シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

▼その他の小説

ゆでガエル

茹でガエル

<オリジナル/ショートショート/SFファンタジー>

暑い夏に、それ以上に暑苦しい話をしましょう♪

ロイは、もう十年以上前からその事に気が付いていた。
小さい頃から星が好きだった彼は、片田舎のとある天文台に勤務していた。
夢が叶った…と言えば聞こえはいいが、実のところは、自分があこがれていたものにはほど遠かった。
本当は、NASAの天文学者になりたかったけれど、黒人のロイには、そんなチャンスは巡って来なかった。
それでも、星の世界があきらめ切れないロイは、星に関れる職を探して、ようやく今の天文台に採用された。
彼の仕事は、主に太陽を観測してさまざまなデータを取り、その結果をNASAに報告する事だった。
言わば、ロケットを打ち上げるNASAに資料を提供する、陽の当たらない下働きになる訳なのだった。

仕方なく退屈な日々を過ごしていたロイは、十年以上前にふとした事に気付いてしまった。
それは、太陽の周りを巡る地球の周回軌道が、少しづつずれて来ている事だった。
彼の観測では、地球は距離にして数ミリ、時間にして0.01秒程度の誤差で、徐々に太陽に接近していた。
だが、その程度の誤差は、広大な宇宙の天体にはよくあることで、誰もそんな事を大げさにはしない。
けれども、来る日も来る日も太陽を観測していた彼には、これから先の事がはっきりと読めた。
このまま、太陽の重力に引かれて、地球の軌道がずれて行ったらどうなるか?…が。

一瞬、ノーベル賞が脳裏にちらついたが、ロイはその事をNASAに報告はしなかった。 
したところで、自分のような無名の人間の見解など、取り上げてはもらえない事を知っていた。
仮に取り上げられたところで、何になる…人類は何もする事ができない。パニックになるだけだ。
折りしも世間では、温室効果ガスによる地球の気温上昇が話題になっている最中だった。

カエルは、身の回りの水温が徐々に上がっても、それに気付かずいつの間にか茹でられてしまう。
小さい頃に、親父にそんな話を聞いた事があった。

身の周りで起きる小さな出来事が、重大な事に繋がる予兆だと思う人はまずいない。
けれども、人はなぜか苛立って来て、些細な事にでも次第に辛抱できなくなってしまう。
そうして、訳も分からず当り散らし、互いに争い傷付け合う…根本的な原因も知らぬままに。
僅かな変化に右往左往する人間は、何とちっぽけで愚かな生き物なのだろうか。
いっそ何も騒がずに、このまま茹で上がってくれたほうがいい…カエルのように。

このところ、世間は随分と物騒になって来た。国と国とがいがみ合い、世界中でテロが起きている。
こんな片隅にある田舎町でも、パトカーや救急車がひっきりなしに走り回っている有様だ。
隣の街では、黒人の青年が白人警官に射殺されたそうで、街中が大騒ぎになっているらしい。
俺も警官に呼び止められたら、気を付けなきゃな…ロイはそう思った。
しっかし、それにしても暑い。



あぶな坂 中島みゆき作詞・作曲のカバー

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←命とは何なのか?(2) ~ゾンビは映画ではなくそこにいる~    →大切な人を亡くされたあなたへ

~ Comment ~


少しづつ、危機感を、重ねて行ったら。
気が付いたら、大きな危機も、受け入れてしまうのでしょうね。
多分、5年くらい前から見ても、今の日本に蔓延している、危機への気持ちて。
異常なことに、見えると思うのです。
何で、受け入れているの?、て感じで。
ホントに、ゆでガエル状態ですね。

かしこ
#4649[2016/08/11 05:44]  みかんゼリー  URL 

確かに小さなこともバケツに少しずつ水が溜まるようにいずれ溢れてしまいますね。
ヤフーニュースの日中関係の匿名コメントを見ていると危なっかしい連中ばかり。
中国人が日本で起こした事件だって不思議と個人ではなく国を非難するコメントが多い。
これがバケツの水のように溢れると「戦争できる国 日本」に戻ってしまいかねない。
個人ではなく全体を恨む必要がどこにあるのか、私には理解できませんね。
#4650[2016/08/11 09:45]  西條すみれ  URL 

