シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(10)

 元来が戦闘機であるF4Uコルセアが装備している熱線粒子砲は、対空戦闘用のもので口径は20ミリほどしかない。
 けれど、1機当り6門の小さなレーザー砲でも、至近距離で、しかも編隊を組んで一斉射するとかなりの威力を発揮する。
 たちまち大和の後部艦橋に火花が散って、ボッ!と火の手が上がった。
「後部対空レーダー破損!電算室にて火災発生」戦闘司令室に被害報告が届いた。
「くそっ!やられたか…後部レーダーを潰されたのは痛いな~」草薙作戦参謀がいまいましそうに言った。
「しまったっ!補足し損ねた~」だが、一番悔しがったのは駒之助だった。

 いかに駒之助が天才的な砲術士と言えども、次々に襲い掛かってくる敵機を完全に把握するのは不可能だった。
 何せ、大和の対空砲の数よりも、敵機の数の方が圧倒的に多かったのだ。
 そして、とうとう連合艦隊の上空に、敵の第二波攻撃隊の大群が姿を現した。
 もう雲の中に隠れて…ではない。これ見よがしに雲の下を飛びながら連続して波状攻撃を仕掛けてきた。
 一時も休みを与えず、物量の差にものを言わせて、へとへとになるまで相手をなぶる恐ろしいまでの敵の戦法である。
 いつしか空一面は、雲が見えないほどの敵機で一杯になった。それは、まるで獲物を狙うハゲタカの群れのようだった。
 編隊を組んで接近してきたヘルダイバーの熱線レーザー砲をまともに浴びた霞が被爆した。
 さしもの防空力を持つ涼月も、急降下してきた敵機の熱線レーザー砲を食らって船体を損傷した。
 いかに小雨でレーザーの熱線が減衰するとは言っても、極至近距離で撃たれたら、スペクトロン反射鏡も破られてしまう。
 相次ぐ敵機の猛攻撃を受けて、連合艦隊は少しづつ傷付いていった。

 春日情報参謀は、戦闘司令室に集まってくる敵の情報を懸命に分析していた。
「綾之丞。敵の攻撃をどう見る」そんな綾之丞に羽生が声を掛けた。
「熱線粒子砲による攻撃が異様に多くて、雷撃が少ないですね。敵は爆撃機が8割。雷撃機は2割程度でしょうか」
「だろうな…やはり、敵将はこちらの浮上を見越して攻撃隊を編成したと見える」
「くそっ!充分な燃料さえあれば浮上できるのになぁ…そうしたら、こんなに苦戦する事もないはず」草薙がそうぼやいた。
「草薙さん。もう少しの辛抱です…敵は読み違えをしました。ここを切り抜ければ逆に勝ち目が出てきます」
 雨粒は徐々に大きくなり、雨足は激しくなりつつあった。スコールの中まであと少しの距離だった。

 その頃、連合艦隊を迎え撃つために、沖縄フロートから奄美近海に進出した敵機動部隊には異変が起きていた。
 五十嵐大佐が指揮する陸海軍合同の航空攻撃隊197機が、一斉に敵機動部隊に襲い掛かっていたのだ。
 もちろん、日本軍よりはるかに優れた対空レーダーを有する敵は、すでにこの編隊を捉えていた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←猿の惑星    →未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(9)
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


人間がどんなに軍事的に強くなろうと自然には勝てませんからね。
それを味方につけるのは非常に有効な手段です。
我々の生活も大きな自然災害に限らず停電が起きただけで停滞してしまう。
科学が進歩した故の弱点とも言えますね。
#4735[2016/09/03 08:45]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 人間がどんなに軍事的に強くなろうと自然には勝てませんからね。
> 我々の生活も大きな自然災害に限らず停電が起きただけで停滞してしまう。
> 科学が進歩した故の弱点とも言えますね。

ははは…確かに。米軍が沖縄で最も被害を被ったのは、特攻機のカミカゼではなく、本物のカミカゼだった…と記録に残ってるくらいですから。戦艦や空母とて台風には勝てない(笑)
幾ら時代が変った現代でも、最新鋭のステルス戦闘機はハリケーンの中を飛べない。
嵐が来たら戦争を中止せざるを得ないなら、最初っから戦争なんかするなよな~(笑)
#4736[2016/09/03 10:47]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
教訓はどんな理由があろうとも無駄な戦争をしないこと、この一言につきるでしょう。
#4740[2016/09/03 17:05]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 教訓はどんな理由があろうとも無駄な戦争をしないこと、この一言につきるでしょう。

戦争を無駄だと思っていない人々がいるから、戦争はなくならないのだと思います。
誰かが死ねば、誰かが得をする。戦争を踏み台にして出世する。軍需産業は儲かる。
人間のはらわたは腐ったものです…犠牲になる「命」をソロバンから除外している。
自分の命を安全な場所に置いて、人を動かす奴が一番恐ろしい人間ですよ(笑)
#4741[2016/09/03 18:26]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
台風の影響か、今日は結構暑い日曜日になりました。
素敵な休日をお過ごしください(^_-)-☆

#4743[2016/09/04 16:48]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 台風の影響か、今日は結構暑い日曜日になりました。
> 素敵な休日をお過ごしください(^_-)-☆

さすがに今日は蒸し暑さでバテて、頭がボ~ッ!としています。
なので…小説はおろか、コメントも書けませんですね~><
明日の更新は、書き溜めた詩でもUPしてごまかしかないようです(苦笑)
#4744[2016/09/04 16:58]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←猿の惑星    →未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(9)