シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼未来戦艦大和」
未来戦艦大和 小説本編

未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(11)

カミカゼ

「敵機の編隊を補足しました」
 アメリカ海軍第58機動部隊の旗艦である戦艦マサチューセッツのレーダー監視員は報告した。
「いつものカミカゼがノコノコおいでなすったか」戦闘司令室にいたヒッチャー中将は言った。
「いぇ、それが」
「それがどうした?」
「いつもより数が多いんです」
「何だとっ?どれくらいだ」
「分析した限り、約300機ほどになるかと」
「300機だとっ!そんなバカな」総司令官のスプルバンス大将が思わず声をあげた。
(沖縄上陸作戦に当たって、脅威になる敵の飛行場は、航空機の格納庫もろとも徹底的に潰したはずだ。今の日本軍にそんな数の航空機を繰り出せるはずがない)

 ミッドウェー海戦で、日本海軍ご自慢の空母機動部隊を殲滅し、マリアナ沖海戦では、射程外から航空機を飛ばしてくる敵のアウトレンジ戦法を逆手に取って返り討ちにしたスプルバンス大将は、巧みに戦況を読む名将だった。
「何かの間違いではないのか?電離層の乱反射でゴースト像が被っているかも知れん。もう一度確認しろ」
「いぇ、そう思ってゴーストを除去して分析しましたが、敵機の数に間違いはありません」
「単なるカミカゼではないと言うのか?」
「はい。多分敵の総攻撃かと思われます」
「う~ん」

 この時点で、スプルバンスの手元にあった艦隊護衛用の防空戦闘機は60機ほどだった。
 戦闘機の大半は、大和以下、日本連合艦隊の攻撃に向かった艦載機を護衛するために出撃させていたからだ。
 もちろん、いつものカミカゼ特攻隊が相手なら、その数で充分事足りるはずだった。
(もし敵機の数が事実だとしたら、戦闘機を呼び戻さなければならない…だがそうなると、友軍の攻撃隊が丸裸になる)
さすがのスプルバンスも迷った。
(敵の艦隊には護衛の戦闘機が付いていないと報告を受けたが、もしや、艦隊は我々の艦載機を釣り出すための囮だったのか?…だとしたらまずい!)
「どういたしますか?」機動部隊を指揮するヒッチャーは、スプルバンスに尋ねた。
「マイク(ヒッチャー)攻撃隊を呼び戻してくれ。どうやら、我々はまんまと敵の罠に引っ掛かってしまったらしい…艦隊は囮で、今から来る敵機が本隊だ」
「はっ!了解しました」いつもは強気のヒッチャーも、艦隊の危機を前にしてすんなりと了承した。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(12)    →命とは何なのか?(3) ~千の風になって世界を包むもの~
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


潰したはずの格納庫もまた囮だったのかな。
日本軍もやるようになったけど片道切符の人間ミサイルがメインとは。
国を守ることと国のために死ぬことはやはり違うような気がしますね。
今の自衛隊でも軍隊ではなく自衛の隊であってほしいものです。
#4781[2016/09/15 10:03]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 潰したはずの格納庫もまた囮だったのかな。
> 日本軍もやるようになったけど片道切符の人間ミサイルがメインとは。
> 国を守ることと国のために死ぬことはやはり違うような気がしますね。

「カミカゼ」「鉄砲玉」「片道切符」…日本人って突撃がお好きな民族ですね(笑)
日本人の思考法は帰納法なので、論理的にややこしく考えるのが嫌いなんですよ。
だから日本人は肉弾戦に走る…方やミサイルは、如何に突撃せずに相手を潰すか?
を、演繹法で論理的に導き出して生まれた…この思考法の違いが民族性に現れてます。
果たして格納庫は囮だったのか…羽生は日本人には珍しく演繹法を駆使して戦います^^
#4782[2016/09/15 11:21]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#4783[2016/09/15 16:49]     

Re: m様COありがとうございます^^

しばらくグズグズした天気が続くでしょうね。
また台風が接近しているそうなので、来週辺りは大荒れになるかも知れません。
10号台風は大被害でしたからね~…何でカミカゼが味方を襲うの?(笑)
#4784[2016/09/15 18:35]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
コメントありがとうございました。
山崎拓氏が良心派になっただけでなく、小泉元首相も反安倍ですからねー。
国民を全部敵に回しても平然としている今の自民党を憲政の神様尾崎幸雄は天国からどう見ているのですかねー?????
#4785[2016/09/16 16:14]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 山崎拓氏が良心派になっただけでなく、小泉元首相も反安倍ですからねー。
> 国民を全部敵に回しても平然としている今の自民党を憲政の神様尾崎幸雄は天国からどう見ているのですかねー?????

自民党長老と言えども自民党員ですから、政権を他党に奪われる事は望んでないはずです。
ただそれ以上に国と国民を愛するから、国を危うくする危険な方向は避けたいのでしょう。
勢いや若さ、まして時流で国は運営できません。経験に裏打ちされた深い思慮が必要です。
年寄りの言う事には耳を傾けた方がいいと思いますよ…失ってからでは遅いですから(笑)
#4786[2016/09/16 17:46]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(12)    →命とは何なのか?(3) ~千の風になって世界を包むもの~