Re: みかんゼリー様COありがとうございます^^

> 少しづつ、危機感を、重ねて行ったら。
> 気が付いたら、大きな危機も、受け入れてしまうのでしょうね。
> 何で、受け入れているの?、て感じで。ホントに、ゆでガエル状態ですね。

これくらい、これくらい…と思ってる内に、いつの間にか戦争が始まっていた。
戦時体験者からそんな話を聞きました。政治家は徐々に国民を誘導する事に長けてます(笑)
それにつられて、悪い方向に向かってる事を見過ごしてしまう国民も愚か過ぎますけどね。
些細な事でも、人間に照らして「善」か「悪」か?正確に判断しなきゃ災いが身に及びます。
目の前の欲得で物事を見ると、いつの間にかゆでガエルになって、皆死んでいますよ(笑)
#4653[2016/08/11 12:03]  sado jo  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 確かに小さなこともバケツに少しずつ水が溜まるようにいずれ溢れてしまいますね。
> ヤフーニュースの日中関係の匿名コメントを見ていると危なっかしい連中ばかり。
> これがバケツの水のように溢れると「戦争できる国 日本」に戻ってしまいかねない。
> 個人ではなく全体を恨む必要がどこにあるのか、私には理解できませんね。

早い話が、中国内部の権力闘争の構図を国際的に拡大したのが習政権の失策なのです。
天安門以降…それ以前から「北部軍閥」と「南部財閥」が抗争を繰り広げてる状態です。
北部派の習氏は、江沢民が築いた南部派を駆逐したいが、モロにやると経済が落ち込む。
そこで、南部財閥の交易の要衝…南シナ海と東シナ海で、南部派に嫌がらせをやってる。
中国共産党内部の権力抗争に巻き込まれる日本や他の国は、まったく大きな迷惑です><
権力者同士の争いは党内部で解決しろ!みっともない!つられる日本人もどうかしてる。
国民は一切関係ないです…現実に日本企業は南部中国人との商取引で随分儲かってます。
福建省辺りから来た中国人を幾人か知ってますが、金にはセコイけどいい奴が多いです。
時勢や時流に関係なく国民同士で付き合えばよろしい。馬鹿政治家はシカトしてやれ!
#4654[2016/08/11 12:48]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
他国のことより私たち日本人が茹でガエルにならないように気づかないといけませんね。
政治とカネで辞任した都知事の後釜もまたまた政治とカネにまつわる疑惑が再燃、おまけに都議会自公両党は政務活動費の使途がデタラメときては何をかいわんやです。
参議院選挙に当選したばかりの公明党議員の運動員が供応で書類送検されるなど、看板も真っ黒になっている公明党は悪党に名前を変えた方がいいかも(笑)
まあ自民党の利権政治にどっぷり浸かって感覚がマヒしちゃった有権者自身がカエルになっちゃっているのかもしれませんねー。
#4655[2016/08/11 17:47]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> まあ自民党の利権政治にどっぷり浸かって感覚がマヒしちゃった有権者自身がカエルになっちゃっているのかもしれませんねー。

もう利権政治を容認した日本人は、悪く茹で上がってしまってるかも知れません。
1993年に国民の支持を受けて発足した細川内閣は、日本の利権政治を一掃しようとしました。
それを自分達の党利党略で妨害し、元の体質に戻してしまった自民党と社会党の罪は重い!
1993年と比べ、国家の債務は847兆円に倍増。地方行政を合わせて1046兆円に膨らんでます。
さて、熱心に与党を支持してる若者は、政治改革に失敗した利権政治のツケを払わなきゃならないんだが、どうするつもりか?聞いてみたい。自分達の年金はどうするのかな?
確かに日本人は、悠長に中国や韓国に構ってる余裕は無いのが本当の所だと思ってます。
ま、細川護煕の後継者だった小池都知事が、どんな財政手腕を見せるか楽しみにしてます。
#4656[2016/08/11 20:32]  sado jo  URL 

