事をやってますよ。
皆歩きスマホしながらお喋りしてる…可愛いのはいいけど、あれは何とかならんかな~(笑)
#4704[2016/08/22 18:33]  sado jo  URL 

東京も、特に23区内は中国人・韓国人・アラブ人・インド人・白人・黒人を見かけない日はないです

そして、自分が住んでいる区は韓国のとある区と姉妹都市になってますし、もちろん日本語以外の言語もたくさん飛び交ってます

また、大久保はコリアタウンですし、高田馬場はリトルヤンゴンになってます

でも、別に嫌だとは思いません

国家同士のいがみ合いは、民間ではほとんどないのが現実だと思います

やはり日本は、以前sado joさんが書かれた随筆のように、様々な人種の行き交う溜まり場なんでしょうね

台風・地震・火山は多いですし、湿度も高くてゲリラ豪雨も多いにも関わらず(汗)

乾燥してて、土地も痩せてるよりは、はるかにいいんでしょうかね
#4705[2016/08/24 18:57]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 国家同士のいがみ合いは、民間ではほとんどないのが現実だと思います
> やはり日本は、以前sado joさんが書かれた随筆のように、様々な人種の行き交う溜まり場なんでしょうね
> 台風・地震・火山は多いですし、湿度も高くてゲリラ豪雨も多いにも関わらず(汗)
> 乾燥してて、土地も痩せてるよりは、はるかにいいんでしょうかね

万葉の歌の通り、日本は「まほろば」の国です。一部の過激な日本人は外国人を嫌いますが(笑)
気候が穏やかで…だから温厚な性質の民族が育った…夜の街を女性が歩けるのは日本だけです。
日本人は排他的と言われるが、これだけ世界の多様な人種や民族がいる事を誇りにすべきです。
食事一つ取っても、日本で食べられない料理はない位、世界の味文化が日本に集中しています。
それだけ民間交流が上手く行ってる証拠です。日本人は戦争するより民間外交が似合ってる(笑)
#4706[2016/08/24 19:27]  sado jo  URL 

こんにちは
母親が子供を守る姿は心打たれました
#4711[2016/08/26 12:28]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 母親が子供を守る姿は心打たれました

どんなに国が違っても、例え他人が産んだ子であっても、小さな命を守ろうとする。
母は尊い存在です…女性は、誰もが本能的に母性を備えています。だから偉大です^^
#4712[2016/08/26 13:12]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第7話 【異郷】 その3    →乙女達の祈り 第7話 【異郷】 その2