シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~」
シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

乙女達の祈り 第7話 【異郷】 その1

Simoun 彼女達の肖像01

 焼け付くようなの空の下、礁国の北部に広がるシャムオ砂漠を南に向かって歩く一人の女がいた。
 砂埃にさらされて服は汚れ、履いているサンダルは砂熱で焼けて足は腫れていたが、それでも女は歩みを止めなかった。
 肩にキーラと言う独特の民族楽器を担いでいる所を見ると、どうやら彼女は宮国から来たらしかった。
 何のためにこんな炎天下に辛い旅をするのか?その訳を知る者は誰もいない。
 けれど、ひたすら砂漠を歩むパライエッタには、どうしても礁国の征都ゴンハイに行かなければならない理由があった。

 事の発端は、第一次シムーン戦争が終わった後にパライエッタが開いた戦災孤児院に始まる。
 小国の宮国と、大国である礁国・嶺国連合の戦争は、コール・テンペストの奮戦も虚しく宮国の敗北に終わった。
 アルクス・プリーマに乗り込んできた礁国と嶺国の代表は、講和条件として宮国のシムーン・シヴュラの還俗を要求した。
 彼らにとっては、両国軍を苦しめたシムーンとシムーン・シヴュラは戦後の脅威だったからだ。
 だがそれは、コールテンペストの解散だけでなく、宮国のシュヴィラ体制の終焉を意味する事実上の無条件降伏だった。
 そうして、永遠の少女を捨て去る事を拒否したアーエルとネヴィリルは、いったんは離れ離れに幽閉された。
 しかし、二人は宮国のシュヴィラを「神に最も近い乙女」として尊敬する嶺国の巫女に助け出され、水碧のリ・マージョンによって遠い世界へと旅立って行った。
 アーエルとネヴィリルの旅立ちを見送ったコール・テンペストのメンバーは、聖なる泉でそれぞれが男女の性別を選んで還俗した。
 もし、ネヴィリルがいたならば、パライエッタは男になる事を選んだだろう。生涯ネヴィリルを守ると心に誓っていたからだ。
 けれどもネヴィリルがいなくなった今、ネヴィリルの分までこの世界で生きようと思って女になる事を選んだ。

 シュヴィラの任を解かれて普通の人になったコール・テンペストのメンバーは、それぞれが思い思いに散っていった。
 パライエッタも、いったんは北部の故郷に帰ろうとした…しかし、もう故郷に守るべきネヴィリルはいないのだった。
 長い戦いの果てに敗れた宮国は、家を失い、仕事を失い、親兄弟や、夫やわが子を失った人々であふれていた。
 そんな民衆の惨状を尻目に、戦争を指導してきた司政院の議員や司兵院の軍人たちは礁国と嶺国に取り入る有様だった。
 パライエッタは無力感に打ちひしがれた…聖なる巫女の資格を失った彼女は、もう人々に手を差し伸べてはやれなかった。
 ネヴィリルならどうしただろう?…きっと自分が無力でも、何もなくても、弱い者を一人でも二人でも助けようとしただろう。
 ならば遠い世界へ去ったネヴィリルの代わりに、私が弱い人々を助けなければならない。それが聖なる巫女の努めなのだから。
 そう決心したパライエッタは、故郷へ帰るのをやめて戦争の災禍が最もひどかった南部に向かった。
 そこには戦争で親を失い、家を焼かれて、住む家も食べ物もなくさまよい歩いているたくさんの戦災孤児がいた。
 彼女は、コール・テンペストの元メンバーで大地主の娘でもあるロードレアモンの協力を得て、小さな孤児院を開いた。
 そうして、宮国人の孤児も礁国や嶺国から来た移民の孤児も、人種や民族の分けへだてなく引き取って育てる事にした。
 それがパライエッタにできる事であり、心ならずも戦争に加わった贖罪だった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 


2013年12月8日「太平洋戦争開戦の日」に連載を始め、2014年8月15日「終戦の日」に、一旦連載を中止した続編二次小説。
「シムーン第二章 ~乙女達の祈り~」の連載を再び始める事にいたしました。
人心が荒れ果てた世界にあって「正義の為の戦い」「平和の為の戦い」と言う大義名分が人々の間でまかり通る様になった今日。
果たして、そこに人としての道義はあるのか?人として生きるとはどう言う事なのか?今一度、人として人である事を問います。
自分が子供だった頃と比べて、日本の人々の言動がかなり異様になっているので、再開に当たっては随分力が入りそうです(笑)
「未来戦艦大和」が外から来た者が見た戦争であるのに対し「シムーン第二章 ~乙女達の祈り~」は、渦中にある者を描きます。
異なる視点から見た争い合う人間のサガと葛藤を交互に連載いたしますので、混乱されないようよろしくお願いいたします。


なお 「シムーン第二章 ~乙女達の祈り~」 の前段のあらすじやストーリーは、青字のリンクからご覧下さい。
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第7話 【異郷】 その2    →風の鳴る丘
*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~


特にこの時期は戦争について改めて考える必要がありますね。
まだ話せる人がいるなら聞いておきたい。
きっとその誰もが戦争をすべきではないと答えるでしょう。
この暑い中でもどこかの国では銃を向け合っているんだろうな。
何事も経験しなければわからないとはいえ、経験してもわからないようでは重症ですね。
#4689[2016/08/17 22:59]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 特にこの時期は戦争について改めて考える必要がありますね。
> まだ話せる人がいるなら聞いておきたい。
> きっとその誰もが戦争をすべきではないと答えるでしょう。

アニメ「シムーン」は、神国を自負する宮国が、ボロボロに負けて敗戦に至る物語でした。
まるで、どこかの国の歴史をなぞるようだった…そこで、戦後の物語を書こうと思いました。
良くしようと思ってやった事が、結果的に悪くなる…その辺もとこかの国とよく似ています。
他人事だと思わず、日本人にも当てはまる物語だと意識して読んでいただければ幸いです^^
えぇ、戦時中の父親や、実際に戦地で戦った人の体験談から出た話も盛り込んでますよ。
#4690[2016/08/17 23:31]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもお世話になります(*^^)
今日午前中に病院から帰ってきました‘‘r(^^;)ポリポリ
二日間足止めに遭っちゃってお邪魔できなくて申し訳ありませんでしたm(o´・ω・`o)mペコリン
またよろしくお願いしますね(^_-)-☆
#4691[2016/08/18 15:52]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 今日午前中に病院から帰ってきました‘‘r(^^;)ポリポリ
> 二日間足止めに遭っちゃってお邪魔できなくて申し訳ありませんでしたm(o´・ω・`o)

まぁ、自分も病を患ってますが、体は病んでも最近の日本人よりは健康ですよ(笑)
毎日起きる殺人事件のニュースを見ていると、日本は病んでるな~>< と実感します。
右寄りになればなるほど社会が荒れていってますね…人が争いを好んでる証拠です。
体は健康でも正常な神経がないと、病人よりタチ悪い…そんな人間が増えてる(嘆)
#4692[2016/08/18 17:13]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第7話 【異郷】 その2    →風の鳴る丘