Re: 追記:若者たちへ

正直言うと、60代以上の人にとっては、今の与党政権は大変都合が良いはずです。
(自分は事業者だったので)国民年金の支給は、会社員だった人に比べて少ないが、一人暮らしで贅沢しなければ食べていけるし、現与党政府の老人社会保障はまずまずだと思います。
けれど、それが若者の負担の上に成り立ってる事を真剣に考えてる老人は少ない…今の与党政治家も老人も、若い世代に膨大な借金を押し付けたまま、あの世に行くのは目に見えてます。
残された世代は、すぐに収入の50%ほどを借金払いの為の税金と、社会保障費に取られる事になる…今のままの利権政治で良いのか?自分達の将来を本気で考えてもらいたいと思います。
#4657[2016/08/11 23:13]  sado jo  URL 

さわやかで苦いお話ですね。
人の細胞は毎日少し壊れてその分再生されます。
ところが唯一壊れても補填されない細胞が神経細胞です。
20歳すぎから神経細胞は徐々に壊れて減っていきます。
早かれ遅かれ人はすべて、例外なく呆けてくるのです。
それを自分で実感できることは少ないですが、時には
呆けを悟ったとき、苦しい、哀しい感情に捉われ、鬱に
なったり、強い不安に駆られます。
知らないことは幸せでもあるんですね。


#4658[2016/08/12 08:00]  エリアンダー  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> 人の細胞は毎日少し壊れてその分再生されます。
> ところが唯一壊れても補填されない細胞が神経細胞です。
> 知らないことは幸せでもあるんですね。

知った方がいいのか?知らないままの方が幸せなのか?難しいですね。
何かを感じるから人は不安に駆られて、誰かや何かのせいにして当り散らすんでしょう。
地球は徐々に太陽に接近しているが、人は暑いのは温室ガス効果のせいだと思っている。
いや、誰かに思わされている…案外この話は本当だったりします。しかし、暑いですね(笑)
#4659[2016/08/12 10:46]  sado jo  URL 

そうでしたか

どうりで太陽の黒点が減ってて、活動指数も低いわりには、各地で猛暑だと騒ぐぐらい暑いわけですなw

ちなみに、東京は去年ほどは暑くない気がします
今日も普通に散歩してて、空を見ると雲が多かったですし、気温も32℃ぐらいでしたし

そして、ゲリラ豪雨も去年よりは少ないです

去年は猛暑日連続●日っていう感じだったのでw

というか、30℃前半で、ちょっと涼しいんじゃね?って思うこと自体が異常なのかも(汗)

まぁ、油断すると熱中症と脱水症状になるので、対策はそれなりにやってます

実際に、7月に脱水症状になったので(汗)
#4668[2016/08/13 20:15]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> どうりで太陽の黒点が減ってて、活動指数も低いわりには、各地で猛暑だと騒ぐぐらい暑いわけですなw
> ちなみに、東京は去年ほどは暑くない気がします
> というか、30℃前半で、ちょっと涼しいんじゃね?って思うこと自体が異常なのかも(汗)

歳がバレますが、自分が小学生の頃は夏に30℃を超えるのは稀でした。
夏の平均気温は27~28℃で、朝のラジオ体操の時は涼しかった様に記憶してます。
まぁ、地球の公転軌道が徐々に内側にズレ込んだら、みんな仲良く茹でガエルになるでしょう。
100mもズレれば、地表の表面気温は今より40%ほど上がります。そうなる日も近いですよ。
いっそ、人間辞めて水棲生物になりますか?男は半魚人。女は人魚…これ男女差別だな~(笑)
#4670[2016/08/13 22:36]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←命とは何なのか?(2) ~ゾンビは映画ではなくそこにいる~    →大切な人を亡くされたあなたへ